T-BBの物描き部屋

2016-08-31 figure complex キャラクターリボ リラックマ

[] figure complex キャラクターリボ リラックマ

f:id:T-BB:20160825233813j:image

「だららんリラックマが可動フィギュアに!」

今回はfigure complex キャラクターリボ リラックマを紹介。


f:id:T-BB:20160830220744j:image

f:id:T-BB:20160830220258j:image

リボルテックからリラックマが登場。

他のリボルテックシリーズと比べてると可動範囲は狭いですが

小さいサイズながらも首と両手にリボルバージョイントが仕込まれているので

ゆるいポージングをする分には特に困りません。


f:id:T-BB:20160830220404j:image

背中にはジッパーらしきプリントが。

ちなみに自立はできないので立たせるには付属のスタンドが必須です。


f:id:T-BB:20160830220951j:imagef:id:T-BB:20160830221040j:image

f:id:T-BB:20160830221217j:image

首部分は上下に少しだけ可動。

首のリボルバージョイントは固定されているので横に向けたりは出来ませんでした。


f:id:T-BB:20160830222347j:image

両足の構造は軸だけなので360度動きます。


f:id:T-BB:20160830224209j:image

大きさはこれくらい。

一般的なアーツサイズのフィギュアと並べると

膝より少し高い位置にくるくらいでした。


f:id:T-BB:20160830221339j:image

付属品一式。


f:id:T-BB:20160830221648j:image

黄色のクッション。

クッションに寝そべりやすいよう予め形がついた仕様になってます。


f:id:T-BB:20160830222203j:image

合わせて使うとこのように寝そべりシーンが再現できます。


f:id:T-BB:20160830221528j:image

f:id:T-BB:20160830221501j:image

キイロトリ。

ヒヨコですね(これ以外の感想が出てこない)


