Hatena::ブログ(Diary)

Xbox 360 THE IDOLM@STER コミュ動画集

2007-04-22 美希コミュ集 part9

雛鳥の決意 16B ランクアップこの動画のはてなブックマークへ

English Translation

D

nukopinukopi 2008/11/03 04:04 P(誰と話をしようかな……)

P「よし、これでいこう!」

〜スタジオ〜

(ランクB ランクアップ)


P「美希、超ビッグニュースだ! 美希の新発売の写真集っ、なんと30万部突破だって!」
美希「え? それって、スゴイ数字なの?」
P「もちろん! 全年齢向きで、この部数は大快挙だ。おめでとう。これでついにランクBの……」

・スーパーアイドルだ!
・スーパータレントだ!
・スーパーモデルだ!

P「スーパーアイドルだ!」
美希「うんっ! とうとうミキ、やったんだね。出遅れちゃったから、ダメかと思ったけど……」

美希「プロデューサーが、ミキを変えてくれたから……。ううっ……」
P「いや、変われたのは、やっぱり美希自身の力だよ。こんなステキに育ってくれて、ありがとう」
美希「そんなコト言われたら……。ぁ……、だめぇ。もう、ミキ、ガマンできないぃ」
P「えっ、ガマンって……」

・なにをだ?
・うれしさを?
・トイレか?

P「なにをだ?」

美希「……おさえてた気持ち。あのね、ミキ、もうプロデューサーって、呼びたくないのっ」
   「今日から……、名前に『さん』つけて、呼んでもいい? お仕事だけの関係じゃ、やなの」
P「え? お、おい美希、そりゃマズいだろ。周囲に聞かれたら、誤解されるし。なに考えて……」
美希「なに考えてるか、わかってるでしょ。『さん』がダメなら、ハニーって呼ぶ」
P「なにーっ!?」
美希「これぐらい言わせてよ〜。どーしても、他の考えたいなら、それでもいーよ。選んで、はい」

・やっぱり、ハニー
・パパ
・ケダモノ

P「やっぱり、ハニーでいいよ」
美希「ホントっ?」
P「ああ。ただし! 外部の人に聞かれるようなところでは、言うんじゃないぞ?」
美希「うんっ、外じゃ、ちゃんとプロデューサーって呼ぶ。ミキ、わかってるもんっ」
   「これからも、ずっとそばにいてね。ミキ、どんなことだってするから。お願いね……、ハニー」
P(一応の目標には到達できた。けど……、ハニーか。なんか、スゴイ事になってきたなあ)

”パーフェクトコミュニケーション”

―――――――――――――――

P「まあ、仕事のほうはうまくいって、良かったな……」

P「ん・・・・・・?あ、あの人は確か……」
敏腕記者「どうも、お久しぶりです。ライターの善永です。実は、あの、新しい取材が入りまして……」
      「また何かあれば、よろしくお願いします。では失礼しまーす」
P「あ、ちょ、ちょっと……行ってしまった……」
 (これでアップしていたイメージも元通りだな。少し残念な気がするけど)

社長「遅くまでおつかれさま! では、君たちのアイドルランク報告だ!」

美希「おつかれさまー」
P「お疲れ様」
美希「次のお仕事、早くしたいな。ミキ的には今、元気余ってるカンジだし! 連絡、待ってるね!」
P(美希の調子も良いようだ。このチャンスを、いかしたいな)

P「さてと……あれ?美希がもどって来たぞ?」
美希「プロデューサー、話があるんだけど……」
P「ん、なんだ?」
美希「ミキね、そろそろ『プロデューサー』って呼び方、イヤになっちゃったの。他人みたいで」
   「だからっ……、だから今日から、『ハニー』って呼ぶね。じゃあ!」
P「なにー!? おい、ちょっと待て、美希!」
 (顔を真っ赤にして、逃げていってしまった。ハニーか……。人に聞かれなきゃいいけど)

P「ファンからのプレゼントを確認して帰るか」

catalystcatalyst 2011/09/22 11:51 P(誰と話をしようかな……)
(Who should I talk to?)

