これからは野菜のことばかり考えて暮らしていく -岡本畑のブログ-

岡本畑のブログへようこそ
連絡先は okamo22@gmail.com です

販売は「野菜の販売について」のカテゴリーを見てください。取りに来られる方歓迎です。
岡本畑については右のプロフィール欄をぜひ読んでみて下さい→→→

4月より金曜日・土曜日のみ、自宅でサンサンカフェを開いています。HPも作りました。

「サンサンカフェ」でfacebookページもあります
HPは「サンサンカフェ」で検索するか、右下のアンテナのサンサンカフェをクリック。
カフェのブログ「畑の台所」もよろしくね。右下のアンテナをクリックしてね。

2012-04-08

麦のワークショップ 除草デイ

| 22:14

f:id:Small_Vegetable:20120408215026j:image

f:id:Small_Vegetable:20120408215025j:image

 

最近の中では風もなく、快晴! 絶好のワークショップデイでした。

ワークショップは天候が悪いことがなく、今のところ予定通りに開催しています。

誰かが晴れを呼んでくるんでしょう。

 

ということで、今日はみんなで除草です。とはいえあまり雑草は多くなく、

麦の地際の草を丁寧に刈っていきました。

春になり雑草も大きくなってくるので、小さいうちに除草してあげると、麦も

反応してぐんと伸びてくれるかな

 

ちらほら、穂をつけている麦もあります。初めてなので、順調かわかりませんが、

良さそうな感じがします。

種まきから、肥料、土寄せ、麦踏み、除草 とやって麦というものがどんなものか

やっとわかった気がします。

来年はどういう感じでつくるかな? とても楽しみです。

 

いつもながら、皆でワイワイ仕事して、家に戻り、お茶とさっちゃんのおやつを食べ、

おしゃべりするのが、とてもいいです。

友達になって、子どもたちも仲良しになって、全7回のワークショップならではの

雰囲気になってきています。

まちこさん提案で始まったワークショップ企画ですが、これがあってのカフェという気がします。

 

がれきのことも他いろんなことを話すことができ、いつも思うことですが、ありがたいです。

 

自分ひとりで抱えることなく、こうして何でも話す人が周りにいるということが

どんなに大切かということ。みんなで話すことで内向きではなく、外に向かうことが出来ること。

 

気づきは日常にたくさん転がっています。シンプルに生きていくことは、こうした気づきを大切

にした生き方なのかもしれないな

 

さあがれき受け入れの是非について、どのように進めていくかな。前向きに考えられるように

なった今、きっといい方向に持っていけるはず。そう信じてやっていきます。

 

ワークショップの参加者のみなさん いつもありがとうございます。 

がまおうがまおう 2012/04/09 19:00 あっちゃん、さっちゃん、まちこさん、みなさん 
昨日は、お世話になりました。
いつも楽しい時間、有意義な時間を
ありがとうございます。
次回は、収穫期かな?楽しみです…

Small_VegetableSmall_Vegetable 2012/04/10 21:32 がまおうさん
こちらこそありがとうございます。
次回は6/10に収穫の予定なのですが、あれから日に日に穂がついてきています。
少し早める可能性もあります。
とりあえずアースデイで会いましょう!

2011-11-01

ワークショップ 「みりん作り」 11/2追加

| 21:07

今回は畑の企画ではなく、手作り食品を作ろうです。

 

「手作りみりんを作ろう」講師 まちこさん(酵母食堂mamma-ya)

こうじ(麹)ともち米、焼酎から作るみりんです。

みりんとは本来なんなのでしょう?

普通に使っているみりんと何が違うのでしょう?

 

みりん作りの後にみりんの副産物「みりん粕」のおいしさについて

活用方法についてのお話もあります。

 

麹にはまり始めている岡本畑でまちこさんが手作りみりんワークショップ

をやっていただくことになりました。

 

何を隠そう、自分達が一番楽しみです。

 

用意していただくもの:1L以上の容量の広口のびん

↑が必ず必要です。蜂蜜のびんとかが良いです。100均でも販売しています。

日時:2011/11/27 日曜日

時間:13時〜16時くらいの予定

定員:今のところ決めていません

参加費:未定(2000円〜2500円主に材料費)

お茶・お菓子付き

連絡先:okamo22@gmail.com

 