f:id:T-BB:20160830222452j:image

リラックマと並べて。


f:id:T-BB:20160830232532j:image


f:id:T-BB:20160830232818j:image


f:id:T-BB:20160830215303j:image


f:id:T-BB:20160825230100j:image


f:id:T-BB:20160825225709j:image


f:id:T-BB:20160830230525j:image

無理やり感ありますけどキックポーズもできました。


f:id:T-BB:20160830232137j:image

バッチリミロー的な


f:id:T-BB:20160825232221j:image

リラックスの時間の終わりだ・・・


f:id:T-BB:20160830224555j:image

別売りのコリラックマと対決。


f:id:T-BB:20160830230122j:image


f:id:T-BB:20160830222203j:image

以上、figure complex キャラクターリボ リラックマでした。

サイズと付属品の少なさから割高感はありますが

意外と動いてくれるので遊んでて楽しいです

2014-05-30 リボルテック リオレウス亜種

[] リオレウス亜種

f:id:T-BB:20140527214748j:image

天空の蒼火竜

今回はリボルテック リオレウス亜種を紹介。


f:id:T-BB:20140527215514j:image


f:id:T-BB:20140527215441j:image


f:id:T-BB:20140527215545j:image


f:id:T-BB:20140527215734j:image

モンスターハンターから飛竜モンスター、リオレウス

リボルテックで登場。

赤色を基調した通常種とは違いこちらの亜種は蒼火竜という

別名がついてることで青色が基調としたカラーリングになってます


f:id:T-BB:20140527220022j:imagef:id:T-BB:20140527220103j:image

f:id:T-BB:20140527220312j:image

f:id:T-BB:20140527220838j:imagef:id:T-BB:20140527220738j:image

顔アップ。

上の2枚はトリミング忘れました・・。

口は開閉可能。舌も上下に動きます

目の塗装は個体差かもしれませんが左右非対称でした。


f:id:T-BB:20140527221041j:image

f:id:T-BB:20140527221027j:imagef:id:T-BB:20140527221010j:image

f:id:T-BB:20140527215754j:imagef:id:T-BB:20140527215802j:image

f:id:T-BB:20140527221314j:imagef:id:T-BB:20140527215838j:image

甲殻や翼や尻尾アップ。

翼部分は軟質素材でリボルバージョイントが仕込まれてるので

可動はかなり広めでした。


f:id:T-BB:20140527221156j:imagef:id:T-BB:20140527221142j:image

爪部分は4本は一体成型、1本は独立で可動。


f:id:T-BB:20140528223008j:image

オプションパーツ一式


f:id:T-BB:20140527221649j:imagef:id:T-BB:20140527221641j:image

尻尾部分は差し替えで切断状態を再現可能。


f:id:T-BB:20140529212702j:imagef:id:T-BB:20140529212839j:image

火炎エフェクト

舌パーツを取り外して取り付け


f:id:T-BB:20140527221511j:imagef:id:T-BB:20140527221525j:image

リオレウスと同スケールのハンターが付属。

通常種付属のハンターは赤色に対して亜種のこちらは青色


f:id:T-BB:20140529221447j:image

リオレウスと比較。


f:id:T-BB:20140529222454j:image

同シリーズのハンターと

リオレウス自体は意外と小さいです。


f:id:T-BB:20140527221726j:image


f:id:T-BB:20140527221741j:image

スタンドパーツ

いつもリボルテックは補助スタンドは一つだけ付属しているのですが

リオレウスは2つ連結させるパーツが入っているので

より飾りやすくなるよう配慮がされてます。

ただこのスタンドパーツ、リオレウスの重さにはあまり相性が良くなく

飛翔ポーズが飾りにくいので自分は魂stageを使用しています。

連結パーツは取り外せば下の写真のように1つだけのいつものスタンドにも変更可能。


f:id:T-BB:20140528223651j:image


f:id:T-BB:20140527223440j:image


f:id:T-BB:20140527223020j:image


f:id:T-BB:20140529214534j:image


f:id:T-BB:20140529213930j:image


f:id:T-BB:20140529213343j:image


f:id:T-BB:20140529220129j:image


f:id:T-BB:20140529221147j:image


f:id:T-BB:20140529215651j:image

溜め3で尻尾を切る!!


