これからは野菜のことばかり考えて暮らしていく -岡本畑のブログ-

岡本畑のブログへようこそ
連絡先は okamo22@gmail.com です

販売は「野菜の販売について」のカテゴリーを見てください。取りに来られる方歓迎です。
岡本畑については右のプロフィール欄をぜひ読んでみて下さい→→→

4月より金曜日・土曜日のみ、自宅でサンサンカフェを開いています。HPも作りました。

「サンサンカフェ」でfacebookページもあります
HPは「サンサンカフェ」で検索するか、右下のアンテナのサンサンカフェをクリック。
カフェのブログ「畑の台所」もよろしくね。右下のアンテナをクリックしてね。

2013-06-18

大玉立派! と トマトについて

| 13:43

f:id:Small_Vegetable:20130618132353j:image:w360

大玉トマト立派です。と自分で言っちゃう。

これはF1トマトを種どりして、3年目つまりF3です。今年、来年まで採ったら

世代だから岡本畑トマト(大)が完成か! 先は長い・・・

 

さてさて、トマトについて書いてみようと思う。

百姓のブログだって〜のに最近野菜のこと少なくない? という自分の突っ込みもあり

そういえばと、思い立って書いてみます。

 

トマトはどんな風に成長し、そんな作業をしているのかってことなんですが、

1.芽かき・・・普通にトマトを作る上で一番大事な作業

  至って簡単、各節にでてくる脇芽を全てとります。

f:id:Small_Vegetable:20130618132345j:image:w360

ちょっとわかりにくいね。簡単なことだけど、数が多いから見落としたりするので、意外に

慣れが必要。これをしないとジャングルになります。歩けなくなります。

このように1本だちにしてトマトを管理します。

地這いトマトはこの脇芽をとらないタイプなので、絶対にとらないこと。

 

2.支柱に結んで、しっかりとうえへうえへと伸ばす

f:id:Small_Vegetable:20130618132352j:image:w360

f:id:Small_Vegetable:20130618132349j:image:w360

f:id:Small_Vegetable:20130618132347j:image:w360

うちではトマト用の市支柱とトマトキャッチなるものを使っています。

どんどん成長するので、しょっちゅうキャッチを上の方に付け足す必要があります。

これをしないと重力で垂れてきてしまって、大変困ったことになります。

f:id:Small_Vegetable:20130618132343j:image:w360

ただ今、一番成長しているのは支柱の一番上まで行っています。

トマトの実は7段までついています。

 

3.自作米ぬか乳酸菌+百姓庵のにがりの葉面散布

2日に一度は必ず、葉面散布をします。善玉菌とマグネシウムで元気いっぱいです。

 

こんな感じでトマトを作っています。ご参考までに

ページビュー
12296