Hatena::ブログ(Diary)

Xbox 360 THE IDOLM@STER コミュ動画集

2007-04-23 美希コミュ集 part8

雛鳥の決意 02C ランクアップこの動画のはてなブックマークへ

English Translation

D

nukopinukopi 2008/11/02 02:59 P「よし、これでいこう!」

〜波止場〜

(ランクC ランクアップ)


美希「はぁ、はぁ……。やっといなくなってくれたね。芸能記者の人。最近、数、増えてきた気が……」
P「これも人気効果だな。ランクCともなると発行部数を左右できる、完全なメジャー級だから」
美希「メジャー級……。でもミキ、人気ばっかで、中身スカスカだよね」

・そう感じるのか?
・そんな事はないよ

P「そう感じるのか?」
美希「うん。だって、いい加減にやってきた時間、たくさんあったもん。甘えてばっかだったもん」

美希「ミキのコト、いっつも考えてくれてた人のがんばりに……、応えられてなかったもん」
P(美希の奴、今日はやけに自分に厳しいな)
美希「聞いて、プロデューサー。……ミキ、変わる!今日……、ううん、今から」
P「変わるって、つまり……」

・心を入れ換える?
・変身する?
・変装する?

P「心を入れ換える?」
美希「そう。本気で一番のアイドル、めざしてみる。もう中途半端して、ガッカリさせるのヤだから」

美希「どんなレッスンも、お仕事も、倒れそうになるまで、がんばるから……、見ててね?」
P「そうか。よく誓ってくれたな……。でも、どうして、いきなりそこまで決意できたんだ?」
美希「いきなりじゃないの。少しずつ感じてて、やっと気づけて……」
P「変わろうと思えた一番おっきな理由は……。ぁ……、やっぱ、コレはヒミツ」

・聞きたいなあ
・話しなさい
・じゃあ聞かないよ

P「聞きたいなあ」
美希「……や。ミキも、まだちょっと自信ないもん。でも……、そのうち、言える時がきたら言うよ」
   「だから今は、ミキがどれだけやれるか、見てて。ホントに変われたかどうか、知ってほしいの」
P「ああ、わかったよ」
 (その瞳には、未知の情熱の光。予感がする。美希の本当の物語は……、ここから始まる)

”パーフェクトコミュニケーション”

―――――――――――――――

〜事務所〜

P「まあ、仕事のほうはうまくいって、良かったな……」

社長「遅くまでおつかれさま! では、君たちのアイドルランク報告だ!」

美希「おつかれさまー」
P「ああ、お疲れ様」
美希「新しい衣装って、やっぱイイよね! なんていうか……、トキメいちゃうの! あはっ」
P(新しい衣装に少し照れているようだが、気に入っては、くれてるみたいだな)

P「さてと……あれ?美希がもどって来たぞ?」
美希「プロデューサー。あのね、宣言!ミキ、今日から変わるからっ」
P「え。おいおい、いきなりなんだ?」
美希「気づいたの。レッスンもお仕事も、ギリギリまで、がんばらなきゃダメなんだって」
   「新しいミキ、見守っててね。じゃ!」
P「あ、おい……!」
 (美希は明るい顔で、走っていってしまった。大きな心境の変化があったようだ)

P「ファンからのプレゼントを確認して帰るか」

catalystcatalyst 2011/09/20 15:06 P「よし、これでいこう!」
(Ok, let's go with this!)

〜波止場〜
(At the wharf)

(ランクC ランクアップ)
(Rank C Rank Up)


美希「はぁ、はぁ……。やっといなくなってくれたね。芸能記者の人。最近、数、増えてきた気が…」
(Gasp, gasp......They finally left me alone. Entertainment reporters. Lately, it seems like there are more and more of them....)
P「これも人気効果だな。ランクCともなると発行部数を左右できる、完全なメジャー級だから」
(Well it's a result of your popularity. Now that you're Rank C, of course you'll be dominating the headlines, since you're in the big leagues.)
美希「メジャー級……。でもミキ、人気ばっかで、中身スカスカだよね」
(The big leagues...But, I'm only popular and I'm just hollow on the inside.)

・そう感じるのか?
(You really feel that way?)
・そんな事はないよ
(That's not true at all)

P「そう感じるのか?」
(You really feel that way?)
美希「うん。だって、いい加減にやってきた時間、たくさんあったもん。甘えてばっかだったもん」
(Yeah. There have been plenty of times I've been irresponsible. I've only been depending on the kindness of others.)

美希「ミキのコト、いっつも考えてくれてた人のがんばりに……、応えられてなかったもん」
(The hard work of the people who've always wished me well....I haven't been able to live up to it.)
P(美希の奴、今日はやけに自分に厳しいな)
(Miki is being awfully hard on herself today.)
美希「聞いて、プロデューサー。……ミキ、変わる!今日……、ううん、今から」
(Listen Producer....I will transform myself! Today...no, starting right now.)
P「変わるって、つまり……」
(By transform, you mean....)

