Hatena::ブログ(Diary)

草の館 RSSフィード Twitter

2016-12-06

[]イースVIII〜イースっぽくないストーリーだけど先が気になる(プレイ時間12時間 第二部終了)

f:id:Sono:20161206011607j:image
 いや〜、思ってた以上に第二部が長かった。最近のイースは概ね20時間前後でクリアなんでいつもならもう中盤超えてるはずですが、まだまだ序盤って感じですね。


f:id:Sono:20161206011606j:image
 それを裏付けるように地図の達成率がまだ3割です。セルセタの樹海でも地図作成がありましたが、それより遥かにボリューム感あります。

 プレイ時間の大半が地図作成を含むマップ探索要素。今作は序盤から拠点間ワープが使えるので比較的やりやすいですが、特定アイテムがないと先に進めない箇所が多くアイテム取るまでその説明がされないのがちょっとわかりづらいかも。
 ボス戦闘も今までより多め。拠点に襲ってきた敵を迎撃するという要素もあるので、今まで以上にやることが多い印象。

 ボリューム感が増した反面、ストーリーが進行するまで時間がかかるようになりました。第二部だと中盤がかなり長いんですが、そこはあまりストーリー的な盛り上がりがなくちょっと中だるみも感じます。
 第二部の終盤で一気に話が進みましたが、ストーリー展開としてはイースというより軌跡シリーズでありそうな感じ。従来のイースのような古代帝国遺産をめぐるファンタジーという雰囲気は今のところだいぶ薄いですね。第三部冒頭のダーナ編はそういう匂いが感じられたので、最終的にはいものイースになるとは思いますが。


 雑魚やボスと戦闘してる時間が長いですが、戦闘は相変わらず気持ちいいテンポです。探索も時間はかかりますがやりごたえはあるので楽しいです。
 まだまだクリアまでたっぷり遊べそう(*^_^*)

2016-11-30

[]イースVIII〜探索が楽しいボリュームありそう(プレイ時間8時間、第二部)

f:id:Sono:20161130235108j:image


 第二部入ってから全然メインストーリー進みません。進めてないわけじゃなくて話が動くまでのマップ探索期間が思いっきり長いです。前作のセルセタの樹海はお話に沿ってマップを埋めてく感じでしたが、8は探索しながらマップ埋めるのがメインで、お話はその合間に差し込まれるという塩梅です。
 必然的にプレイ時間は長くなりそうですが、もともとイースはRPGとしてはプレイ時間が短めだったので今回くらいでちょうどいいかもしれません。探索してマップが広がり、仲間が増えて拠点が充実していくというサイクルが楽しいです。

2016-11-28

[]『冴えない彼女の育てかた10』〜導入のポップさとは裏腹に……というのは第2部入ってから一貫してます

f:id:Sono:20161128200019j:image

 相変わらずこのシリーズメタ的なネタぶっ込んで軽快なテンポで読みやすい……と思わせておいて中盤でのどんでん返し。今回は裏表紙のあらすじに思いっきりそのこと書いてありましたけど^^;

 9巻に引き続き第2部から立場が変わったヒロイン勢もう1人の話なわけですが、どうにも話のスケールが大きすぎるというか重すぎるというか。その割にあっさり終わった感じからすると次もGSという名のサイドストーリーで補完になるんじゃないかという気がします。10巻だけだとエピローグに至るまでちょっと急すぎるかなと。

 第1部でやってたようなスケールの話だったら。1巻完結で十分まとまってたと思います。第2部入ってから、特に主人公の元を離れた2人の話は第一部の繰り返し+その後という感じなので尺を割かないとしっくりこないのかな。

 これ書きながら5巻をぱらぱらめくってたんですが、このあたりからこのシリーズというか作者が本領発揮し始めたな〜という感じしますね。ドロドロ感というか^^;
 アニメ第1期では直前の4巻、ヒロインが全員登場したところで終わってたんである意味綺麗にまとまってました。果たして第2期はどこまでやるのかな〜。区切りを考えると、第1期の続きから原作第1部の終わりまでの5〜7巻+GS1巻というがちょうどいいと思いますが。




 とか書いた後、10巻のAmazonページ探してたら……もう11巻でてたのか。GS3巻じゃないじゃん。発売日より遅れて買ったうえに、今日読んだばっかだから全く知りませんでした^^;
 dマガジン始めてから本屋に行く機会減ったからなあ。1ヶ月のラノベの刊行冊数がめちゃくちゃ多いから発売週に見に行かないと分からなかったりもするし。
 すぐに続き読めるのは嬉しいんで、明日買ってきます。