f:id:T-BB:20140529215119j:image

〜メインターゲットを達成しました〜

以上、リボルテック リオレウス亜種でした。

甲殻や翼の模様まで細かいリアルな造型、可動も申し分ないのですが

目の塗装や付属スタンドパーツがリオレウスにはそこまで使えないと

良い点と悪い点がはっきり別れ過ぎて非常に惜しい出来。

まずモンスターハンターのモンスターはアクションフィギュア自体があまりないので出してもらえるだけでもありがたくはありますが

個人的には目の塗装はもう少し頑張ってほしかったかなぁと・・。

ともあれモンスターがこうして動かせてハンターと絡まされて遊ぶのは楽しかったので塗装の改善も願いつつ他のモンスターも出していってほしいですね

2014-04-30 リボルテック ハンター男剣士 リオレウス装備

[] ハンター男剣士 リオレウス装備

f:id:T-BB:20140429214734j:image

「本来ならば人の手には余る巨大な剣

だがこれこそが巨竜を屠りし狩人の牙とならん」

今回はリボルテック ハンター男剣士 リオレウス装備を紹介。

f:id:T-BB:20140429223113j:image

f:id:T-BB:20140429223144j:image

モンスターハンターから男剣士のリオレウス装備がリボルテックで登場。


f:id:T-BB:20140429223442j:image

f:id:T-BB:20140429223506j:imagef:id:T-BB:20140429223514j:image


f:id:T-BB:20140429223300j:imagef:id:T-BB:20140429223209j:image

f:id:T-BB:20140429223330j:imagef:id:T-BB:20140429223310j:image



f:id:T-BB:20140429223410j:image

f:id:T-BB:20140429223352j:imagef:id:T-BB:20140429223417j:image

各部アップ。

スカート部分はリボルバージョイントが付いてるので表情をつけることができます。

ゲームしてるだけでは気づきませんでしたがポーチが付いてました。


f:id:T-BB:20140429223535j:imagef:id:T-BB:20140429223524j:image

首は上下にはこれくらいまで動かすことができました。

ただし横にはパーツ同士干渉して少し狭め


f:id:T-BB:20140429221316j:image

付属パーツ


f:id:T-BB:20140429222559j:image

f:id:T-BB:20140429222610j:image

f:id:T-BB:20140429222653j:image

f:id:T-BB:20140429222723j:image

片手剣

リオレウスの素材を使った剣と盾

ひびが入ったような模様?まで再現されてました。



f:id:T-BB:20140429224155j:image

f:id:T-BB:20140429222452j:image

片手剣を装備した状態

設定間違えて少し写真暗めになっちゃってます。


f:id:T-BB:20140429220302j:image

f:id:T-BB:20140429220916j:image

大剣

こちらもリオレウスの素材を使った大型の剣

大剣は背中にマウント可能。


f:id:T-BB:20140429223705j:image

f:id:T-BB:20140429223759j:image

大剣を装備した状態


f:id:T-BB:20140429222738j:image

f:id:T-BB:20140429222819j:image

エフェクトパーツ

足に取り付けます。


f:id:T-BB:20140429221354j:image

いつものリボコンテナとスタンドが付属。


f:id:T-BB:20140429212518j:image


f:id:T-BB:20140429215158j:image


f:id:T-BB:20140429215445j:image


f:id:T-BB:20140429213507j:image

片手剣は後程追加します。


以上、リボルテック ハンター リオレウス装備でした。

防具、武器共に質感があるのでかなりモンスターハンターの雰囲気が出ていますね。

ゲームのほうで何回かリオレウス装備を使っていたときがあったのですがゲームをやっていて実際気づきにくいような細かいところまで作り込まれておりこだわりを感じました。

可動面では造型の関係かちょっとだけ顔の向きが横に向きにくいのが気になりましたが個人的には充分許容範囲内でした。

なんかモンスターハンターのリボの記事書く度に言ってる気がするんですがリオレウスとジンオウガのシリーズだけで終わるのは非常にもったいないのでぜひこのクオリティを保ちつつどんどん出していってほしいです。

2014-04-12 リボルテック ジンオウガ 亜種

[] ジンオウガ 亜種

f:id:METAL-K:20140410211952j:image

無双の獄狼竜

今回はリボルテック ジンオウガ 亜種を紹介。


f:id:METAL-K:20140410212135j:image

f:id:METAL-K:20140410212142j:image

f:id:METAL-K:20140410212205j:image

f:id:METAL-K:20140410212527j:image

ゲーム モンスターハンターからジンオウガがリボルテックで登場。

通常種は青色ですが亜種は銀色がメインとなった色違いに。

本体とエフェクトパーツのカラーリングこそは変わりましたが他は特に変更なし


f:id:METAL-K:20140410212218j:imagef:id:METAL-K:20140410212228j:imagef:id:METAL-K:20140410212239j:imagef:id:METAL-K:20140410214415j:image

亜種に合わせて目の色も赤目に変更。

4から新要素として出た狂竜化した状態にもちょっと見えなくはないかも・・。

口は開けて舌を出すこともできます


f:id:METAL-K:20140410212356j:imagef:id:METAL-K:20140410212429j:image

首にジョイントが仕込まれているのである程度首を上に向けることもできます。


f:id:METAL-K:20140410212333j:imagef:id:METAL-K:20140410212315j:imagef:id:METAL-K:20140410221055j:image


尻尾部分もリボルバージョイントが使われているので可動します。

先端部分も軸があったのである程度曲げることができました。


f:id:METAL-K:20140410214323j:imagef:id:METAL-K:20140410212248j:image

[f:id:METAL-K:20140410212537j:imagef:id:METAL-K:20140410212551j:image

自然体な感じでポージングしづらい爪なんですけど造型はかなりいい感じ。

特に甲殻の作りは非常に上手く再現されているかと思います。


f:id:METAL-K:20140410214533j:image

オプションパーツ一式

リボルテックシリーズに付属するリボコンテナエフェクトパーツ、ジンオウガと同スケールのハンター

部位破壊された状態の角、あと通常のがもう1つ付属してるんですがこれは予備パーツでしょうか。


f:id:METAL-K:20140410214556j:imagef:id:METAL-K:20140410214611j:imagef:id:METAL-K:20140410214603j:image

ジンオウガと同スケールのミニサイズハンター。

ジンオウガの双剣装備のポーズですが非可動の固定ポーズとなってます。


f:id:METAL-K:20140410220553j:image

ジンオウガと比較。

ハンターは非可動ですが同スケールで並べて遊べるのは雰囲気が出て嬉しい仕様ですね。


f:id:METAL-K:20140410214734j:imagef:id:METAL-K:20140410214833j:image

部位破壊された状態の角。

通常のと差し替えて再現


f:id:METAL-K:20140410215117j:imagef:id:METAL-K:20140410215200j:image

f:id:METAL-K:20140410215152j:image

帯電時の雷光エフェクトパーツ。

特に差し込み穴とかはないので適当に隙間から取り付け。

通常種はエフェクトのカラーが水色ですが亜種は赤色になってます。


f:id:METAL-K:20140410220315j:image

同シリーズのリボハンターと。

ミニサイズのやつと並べた後に見るとやたらデカく見えます・・。


f:id:METAL-K:20140410214010j:image


f:id:METAL-K:20140410214113j:image


f:id:METAL-K:20140410214216j:image


f:id:METAL-K:20140410212919j:image


f:id:METAL-K:20140410215505j:image


f:id:METAL-K:20140410211952j:image


f:id:METAL-K:20140410221459j:image


f:id:METAL-K:20140410215633j:image

帯電中に隙を見て乱舞するハンター


f:id:METAL-K:20140410220940j:image

〜メインターゲットを達成しました〜


f:id:METAL-K:20140410222213j:image

以上、リボルテック ジンオウガ 亜種でした。

感想は後程追記します。

2013-12-09 リボルテック ハンター男剣士 ジンオウ装備

[] ハンター男剣士 ジンオウ装備

f:id:T-BB:20090719014329j:image

「己が気を高め、刃と一体と成す。

刀人一身、その刃に断てぬものなし」

今回はリボルテック ハンター男剣士 ジンオウ装備を紹介。


f:id:T-BB:20090810005507j:imagef:id:T-BB:20090810005634j:image

ハンティングアクションゲーム モンスターハンターから

プレイヤーの装備としてジンオウ装備がリボルテックで登場。

ゲーム内では牙竜種モンスター、無双の狩人ことジンオウガから

入手する素材を使った装備という設定になってます。


f:id:T-BB:20090810005751j:imagef:id:T-BB:20090810005830j:image

f:id:T-BB:20090810005802j:image

f:id:T-BB:20090810005935j:imagef:id:T-BB:20090810010553j:image

f:id:T-BB:20090810010326j:image     f:id:T-BB:20090810010235j:image

f:id:T-BB:20090810010647j:image     f:id:T-BB:20090810010652j:image

肩や腰パーツは所々に汚し塗装がされていて雰囲気がかなり出てるかと。

首は他パーツと干渉しやすいのでちょっと可動範囲は狭いです。


f:id:T-BB:20090810011831j:image

オプションパーツ

武器は太刀、双剣にエフェクトパーツ、

手首パーツ、リボジョイントとスタンド、リボコンテナが付属。

f:id:T-BB:20090812000513j:image

f:id:T-BB:20090812000614j:image

太刀/王刀ライキリ

ゲームではジンオウガの素材で作れる太刀。

手首を差し替えて持たせます。

持つ部分がかなり細いので両手で持つときは折らないように注意

ちなみに私は3回折りました


f:id:T-BB:20090810011136j:image

f:id:T-BB:20090810011547j:image

f:id:T-BB:20090810011018j:image f:id:T-BB:20090810011040j:image

鞘も付属してるので納刀状態も再現できます


f:id:T-BB:20090812001741j:image

f:id:T-BB:20090812001943j:image

f:id:T-BB:20090812002236j:image

双剣/王双刃ハタタカミ

こちらも同じく専用の手首に差し替え。

リボで初めて気づきましたがこちらも左右で違いがありますね。


f:id:T-BB:20090812015238j:imagef:id:T-BB:20090812015250j:image

f:id:T-BB:20090812015304j:image

双剣装備状態

自分はクロスさせて取り付けてますが

リボルテックのHP見た感じだと縦に装備させるっぽいです。


f:id:T-BB:20090812002509j:image

f:id:T-BB:20090812015640j:image

エフェクトパーツ

片足に取り付け。これがあると攻撃シーンのような激しい動きが再現しやすく

またポーズを取らせるときも安定しやすいです。


f:id:T-BB:20090812002900j:image

f:id:T-BB:20090812002943j:image

スタンドパーツ

付属してもらえるのはありがたいのですが

このスタンドだと軽すぎてハンターを支えられないのが非常に惜しいです


f:id:T-BB:20090719014056j:image


f:id:T-BB:20090101000704j:image


f:id:T-BB:20090101002151j:image


f:id:T-BB:20090812013751j:image


f:id:T-BB:20090812010146j:image

鬼神化


f:id:T-BB:20090812004222j:image

からの乱舞・・!


f:id:T-BB:20090101004312j:image

写真撮り終わってから「そういえば太刀って両手で持つ武器だったよなぁ・・」

とか思い返してみたり・・


以上、リボルテック ハンター男剣士 ジンオウ装備でした。

個人的に今モンハンにドハマリ中だったのであのゲームのアクションシーンを

フィギュアでも再現できるのは遊んでいて楽しかったです。

最近のリボはきちっとポーズが決まりやすいので

首などの可動範囲は狭いものの上手くゲームの雰囲気が出せる

フィギュアになっていると思います。

ただ不満点もいくつかあり、まず手首パーツを取り付けたとき緩々で

全然入らなかったということとリボの足パーツのジョイントが他のより短いせいで

すぐポロポロ足パーツとれるのがマイナスでした。

手首パーツはセロハンテープ巻いたりして補強してましたが

まずこういう無駄な手間があるのは痛いかなーと。

個体差かもしれませんがアクションフィギュアにおいて手首差し替えは

何度もすることと思うので出来るだけこういうのはなくしてほしいところです。


今のところジンオウシリーズからリボはモンハン出てませんが

そろそろ新しいやつが出てほしいですね。