P「よし、これでいこう!」
(Ok, let's go with this!)

〜スタジオ〜
(At the studio)

(ランクB ランクアップ)
(Rank B Rank Up)


P「美希、超ビッグニュースだ! 美希の新発売の写真集っ、なんと30万部突破だって!」
(Miki, I have some super important news! Your new photo album, it sold over 300,000 copies!)
美希「え? それって、スゴイ数字なの?」
(Eh? That's a lot, right?)
P「もちろん! 全年齢向きで、この部数は大快挙だ。おめでとう。これでついにランクBの……」
(Of course it is! For any age, this is an amazing accomplishment. With this, you'll finally become a Rank B....)

・スーパーアイドルだ!
(Super Idol!)
・スーパータレントだ!
(Super TV Star!)
・スーパーモデルだ!
(Super Model!)

P「スーパーアイドルだ!」
(Super Idol!)
美希「うんっ! とうとうミキ、やったんだね。出遅れちゃったから、ダメかと思ったけど……」
(Yeah! I finally made it, didn't I? But since I had a late start, I thought that I wasn't good enough...)

美希「プロデューサーが、ミキを変えてくれたから……。ううっ……」
(Producer, you're the one who changed me....heh....)
P「いや、変われたのは、やっぱり美希自身の力だよ。こんなステキに育ってくれて、ありがとう」
(No, as I thought, what changed you was your own strength. Thank you for growing up into such a lovely girl.)
美希「そんなコト言われたら……。ぁ……、だめぇ。もう、ミキ、ガマンできないぃ」
(If you say such things....aa.....I can't..I can't control myself anymore.)
P「えっ、ガマンって……」
(Eh, when you say, "can't control yourself"....)

・なにをだ?
(What do you mean?)
・うれしさを?
(You mean your happiness?)
・トイレか?
(You have to go to the bathroom?)

P「なにをだ?」
(What do you mean?)

美希「……おさえてた気持ち。あのね、ミキ、もうプロデューサーって、呼びたくないのっ」
(....the feelings I'd been holding back. You see, I don't want to call you "Producer" anymore.)
   「今日から……、名前に『さん』つけて、呼んでもいい? お仕事だけの関係じゃ、やなの」
(From now on.....is it all right if I use your name? I want more than just a work relationship with you.)
P「え? お、おい美希、そりゃマズいだろ。周囲に聞かれたら、誤解されるし。なに考えて……」
(Eh? H-Hey Miki, that's a problem isn't it? If someone hears this, they might misunderstand. What are you thinking...?)
美希「なに考えてるか、わかってるでしょ。『さん』がダメなら、ハニーって呼ぶ」
(I'm sure you understand what I'm thinking don't you? If that's no good, then I'll call you "Honey")
P「なにーっ!?」
(Whaaat!?
美希「これぐらい言わせてよ〜。どーしても、他の考えたいなら、それでもいーよ。選んで、はい」
(Let me call you that at least! If you think of something else for me to call you, then that's fine. So pick a name.)

・やっぱり、ハニー
("Honey" is fine after all)
・パパ
(Call me "Papa")
・ケダモノ
(Call me "The Beast")

P「やっぱり、ハニーでいいよ」
("Honey" is fine after all.)
美希「ホントっ?」
(Really?)
P「ああ。ただし! 外部の人に聞かれるようなところでは、言うんじゃないぞ?」
(Yeah. However! Don't call me that when other people are around, got it?)
美希「うんっ、外じゃ、ちゃんとプロデューサーって呼ぶ。ミキ、わかってるもんっ」
(Yeah, when we're outside, I'll properly call you "Producer." I got it.)
   「これからも、ずっとそばにいてね。ミキ、どんなことだってするから。お願いね……、ハニー」
(From here on out, you'll always be with me right? No matter what happens. Please....Honey)
P(一応の目標には到達できた。けど……、ハニーか。なんか、スゴイ事になってきたなあ)
(For now, we've reached a landmark. However...Honey? Somehow, this seems like a big deal)

”パーフェクトコミュニケーション”
(Perfect Communication)

―――――――――――――――

P「まあ、仕事のほうはうまくいって、良かったな……」
(Well, I'm glad that work went smoothly....)

