Hatena::ブログ(Diary)

Xbox 360 THE IDOLM@STER コミュ動画集

2007-06-26 千早コミュ集 part5

やすらぎの旋律47 「その歌声はやすらぎの旋律に」この動画のはてなブックマークへ

English translation

D

BGMオリジナル版

nukopinukopi 2008/11/06 03:47 〜墓地〜

(ランクC ある日の風景5)


P「墓地……? 千早、俺をつれてきたかったところって、ここ?」

千早「はい。くわしく話すなら、ここがいいかと。両親の離婚の原因になった、事件について」
   「父と母の仲が悪くなりはじめたのは、8年前……と、いうのは、話しましたっけ?」

・聞いた気がする
・どうだったかな?

P「聞いた気がする」

千早「8年前……とても大切な人が、私たちの前から、突然、姿を消しました」
   「この……目の前のお墓の下に眠っているの、私の弟なんです」
P「亡くなった、のか?」
千早「はい、交通事故で。母と買い物に出かけた時、手を振り切って、道に飛び出してしまって……」
   「一瞬だったそうです。父は、母を激しく責めて、母は、泣きじゃくるだけで……」
   「弟は……いつも、私の下手な歌、よろこんで聴いてくれました」
   「私はあの日、たったひとりの兄弟と、幸せだった時間を、同時になくしたんです」
P「……そうか。それ以来、千早の両親は」
千早「はい。そのせいで、ずっと苦しい思いをしてきました」
   「けど、もう両親を責めようとは、思いません。あれは、やはり不運な事故だったんです」
   「ふぅー、こうしてゆっくり、弟に会いにきたの、デビュー前以来です」
   「なにから、話せばいいでしょう? いろいろ、ありすぎたから、迷ってしまいますね」

・当然、千早の活躍ぶりだろ
・まずは、離婚の話じゃないか?

P「当然、千早の活躍ぶりだろ。そんなにお姉ちゃんの歌、好きだったんなら」
千早「ふふっ、そうですね。悲しい話は、あまりしたくないです」
   「プロデューサーからも、いろいろ話してあげてくれますか? きっと、よろこぶと思うので」
P(ふたりで長い時間、墓地の前で過ごした。ときどき、微笑みを、かわしあいながら……)

”パーフェクトコミュニケーション”

KyoKyo 2008/11/22 21:13 〜墓地〜
~Cemetery~

(ランクC ある日の風景5)
Rank C The scenery of one day 5


P「墓地……? 千早、俺をつれてきたかったところって、ここ?」
Producer: A cemetery....? Chihaya, is this the place you wanted to bring me to?

千早「はい。くわしく話すなら、ここがいいかと。両親の離婚の原因になった、事件について」
Chihaya: Yes. This is the perfect place to tell you about it. The reason for my parents' divorce.

「父と母の仲が悪くなりはじめたのは、8年前……と、いうのは、話しましたっけ?」
Chihaya: The animosity between my father and mother began 8 years ago.....did I tell you about it?

・聞いた気がする
・どうだったかな?
・I think I've heard it.
・What was it?

P「聞いた気がする」
Producer: I think I've heard about it.

千早「8年前……とても大切な人が、私たちの前から、突然、姿を消しました」
Chihaya: 8 years ago....someone very precious to us disappeared suddenly in front of our eyes.

「この……目の前のお墓の下に眠っているの、私の弟なんです」
Chihaya: He's.....the person lying beneath this tombstone. My younger brother.

P「亡くなった、のか?」
Producer: He passed away?

千早「はい、交通事故で。母と買い物に出かけた時、手を振り切って、道に飛び出してしまって……」
Chihiaya: Yes, in a traffic accident. When he was out shopping with my mother, he let go of her hand and suddenly dashed out onto the road....

「一瞬だったそうです。父は、母を激しく責めて、母は、泣きじゃくるだけで……」
Chihaya: It was over in an instant. My father blamed my mother while she cried profusely....

「弟は……いつも、私の下手な歌、よろこんで聴いてくれました」
Chihaya: My brother.....he loved to listen to my unrefined songs.

「私はあの日、たったひとりの兄弟と、幸せだった時間を、同時になくしたんです」
Chihaya: I lost something else besides my brother on that fateful day. All the happy times and memories departed with him as well.

P「……そうか。それ以来、千早の両親は」
Producer: ............I see. Then after that, your parents....

千早「はい。そのせいで、ずっと苦しい思いをしてきました」
Chihaya: Yes. Because of that, I thought I had a bitter life.

「けど、もう両親を責めようとは、思いません。あれは、やはり不運な事故だったんです」
Chihaya: But now, I no longer blame my parents. That was just an unlucky accident, after all.

「ふぅー、こうしてゆっくり、弟に会いにきたの、デビュー前以来です」
Chihaya: Phew-, I haven't been here since my debut.

「なにから、話せばいいでしょう? いろいろ、ありすぎたから、迷ってしまいますね」
Chihaya: What should I talk to him about? So many things have happened, and I do not know where to start.

・当然、千早の活躍ぶりだろ
・まずは、離婚の話じゃないか?
・About your activities, of course.
・How about starting with the divorce?

P「当然、千早の活躍ぶりだろ。そんなにお姉ちゃんの歌、好きだったんなら」
Producer: About your activities, of course. Since he loved his elder sister's singing so much.

千早「ふふっ、そうですね。悲しい話は、あまりしたくないです」
Chihaya: Ha ha, that's true. I should refrain from talking about sorrowful things.

