T-BBの物描き部屋

2012-10-21 D-arts ロクショウ レビュー

[] ロクショウ レビュー

f:id:T-BB:20121017231108j:image

「名は・・ロクショウ!」

今回はD-arts ロクショウを紹介。


f:id:T-BB:20121020201418j:image f:id:T-BB:20121020201445j:image

メダロットからゲームだとクワガタverの主人公のメダロット

アニメではパートナーなしのメダロットロクショウがD-artsで登場。

ちなみにキャラ名はロクショウとなってますが機体名はヘッドシザースだったり。


f:id:T-BB:20121020204608j:image

オプションパーツ一式。

グレーの小さいパーツ2つは首のジョイントパーツで長いのと短いのがそれぞれあります。


f:id:T-BB:20121020202926j:image f:id:T-BB:20121020202759j:image

f:id:T-BB:20121020202420j:image

目のパーツは3種類。

通常と睨み顔、あとはGB版?のような表情パーツが付属。


f:id:T-BB:20121020204655j:image

アンテナパーツは動かせるのである程度表情をつけることができます。


f:id:T-BB:20121020212123j:image f:id:T-BB:20121020212148j:image

f:id:T-BB:20121020212111j:image

背中パーツのメダルメタビーと同じく付けたり取り外したりも可能。


f:id:T-BB:20121020203124j:image

f:id:T-BB:20121020203054j:image

f:id:T-BB:20121020203144j:image

f:id:T-BB:20121020204332j:image

右腕パーツ/チャンバラソード

ソードは展開可能です。

差し替えすることでソードを収納状態にすることも


f:id:T-BB:20121020203938j:image 

f:id:T-BB:20121020203854j:image

f:id:T-BB:20121020204019j:image

左腕パーツ/ピコペコハンマー

差し替えでこちらも展開状態を再現


f:id:T-BB:20121020203656j:image

f:id:T-BB:20121020203459j:image

エフェクトパーツ

チャンバラソードに取り付けます。

パーツ自体は柔らかいですが取り付けやすかったです


f:id:T-BB:20121020201129j:image f:id:T-BB:20121020201113j:image

アニメ版で登場するロクショウが身に着けてるマント。

左腕の肩パーツを外して取り付けます。

パーツ同士がかなり干渉するので可動範囲は狭くなりますがカッコイイので許しました!


f:id:T-BB:20121020213631j:image

f:id:T-BB:20121020213519j:image

メタビーのほうにも何とか取り付けられました。

こちらは左腕パーツ丸々外して付けてます。


f:id:T-BB:20121020212419j:image

f:id:T-BB:20121020212500j:image

メタビーと一緒に。これでカブトクワガタが揃いました。


f:id:T-BB:20121020204740j:image


f:id:T-BB:20121020205020j:image


f:id:T-BB:20121020205231j:image


f:id:T-BB:20121020205427j:image


f:id:T-BB:20121020205954j:image


f:id:T-BB:20121020210705j:image


f:id:T-BB:20121020210152j:image


f:id:T-BB:20121020211034j:image


f:id:T-BB:20121020211254j:image


f:id:T-BB:20121020211224j:image


f:id:T-BB:20121020212942j:image

ロボトルファイト!


f:id:T-BB:20121020211749j:image

以上、D-arts ロクショウでした。

メタビーと同じくかなりグリグリと動かせる印象があったロクショウ

武器の展開状態やエフェクトパーツ、マントまで付属しており

メダロットのファンとしてはかなり満足なプレイバリューでした。

ただマントはずっと装着してると色移りするので注意が必要で

そのまま飾る分にもケースに入れなければ黄ばむこともあるので

扱いは気を付けたほうが良さそうです。

メダロットシリーズはロクショウ出て以来何も発売予定も話は聞いてませんが

これからも続いてほしいですね。

個人的には早くアークビートルを・・!

2012-08-24 D-arts メタビー レビュー

[] メタビー レビュー

f:id:T-BB:20120823215431j:image

「行くぞイッキ!」

今回はD-arts メタビーを紹介。


f:id:METAL-K:20120823213737j:image f:id:METAL-K:20120823214012j:image

メダロットから主人公のメダロットメタビーがD-artsで登場。

こちらのメタビーアニメ版のメタビーですね。


f:id:T-BB:20120823214215j:image f:id:T-BB:20120823214420j:image

f:id:T-BB:20120823214315j:image f:id:T-BB:20120823214512j:image

顔パーツは通常のと怒りパーツ、メダルを入れて起動させてない状態のが付属。

パーツ部分は外すとメダロットの素体、ティンペットっぽい顔のモールドが。


f:id:T-BB:20120823214047j:image

f:id:T-BB:20120823214058j:image

背中部分のメダルカバーは開閉可能。

またメダルも付属していて取り外すこともできます。


f:id:T-BB:20120823214800j:image

f:id:T-BB:20120823214958j:image

f:id:T-BB:20120823214815j:image

エフェクトパーツ。

銃口部分に取り付けます。

3つのパーツはそれぞれ自由に動かすことができるので

写真にはありませんが縦横一列にしたりすることもできます。


f:id:T-BB:20120823215243j:image

オプションパーツその2

こちらは単体のマシンガンエフェクトで上のと同じく銃口に取り付け。

本来は2つあるのですが1つ紛失してしまったので今回はこの1つだけ使ってます・・。


f:id:T-BB:20120823220244j:image

オプションハンドは平手が付属。

ただ劇中のように両手撃ちするためにこの手首を使って

再現するのは腕が届かないのでやや厳し目。


f:id:T-BB:20120823221028j:image


f:id:T-BB:20120823221246j:image


f:id:T-BB:20120823221333j:image


f:id:T-BB:20120823221728j:image


f:id:T-BB:20120823221426j:image


f:id:T-BB:20120823220821j:image

「頭部、ダメージポイント100。機能停止ー機能停止」


以上、D-arts メタビーでした。

10年ほど前にタカラから出たデュアルモデルから

かなり久しぶりのメダロットのアクションフィギュアが登場し

こうしてまた手にとって遊べるというのはファンとしてはとても嬉しいです。

D-artsシリーズ自体もこのメタビーが初めてで発売前からどんな感じか気になってたのですが

思った以上によく動きますし手にとったときの重量感があるのがまた良いですね。

あえて欲を言うならマシンガンエフェクトが付くならハンノーダンエフェクトも欲しかったところ。

よく使われたパーツなのでせっかくの必殺技が再現できないのはちょっと残念。

あとジョイントパーツも細い部分が多く、勢いでボキっと折れてしまいそうなのがあったので

動かすときは注意がいりそうです。

ともあれ少し気になったところもありますが、メダロットファンにはぜひオススメしたいフィギュア

特にメタビーが好きな方なら買って損はないと思います