Lensの思考

2013-06-08

お知らせ。

今後、ブログhatena blogを使うことにしました。


もし興味を持って見てくださる方は、こちらからどうぞ。


http://kanno.hatenablog.jp/


万が一、ブックマークなんていう嬉しいものをしてくださっているようでしたら、

そちらも更新のほどよろしくお願いします。


今後も、細々とではありますが、きっと続けていきます。

平和そうな日常と山登りがメインになることかと存じます。


なにとぞよろしくお願いします。


かんの

2013-05-25

那須岳とカフェ。

今回は栃木県北部、那須岳へ。

目標は茶臼岳1915mと朝日岳1896m。


本当は日光白根山を考えていたけれど、

この時期はまだ雪が残ってて

アイゼンとピッケルがないと無理。

まだ体力的なところで調整中なので、

雪山は遠慮することに。


で、

今後の登山に向けたトレーニングとして、

使いやすそうなストックを用意。

ストックの使い方を覚えないといけないので。


朝、八時に宇都宮について

宇都宮在住の友達と合流。

そのまま車で那須に向かって

9時過ぎに山麓の駐車場へ到着。


上の駐車場は混んでいて

仕方がないから白線外のところに停めて準備してたら

大型バスが通れなくなるからほかの駐車場に停めてほしいとのこと。

まぁルールに反するのであれば仕方がないので、他の駐車場に。。。

と思ったら、一か所空いてる場所を発見。

ラッキー。

とりあえず週末の駐車場は混雑。


ということで、そこに停めて出発準備。

トイレを済ませて道具を準備して

9時50分に出発。


慣れないストックをいろいろ試しながら、

40分ほどかけて峰の茶屋跡避難小屋まで。

ここで水分補給だけして、そのまま朝日岳へ。


朝日岳山頂は尖っていてかっこいい感じ。

岩場なので登りにくいけど

苦労するほどではないのでいい練習。

ここではストックは邪魔だったけど。


鎖場やガレ場はあっても、

それほどに危険な場所もなく

朝日の肩まで到着し、そのまま山頂へ。

山頂はコバエやら蜂が多くてうっとうしかった。

でもやっぱり景色は最高。

f:id:T-Kanno:20130608202043j:image


10分くらい休憩して、茶臼岳へ向かうことに。

やっぱり岩場の下りは膝にきつい。

でもストックが役に立った。

なかなか便利。


峰の茶屋跡まで戻ってきて、

水分補給してそのまま茶臼岳の火口へ。

それほど歩きにくいこともなかったけど

朝日岳への疲れが若干、足に。

水分補給をしながら山頂を目指す。


13時には茶臼岳山頂へ到着。

雲海がきれい。

f:id:T-Kanno:20130608202044j:image


山頂でのんびりと昼食。

山頂でのカップラーメンは初。

普段はあまりラーメンを食べないけど

なかなかいいものなんだなと実感。


おなか一杯になって、下山開始。

14時すぎ。


遠足できていた小学生たちを横目に

峰の茶屋跡までまっしぐら。

f:id:T-Kanno:20130608202045j:image


そしてそのまま駐車場まで。

15時に到着。


下りは本当にあっという間。


帰りは鹿の湯へ寄って、

硫黄まみれになって、

旅で知り合った友達おすすめのShozo cafeへ。

那須のとこに行こうとしたけど

すごく混んでいたので黒磯の本店へ。


ものすごくいいお店だった。

ケーキもスコーンもコーヒーも文句なくおいしかったけど、

何より店員さんたちの雰囲気と対応がいい。

親しく話してくれるし、気配りも上手だし、素敵cafeです。

また行きたい。


そんなこんなであっという間に時間は過ぎて、

那須岳と温泉とカフェを楽しんだ1日。


ストックの有用性も実感できたし、いい1日だった。


次は白根山だな。

-----

メモ

【装備】

トレッキングシューズ

ストック

【時間】

09:50 出発

10:30 峰の茶屋跡

11:05 旭の肩

11:15 旭岳山頂

13:00 茶臼岳山頂

14:00 山頂発

15:00 駐車場着

【標高差】

525m

ロープウェイ駐車場:1390m

茶臼岳山頂:1915m

2013-05-04

標高差1277m、塔ノ岳ピストン。

東京から比較的近くで、

高低差のある山ってどこかなー。


なんて思って行くことにした、表丹沢の塔ノ岳。

神奈川県西部、山を越えれば山梨県

この界隈は大山とかもあって、自然たくさんっていうイメージ。


そんなこんなで行ってきた、バカ尾根の塔ノ岳。

さすがに都内東部からのアクセスはいまいち。


6時に出発しても、秦野着は8時。

まぁ仕方ないかな。

乗り換えが少ないだけマシ。


秦野駅からバスで15分、大倉へ到着。

そのまま登山口まで歩いて、8時半に出発。


人、多かった。

さすがゴールデンウィーク


上る前にバス停にいた案内の人に聞いたら、

三ノ塔方面にいくときの鎖場は並びますよ

とのことだったので、

急遽予定してた道を変更して上りと下りを同じ道に。


今回は高低差のある山でのトレーニング。

290mの大倉から1567mの山頂。


上り始めてちょっとして観音茶屋を通り過ぎ、

分岐点では見晴らしの良い大倉高原山の家方面へ。