[]『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.12』〜だんだんネトゲから離れてますが趣向を凝らして飽きさせません

f:id:Sono:20161128190321j:image

 ネトゲ内でタワーディフェンスやるイベントって本当にあるんだろうかw
 学年が1つ上がった10巻辺りから顕著ですが、ちょっと捻ったシチュエーションですね。単に1年目は順当に季節イベントやってたんで同じネタが使えないということかもしれませんが。
 順繰りに各キャラが出てきて最後に全員集合という展開も恒例な気がします。ネトゲ部の別離を予期させながら最終的には一つにまとまるというのも10巻以降のお約束

 とまあ読後に振り返るとほとんど同じような展開だなと思います。が、端々で見られる各キャラの成長や後輩組の関係性とか少しずつ物語の進展が見られて、馴染みの安心感+αって感じで読んでる間はあんまり気になりません。
 読んでて面白い。やっぱこれに尽きますね。



 ちょっと挿絵の雰囲気変わりましたね。気のせいかもとは思ったんですが、11巻と見比べると明らかに。すぐに慣れるとは思いますが、急に変わったなあという気がしました。

[]加湿器買ってきました(象印 EE-RL50-CA

f:id:Sono:20161128142206j:image

 声出すの嫌になるくらい喉の調子悪くなってしまったので、前から気になってた加湿器を買ってきました。

 加湿器の方式や人気機種を軽く調べて新都心のヨドバシへ。今回初めて武蔵野線で行ったんですが、間違えて与野本町で降りてしまいました。最寄りは北与野なので1つ手前の駅から歩きましたよ^^;
 ざっと売り場見てダイニチのハイブリット式、三菱重工のスチーム式あたりと検討。その中で一番手入れが簡単そうで容量もたっぷりだった象印のスチーム式に決めました。
 上の写真の通り、見た目が電気ポットのまんまなのがわかりやすい(^^)


【今回のピックアップ

 加湿器使うの初めてなんですが、蒸気出るまで20分位はかかりますね。電気ポットでお湯沸かすのもそんなもんか。



 温湿度計も一緒に買ってきたんですが、蒸気出始めると如実に湿度上がりました。
 ちなみに買って帰ってから気づいたんですが、精度はあまり当てにならなそう。仕様を見ると50〜80%で±5%、その範囲外では±10%とのこと。
 あくまでも表示は目安で60〜70%前後が保たれてればいいってことですかね^^;

[]『Dishonored HD』〜FPS視点ステルスアクション独自性があって面白い

f:id:Sono:20161127234516j:image

【良い点】

  • FPS視点のステルスアクションはオリジナリティがある
  • 本編・DLCともストーリーは捻りが効いてる
  • PS4版はDLCがすべて収録されている
  • 難易度なら通常戦闘はそれほど難しくない

【悪い点】

総評
 FPS視点のステルスアクションというあまり見ないスタイルが新鮮でした。TPS視点ならメタルギアソリッドやアサシンクリードなど人気シリーズがあるので。
 良い点にも書いたストーリー。工夫が凝らされていて最後まで飽きずに楽しめました。正直言ってステルスは序盤で放棄して最低難易度でゴリ押しだったので、ストーリーが楽しめなかったら投げ出してました^^;
 DLCが思いのほか良かったです。第1弾はお題ミッション集という感じだったので触ってませんが、第2,3弾は連続したストーリーもので本編で敵だった人物を掘り下げるというなかなか面白い内容でした。ボリュームも本編の半分くらいはありました。

 まあ本編・DLCとも後半は敵が密集&いやらしい攻撃という感じでかなりゲンナリでした。ゴリ押しするにしても無駄時間が掛かるし、死ぬとロードが結構長いのがキツいですね。
 電弧塔は攻撃範囲に入るとあっという間に死ぬんですが……難易度に応じて威力下げられてればまだ良かったんですが。全体的に配置位置に対して解除しづらいのもなんとも。この辺のトラップ周りで死んでリスタート長いのもなんともやる気下がりました。

 とはいえ1周クリアなら長すぎず、ちょっと短めではありますが十分に満足できる内容でした。

プレイ時間 10〜20時間




 買ったのはPSストアのDL版です。セールで999円のときに買いました。Steam版なら今もセールやってますね。
→(関連リンク)Steam で 67% オフ:Dishonored