Hatena::ブログ(Diary)

TERRAZINE このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2003年05月30日(金) 風呂の水 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

出勤前に風呂に入ろうと思ってお湯を貯めていたつもりが、給湯器がオフになっていたらしく、水のままだった。追い炊き機能がないので、沸かしなおすことが出来ない。もったいない。洗濯に使うことにしよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20030530

2003年05月18日(日) 私を見て このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

私を見てちょうだい、看護婦さん。いったい何を見ているの?
私の何を見ているの?

あなたがたに見える私は、ただの不機嫌な顔をしたばけ老人でしょうね。
ぼんやりとうつろな目をして、つぎに何したらいいかもわからない老人でしょうね。
ぼろぼろこぼしながら食べものを口に運び、「ちゃんと食べて」と大声で言われても、返事もしない老人でしょうね。
看護婦さんのしてくれることには知らん顔をして、年がら年中、靴や靴下の片方をさがしている老人でしょうね。
お風呂や食事を嫌がってみても、どうせ他にすることもないからって、結局はいいなりになる老人でしょうね。

どう、この通りでしょう?
これがあんたがたに見える私でしょう?

さあ、看護婦さん。よおく目を開けて、私を見てちょうだい。
ここでじっと座って 命令されるままに動き、言われるままに食べる私が、本当はどういう人間なのか教えてあげるから。

私はね、10の歳には、両親や兄弟の愛に囲まれた子どもだった。
娘盛りの16には、愛する人に巡り合える日を夢見る乙女だった。
20歳で花嫁となり、心弾ませて「この人に一生を捧げます」と誓ったのよ。
25には母親となって、子どもたちのために心安らぐ家庭を築こうとした。
30のころは子どももすくすくと育ち、親子は永遠の絆で結ばれていたの。
40になると子どもたちは一人前になり巣立っていった。
でも私は嘆かない 愛する夫がそばにいたから。
50代は再び赤ん妨に囲まれ、わが子とともに孫たちの成長を見守ったわ。
そして暗い日々がやってくる。夫が死んでしまったから。
行く末を案じて不安におののいたわ。子どもたちはそれぞれが 子育てに精一杯だったもの。

そこで、思いは過ぎ去った愛の日々に飛んでいった。
もう私は年老いてしまった。
時の流れは情け容赦なく、年寄りをおろかに見せ、身体をぼろぼろにし、美しさも精気もどこかへ追いやってしまう。
そして、かつての柔らかな心は、石のように閉ぎされてしまった。

でもこの朽ちかけた肉体の奥には 若い娘がいまだに棲んでいるの。
この苦しみに満ちた胸は、今一度過ぎ去った日々を思い出しては喜びにはずみ、悲しみにふさぐ。
もう一度生き直しているの。
駆け足で通り過ぎていった、あっと言う間の年月を思うと 人生のはかなさをつくづく思い知らされる。

そうなの、だから看護婦さん。よおく目を開けて、私を見てちょうだい。
ここにいるのは ただの不機嫌なぼけ老人じゃない。
もっと近くに寄って、本当の私を見てちょうだい!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20030518

2003年05月02日(金) ドアカギクイズ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

セキュリティーアップの目的で、ドアにカギ穴が増えました。

意外なとこに付きました。

今までのカギ(カードキー)と、その新しいカギ(普通のシリンダーキー)の

ふたつのキーを携帯することになりました。

ですが、そのシリンダーキーの方は、いつも玄関の靴箱の上に置きっぱなしです。

そのカギを外出時に戸外に持ち出す事に、意味がないからです。

つまりカードキーの方だけ携帯して出かけます。

でも、ふたつのキーによって、外出時の空き巣対策になってます。

さて、そのカギ穴は、どこに付いたのでしょうか。

( ^ ^ )

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/4408/yasai.html

わからーん! ドアの内側だと思うんだが…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20030502

Amazonギフト券 メールですぐに送れます。

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1945 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1998 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |