封筒会社と手紙のスタイル

2016-09-30

製造部スタッフの工場見学会

「製造部スタッフのための工場見学会」という取組みを今年からスタートさせています。
製造部門で働くスタッフだからといって機械に詳しいとは限りません。むしろ自分の扱っている機械以外はあまり知らないというのが本当のところです。そこで、会社にある代表的な機械の役割と構造を学び、他のオペレーターはどのような取組みをしているかを知れば、モチベーションも上がり品質と安全も向上するだろうという狙いの見学会です。

f:id:SugiuraMasaki:20160930172618j:image

f:id:SugiuraMasaki:20160930172619j:image

さすがに機械に関心がある人が多く、どの機械であってもみんな興味深くメモをとり聞いています。少人数で回るため質問もしやすいようでした。最後に気付きと感想を提出して終了。「自分の仕事に当てはめて考えることができた」「他のスタッフの品質管理のやり方がよくわかった」。また機械を担当したスタッフも「みんなに説明することで改めて自分の仕事が整理できた」とのことでした。一定の効果はありそうです。いずれ全部署対象に見学会を開催したいと思います。


杉浦正樹

2016-03-14

地域活動

今年に入って二つ堺市のイベントに協力をさせていただきました。
ひとつは堺市職員の方を対象とした意識改革セミナーでの講演。会社の歴史・変革への挑戦、社員を活かす経営などをご紹介させてもらいました。
もうひとつは「堺で見つける!子育て×はたらく フォーラム」というプロモーション事業へのワークショップ参加です。弊社は女性社員が多いので声をかけてもらいました。

f:id:SugiuraMasaki:20160122140751j:image

地域イベントへの積極参加は地元意識も高まりますし次第に堺市企業として馴染んできたようにも思います。今年の5月7日には毎年恒例羽車主催の「かるた市」があります。工場見学ツアーやワークショップ、アウトレットなど、これも地元のみなさんに楽しんでいただけるイベントです。ご期待ください。


杉浦正樹

2016-02-23

デザインのひきだし

f:id:SugiuraMasaki:20160223163801j:image

デザイナー必読の書というべき『デザインのひきだし』に羽車の加工を8頁に渡り紹介させていただきました。弊社の他に数十社が参加して各社の得意な加工を施した紙が詰まった立派な内容です。眺めるだけでも楽しい。現代版印刷加工の辞書、まさに「印刷美術大全」という仕上がりですね。

デザイナーの方々だけでなく印刷や紙を仕事とする方におすすめの一冊です。


杉浦正樹

2016-01-14

年賀状 2016

f:id:SugiuraMasaki:20160114202824j:image

改めまして本年もどうぞよろしくお願いします。
上の写真は今年の年賀状です。
「干支と撮影」というのが前回からのテーマのため今年も同じように干支である猿をレンタルしました。写真の上部分、私と並んで台の上に座っています。

f:id:SugiuraMasaki:20160114180623j:image
このおさるさんは、普段イベントで猿回しとして活躍している女の子だそうです。年賀状では小さく写ってますが実物は結構大きくて立派です。また、猿使いの親方のいうことは良くききますが、私のことは見下しているらしく獰猛でした。最初は仲良くコミュニケーションを取れたと思ったのですが、撮影途中に機嫌が悪くなって噛みつかれてしまうありさま。猿は一度自分より下と決めると最後までその関係が変わらないようです。なんとか親方になだめてもらい機嫌を直して撮影が無事?完了。
結果このような年賀状が出来上がりました。

去年の羊もそうですが会社に動物が来ると社員は盛り上がりますね。みんな喜んでスマホで猿とのツーショット。
来年は酉(とり)です。どんな撮影会になるのでしょうか??今から楽しみです。
今年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いします。


杉浦正樹

2015-12-18

80期活動報告書

2015年もあと2週間で終わります。
おかげさまで本社工場も忙しい日々が続いております。

さて、毎年作成しております「80期 活動報告書」が完成しましたのでご案内します。
この活動報告書は、私たちの事業活動とは切り離せない「環境」・「地域」・「取引先」・「社員」・そして「社会」とのつながりや取組みを紹介したものです。私たちの仕事へのご理解と忌憚のないご意見を賜りましたら幸いです。

f:id:SugiuraMasaki:20151218043210g:image

「80期活動報告書」ダイジェスト版 pdf

今年も関係各位には大変お世話になりました。
心より御礼申し上げます。
どうぞ良い年をお迎えください。


杉浦正樹

2015-11-30

見学ツアー

先月、羽車主催の工場見学ツアーを行ないました。
このイベントは、年に一度、応募抽選でお客様をご招待するもので、見学ツアー専門チーム中心に社員数十名が関わり準備をする大きなイベントです。休日を半日を使いますし、お客様は遠方からも来られます。勉強のための見学というよりワクワクした気持ちで楽しみにして来られます。
私たちもいかにお客様に喜んでもらうか、羽車のファンになってほしいという気持ちでお迎えをしました。

f:id:SugiuraMasaki:20151107131318j:image
スライドを見ながら会社説明

f:id:SugiuraMasaki:20151201015658j:image
大型輪転製袋機

f:id:SugiuraMasaki:20151201015659j:image
インク練り体験

f:id:SugiuraMasaki:20151201015700j:image
活版印刷機と熟練社員

f:id:SugiuraMasaki:20151107170806j:image

おかげさまで参加された方々からの評判は大変良かったです。私も懇親会から参加しましたが、そういった感想を聞けるのは嬉しいですね。長い時間をかけて準備をしてきた甲斐があったと思います。また来年も開催します。

