Hatena::ブログ(Diary)

THHKの日記

 

ここは私の日常とラグナロクオンラインでの出来事などを記した日記です。

ROはThor鯖在住。プリメイン・・・のはずだけど、冠や王の稼働率に押されてプリはafk要員にzzz

キャラ一覧はこちらから。

アンテナが無断リンクばかりなのは仕様です(TT)

チミチミ、勝手にアンテナに登録されては困るよ〜、という方はコメントなどで御一報を。

今更ですが当ブログはリンクフリー。

左の「カテゴリー」で絞り込むと若干読みやすくなるかも?

2007-05-15 後片付けは面倒なもの

[]Gunghoさん、90%収益減ってどういう事? 11:27

株とか詳しくないんですが、14日にGunghoさんの株がストップ安、というのになったらしい。

どうやら11日に発表された2007年1〜3月期(2007年12月期第1四半期)の連結決算がよろしくなかった事が原因だとか。

なにやら2006年12月期第1四半期と比較して90%収益減・・・収益が1/10ですか!

そりゃアンタ、投資家の人も逃げ腰になるわな(笑)


資料にあった「オンラインゲーム収入」の項目が1〜3月に増加している要因の一つはやっぱりRO課金アイテムなんだろうな〜

(というか、他のオンラインゲームでの売り上げが上昇しているとは思えないんだが・・・)

課金アイテムが売れなくなるほどROが廃れた時がGungho倒産の時なのかもしれませんねzzz

(ラグくじによる収益もたいしたこと無かったようだし、これから課金アイテム(記念パック等含む)がばんばん出てくるのか知らん)

[]戦太鼓の響き・・・意外と凄いかも 12:21

ちょっと興味があったのでDメギンなLKがどれほど怖いのか計算してみた。(計算はRoratorio様にて)

LKBase99Job70・STR99DEX77LUK63・処刑剣にDメギン、たれ人形・バル鎧他豪華な装備、更に料理を頬張って一撃を強化できるだけ強化してBB10をMVPWSに撃ってみると・・・一撃5412×2ですか。

同じキャラでDメギンをDサインにしてみると・・・一撃は3478×2。4割弱威力が落ちる計算です。

落ちた威力を補強する為に「戦太鼓の響き」を乗せてみると・・・一撃4491×2まで上昇。これでもDメギンに対して2割威力減。

ふむ。確かにDメギンは規格外の強さを誇りますが、太鼓上のDサインもなかなかえげつないですね。

Chaosとか人数が多いGvGでは太鼓も使われることがあるそうですが納得できます。

にしても、DメギンでSTR220とか恐ろしい数字が達成できるとは・・・まさに怪物zzz


まぁ、Dメギンが恐ろしいのは多対1の(連鎖しやすい)攻撃時。1対多の状況となりやすい防衛時ではそこまでの威力は発揮されないのかな。

(太鼓は演奏が喧しいので不発だとロキ以上の騒音源となるわけで・・・やっぱり使えない?(TT))

[]GvGでのプリの役割(応用支援編 その1) 14:15

基本の次はやはり応用でしょうか。でも、Hiプリの使えるアクティブスキルは全部で30種類!もあります。

そのうち私のプリが使用可能なのは24種類・・・って、多いもんだな(笑)

とりあえず効果の高そうなものから取り上げていきましょうか。


ニューマ(ニュマ)

現在戦場で幅を利かせているアシッドデモンストレーション(ADS)の対抗(というか予防)策として有効なニュマ。

以前VITバードGvGに出場していた頃、ADSが飛んでくる前にニュマが足元から立ち上ると「プリさんいい仕事してますな〜」と、ニヤリとしたものです(笑)

そんなプリさんを真似するにはどうすればよいだろうか。


まずはニュマを使用するタイミングについて。


ロキ防衛のロキユニットに向かって張る場合には「クリエが見えたなら」でしょうか。

ロキユニットは通常WPの出現ポイントの近くに立たなければならないので、ニュマを常時張ってしまうと防衛側の投げるADSが当たらなくなる場合もあります。

又、ロキ隙間の無詠唱阿修羅や魂EDPSBなどにはSWの方が有効(Thorではなかなか見られませんが)。なのに、ニュマがあったらSWが張れません。

ですが、V3等WPから直接ロキユニットに触れない地形ならば常時ニュマ、というのも有効かもしれません。

まぁ、ニュマは一回10秒・重ね掛け不可なので、その他の支援に手が回らなくなる恐れがあるのですが・・・

(実際にはロキユニットに入ったプリさんが、ニュマ維持しつつルアフ回しながら少人数にのみ支援、という形になるのでしょうね)


平地戦でのニュマの張り方はなかなか難しそう。

まず、狙われやすい人がどこにいて、ADSを投げてくるクリエやSBrを飛ばしてくるアサクロがどこにいるのか、を把握する事ができなければニュマを張るべき位置が分からないでしょう。

平地戦でADSの的になりやすいのは・・・雷鳥(スクリームジョークブラギ)>セージ(LP他)>ペコ(高VIT)=モンク(阿修羅)>>>その他>>>Wizといった感じか。

SBrの的になりやすいのは・・・Wiz(低HP)>モンク(阿修羅)>後衛全般(低HP)>>>前衛かな?