・心を入れ換える?
(You'll change your ways?)
・変身する?
(You're going to metamorphose?)
・変装する?
(You're going to put on a disguise?)

P「心を入れ換える?」
(You'll change your ways?)
美希「そう。本気で一番のアイドル、めざしてみる。もう中途半端して、ガッカリさせるのヤだから」
(Yes. I will seriously aim to become the Number One Idol. I won't disappoint others with half-hearted measures anymore.)

美希「どんなレッスンも、お仕事も、倒れそうになるまで、がんばるから……、見ててね?」
(No matter the lesson, no matter the work, even until I feel like collapsing, I'll do my best.....You'll see okay?)
P「そうか。よく誓ってくれたな……。でも、どうして、いきなりそこまで決意できたんだ?」
(Is that so? You've given me your word....But how were you suddenly able to decide that much?)
美希「いきなりじゃないの。少しずつ感じてて、やっと気づけて……」
(It's not sudden at all. Little by little I felt it, and at last I realized it....)
美希「変わろうと思えた一番おっきな理由は……。ぁ……、やっぱ、コレはヒミツ」
(The biggest reason I felt like changing is....ah, I'll keep it a secret after all.)

・聞きたいなあ
(I want to hear it.)
・話しなさい
(Tell me what it is.)
・じゃあ聞かないよ
(Well, I don't need to hear it.)

P「聞きたいなあ」
(I want to hear it.)
美希「……や。ミキも、まだちょっと自信ないもん。でも……、そのうち、言える時がきたら言うよ」
(.....no. I still don't have self-confidence. But...when the time comes, I'll tell you.)
   「だから今は、ミキがどれだけやれるか、見てて。ホントに変われたかどうか、知ってほしいの」
(So for now, keep watching to see if I can do it. I want you to know whether or not I was really able to change.)
P「ああ、わかったよ」
(Ah, I understand.)
 (その瞳には、未知の情熱の光。予感がする。美希の本当の物語は……、ここから始まる)
(In her eyes is the light of a still unknown passion. I have a premonition. Miki's true story...it starts from here.)

”パーフェクトコミュニケーション”
(Perfect Communication)

―――――――――――――――

〜事務所〜
(At the office)

P「まあ、仕事のほうはうまくいって、良かったな……」
(Well, I'm glad that work went smoothly today...)

社長「遅くまでおつかれさま! では、君たちのアイドルランク報告だ!」
(Thanks for working so hard this late! Well then, time for your Idol Rank report!)

美希「おつかれさまー」
(Thanks for your hard work!)
P「ああ、お疲れ様」
(Ah, you too.)
美希「新しい衣装って、やっぱイイよね! なんていうか……、トキメいちゃうの! あはっ」
(The new outfits, they're really great! How do I put it...it makes my heart throb! Aha-!)
P(新しい衣装に少し照れているようだが、気に入っては、くれてるみたいだな)
(Though it appears they're a bit shy with the new outfits, it seems they're quite pleased with them.)

P「さてと……あれ?美希がもどって来たぞ?」
(Now then....Huh? Miki came back?)
美希「プロデューサー。あのね、宣言!ミキ、今日から変わるからっ」
(Producer. You see, I'm declaring it! From today on, I'll change!)
P「え。おいおい、いきなりなんだ?」
(Eh. Wait a minute, what are you saying so suddenly?)
美希「気づいたの。レッスンもお仕事も、ギリギリまで、がんばらなきゃダメなんだって」
(I realized it. For lessons and work, until I reach my limit, I have to try my hardest!
   「新しいミキ、見守っててね。じゃ!」
(The new Miki, keep watching me closely! See you later!)
P「あ、おい……!」
(Hey, wait a minute....!)
 (美希は明るい顔で、走っていってしまった。大きな心境の変化があったようだ)
(With a cheerful face, Miki ran away. Seems like she's had a huge change in her mental state.)

P「ファンからのプレゼントを確認して帰るか」
(Should I check if there's a present from a fan?)

sugiosugio 2011/09/26 07:26 catalystさん、翻訳ありがとうございます!

> P「そうか。よく誓ってくれたな……
> (Is that so? You've given me your word....
(Is that so? You've given me your word....

Is that so? I'm glad you pledged....
のような意味だと思います。

sugiosugio 2011/11/30 22:27 P「よし、これでいこう!」
(Ok, let's go with this!)

〜波止場〜
(At the wharf)

(ランクC ランクアップ)
(Rank C Rank Up)


美希「はぁ、はぁ……。やっといなくなってくれたね。芸能記者の人。最近、数、増えてきた気が…」
(Gasp, gasp......They finally left me alone. Entertainment reporters. Lately, it seems like there are more and more of them....)
P「これも人気効果だな。ランクCともなると発行部数を左右できる、完全なメジャー級だから」
(Well it's a result of your popularity. Now that you're Rank C, of course you'll be dominating the headlines, since you're in the big leagues.)
美希「メジャー級……。でもミキ、人気ばっかで、中身スカスカだよね」
(The big leagues...But, I'm only popular and I'm just hollow on the inside.)