「プロデューサーからも、いろいろ話してあげてくれますか? きっと、よろこぶと思うので」
Chihaya: Producer, would you like to talk with him too? I think that he will be pleased.

P(ふたりで長い時間、墓地の前で過ごした。ときどき、微笑みを、かわしあいながら……)
Producer: (We spent a long time in front of that tombstone, occasionally exchanging smiles with each other.....)

”パーフェクトコミュニケーション”
Perfect Communication

sugiosugio 2008/11/23 03:56 翻訳ありがとうございます! 千早の重要なイベントですね。

> 「私はあの日、たったひとりの兄弟と、幸せだった時間を、同時になくしたんです」
> I lost something else besides my brother on that fateful day. All the happy times and memories departed with him as well.
は、よく意味が分からなかったのですが、
"On that fateful day, at the same time, my only brother and the happy time were gone forever."
でどうでしょう。

KyoKyo 2008/11/23 09:53 はい、これは非常に感動的なイベントです。It explains why Chihaya behaves the way she is now.

> 「私はあの日、たったひとりの兄弟と、幸せだった時間を、同時になくしたんです」
> I lost something else besides my brother on that fateful day. All the happy times and memories departed with him as well.
は、よく意味が分からなかったのですが、
"On that fateful day, at the same time, my only brother and the happy time were gone forever."
でどうでしょう。

私は、それが同じ意味を持つと思います。
"On that fateful day, at the same time, my only brother and the happy times were gone forever."
はOKです。

sugiosugio 2008/11/23 11:36 早速の再チェックありがとうございます。それでは、文を短くできるのでOn that fateful day, at the same time, my only brother and the happy times were gone forever.にしたいと思います。

sugiosugio 2008/11/23 11:37 〜墓地〜
~Cemetery~

(ランクC ある日の風景5)
Rank C The scenery of one day 5


P「墓地……? 千早、俺をつれてきたかったところって、ここ?」
Producer: A cemetery....? Chihaya, is this the place you wanted to bring me to?

千早「はい。くわしく話すなら、ここがいいかと。両親の離婚の原因になった、事件について」
Chihaya: Yes. This is the perfect place to tell you about it. The reason for my parents' divorce.

「父と母の仲が悪くなりはじめたのは、8年前……と、いうのは、話しましたっけ?」
Chihaya: The animosity between my father and mother began 8 years ago.....did I tell you about it?

・聞いた気がする
・どうだったかな?
・I think I've heard it.
・What was it?

P「聞いた気がする」
Producer: I think I've heard about it.

千早「8年前……とても大切な人が、私たちの前から、突然、姿を消しました」
Chihaya: 8 years ago....someone very precious to us disappeared suddenly in front of our eyes.

「この……目の前のお墓の下に眠っているの、私の弟なんです」
Chihaya: He's.....the person lying beneath this tombstone. My younger brother.

P「亡くなった、のか?」
Producer: He passed away?

千早「はい、交通事故で。母と買い物に出かけた時、手を振り切って、道に飛び出してしまって……」
Chihiaya: Yes, in a traffic accident. When he was out shopping with my mother, he let go of her hand and suddenly dashed out onto the road....

「一瞬だったそうです。父は、母を激しく責めて、母は、泣きじゃくるだけで……」
Chihaya: It was over in an instant. My father blamed my mother while she cried profusely....

「弟は……いつも、私の下手な歌、よろこんで聴いてくれました」
Chihaya: My brother.....he loved to listen to my unrefined songs.

「私はあの日、たったひとりの兄弟と、幸せだった時間を、同時になくしたんです」
Chihaya: On that fateful day, at the same time, my only brother and the happy times were gone forever.

P「……そうか。それ以来、千早の両親は」
Producer: ............I see. Then after that, your parents....

千早「はい。そのせいで、ずっと苦しい思いをしてきました」
Chihaya: Yes. Because of that, I thought I had a bitter life.

「けど、もう両親を責めようとは、思いません。あれは、やはり不運な事故だったんです」
Chihaya: But now, I no longer blame my parents. That was just an unlucky accident, after all.

「ふぅー、こうしてゆっくり、弟に会いにきたの、デビュー前以来です」
Chihaya: Phew-, I haven't been here since my debut.

「なにから、話せばいいでしょう? いろいろ、ありすぎたから、迷ってしまいますね」
Chihaya: What should I talk to him about? So many things have happened, and I do not know where to start.

・当然、千早の活躍ぶりだろ
・まずは、離婚の話じゃないか?
・About your activities, of course.
・How about starting with the divorce?

P「当然、千早の活躍ぶりだろ。そんなにお姉ちゃんの歌、好きだったんなら」
Producer: About your activities, of course. Since he loved his elder sister's singing so much.

千早「ふふっ、そうですね。悲しい話は、あまりしたくないです」
Chihaya: Ha ha, that's true. I should refrain from talking about sorrowful things.

「プロデューサーからも、いろいろ話してあげてくれますか? きっと、よろこぶと思うので」
Chihaya: Producer, would you like to talk with him too? I think that he will be pleased.

P(ふたりで長い時間、墓地の前で過ごした。ときどき、微笑みを、かわしあいながら……)
Producer: (We spent a long time in front of that tombstone, occasionally exchanging smiles with each other.....)

”パーフェクトコミュニケーション”
Perfect Communication

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Sugio/20070626/p8