Hatena::ブログ(Diary)

THHKの日記

 

ここは私の日常とラグナロクオンラインでの出来事などを記した日記です。

ROはThor鯖在住。プリメイン・・・のはずだけど、冠や王の稼働率に押されてプリはafk要員にzzz

キャラ一覧はこちらから。

アンテナが無断リンクばかりなのは仕様です(TT)

チミチミ、勝手にアンテナに登録されては困るよ〜、という方はコメントなどで御一報を。

今更ですが当ブログはリンクフリー。

左の「カテゴリー」で絞り込むと若干読みやすくなるかも?

2006-05-29 更新のない日々が続きましたが生きてますよ?

[][][]今回のGvGを振り返る 07:59

今週のGvGは斬首同盟さんに雇われましてバードで参加。

先々週までの雇い主AtrMM同盟さんとの争いになるので少々気が咎めますが、傭兵ということで勘弁してもらいたい。

時間が無いので簡潔に以下反省。


個人的にはかなり好き勝手しすぎてしまったのが反省。

先日のAtrMMさんの時の反省から、雷鳥の役割が決まっている所に割り込むのは良くないのでは?と考えまして。

今回は好き勝手に動き回って様子見しつつ足りない所をフォローする方向で動こうかな、と。

といっても、皆さんきっちり仕事をこなされるのですることがありませんよ〜って事で好き勝手動き回るだけの展開に。

(多分仕事をすべき場面はあったのだと思うのですが、その瞬間に動ける器量が私には無かったのだろうな・・・)

事前のPT打ち合わせはやはり重要ですね(TT)

IRCを使っての指示というのも慣れておらず、必要な場面で反応できていないのも反省すべき点の一つ。

使えるというのと使いこなせてるというのは別次元の話。もう少し使いこなせるようにしないとな・・・

(でも、IRCの流れが速すぎてギルチャに伝えられません!どうしよう・・・(てか、2チャンネルも同時に入るのは結構大変かもzzz))


で、今回好き勝手に何をしていたのかというと、弓を使っての動きをいろいろ試してみてました。

弓はロキがあっても崖上にいる後衛をHitStopできる(ほぼ)唯一の武器ですが、盾が装備できない&ニュマで無効と軽視されがちなのが現状。

使う人がいないならあえて使ってみようという天邪鬼な考えで、WPからの素撃ち・移動してのAS・WPからのAS・移動しての素撃ち。

詠唱中断を狙うのは、やはりHitStopの厳しいLoVやSGを唱えているWiz。

これらは大体役割分担しているので一人を止めてしまえばしばらく(機転の利くWizさんがいない限り)その魔法は降ってこないので前衛の進軍がしやすくなります。

今回試してみたところ、ニュマでの対応は少ないもののころころ死んでしまうのであまり上手く使えなかった印象。

(移動ASが1回効果があったかな?程度<阿修羅で排除されましたが・・・)

もう少しうまく使えないだろうか? 要研究ダダダ!


全体的には・・・どうなんでしょう?

突撃の号令ですぐに動けなかったりして攻撃が散発的になって、LPが出たりロキユニットを落とせたりした瞬間に戦力が揃っていない、みたいな状況が何回かあった模様。

むー。うちが足並みを崩してしまっていたのかな・・・

突入のシークエンスを一度ちゃんと確認したほうが良いのかも知れぬ。(膨大な量になるだろうから基本のパターンだけでも)

いまさら何をと思うかもしれないが、反復練習は学習の基本。行動の一つ一つの意味をしっかり理解してこそ応用(他職との連携等)が利くのです。

(勉強でつまずく応用問題のできない子は内容を覚えていても理解していないんですよね<家庭教師をしていた頃の経験より)

まー、私も人に説明できるほどしっかりモノにできていないわけでして・・・

うむむ。どこかにいい戦術書が無いものかなー(<他人任せの極みzzz)


今回の評価は、PTとして動けなかったので-20点、指示に遅れた行動で-20点、IRCを活用できなかった事で-20点。

100点中40点というところでしょうか?


(簡潔って、これで簡潔かよ! 結構長いよ!)