・そう感じるのか?
(You really feel that way?)
・そんな事はないよ
(That's not true at all)

P「そう感じるのか?」
(You really feel that way?)
美希「うん。だって、いい加減にやってきた時間、たくさんあったもん。甘えてばっかだったもん」
(Yeah. There have been plenty of times I've been irresponsible. I've only been depending on the kindness of others.)

美希「ミキのコト、いっつも考えてくれてた人のがんばりに……、応えられてなかったもん」
(The hard work of the people who've always wished me well....I haven't been able to live up to it.)
P(美希の奴、今日はやけに自分に厳しいな)
(Miki is being awfully hard on herself today.)
美希「聞いて、プロデューサー。……ミキ、変わる!今日……、ううん、今から」
(Listen Producer....I will transform myself! Today...no, starting right now.)
P「変わるって、つまり……」
(By transform, you mean....)

・心を入れ換える?
(You'll change your ways?)
・変身する?
(You're going to metamorphose?)
・変装する?
(You're going to put on a disguise?)

P「心を入れ換える?」
(You'll change your ways?)
美希「そう。本気で一番のアイドル、めざしてみる。もう中途半端して、ガッカリさせるのヤだから」
(Yes. I will seriously aim to become the Number One Idol. I won't disappoint others with half-hearted measures anymore.)

美希「どんなレッスンも、お仕事も、倒れそうになるまで、がんばるから……、見ててね?」
(No matter the lesson, no matter the work, even until I feel like collapsing, I'll do my best.....You'll see okay?)
P「そうか。よく誓ってくれたな……。でも、どうして、いきなりそこまで決意できたんだ?」
(Is that so? I'm glad you pledged....But how were you suddenly able to decide that much?)
美希「いきなりじゃないの。少しずつ感じてて、やっと気づけて……」
(It's not sudden at all. Little by little I felt it, and at last I realized it....)
美希「変わろうと思えた一番おっきな理由は……。ぁ……、やっぱ、コレはヒミツ」
(The biggest reason I felt like changing is....ah, I'll keep it a secret after all.)

・聞きたいなあ
(I want to hear it.)
・話しなさい
(Tell me what it is.)
・じゃあ聞かないよ
(Well, I don't need to hear it.)

P「聞きたいなあ」
(I want to hear it.)
美希「……や。ミキも、まだちょっと自信ないもん。でも……、そのうち、言える時がきたら言うよ」
(.....no. I still don't have self-confidence. But...when the time comes, I'll tell you.)
   「だから今は、ミキがどれだけやれるか、見てて。ホントに変われたかどうか、知ってほしいの」
(So for now, keep watching to see if I can do it. I want you to know whether or not I was really able to change.)
P「ああ、わかったよ」
(Ah, I understand.)
 (その瞳には、未知の情熱の光。予感がする。美希の本当の物語は……、ここから始まる)
(In her eyes is the light of a still unknown passion. I have a premonition. Miki's true story...it starts from here.)

”パーフェクトコミュニケーション”
(Perfect Communication)

―――――――――――――――

〜事務所〜
(At the office)

P「まあ、仕事のほうはうまくいって、良かったな……」
(Well, I'm glad that work went smoothly today...)

社長「遅くまでおつかれさま! では、君たちのアイドルランク報告だ!」
(Thanks for working so hard this late! Well then, time for your Idol Rank report!)

美希「おつかれさまー」
(Thanks for your hard work!)
P「ああ、お疲れ様」
(Ah, you too.)
美希「新しい衣装って、やっぱイイよね! なんていうか……、トキメいちゃうの! あはっ」
(The new outfits, they're really great! How do I put it...it makes my heart throb! Aha-!)
P(新しい衣装に少し照れているようだが、気に入っては、くれてるみたいだな)
(Though it appears they're a bit shy with the new outfits, it seems they're quite pleased with them.)

P「さてと……あれ?美希がもどって来たぞ?」
(Now then....Huh? Miki came back?)
美希「プロデューサー。あのね、宣言!ミキ、今日から変わるからっ」
(Producer. You see, I'm declaring it! From today on, I'll change!)
P「え。おいおい、いきなりなんだ?」
(Eh. Wait a minute, what are you saying so suddenly?)
美希「気づいたの。レッスンもお仕事も、ギリギリまで、がんばらなきゃダメなんだって」
(I realized it. For lessons and work, until I reach my limit, I have to try my hardest!
   「新しいミキ、見守っててね。じゃ!」
(The new Miki, keep watching me closely! See you later!)
P「あ、おい……!」
(Hey, wait a minute....!)
 (美希は明るい顔で、走っていってしまった。大きな心境の変化があったようだ)
(With a cheerful face, Miki ran away. Seems like she's had a huge change in her mental state.)

P「ファンからのプレゼントを確認して帰るか」
(Should I check if there's a present from a fan?)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Sugio/20070423/p2