P「ん・・・・・・?あ、あの人は確か……」
(Hm......? I-If I'm not mistaken, that person is....)
敏腕記者「どうも、お久しぶりです。ライターの善永です。実は、あの、新しい取材が入りまして……」
(Hello, it's been a long time. I'm the writer Sun-Young. The truth is, um, I have some new information....)
      「また何かあれば、よろしくお願いします。では失礼しまーす」
(If something happens, I'm counting on you. Well then, I'll excuse myself.)
P「あ、ちょ、ちょっと……行ってしまった……」
(Ah, j-just a minute.....he's already gone....)
 (これでアップしていたイメージも元通りだな。少し残念な気がするけど)
(Our reputation's been increasing as before. Though I have a bad feeling about this.)

社長「遅くまでおつかれさま! では、君たちのアイドルランク報告だ!」
(Thanks for working so hard this late! Well then, time for your Idol Rank report!)


美希「おつかれさまー」
(Thanks for your hard work!)
P「お疲れ様」
(Thanks for your work)
美希「次のお仕事、早くしたいな。ミキ的には今、元気余ってるカンジだし! 連絡、待ってるね!」
(I want to start the next job soon. Since I've got plenty of energy left! I'll be waiting for your call!)
P(美希の調子も良いようだ。このチャンスを、いかしたいな)
(Miki's mood is pretty good. I want to make good use of this opportunity.)

P「さてと……あれ?美希がもどって来たぞ?」
(Now then....Huh? Miki came back?)
美希「プロデューサー、話があるんだけど……」
(Producer, well, I have something to say.)
P「ん、なんだ?」
(Hm, what is it?)
美希「ミキね、そろそろ『プロデューサー』って呼び方、イヤになっちゃったの。他人みたいで」
(You know, I slowly got tired of calling you "Producer." It makes it seem like you're a stranger.)
   「だからっ……、だから今日から、『ハニー』って呼ぶね。じゃあ!」
(That's why...that's why from now on, I'll call you "Honey" okay? See ya!)
P「なにー!? おい、ちょっと待て、美希!」
(What!? Hey, wait up, Miki!)
 (顔を真っ赤にして、逃げていってしまった。ハニーか……。人に聞かれなきゃいいけど)
(Her face turned bright red and she ran away. Honey, huh? Though I'm fine with people not hearing that.)

P「ファンからのプレゼントを確認して帰るか」
(Should I check if there's a present from a fan?)

SUGIOSUGIO 2011/10/01 04:53 catalystさん、翻訳ありがとうございます!

> 美希「え? それって、スゴイ数字なの?」
> (Eh? That's a lot, right?)
は、「30万部売れたのは、すごいことなんですか?」という意味なので
(Eh? it's a great number?)
というような感じではないでしょうか。

>美希「うんっ! とうとうミキ、やったんだね。出遅れちゃったから、ダメかと思ったけど……」
>
美希「プロデューサーが、ミキを変えてくれたから……。ううっ……」
>(Yeah! I finally made it, didn't I? But since I had a late start, I thought that I wasn't good enough...)
>(Producer, you're the one who changed me....heh....)

(Yeah! I finally made it, didn't I? though I had a late start, and I didn't think I would....)
(But Producer, because you have changed me...(sobbing))
のような意味だと思います。

>「今日から……、名前に『さん』つけて、呼んでもいい?
>(From now on.....is it all right if I use your name?