海もしっかり見えて、気持ちいい景色。

水場もあり。

でも休まない。


9時40分くらいに駒止茶屋を通り過ぎて、バテ始めた。

それも当然。

休みなくマイペースというハイペースで登ってるんだから。

でもこれはトレーニング。


とは言っても体を壊しちゃいけないので

ちょっとだけ休憩して、さらに上へ。


そして30分ほどゆっくり上って

堀山の家へ到着。

軽く水分補給をして、もうちょっと頑張る。


立山荘のちょっと手前、見晴らしのいいところでおにぎり休憩。

さすがにお腹が空いたので一休み。


膝が痛くなりそうな気配なので、左足をテーピング。

右足は出発前に貼付済み。

前回の陣場山では下りのときに痛くなったので、

その点はしっかり対応。


そして10時半には天神平を通過。


そのまま花立山荘を通過して、ようやく頂上へ。


いやー、ついたついた。

f:id:T-Kanno:20130608091552j:image


だいたい予想通りの時間。

トレーニングとしてはちょうどいいくらいの負荷。


それにしても山頂には人が多い。

やっぱり連休は外さないとダメかな。


山頂から富士山を見たかったけど、残念がらかくれんぼ中。

15分ほど頑張ってみたけど、無念。


ということで、さっさと下山。


来た道を戻るこのルート、ピストンと呼ばれるみたいだけど、

どうにもこの高低差は膝に来る。

ストックがあった方がいいなー、って思った。

陣馬でも膝に来たくらいだから、当然だろうな。


下りは踏み外したり転んだりしないように気を付けながら、

おおよそ予定通りに下山完了。


前回の陣馬に比べたら、個人的には大差なし。

というのも、陣馬では花粉のせいでしんどかったから、

その分、体力的にはどっこいどっこい。


帰りのバス・電車でのんびり揺られて、

無事に家に到着。


いやー、ビールがうまい。


次はもうちょっと荷物を重くして負荷をかけないとダメかな。

荷物も5キロも無いくらいだし。

次を頑張ろう。


続きを読む

2013-03-09

杉花粉度95%の陣場山へ。

3月に入って、花粉もまだまだ勢いのあるこの季節。


そんな中、とりあえず低い山でハイキング程度の山登り。

都内の西部、神奈川北部陣場山へ。


高尾山は低すぎるし人が多いし

マナーの悪い人が多い感じがして

正直あまりいいイメージがない。

そこで、

もうちょっと標高が高くて

山を楽しみにいく人の多そうな陣場山へ。


もちろん、陣場山だけではあっという間に終わるので、

小仏峠から

景信山(727m)、堂所山(731m)、陣場山(857m)

という縦走コース。

多少のアップダウンがあった方がトレーニングになるから

この方がちょうどいい。


ということで、朝から行ってみた。


高尾駅北口まで行って、

そこからバスで小仏バス停まで20分。

登山口まで歩いて10分程度。

そしていよいよ山を登り始め。


最初はまぁまぁな上り坂が続くので、

ちょっとだけアップペースでトレーニング気分。

30分程度で小下沢と景信山の分岐点まで到着。

ここでしばし休憩。


ちなみに、花粉の多いこの季節、

ティッシュを鼻に詰め込んで

マスクをして

その上から手ぬぐいでカバーしてガード。


何がつらいって、呼吸がつらい。

でもアレルギー反応の方がつらいから仕方がない。

こんな杉ばっかり。

f:id:T-Kanno:20130608085513j:image


そして5分くらいの休憩の後、再び足を進める。


15分程度で景信山の山頂へ。

f:id:T-Kanno:20130608085514j:image


作ってきたおにぎりを一つ食べて、

次の目標、堂所山へ。


45分程度で、頂上へ。

f:id:T-Kanno:20130608085515j:image

最後の上りがきつかったけど、いい運動。


ここでもおにぎりを1つ食べて、そのまま陣場へ。


ここからの道がつらかった。

杉の木を切ってる。

何もこんな時期にやらなくても。。。


いい加減、花粉の症状がひどくなってきて、

でるでる、くしゃみと鼻水。

呼吸どころじゃない。

でも歩く。


20分程度で明王峠へ。

そしてさらに歩くこと40分、陣馬山頂へ。

f:id:T-Kanno:20130608085516j:image


富士山がちょっと見えた。

f:id:T-Kanno:20130608085517j:image



ここで最後のおにぎりを食べて、

トイレをすませて、

藤野駅まで一気に下山。


くしゃみがつらい、そんな一日。

この時期のこの界隈にはもうきません。

でもまぁいい運動になったかな。


次は高低差のある山へ。


続きを読む

2013-02-22

2013年、29歳。

2011年9月末に帰国して、

その後ニート期間を3ヶ月経て、

2012年1月から東京で仕事をする毎日。


そんな日常ももう1年以上。


こんな社会でよくやっていられるなと我ながら関心。


2012年はいろんなことがありました。


楽しいことも

大変なことも

嬉しいことも

悲しいことも

人生いろんなことがありますね。


今年の目標。


穂高と奥穂高へ。


最初っからこの2つを登頂するのは難しいので、

少しずつ、鍛えていこう。


いい29歳にしよう。