参加希望の方はメールでお願いします。

2011-09-11

種から大根ワークショプ 1回目

| 21:28

今日は「種から育てて沢庵を作ろう」の第一回目です。

麦と違ってこちらは応募者がいなかったので、岡本畑ファミリーで

やりました。

と言っても、種まきだけなので、すぐでしたが・・・

一応どんな感じか写真を追って説明(わざわざ説明するほどではないけど)

 

普通のやり方かわかりませんが、去年色々やった結果、このやり方が個人的に

いいと思っています

 

1.30cmおきにワインのビンであとを付ける

f:id:Small_Vegetable:20110911212605j:image

2.跡にたっぷり水を入れます

f:id:Small_Vegetable:20110911212604j:image

3.跡に芽出しした種を3粒蒔きます。

 種は間引きやすいように、違う場所におきます。

f:id:Small_Vegetable:20110911212603j:image

f:id:Small_Vegetable:20110911212602j:image

4.覆土はせずに、もみがらをひとつかみおきます。

f:id:Small_Vegetable:20110911212601j:image

5.最後にもう一度、たっぷり水を蒔きます。

f:id:Small_Vegetable:20110911212600j:image

 

こうして発芽までの数日は1日一回、ジョーロで水をたっぷりまきます。

(雨がふったら水まきはなしです)

今日は沢庵用大根と普通の大根を各50箇所、計150粒蒔きました。

1週間後くらいに揃って芽を出すので、その時に初めて、肥料をのせます。

その前に除草もね、

それは次回・・・

2011-08-30

畑から台所をつなぐおいしいワークショップ work.2締切のお知らせ

| 19:42

畑から台所をつなぐおいしいワークショップ

予想以上にwork.2の「麦からパン」があっという間に定員オーバーになりました。

昨日から今日のお昼にかけて、6名ご連絡いただき、計8名となったので、

締め切らせて頂きますね。 

その後も連絡くれた方もいて本当に申し訳ないです。

今後も別のワークを企画します。

 

work.1の「大根から沢庵」はまだ1名ですので、後4名空きがあるのでよろしくお願いします。

2011-08-29

畑から台所をつなぐおいしいワークショップ work.2 麦からパン

| 20:37

まんまやまちこさんと一緒に新しい企画にチャレンジします。

岡本畑をもっとみんなに知ってもらいたいという思いからです。

 

土に蒔いた小さな種がすくすくと育ち、立派に成長する過程を

一緒に楽しんでみませんか?さらに、土に育ててもらった作物を使って

今度は人の「食の知恵」を実践し、食べてみましょう。

食卓までの歩みを、作物の時間とともに歩む、壮大なワークショップです!

(by まんまやまちこ)

 

自分たちだけではなかなかできないことをまちこさんという素晴らしい人とめぐりあった

ことで実現できました。

所詮新米農家(2年目)なので、畑のことを教える、野菜づくりを教えるなんてできません。

自分が日々感じる、大地の恵みの大切さを同じように感じていただけたら、それだけでいい

と思っています。

 

定員は5名です。少人数ですが、こちらも負担にならずに、お話しをしながら一緒に

土に触れられらたいいなと思っています。

  

<work.2> 麦を蒔いてパンを作ろう

月一度、日曜日に行います。日にちと主な作業

step.1 10/23 種まき

step.2 12/11 麦踏み

    2/12 麦踏み

step.3 4/8 除草

step.4 6/10 収穫

step.5 7/8 脱穀

step.6 9/9 パンづくり

step.1〜3は午前か午後の3時間程度、step.4〜はお昼を挟む9時〜15時くらい

参加費 4500円 ※6月からの参加の場合、全3500円

定員 5名

場所 岡本畑 

地図はこちら

 

連絡先は岡本までメール okamo22@gmail.com

畑から台所をつなぐおいしいワークショップ work.1 大根から沢庵

| 20:10

まんまやまちこさんと一緒に新しい企画にチャレンジします。

岡本畑をもっとみんなに知ってもらいたいという思いからです。

 

土に蒔いた小さな種がすくすくと育ち、立派に成長する過程を

一緒に楽しんでみませんか?さらに、土に育ててもらった作物を使って

今度は人の「食の知恵」を実践し、食べてみましょう。

食卓までの歩みを、作物の時間とともに歩む、壮大なワークショップです!

