T-BBの物描き部屋

2016-03-14 ZOIDS ZA ムラサメライガー

[] ZOIDS ZA ムラサメライガー

f:id:T-BB:20160313190359j:image

今回はZOIDS ZA ムラサメライガーを紹介。


f:id:T-BB:20160313191202j:image

f:id:T-BB:20160313191306j:image

f:id:T-BB:20160313191332j:image

コトブキヤの新シリーズZA(ZOIDS AGGRESSIVE)シリーズ第一弾目はムラサメライガーが登場。

同じコトブキヤから出ているプラモデルのHMMシリーズとは違い

こちらは1/100スケールのアクションフィギュアとして立体化。


f:id:T-BB:20160313213335j:imagef:id:T-BB:20160313213343j:image

f:id:T-BB:20160313213919j:imagef:id:T-BB:20160313214123j:image

顔アップ。

クラッシュバイトはゴールドで塗装されてました、

口はちゃんと開閉します。


f:id:T-BB:20160313213633j:imagef:id:T-BB:20160313213644j:image

鬣は横に展開しますが脚部と干渉しやすく無理に動かそうとすると折れる可能性が高いので要注意。


f:id:T-BB:20160313213514j:image

コクピットハッチも可動。

パイロットのルージは付属しませんでした。


f:id:T-BB:20160313215628j:imagef:id:T-BB:20160313215641j:image

f:id:T-BB:20160313215835j:imagef:id:T-BB:20160313215811j:image

ストライククローは軸パーツが設けられているので

ある程度表情をつけることが可能。

後足も奥まで動かせます。


f:id:T-BB:20160313213731j:imagef:id:T-BB:20160313213746j:image

パイルバンカー

劇中ではこれを地面に突き刺して旋回を手早くするという仕組み。

ギミックとしては上下に可動するのみ。



f:id:T-BB:20160313213833j:image

テイルブレード

針金などは使われてないので残念ながら非可動でした。


f:id:T-BB:20160313215423j:image

3連キャノン

特にこれといったギミックなし。


f:id:T-BB:20160313214208j:imagef:id:T-BB:20160313230448j:image

f:id:T-BB:20160313230639j:image

f:id:T-BB:20160313231000j:imagef:id:T-BB:20160313230953j:image


f:id:T-BB:20160313214505j:image


f:id:T-BB:20160313214843j:image


f:id:T-BB:20160313214622j:image

ムラサメブレード/ブレードキャノン

ムラサメブレードは前と左右と広く可動。

ブレード部分は古代文字がきちんと記されています。

横には少し延長することもできました。

ブレード展開の手順は一度手前に起こして横に倒す方法だったので

恐らくトミー製と同じ展開の仕方かと。


f:id:T-BB:20160313215319j:imagef:id:T-BB:20160313215158j:image

ZA ムラサメライガー唯一の付属品、スタンド用パーツ。

差し替えてスタンドを取り付け。

スタンドはコトブキヤショップの予約で手に入ったみたいですが

自分は通販で購入したので魂stage act5で代用。


f:id:T-BB:20160313220455j:image


f:id:T-BB:20160313221051j:image


f:id:T-BB:20160313231258j:image


f:id:T-BB:20160313222957j:image


f:id:T-BB:20160313225152j:image


f:id:T-BB:20160313225656j:image


f:id:T-BB:20160313190359j:image


f:id:T-BB:20160313231644j:image

以上、ZOIDS ZA ムラサメライガーでした。

ゾイドジェネシスの放送が終わって数年、同じゾイドでもプラモデル以外の展開が殆どなかったこのご時世にムラサメライガーがアクションフィギュアとして出してもらえたのは非常に嬉しいですね。

鬣パーツには気を遣う必要がありますが本体とムラサメブレード可動が優秀なのでガシガシ動かせました。

あと驚かされたのが細かく再現されたギミック。

ムラサメブレードの展開、非可動ではなくちゃんと下まで動くパイルバンカー、値段こそは6200円と高めでも色々盛り込まれていたのが好印象でした。

これならもう発売が決定しているハヤテムゲンライガーも期待できそうですね。

2009-09-24 改造 ゾイド ライガーゼロイクス レビュー

[] 改造 ゾイド ライガーゼロイクス レビュー

f:id:T-BB:20090923233649j:image

「こいつ・・動くぞ!」

今回は少し手を加えたライガーゼロイクスを紹介。


f:id:T-BB:20090923232803j:image

f:id:T-BB:20090923232814j:image

3月頃に紹介したライガーゼロイクスをあれからロードゲイル

パーツを使って、足を動かせるようにしました。

足だけだと物足りないので首も少し横に動かせるように改造。

首の可動はあまりの醜い出来なのであえて割愛させて頂きます・・。

(もし参考にされていざというときに失敗されたら困るので・・)