平地戦ではリカバー等他のスキルも使用するので、ブラギ無しで維持できるニュマはせいぜい2つ。ブラギがあっても3つが限界か。

張るべき位置は前線よりやや後方。少しくらい適当に張ってもジョーク・スクリームをしている雷鳥さんなら勝手に入りに来てくれます(笑)

前線で暴れまわるWizさんやモンクさんにニュマを合わせるのはなかなか難しい。下手に設置すると敵がADS避けに利用、なんて事も・・・

SBr対策のニュマはSG弾幕を張っているWizさんの保護、と割り切ったほうがいいかもしれない。

注意するべきはニュマの維持。

相手がニュマに入るということは、その人がプリに命を託しているという事。しっかり信頼に応えたい所です。

また、ニュマは重複して掛けられないので出したプリ責任を持って維持したいですね。

(これができていないから私のニュマは信頼性に欠けるのか・・・(TT))


進軍中にアーチャーガーディアンに引っかかっている人を見かけたらニュマでサッと助けてあげるのもなかなか。

ただ、激しく位置ズレしている事も多いので、それを考慮して進行元数マスにニュマを敷くといいかもしれませんね。

(的を外すと格好悪いですが(笑))

他の人を通す為にわざと的になっているクルセさんとかへのニュマは余計なお世話。そんな事しているなら先に進んだほうが良いかもしれません。

プリ人数に余裕があるならニュマを敷きつつ自ら的役になって他を通す、というのも有。

(プリが少ないならさっさと前線に向かって支援を回しましょうzzz)


ということで、ニュマ運用上の注意。

  • ニュマは出す位置とその維持が大切。気まぐれに出すと逆効果?!
  • 張れる数は2〜3が限度。それ以上は維持することは難しいでしょう。
  • ADSに狙われやすいのはまず雷鳥SBrに狙われやすいのは後衛。2択ならADSへの対処を優先かな?
  • 効果は10秒と低く、重ね掛け不可。切れ目を作らない為には隣接してニュマを設置して移動してもらうしかない。

イムポシティオマヌス(IM)

GvGではほとんど見ることの無いIM。

確かに高々ATK+25した所で目に見えた効果が現れることはほとんどありません。

ありませんが・・・効果が高そうなスキルが一つだけあります。

そのスキルの名は・・・阿修羅覇凰拳

他のスキルに比べてATKに掛かる倍率が桁違いに高い為、ATKの加算が25程度でも1割弱の威力増が見込めます。

この数字、若干低いと思うかもしれませんが、20kの阿修羅なら2kのダメージ追加デスヨ?

「ギリギリLKを倒せない(TT)」とか「コンバットさえ装備されていなければ!」なんて時にIMが掛かっていたら・・・

IMを使うならばタイミングは防衛時の攻撃側突入の瞬間。

詠唱こそ無いもののディレイが3秒と長いので、出来ればブラギを踏んでから掛けましょう。

効果時間は60秒とかなり短いものの、一回の突入が1分以上続くのは稀かと思われます。

逆に言えばIMは一回の突入ごとにかける必要がある、とも言えます。


IM運用上の注意。

  • 防衛時くらいしか使う機会は無いかと。他の場面では優先順位の高い仕事が山とあるはず。
  • IMをかけるタイミングは攻撃側の突入時。
  • ディレイが長いことに注意。ディレイ中でリカバやニュマが遅れるなどは言語道断!

・・・なんて妄想していたのですが、私のIMは習得Lv3。ATK+15では5%弱しか阿修羅を強化できないようですねzzz

っと「効果の高そうなものから」と言いつつネタ風味に走ってしまったので軌道修正。

サンクチュアリ(サンク)

ヒールのように単にHPを回復するだけなのですが、意外と使う場面の多いサンク

実はサンクにしか出来ない事も、そこそこある訳でして。


まずサンクの使い時ですが・・・


真っ先に思い浮かぶのはエンペリウムHP回復。エンペリウムHPを回復することが出来るのはサンクだけです。

ただ、これはプリが個人的に判断するよりも、指揮の人からの指示に従ったほうが良いでしょう。

例外は終了間際のレース会場防衛時。エンペを1秒でも長生きさせる為にエンペを回復させるのは必須。

いちいち指示が飛んでくる事も無いでしょうから自身で判断して行動してもかまわないでしょう。


サンクカイトの掛かった教授HP回復にも便利。

生命力変換で減ったHPを回復たくてもカイトが掛かっているとヒールは無効、どころかカイトを消費してしまいます。

教授自身に回復剤を飲んでもらっても良いですが、たった青ジェム一つ456zenyで済むのだからサンクを使ったほうがいいのでは?

