業務日誌

2012-10-23 火曜日(曇時々雨)@所沢

[]蟻塚

小説新潮 2012年 11月号 [雑誌]

小説新潮 2012年 11月号 [雑誌]

いや、まさか、こんなところに新作が載ってるとは思いませんでしたよ。

なんで唯一の漫画として、選ばれたのかわからないけど。

追い剥ぎに全てを盗まれたフィールドワーク中の研究者。蟻塚の作りから方角を推測し、町を目指すが……

過去の傑作レベル、とは言わないけど、薀蓄とSF的(もしくはサイエンス的)ワンダーによるオチは、しっかりと『アフター0』を彷彿とさせる。

やはり『○○動物記』(伏字)より、SF系の方がいいなぁ。

[]L'ARRIVO DI WANG

『宇宙人王(ワン)さんとの遭遇』鑑賞


f:id:ShisyoTsukasa:20121023154526j:image


中国語通訳ガイア宅に一本の電話がかかってきた。今から緊急で通訳をして欲しいというのだ。目隠しされて連れて行かれた先は、真っ暗な尋問室。そこにいる王と名乗る者の通訳をしろという。尋問官が、「なぜ中国語なんだ!」と激しく問いただすと、「地球で一番使われてる言語だし……」という奇妙な返答。表情がわからないと正しく通訳できないということで、電気が着けられと……

出落ちではあるんだけど、思いの外、オーソドックスなSF

でも、やはり、王さんの微妙な表情に尽きるなぁ。


欧州vs.中国、みたいな激論が云々と聞いていて、そうかなぁ、と思ってたんだけど、ラストを見るとうなずけるね(笑)

無表情とも違う、アルカイックスマイルにも通じるような王さん表情が、ラストで重みを持ってくる。

[]Michel Petrucciani

『情熱のピアニズム』鑑賞


f:id:ShisyoTsukasa:20121023154527j:image


フランスの天才ジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニの生涯を追ったドキュメンタリー


音楽の素養がまるでないんで、この音楽家の名前も初めて知ったんだけど、それでも、すこぶるユニーク人生を撮ったドキュメンタリーとして純粋に面白い


ミシェルは骨形成不全症で、まさにリアルミスター・ガラス*1。身長は1メートルちょい。しかし、その演奏は非常にパワフルで、演奏しながら骨が砕けてしまうほど。

さらに、何人も恋人を持ち、どんなことでも経験したがった。生き急いぐかのように口調も頭の回転も早い。

36年という短い生涯なんだけど、それは障害のせいではなく、銀英伝的に命数を一気に燃やし尽くしたいと思いたい。

[]

文体練習 (レーモン・クノー・コレクション 7)

文体練習 (レーモン・クノー・コレクション 7)

本にだって雄と雌があります

本にだって雄と雌があります

ゴーグル (KCデラックス アフタヌーン)

ゴーグル (KCデラックス アフタヌーン)

ウォーキング・デッド3

ウォーキング・デッド3

『オセロ』つかこうへい/オスカー・ザラテプロヂュース・センター出版局〉¥300