ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Sugarsの日記  このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-10-02

『芸人+人狼ゲーム=芸人狼ゲーム〜面白くない芸人は誰だ!?〜』@下北沢駅前劇場(10/1)

『芸人+人狼ゲーム=芸人狼ゲーム〜面白くない芸人は誰だ!?〜』@下北沢駅前劇場

主にゲームの流れに偏ったレポになります。

人狼のルールについてはこちら

出演者:スパローズ キング『芸人+人狼ゲーム=芸人狼ゲーム〜面白くない芸人は誰だ!?〜』@下北沢駅前劇場ディ ライス

人狼

 <GM> ラバーガール飛永 

 <追加プレーヤー> ハライチ岩井 我が家谷田部 

OP

中央に置かれたスケッチブックにかかれたお題にそってトーク。

  • 貯金どのくらいある?という話。ギャンブル好きでほとんどない人から、実家住まいで多少ある人、賞金をためてる人まで様々。
  • 最近食べた美味しいものの話。食に全く興味のない田所さん「さっき楽屋で食べたハッピーターンですね…」パーケン「俺がなんとかしてあげなきゃ…!ご飯連れて行ってあげる!」
  • KOCどうだった?という話で、審査員として会場にいたスパローズ、準決勝まで行けずテレビで見ていたライス。前々回チャンピオンのため気楽に楽しめたキンコメ。三者三様。(ライス来年は頑張れー!)

準備が整い、GMラバーガール飛永さん登場。ゲストの谷田部さんと岩井さんも登場。ゲーム開始。

人狼〜第一戦〜

人狼:高橋、谷田部

占師:大和

村人:今野、森田、関町、田所、岩井

計8名(人狼2、村6)

  • 初日占→関町(人間)
    • 大和さんの一手目は関町。人間でした。
一日目朝
  • 占師COなし
  • 処刑候補→高橋、今野
  • 処刑→今野(人間)
    • 高橋と谷田部を疑い、的確な発言をしていた今野さんが「顔や服装が狼」という理由で処刑される(涙)「俺を処刑したら後で後悔するからな!」と言い捨てて処刑される…。
    • ただの村人が役職を匂わせるような発言をするのは本来NGです。以降、「処刑しちゃったけど占師は今野さんだったのでは?」と残った人に思わせることになりました。(でもだったら人狼2匹残ってるわけだから、村側はもっと真剣になるべきだったよね)
一日目夜
  • 襲撃→森田
  • 占い→森田(人間)
    • 相方の森田さんを疑った大和さんが占いますが、既に襲撃対象に指定されていたため無駄に終わります…(襲撃される=人狼じゃないってことだからね)残念。狼側ラッキー。
二日目朝
  • 高橋、谷田部、大和、関町、田所、岩井 計6名(人狼2 村人4)
  • 処刑候補→高橋、田所
  • 処刑→田所(人間)
    • 怪しい怪しいと言われ続けるパーケン。一日目に続き二日目も処刑候補に入りますが、スルリスルリと交わし、二日目も処刑回避。2日続けて人間を吊ってしまっては、もはや村人側の敗北は避けられず…。
二日目夜
  • 襲撃→岩井
  • 占い→高橋(人狼
    • 占師の大和さん、ようやく人狼を引き当てますが、時既に遅し…
三日目朝
  • 高橋、谷田部、大和、関町、計4名(人狼2 村人2)→人狼と村人が同数になったため、村は滅亡しました…
  • 基本的には占師は、人狼を引き当てた時点で自分が占師であると宣言して、人狼告発するべきです。人狼を一匹処刑することができていれば、たとえその夜に自分が襲われたとしても、翌日以降残った村人でもう一匹を探し出せば村側勝利になるので。しかし初日、一日目と外すと、二日目の夜に占いを当てたところで朝にはもう村側の滅亡は決まってしまうのでした。
  • 8人プレイで人狼2匹の場合、占師は二回目までに狼を当てないと意味無いですねー。

人狼〜第二戦〜

  • ルールもなんとなくわかったところで第二戦目。岩井「俺人狼やりたいっすわー」谷田部「これからやるよ…?」人狼役をやりたいという意味だと思うけどw
  • カードを引く前から「あいつが怪しい!」と疑い出すみなさん。いやまだ役確定してないから怪しいも何もw

人狼:谷田部、森田

占師:高橋

村人:今野、大和、関町、田所、岩井

計8名(人狼2、村6)

  • 谷田部がまた狼を引いた!引き強いですねー。会場笑い。
  • パーケンが占師!こちらも引きが強い…。会場笑い。
  • ライスや大和さんも役職引き当てて欲しかった…。