[][]防衛時のユニットの役割 12:09

現在防衛の手段として主に用いられているロキ防衛を例に挙げて各ユニットの特徴を再確認する。

ロキユニット(ダンサー・バード)

ロキ防衛の要となるユニット。

スタンによる演奏中断を防ぐ為に非常に高いVITが要求される。

凍結による演奏中断防止の為にマルクカードやイビルドルイドカードを挿した鎧を装備。

GvG中は集中する通常攻撃に対応する為にMDEFよりもDEFを重視。完全回避率を高めるヨーヨーカード挿しアクセサリーをつけている事も多い。

ロキしかすることが無い&非発動側は立っているだけなのでどちらも2PCのSUB側で操作される事がある。

対応
  • LPを敷いて合奏を無効化する
    • 無詠唱(DEX130+ゴスペルALL20)もしくは高速詠唱(高DEX+ブラギ)できるセージがロキの隙間・欠けに移動してLP
    • WPでロキ演奏が切れる瞬間に無詠唱LP
  • 演奏を止める
    • メルトダウンやメイルブレイカーで鎧を破壊したりストリップアーマーで脱がせてから凍結武器で攻撃
    • スタン武器で攻撃・(WP越え)スクリーム
    • メルトダウンやソードブレイカーで楽器を破壊。ストリップウェポンで武器を装備させない。
    • ソウルバーンやソウルチェンジ・自分勝手な踊りでSPを削る
  • ロキユニットを排除する
    • 色々考えられるので別項で

AGI前衛

AGI(ASPD)の高いユニットやアサシン全般がスキルを使わずにロキの中で足止め。

バイオプラントのフェアリーフ等が担当する事もある。

反撃される事は少ないが、WPに引き返す敵に引っ張られて前MAPに出て行く可能性がある。

高MDEF装備(=低DEFの事が多い)の敵に対するHP削りの役割も果たす。

対応
  • 無視して進む
    • ユニット数が少ない場合に有効
    • ロキ内での足止めが役割なのだから付き合う必要は無い
    • キリエエレイソンでHitStop無効
  • 排除する
    • AGIが高いキャラはVITが低い事が多く比較的脆いので排除も一応可能(剣士系はしぶといが・・・)
    • ロキ範囲外からスキル攻撃やロキ範囲内で攻撃。的を絞る事が重要
    • WPにおびき寄せて前マップに飛び出てきたところを排除なんて事も
  • 無力化する
    • 睡眠・スタン等の状態異常武器で攻撃
    • (WP越え)スクリーム

VIT前衛

AGIの無いユニットがロキ出口で足止め。

BDS等スキルでの範囲攻撃とWP越えトンネルドライブやハイドで大魔法を避ける敵を発見するサイトが役割。

主にナイト・LKで構成される。VIT BS等もここに配備。

AGI前衛と同様に高MDEF装備の敵に対するHP削りの役割も果たす。

この付近では攻撃側もスキルを使える為、反撃に耐えうるDEF・HPが重要。

対応
  • 無視して進む
    • ユニット数が少ない場合に有効
    • 大魔法地帯での足止めが役割なのだから付き合う必要は無い
    • キリエエレイソンでHitStop無効
  • 無力化
    • スタンには耐性がある(VITが高い)事が予想される
    • 睡眠武器による攻撃後放置が有効。睡眠は混戦時に見分けにくいのでリカバが遅れやすい。
    • カードの挿せる頭装備ならばナイトメアカードを挿している可能性が高い。こうなるともう無視するしかなくなる。
  • 排除する
    • 相手のVIT・HPが高いので通常は選択すべきではない
    • アシデモの標的としては対費用効果の面で優秀だがこの付近ではまだ大魔法が降って来るので詠唱が潰されやすい
    • 阿修羅での排除も出来なくはないがやはり詠唱がつぶされる事も

阿修羅

大魔法地帯や前衛ラインの攻撃を耐え切ったしぶとい敵を排除するユニット。

回復剤で回復する前に倒す詠唱速度重視タイプならVIT前衛の直後、更にそれすら抜けてくるタフな敵を一撃必殺する威力重視タイプは更に後方(Wiz直前)に配備。

ほとんどのモンクはVITが低くスタンや沈黙への耐性が少ない。(カードの挿せる頭装備でも大抵SP上昇系なので沈黙耐性があることは稀)

触れたら阿修羅の反撃が飛んでくるので威圧されてしまうが、実はHPが低く(5〜6k程度)排除しやすいユニットの一つである。

対応
  • 無力化
    • (WP越え)スクリームその他スタン攻撃全般
    • ストリップウェポンで武器を取り上げて攻撃力低下(それでも8k以上の攻撃力はあるが)
    • 睡眠攻撃後放置
  • 排除する
    • 二人一殺くらいのつもりで攻撃を集中すれば近接攻撃での排除も出来なくはないが効率が悪い
    • 相打ち覚悟なら阿修羅撃ち合いも可
    • 遠距離からの排除法ならば無詠唱SGが最適。献身で保護されているロキユニットやLPが敷いてあるWiz陣よりも真っ先に狙うべきは阿修羅ユニットでは?(保護されていないならロキやWiz優先だけど)


と、ここまで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/THHK/20060529
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに
原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
Connection: close