(by まんまやまちこ)

 

自分たちだけではなかなかできないことをまちこさんという素晴らしい人とめぐりあった

ことで実現できました。

所詮新米農家(2年目)なので、畑のことを教える、野菜づくりを教えるなんてできません。

自分が日々感じる、大地の恵みの大切さを同じように感じていただけたら、それだけでいい

と思っています。

 

定員は5名です。少人数ですが、こちらも負担にならずに、お話しをしながら一緒に

土に触れられらたいいなと思っています。

  

<work.1> 種から育てて沢庵(タクアン)を作ろう

月一度、日曜日に行います。日にちと主な作業

step.1 9/11 種まき

step.2 10/9 間引き

step.3 11/13 除草

step.4 12/11 収穫

step.5 1/8 沢庵しこみ1回目

    2/12 沢庵しこみ2回目

step.1〜3は午前か午後の3時間程度、step.4〜はお昼を挟む9時〜15時くらい

参加費 3000円

定員 5名

場所 岡本畑 

地図はこちら

 

連絡先は岡本までメール okamo22@gmail.com

原経徳原経徳 2011/08/29 21:54 なないろ百貨店、お疲れ様でした!
ピタサンド、玉ねぎクラッカー。ぶち美味しかったです。
まちこさんのパンもやばかったです。

生産者の方々にとって、放射能の測定がどれほど負担になっているか、の話。
初めて具体的に伺うことができ本当によかったと思います。
安全な食を私たちに提供してくれていた農家がなぜ一方的に国策の犠牲にならければないのか。
生命軽視の政府に対する怒りを新たにしました。

Work.2に参加を希望します。
よろしくお願いします&#1041206;

Small_VegetableSmall_Vegetable 2011/08/30 20:00 原さん ありがとうございます!!
「こういうコメントが欲しかった」by妻・さちこ
と喜んでいます。
まちこさんのパンはほんとすごいんですよ。これぞパンという感じで、
他のが物足りなくなります。
放射能の件はこれからもブログで紹介していきます。
work.2のご参加ありがとうございます。OKです。
あっという間に定員オーバーしたのでギリでしたよ。
メールでご連絡先を教えてください。携帯番号がいいです。
10/23の前にご連絡したいので。お願いします。
okamo22@gmail.com

2011-07-29

ワークショップ企画第一弾 <お母さんと子どもたちの岡本畑ツアー>

| 20:56

体験と野菜たっぷりのご飯を食べてもらいたいというワークショップタイプ

のカフェをいつかやりたい

とまんまやまちこさんと話していたら、まちこさんがパン教室の生徒さんと

このような企画をまとめてくれました。

お母さん7人、子どもたち15人(多分)という大人数です。

 

昨日は午後、掃除や用意で大忙しでした。なんせ初めてだし・・・さて

<お母さんと子どもたちの岡本畑ツアー>

 

 

内容は・・・

1.お母さんと子どもたち、みんなで岡本畑をぐるりと一周

2.収穫した野菜をちょっと料理してみよう

3.みんなで手作りのやさいばっかりのご飯を食べよう

4.野菜クイズ

 

とても暑いなか、畑を回って、野菜を見て、ちょっと収穫してと

楽しめてくれたらいいなという程度ですが、なにかちょっとでも思い出に

残ってくれたらいいな。

家に戻ってからは、1.バジルソース作り 2.味噌トマトソース作りをして、

お昼ごはんになりました。

 

この辺は遊びたい子は遊び、何かしたい子は集まり、という感じで、意外にも

めちゃくちゃにならず、みな楽しそうで良かったなと思いました。

子どもたちが楽しいと、こっちも楽しくなりますよね。

 

お昼ごはんは

1.まちこさんの酵素玄米おにぎり

2.まちこさんの自然酵母パン

3.パンのソース(↑で作った味噌トマトソースとバジルソース)

4.とうもろこしのポタージュ

5.山もりの金うり

6.焼きナス

7.トマトサラダ

8.トマトゼリー

9.まちこさんのぬか漬け

10.お母さんが持ってきてくれたゼリー

11.おくら(しそみそだれ)

12.軽く塩漬けしたきゅうり

13.お茶としそジュース

 

パッとみ豪華ですが、岡本畑の野菜だらけ・・・

こんな感じで食べました。

f:id:Small_Vegetable:20110729204930j:image

 

8時に始まり、途中参加あり、早めに帰る方ありでしたがあっという間に14時

で終了しました。

 

準備も片付けもあり、大変かと思いまいたが、終わってみたら、なんか良かったな〜

という感じで、疲れることもなく、またやりたいな、という思いが強くなりました。

 

参加してくれたお母さん・子どもたち みんなありがとう!また来てね!

ページビュー
84023