初日占い→谷田部(人狼

  • なんと、占師パーケン、一回目にして人狼を引き当てた!持っているな…しかしこの後がいけなかった。
一日目朝
  • 占師カミングアウトなし
  • 処刑候補→高橋、関町
  • 処刑→高橋(占師)
  • 何か知ってる風で怪しげな高橋さん。人狼なのか?占師なのか…?高まる疑惑。しかし大和さんの「高橋さん殺しません?」の一言でほぼ運命が決まってしまった。
  • 「狼を発表した時と、占師を発表した時に笑い声が起こったから、『前回の狼にまた狼が当たった』とか『前回の狼が今度占師に』とかそういうことなのかなと思って」鋭いー!正解だったー!
  • 大和さんの思惑とすれば、もしパーケンが占師だったら処刑回避のために占師カミングアウトして持ってる情報を言うだろうということだったと思うのですが、初心者パーケンにはまったく意図が通じておらず…!最悪の結果に…!
  • なんと初っ端から、人狼を引き当てた占師が処刑されるという大失態…。村側の勝利は大きく遠のきました。
  • 占師パーケン、狼を引き当てておきながらその情報を何も村側に残すこと無く、「狼だと思う人」に関町を指名。何を考えているんだー!大チョンボだよ!!
  • パーケンが関町を疑ったため、なぜか関町を疑う流れに。「いつもそうなんだ…!学校で窓ガラスが割られた時も、なぜか僕が疑われた」と悲壮な関町。
一日目夜
  • 襲撃→田所
  • 占い→なし(占師死亡のため)
    • 襲撃されたと知った途端、「お前…!」と関町の胸ぐらを掴みに行く田所さんw 「えーーー…!(僕違うのに…)」 関町さんかわいそうすぎるwもうこのへんでほぼ彼の運命は決まっていたような。
二日目朝
  • 森田、谷田部、大和、関町、今野、岩井 計6名(人狼2 村人4)
  • 処刑候補→関町、森田
  • 処刑→関町(人間)
    • もはや何を言っても関町への疑いは晴れること無く。一方的に責められる流れ。ここまで擁護されず疑われっぱなしなのは村人だという証だと思うんですが…。大和さんは高橋さんを人狼だと思っていたため、ラスト狼だから味方がいないと思ったのかな?
    • 他のプレイヤーが関町さんを擁護しなかったのは、村が勝利するよりも「自分が処刑対象にされたくない」という心理のほうが大きかったからのような気がします。下手にかばって自分が処刑されることになったら嫌だ、みたいな。イジメの構図ですねー…。
    • あまりにも孤立無援で「もう僕が人狼な気がしてきました…」と白旗をあげる哀れな関町さん。(本来は、村人だったら必死で吊られるの回避して、狼を見つけ出そうとしなきゃいけないんですけどね…!自分が処刑される=村人側の敗北なので。安易に死に逃げるな!w)
二日目夜
  • 襲撃→大和
  • 占い→なし(占師死亡のため)
    • 人狼たちの最後のお食事は、大和さん。勝利の晩餐となりました…。
三日目朝
  • 谷田部、森田、岩井、今野 計4名(人狼2 村人2)→人狼と村人が同数になったため、村は滅亡しました…

  • なんと一回戦、二回戦通して村人側は一匹も人狼を処刑することができず、人狼側の完全勝利に終わりました。なんてこった…!不甲斐ないぞ。
  • プレイヤーが「自分が処刑されたくない」ばっかりに、人狼側の誘導に安易にのっかりすぎ。ちゃんと自分の頭で考えて、理由を述べられているのは経験者の大和さんだけだった気がしました。一回戦の今野さんも鋭かったけど、すぐ処刑されてしまってからは、二回戦ではちょっと控えめになっちゃったかな…?
改善したほうがよいかなと思うところ
  • GMの飛永さん、人狼好きとのことでしたがほぼGMに徹してしまっていたので、欲を言えば「もし○○さんが人狼でなかった場合、ここで処刑対象を間違うと村人側の敗北です。」とか、状況の解説があると良かったなー。ひとりで難しい場合は、誰が人狼だかしらない、プレイヤーと同じ立場で、冷静に意見を誘導すること無く解説できる人がいると他に解説役としていると良かったなと。(難しい…?)
  • 誰が誰に処刑投票したかが、あとから振り返れないので、ホワイトボードにでも残しておくと、つじつまがあわないこと言ってる人をあぶり出せてよかったのでは。
  • 「処刑された人が人狼か村人かわかる」霊能者役か、「狼の襲撃から村人を守る」狩人役がいると良かったかも…。今回占師がまったく機能していなかったので。役職の意味がなかった…。
  • 初心者ばかりだったので、「自分が処刑されなければ良い」という考えを捨てさせ、たとえ自分が死んでも自分側の陣営が勝てば勝利!という勝利条件の確認と、勝利への動機づけが必要だったかも。(勝った陣営にポイントが入って最終的な勝者が決まる…とか)
  • ゲーム終了後、無実の罪で処刑されてしまった関町に大和さんが「ごめんなぁ…!あいつは俺が殺したんだ…!」と責任を感じる発言をしていたけど、ゲームにおいてはその気持を全プレイヤーが持つべきだと思った!そうだよー!無実の罪の村人を吊ったら村が滅亡するんだからね!人狼を見つけ出さないと!
  • もうちょいルールやセオリーを頭に入れた上で戦ってくれると知能戦、心理戦の側面が楽しめて良かったかも…
  • 狼の占い師騙りとか真贋占い師による信用合戦とか見たかったです。

芸人さんの人狼ではあるけれど、ゲームするライブなら、真剣にやったほうが楽しくて面白いと思うんですよね。

たとえばヌメロンとか、あれもあくまで真剣に、本気で勝ちにいこうと思ってるからそこにドラマも生まれるし楽しい訳で。

そこが不十分な戦いだとうーん?ってちょっと残念になるわけです。

でも今回もとっても楽しかったんですよー。やっぱ芸人の人狼楽しい。第二回を熱望します。

togetterの感想集はこちら↓

芸人×人狼 芸人狼@下北沢駅前劇場 - Togetterまとめ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Sugars/20121002/p1