ちなみに武器などのパーツについては以前に紹介したほうを参照にして下さい。


f:id:T-BB:20090923232835j:image

こちらがロードゲイルのパーツ。

ボールジョイントが4つも付いてるのでライガー系のゾイドと相性抜群。

ちなみにこちらの改造の仕方は至ってシンプルで接着剤でライガーのパーツに付けるだけです。


f:id:T-BB:20090923233951j:image

スタンドを使えば走っているポーズとかもこれで再現できます。

出来ればストライクレーザークローのポーズとかもしたかったんですが

さすがに足が動いても無理でした。



f:id:T-BB:20090924202253j:image

f:id:T-BB:20090924202316j:image

お次はイクス。アーマーを交換するだけなので

特に可動する部分の干渉はありません。


f:id:T-BB:20090924202527j:image

ブレード展開も上記に書いた通り可動には問題ありませんが

ブレード自体大きいので写真が撮りづらいです・・。


f:id:T-BB:20090924202640j:image

この写真は別に改造しなくてもできそうなポーズですが

未改造はモーターの関係で意外とできないんですよね。

おかげで少しは見栄えがよくなりました。


f:id:T-BB:20090923233743j:image f:id:T-BB:20090923234351j:image


f:id:T-BB:20090924202847j:image f:id:T-BB:20090924203101j:image


f:id:T-BB:20090923234543j:image f:id:T-BB:20090924203239j:image


以上、改造 ライガーゼロイクスでした。

本来ならゾイドは組み立てた後にゼンマイやモーターを使って

遊ぶのが正しいのですが、コトブキヤゾイドを見てついやってしまいました。

こうやって改造してみるとアニメと似たような動きができたりとよりカッコ良さが引き出せる

事ができますが、やはり改造なので失敗するとジャンク品になったりするので注意も必要です・・。

また写真が少ないので、近いうちに写真追加予定。

最後にこの改造をする際は自己責任でお願いしますね。

2009-09-15 ゾイド ライガーゼロフェニックス レビュー

[] ライガーゼロフェニックス レビュー

f:id:T-BB:20090906191536j:image

組み立ててから少し経ちましたが今回はライガーゼロフェニックスの紹介です。

ユニゾンすることにより、かなりボリュームのあるキットになりますよ…!