カイトを消してしまってヒールをかけたほうが良い、という話もありますが、ヒールプリ教授両方の行動を制限し、更にカイトをリンカーさんから貰わないといけないのに対し、サンクだとプリは出した後は別の作業が可能です。

ただでさえブレスIAなどで消耗しているプリSPヒールで消耗するのも、状況によっては危険かもしれません。

まぁ、カイトが掛かっているキャラHP回復には有効なので、経費削減の方法の一つとして使ってみるのはどうだろう。

(カイトが掛かっていない教授でも回復のタイミングを計れる、と言う意味教授HPが減っていたらサンク、というのも悪くないかな)


この他にも、BCでの死に戻りHP回復にも重宝しますし、HPが少ない状態ながらEMCで呼ばれた人への回復、なんてのも重要です。

(2PC操作で回復していない、なんてキャラが意外といますzzz)


サンク運用上の注意。

  • エンペを回復させる時は確認を。
  • 最終レースの防衛ではサンクは必須。
  • カイトを剥がさず回復できるのはサンクのみ。
  • 教授HP回復に使うと両方の手間が省けます。
  • EMCで呼ばれたらサンクするかどうか考えてみよう
  • 青ジェムの在庫に注意。SWMEなど他にも使い道があります。

・・・やたら長いな・・・もう少しコンパクトにまとめねばzzz

[]棚臨リベンジ・・・未遂 18:46

昨日の事。そろそろ寝ようかと、ニブルでの修行を止めようとした時の事。

2PCでGの溜まり場に放置していたクラウン(76歳)の耳にこんな言葉が飛び込んでまいりました。

「南で72〜82の棚臨。クラウン募集してるぞ」、と。

遂にリベンジの時が来たか!、と喜び勇んでプリを溜まり場に戻したその時。重大なミスに気が付きました。それは・・・

タイツ作って無いじゃん!?

以前の反省で闇タイツの準備を挙げていたのに、イザというときに準備できていないとはこれ如何に!

(言い訳をすると・・・精錬で+7タイツが出来ないんだよ〜〜〜〜(TT))

カードは既に用意してあったので、タイツを準備する為にBS(自分の財布係)を引っ張り出して買い物。

全ての露店を覗いてタイツを買いあさる。結局400kで3つ購入してクラウンに渡してクホグレンのところへ。

さあ、精錬!という所で・・・何でエルが倉庫に一つもないかな・・・

急いでいたのでそこらの20kで売っているエルを20ほど購入。(いつでも+7を目指す心は忘れません!<20ってのは微妙弱気だな(笑))

結果・・・+6が一つだけ完成。

もう、これに婆さま挿して完成させてしまえ! と、ようやく+6闇タイツが完成したのが23:30。

・・・もうそんな時間ですか・・・(<って、寝ようとしていた時間なんだから当たり前ジャン!)

このまま募集Chatに突入しようかとも思いましたが、棚臨って結構な時間篭りますよね? って事で挫折zzz

ま、まぁ、次の参加準備は完了したんだ。一応一歩前進したって事でok!(という事にしておいて・・・(TT))

[]棚臨リベンジ・・・次こそ3度目の正直だ! 21:10

もー、棚臨行く気満々でログインした我がクラウン

天もその心意気に打たれたのか早速Lvの合うPTが冠と火力を募集中! それは入るしかないだろ!?

って事で、皆準備を済ませて火力の人を募集しているその時。事件は起こった!!

「こんばんわ、ラグナロクオンライン運営チームです。お楽しみのところ大変申し訳ありません。全ワールド〜」

・・・え? 未実装のメールシステムを誤って実装して不具合が出ている、って何? メンテ時間が21:00〜0:00って何よ!

そんなの聞いてないよぉぉぉぉ〜〜〜〜(TT)

ホント勘弁してくださいよ・・・仮に補償チケットが出ようが補いきれないほどのダメージを私は受けましたぞ。

今回の修正って、特定のアイテムの特定の条件下での不具合修正だけじゃなかったのか?

何で未実装のメールシステムとかのパッチが紛れ込むんですか。

うーん。今日はもう不貞寝かな・・・

(全く・・・そんなことだから株価が落ちるんだよ!、等と八つ当たりをしてみるzzz)


追記:

結局、22:10にメンテは終了したらしい。・・・らしいというのは本当に寝ていた訳でして・・・

復旧後あのPTの人たちがクラウンのログインを待っていてくれていたら・・・すごい悪いことをしたな(TT)

もしかしたら待っていてくれていた人達へ。こんなところからは届かないでしょうが・・・申し訳ありませんでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/THHK/20070515
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに
原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
Connection: close