(From now on.....is it all right if I call you by your first name with 'san'?
という意味だと思います。日本語で「family name + さん」は普通ですが、女性が「first name + さん」で男性を呼ぶと、かなり親しい関係だと推測できます。

>・パパ
>(Call me "Papa")

Call me "daddy"
のほうがいいかもしれません。日本語で女性が親ではない男性を「パパ」と呼ぶと、'sweet daddy'のように思われるのです。

>「これからも、ずっとそばにいてね。ミキ、どんなことだってするから。お願いね……、ハニー」
>(From here on out, you'll always be with me right? No matter what happens.

(From here on out, you'll always be with me right? For you, I'll go the whole nine yards.
という意味だと思います。

>敏腕記者「どうも、お久しぶりです。ライターの善永です。
(Hello, it's been a long time. I'm the writer Sun-Young.
「善永」はYoshinagaという苗字です。
(Hello, it's been a long time. This is Yoshinaga, a writer.
のような意味かと思います。

sugiosugio 2011/11/30 22:39 だいぶ遅くなってしまいましたが、訳文完成とさせていただきます。

sugiosugio 2011/11/30 22:39 P(誰と話をしようかな……)
(Who should I talk to?)

P「よし、これでいこう!」
(Ok, let's go with this!)

〜スタジオ〜
(At the studio)

(ランクB ランクアップ)
(Rank B Rank Up)


P「美希、超ビッグニュースだ! 美希の新発売の写真集っ、なんと30万部突破だって!」
(Miki, I have some super important news! Your new photo album, it sold over 300,000 copies!)
美希「え? それって、スゴイ数字なの?」
(Eh? Is it a great number?)
P「もちろん! 全年齢向きで、この部数は大快挙だ。おめでとう。これでついにランクBの……」
(Of course it is! For any age, this is an amazing accomplishment. With this, you'll finally become a Rank B....)

・スーパーアイドルだ!
(Super Idol!)
・スーパータレントだ!
(Super TV Star!)
・スーパーモデルだ!
(Super Model!)

P「スーパーアイドルだ!」
(Super Idol!)
美希「うんっ! とうとうミキ、やったんだね。出遅れちゃったから、ダメかと思ったけど……」
(Yeah! I finally made it, didn't I? though I had a late start, and I didn't think I would....)

美希「プロデューサーが、ミキを変えてくれたから……。ううっ……」
(But Producer, because you have changed me...(sobbing))
P「いや、変われたのは、やっぱり美希自身の力だよ。こんなステキに育ってくれて、ありがとう」
(No, as I thought, what changed you was your own strength. Thank you for growing up into such a lovely girl.)
美希「そんなコト言われたら……。ぁ……、だめぇ。もう、ミキ、ガマンできないぃ」
(If you say such things....aa.....I can't..I can't control myself anymore.)
P「えっ、ガマンって……」
(Eh, when you say, "can't control yourself"....)

・なにをだ?
(What do you mean?)
・うれしさを?
(You mean your happiness?)
・トイレか?
(You have to go to the bathroom?)

P「なにをだ?」
(What do you mean?)

美希「……おさえてた気持ち。あのね、ミキ、もうプロデューサーって、呼びたくないのっ」
(....the feelings I'd been holding back. You see, I don't want to call you "Producer" anymore.)
   「今日から……、名前に『さん』つけて、呼んでもいい? お仕事だけの関係じゃ、やなの」
(From now on.....is it all right if I call you by your first name with 'san'? I want more than just a work relationship with you.)
P「え? お、おい美希、そりゃマズいだろ。周囲に聞かれたら、誤解されるし。なに考えて……」
(Eh? H-Hey Miki, that's a problem isn't it? If someone hears this, they might misunderstand. What are you thinking...?)
美希「なに考えてるか、わかってるでしょ。『さん』がダメなら、ハニーって呼ぶ」
(I'm sure you understand what I'm thinking don't you? If that's no good, then I'll call you "Honey")
P「なにーっ!?」
(Whaaat!?
美希「これぐらい言わせてよ〜。どーしても、他の考えたいなら、それでもいーよ。選んで、はい」
(Let me call you that at least! If you think of something else for me to call you, then that's fine. So pick a name.)