f:id:T-BB:20090915190323j:image

f:id:T-BB:20090915190336j:image

まずは素体から紹介、何も装着していないライガーゼロです。

一部パーツの外し忘れがありますが、そこはスルーの方向で…


f:id:T-BB:20090915190408j:image

まずフューザーズ版のライガーゼロで気になったのは

通常版とは違い、黒い塗装が一部なくなっていること。

おかげで組み立てたときに真っ白です。

気になる人は自分で塗るなりしてもいいかもしれません。


f:id:T-BB:20090915190436j:image

コクピットは頭のほうにあります。


f:id:T-BB:20090915190429j:image

パイロットはゴム製のRDが付属。

パッケージには共和国のパイロットが乗ってましたが

多分通常版のパケ絵の使いまわしだと思います。


f:id:T-BB:20090915190445j:image

爪はメタリック調に変更されてます。

ずっと前に発売された通常版はもうちょっと色が薄かったです。


f:id:T-BB:20090915190511j:image

2連装ショックカノン

これは特に変更はなし。上下に可動し取り外し可能


f:id:T-BB:20090915190940j:image

f:id:T-BB:20090915191004j:image

お次はライガーゼロの基本形態。

細かなところは上記でも紹介しましたがあとは特に変更はありません。


f:id:T-BB:20090915191023j:image

ストライクレーザークローするときに展開する部分などのギミックも

フューザーズでも再現されています。


f:id:T-BB:20090915191034j:image

ブースターは手動で展開

通常版よりもスっと動くようになったような気がします…


f:id:T-BB:20090915191041j:image

f:id:T-BB:20090915191057j:image

これらの武器も特に変更なし。

本当に何もないから何て書けばいいか困る…

f:id:T-BB:20090915195333j:image

ディスプレイスタンドが付属。

スタンドはモーターで動くさいに干渉しないように作られています


f:id:T-BB:20090915194532j:image

f:id:T-BB:20090915194540j:image

まだレビューは続きます…次はファイヤーフェニックス。

ライガーゼロにユニゾンして一緒に戦う無人機ゾイドです。

ちなみに元々ファイヤーフェニックスは青色で「ゼロフェニックス」という名前でした。

それから外国でファイヤーフェニックスが発売し日本でもフューザーズが放送され

日本でもこうやってキット化されたという説があります。


f:id:T-BB:20090915194217j:image

コクピットは開閉可能。

操縦席はありますが無人機なのでパイロットは付属しません。


f:id:T-BB:20090915194241j:image

口も開閉可能です。

ただちょっとクチバシの部分が外れやすいです。


f:id:T-BB:20090915194704j:image

f:id:T-BB:20090915194714j:image

黄色のパーツはクリアパーツが使われています。


f:id:T-BB:20090915194801j:image

ウイングの全体の写真を撮ってみました。

思った以上に大きく、携帯で撮るのは少し大変でした。


f:id:T-BB:20090915195151j:image

ウイングは位置を変えることも可能。

こうすると飛んでいるような感じに見えますね。


f:id:T-BB:20090915185706j:image

f:id:T-BB:20090915185744j:image

f:id:T-BB:20090915185954j:image

f:id:T-BB:20090915185805j:image

ライガーゼロフェニックス

ライガーゼロとファイヤーフェニックスがユニゾンした形態。

ウイングがあるので、劇中で飛行しながら必殺技を出すこともありました。

それにしてもライガー系のゾイドは前から見ると微妙だなぁ…w


f:id:T-BB:20090915185436j:image

チャージミサイル

フェニックスの足の部分が武器になってます。

これ劇中で使った記憶がないんですが…


f:id:T-BB:20090915185451j:image

ウイングはブロックスで固定されていて外れにくいです。


f:id:T-BB:20090915190052j:image

足は前のにフェニックスのパーツに変更されてます。


f:id:T-BB:20090915185503j:image

尻尾も何気にユニゾンによって変更されています。

これは武器なんでしょうか…?


f:id:T-BB:20090915185526j:image

ちょっと残念なところは、ユニゾンした際に

接続穴が見えてしまってるところ。

遠くから見たら、何ともありませんが、やはり近くから見ると目立ちますね。


f:id:T-BB:20090915195218j:image

以上、ゾイド ライガーゼロフェニックスでした。

3モードあるだけに凄いボリュームで写真を撮るのが大変で枚数も多くなってしまいました

大型ゾイドのユニゾンは嫌いではなく、むしろ好きなほうなんですが

強いて嫌な点を上げるならばバラしたり合体させるのがちょっと面倒なことですねw

撮影して思ったのですが、ユニゾンは改造することによっていろんなバリエーションがあるので

自分だけの改造ゾイドを作ってレビューするのも面白いかもしれません。

2009-09-07 ゾイド ザバット レビュー

[] ザバット レビュー

f:id:T-BB:20090907190935j:image

「やられ役だけどキバっていくぜ!」

今回はズバッ・・じゃなくてザバットをレビュー!