ご参加していただいた皆様、ありがとうございました。

2015-10-22

恒例の年度方針発表会

新社名に変わりこの10月から新しい年度がスタートしました。

土曜日には毎年恒例の年度方針発表会。各部門のリーダーが今期についてのプレゼンテーションを行ないます。今回からプロジェクターを使ってのプレゼンに切り替え、発表者には全員スライドを用意してもらいました。言葉だけで語るより映像を使って視覚にも訴えることではるかに伝わりやすくなります。聞いているほうが眠くならないというメリットもあります(笑)とにかく新しい発表スタイルに挑戦です。

f:id:SugiuraMasaki:20151022104803j:image
f:id:SugiuraMasaki:20151022104802j:image
f:id:SugiuraMasaki:20151022104801j:image

プロジェクターに映す絵は3枚。それぞれ1分で自動的に次の絵に切り替わります。発表者は3つのテーマをそれぞれ1分にまとめ合計3分で発表を終えます。テーマによっては多くを伝えたいこともあるでしょうが、1分経つと次の画像に切り替わるため、どんなテーマでも60秒にまとめなくてはなりません。たくさんしゃべれば相手に伝わる訳ではありません。逆に1分と決めることで、伝えるほうもポイントが絞れ、受け取るほうも聞きやすいものです。

その結果、昨年に比べて格段に良い方針発表会となりました。映像があることでメッセージに力強さが生まれ、1分毎に切り替わることで進行もリズミカル。もちろん各部門からの方針内容は真剣そのものですが、なかには笑いを誘うような画像を上手く取り入れるものもいて、今までにはない和やかさと活気があったと思います。

どんなことでもひと工夫しよう!をテーマに、今年度もより良い商品・サービスづくりに挑戦していきます。


杉浦正樹

2015-10-13

合紙カードで作るパンケーキ屋さんの名刺

f:id:SugiuraMasaki:20151013151650j:image
厚い紙(坪量が大きい紙)は既製品でも販売されていますが、写真のようなリバーシブルの色合わせや、違う素材の組み合わせという厚紙は市販されていません。これは、ケンランという色紙の黄(黄色)400kgとコットンスノーホワイト300kgの紙を合紙したものです。カード一枚で十分な存在感がありますね。

f:id:SugiuraMasaki:20151013151651j:image
f:id:SugiuraMasaki:20151013151653j:image

ケンランの紙にはツルッとした平滑性があります。逆にコットンスノーホワイトは柔らかい質感、特有のふんわりとした触感です。このふんわりとしたコットンペーパー面に強めの活版印刷で凹凸が表現することで「パンケーキ屋さん」っぽいやわらかな雰囲気を出しています。一方、反対の黄色面には、光沢あるゴールドの箔押しをすることでスタイリッシュなイメージを出しました。紙の両面に違う表情を持たすことで、カジュアルになりすぎず高級感も押さえつつ、ちょうど良いバランスに仕上がったと思います。

印刷色のグレイも、かすかに覗く黄色との相性がよく上品にマッチしていると思いませんか?
f:id:SugiuraMasaki:20151013151654j:image

はじめてサンプルを手にしたとき、思わず紙の断面の黄色と白のコントラストに目がいきました。そして肉厚な質感と上品な雰囲気。

紙が厚すぎるため名刺入れで携帯するには実用的ではありませんが個人的にも使ってみたい名刺です。


*「パンケーキ屋さんの名刺」というテーマでサンプル作成したものです。


杉浦正樹

2015-09-26

社名変更のお知らせ

平成27年10月1日より、社名を 株式会社羽車 と変更させていただくことになりました。
長年親しんできた社名 ハグルマ封筒 と別れるのは寂しい気持ちもありますが、これを機に更に新しい商品とサービスの提供を目指していきたいと思います。
ロゴマークも刷新しました。

f:id:SugiuraMasaki:20150926130159p:image

新社名 株式会社 羽車
改称年月日 平成27年10月1日

住所・電話番号・URL等の変更はございません。
今後とも変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。



杉浦正樹

2015-08-31

アート部

ハグルマアートブ(会社公認クラブ活動)のイベントで滋賀を訪れました。
滋賀県は、歴史も文化もアートも揃う観光には大変素敵なエリアです。

f:id:SugiuraMasaki:20150831181908j:image
f:id:SugiuraMasaki:20150831181909j:image
f:id:SugiuraMasaki:20150831181430j:image

まずはミホミュージアムから。ここでは伊藤若冲と与謝蕪村、江戸時代の二大天才絵師を鑑賞。美術館はイオ・ミン・ペイの設計としても有名で山奥にある桃源郷をイメージしているとのこと。自然に囲まれた最高のロケーションでした。
そして佐川美術館の茶室。私としてはここが今回の一番でした。お茶室の概念を覆すような作品?でしたが、ずっとここに座っていたいと思うほど。「守・破・離」の理想的なかたちなのかも知れません。予約なしでの入場は不可ですがこの茶室はおすすめです。
最後はアウトサイダーアートミュージアムの「NO-MA」。プリミティブアート、アールブリュットと捉え方は様々ですが、真の芸術を感じることができます。個人的には、年に何度も訪れるほど好きな美術館です。

f:id:SugiuraMasaki:20150831181431j:image

f:id:SugiuraMasaki:20150831181432j:image

今回も駆け足のツアーとなりましたが、それでも街歩きを楽しみ、近江牛も堪能し、夏の良い思い出になりました。参加した社員も芸術三昧の一日を心から楽しんでいたようです。このような体験はリラックスできます。また仕事にも良い影響を与えてくれそうです。

杉浦正樹