・やっぱり、ハニー
("Honey" is fine after all)
・パパ
(Call me "daddy")
・ケダモノ
(Call me "The Beast")

P「やっぱり、ハニーでいいよ」
("Honey" is fine after all.)
美希「ホントっ?」
(Really?)
P「ああ。ただし! 外部の人に聞かれるようなところでは、言うんじゃないぞ?」
(Yeah. However! Don't call me that when other people are around, got it?)
美希「うんっ、外じゃ、ちゃんとプロデューサーって呼ぶ。ミキ、わかってるもんっ」
(Yeah, when we're outside, I'll properly call you "Producer." I got it.)
   「これからも、ずっとそばにいてね。ミキ、どんなことだってするから。お願いね……、ハニー」
(From here on out, you'll always be with me right? For you, I'll go the whole nine yards. Please....Honey)
P(一応の目標には到達できた。けど……、ハニーか。なんか、スゴイ事になってきたなあ)
(For now, we've reached a landmark. However...Honey? Somehow, this seems like a big deal)

”パーフェクトコミュニケーション”
(Perfect Communication)

―――――――――――――――

P「まあ、仕事のほうはうまくいって、良かったな……」
(Well, I'm glad that work went smoothly....)

P「ん・・・・・・?あ、あの人は確か……」
(Hm......? I-If I'm not mistaken, that person is....)
敏腕記者「どうも、お久しぶりです。ライターの善永です。実は、あの、新しい取材が入りまして……」
(Hello, it's been a long time. This is Yoshinaga, a writer. The truth is, um, I have some new information....)
      「また何かあれば、よろしくお願いします。では失礼しまーす」
(If something happens, I'm counting on you. Well then, I'll excuse myself.)
P「あ、ちょ、ちょっと……行ってしまった……」
(Ah, j-just a minute.....he's already gone....)
 (これでアップしていたイメージも元通りだな。少し残念な気がするけど)
(Our reputation's been increasing as before. Though I have a bad feeling about this.)

社長「遅くまでおつかれさま! では、君たちのアイドルランク報告だ!」
(Thanks for working so hard this late! Well then, time for your Idol Rank report!)


美希「おつかれさまー」
(Thanks for your hard work!)
P「お疲れ様」
(Thanks for your work)
美希「次のお仕事、早くしたいな。ミキ的には今、元気余ってるカンジだし! 連絡、待ってるね!」
(I want to start the next job soon. Since I've got plenty of energy left! I'll be waiting for your call!)
P(美希の調子も良いようだ。このチャンスを、いかしたいな)
(Miki's mood is pretty good. I want to make good use of this opportunity.)

P「さてと……あれ?美希がもどって来たぞ?」
(Now then....Huh? Miki came back?)
美希「プロデューサー、話があるんだけど……」
(Producer, well, I have something to say.)
P「ん、なんだ?」
(Hm, what is it?)
美希「ミキね、そろそろ『プロデューサー』って呼び方、イヤになっちゃったの。他人みたいで」
(You know, I slowly got tired of calling you "Producer." It makes it seem like you're a stranger.)
   「だからっ……、だから今日から、『ハニー』って呼ぶね。じゃあ!」
(That's why...that's why from now on, I'll call you "Honey" okay? See ya!)
P「なにー!? おい、ちょっと待て、美希!」
(What!? Hey, wait up, Miki!)
 (顔を真っ赤にして、逃げていってしまった。ハニーか……。人に聞かれなきゃいいけど)
(Her face turned bright red and she ran away. Honey, huh? Though I'm fine with people not hearing that.)

P「ファンからのプレゼントを確認して帰るか」
(Should I check if there's a present from a fan?)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Sugio/20070422/p7