f:id:T-BB:20090907191349j:image f:id:T-BB:20090907191339j:image

ゾイドからザバットを紹介。アニメ/ZEROではチームブリッツを苦しめてましたが

レイノスの活躍により、あっけなくやれてましたねw

こちらは電池でもゼンマイ式でもなく手動で可動する仕組みになってます。

あとゲート跡の処理がいつもより増してひどくなってます・・。

どうかそこら辺はご了承を・・


f:id:T-BB:20090907191936j:image

顔アップ。クリアパーツが小さく顔が見づらいです・・。

ちなみに首は縦には動きますが、横には無理でした。


f:id:T-BB:20090907192001j:image

f:id:T-BB:20090907192009j:image

頭は無人用(センサーヘッドタイプ)とコクピットタイプ

2種類から1つ選んで取り付けます。

またコクピットは座るタイプではないので

パイロットの形も特殊。


f:id:T-BB:20090907192022j:image

パイロットはガイロス帝国なのに何故か青色。

どうでもいいんですが、このパイロットのポーズ

今でも空を飛びそうなポーズですね。


f:id:T-BB:20090907191432j:image

耳は独立で上下に可動。

個体差かもしれませんが若干接続部分が緩いので動かしすぎには注意が必要かも・・


f:id:T-BB:20090907191204j:image

ホーミングボムはゼンマイ式でチョロQのように走ります。

こういうのは走らせるとベッドやタンスの下とかに行くから困る


f:id:T-BB:20090907191813j:image

腹部にあったホーミングボムを外した状態。

外した所のモールドが凄く細かくて驚きました。


f:id:T-BB:20090907191739j:image

背中には2つのスイッチがあり、1つは翼を動かすスイッチ、

もう一つはホーミングボムを落下させるためのスイッチです。


f:id:T-BB:20090907191454j:image

翼を広げた状態。写真が見づらくて申し訳ない・・


f:id:T-BB:20090907192115j:image f:id:T-BB:20090907192120j:image

スタンド付属。何か無駄に豪華です。


f:id:T-BB:20090907192129j:image

アームが動くので高さの調整が可能。


f:id:T-BB:20090907193941j:image

もう少し分かりやすい写真を撮るのを忘れてましたが

スタンドを使って止まり木をように飾ることができます。

しかしちょっと動かすとすぐに落ちるのが残念ではありますが・・


f:id:T-BB:20090907191851j:image

足の爪は可動するので、もちろん普通に飾ることもできます。


f:id:T-BB:20090907192646j:image

翼は閉じることも可能。さらに顔が見えにくくなりますが

これはこれでコウモリらしいポーズかと思います。


f:id:T-BB:20090907191026j:image

ここからは少し手を加えたところの紹介を・・。

ザバットは飛行型ゾイドなので、スタンドを使って飛行ポーズを再現できるようにしました。


f:id:T-BB:20090907191150j:image

ピンバイスで穴を空けてスタンドに合うようにしました。

スタンドはfigmaのスタンドを使用。


f:id:T-BB:20090907191126j:image

スタンドを使ったザバットの後ろ。

ホーミングボムのところに穴を空けているので

ホーミングボムがなければ飛行ポーズが飾れないのが難点です・・。


f:id:T-BB:20090907191218j:image

ホーミングボムだけ使った写真・・

ザバット本体にも穴が空けれたらホーミングボム使ったポージングがとれるのになぁ・・


f:id:T-BB:20090907191721j:image

f:id:T-BB:20090907191730j:image

スタンドを使って写真を撮ってみました。

個人的には、自立してる写真より、スタンド使った写真のほうが好きです。


f:id:T-BB:20090907195204j:image

以上、ゾイド ザバットでした。

自分はリサイクルショップで180円で買ったので値段的に考えると大満足。

可動自体はまずまずですが、ピンバイスなどで穴空けて

スタンドに飾ることでカッコ良さが増しますよ・・!

難しい作業ではないと思いますのでぜひ小型の飛行型ゾイドを持ってる方はぜひ挑戦してみて下さい。

(無論、やるときは自己責任でお願いします・・)

2009-08-30 ゾイド ロードゲイル レビュー

[] ロードゲイル レビュー

f:id:T-BB:20090830184403j:image

今回はゾイドフューザーズからロードゲイルを紹介。

リサイクルショップで安く売っていたので衝動買いしてしまいました。


f:id:T-BB:20090830194220j:image

f:id:T-BB:20090830194219j:image

f:id:T-BB:20090830185337j:image

上記の画像を見て分かりますがロードゲイルは価値が上がっていて、

自分にとっては高くて中々買うのが難しく困っていました。

しかし、1260円で買えて、とても運がよかったです。

ロードゲイルを買ったリサイクルショップは他にもゾイドがあって

ゾイド好きにはたまりませんでした。


f:id:T-BB:20090830184506j:image f:id:T-BB:20090830184515j:image

さて、ロードゲイルのレビューに移ります。

こちらのロードゲイルは前に発売されたロードゲイルとは違い色がメタリックに変更されてます

ブロックスを固定するジョイントのせいで、可動は殆どしませんが飾る分には十分なカッコ良さがあるかと。

f:id:T-BB:20090830184525j:image

口は開閉可能。ただし首のほうの可動は全くなので縦や横に動きません・・。


f:id:T-BB:20090830185258j:image

ばらすのが面倒なので説明書の写真になりますが

ロードゲイルはこのようなパーツ構成なので

首の他にも可動は制限されています


f:id:T-BB:20090830185614j:image

シールが付属しますが、貼ってません・・。

素で忘れてました・・w


f:id:T-BB:20090830184540j:image

コクピットは頭の後ろにあります。


f:id:T-BB:20090830184638j:image

マグネイズテイル

簡単に言うと、尻尾。横に少し可動します。


f:id:T-BB:20090830184613j:image

ウイング部は360度回転できます。


f:id:T-BB:20090830184647j:image

マグネクロー

ガーゴイル型なだけに凶暴な足です。

足が大きいので安定力はあります。


f:id:T-BB:20090830184717j:image

マグネイズスピア

スピアは単体で上下に動きます。


f:id:T-BB:20090830184726j:image

f:id:T-BB:20090830184733j:image

エクスシザース

バルカン?も装備した近距離、遠距離両方攻撃できる武器。

シザースは開閉可能です


f:id:T-BB:20090830184748j:image

鳥型の爪のようなパーツがあります。

武器の名称はありませんが、何かの武器でしょうか?


f:id:T-BB:20090830184813j:image

全体アップ。見づらくてすみません・・。

デジカメ欲しいなぁ・・orz


f:id:T-BB:20090830184915j:image

f:id:T-BB:20090830185112j:image

可動あまりしないのにポージング・・

ロードゲイルのレビューは難しいです・・。


f:id:T-BB:20090830185526j:image

以上、ゾイド ロードゲイルでした。

可動こそはしませんが、前から欲しかったゾイドなので

お店で見つけたときは凄く嬉しかったです。

パッケージのようなポージングがとりくにいのはちょっと悔しいですが

ブロックスゾイドは改造したり、飾ったりするのが多いので

可動に関しては仕方ないみたいですw