Hatena::ブログ(Diary)

日々雑事&備考録 このページをアンテナに追加 Twitter

御用の向きは、TKXまで
tkx.dark あっと gmail.com

2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
 

2017-10-23

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20171023

2017-10-22

最近の大容量HDD SMR

SMRとかいう仕組みで大容量を実現しているらしいのだが

結構アクロバティックな仕組みだということが・・・


個人的にSSDを信用していない理由、そしてSMRが好きではないという理由。 – ひねもす庵

“10TB時代”に向けた最新HDD技術「SMR」のポイントを Seagateに聞いてみた - AKIBA PC Hotline!

従来幅の書き込みヘッドを普通に使うと、その狭いトラックを作れません。そこで、普通に使うのではなく、「“狭いトラック分”が残るように、直前に書いたトラックを重ね書きしながら書き込む」という方法で狭いトラックを作るのがSMRです。

昔は停電したら、書き込みしていた当該箇所だけデータ死ぬけど

SMR搭載HDDだと、纏められているブロック丸ごと死亡という・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20171022

2017-10-08

[]Scientific Linux 7.xの設定変更

yumリポジトリが、たまに遅い時があるので設定変更


  1. fastmirrorパッケージの導入
    # yum install yum-plugin-fastestmirror
  2. baseurlの無効化とmirrorurlの有効
    sl*.repo にある、baseurl をコメントアウトし、 mirrorurl を有効
  3. ミラーサーバー接続先をjp(日本)に固定
    /etc/yum/pluginconf.d/fastestmirror.conf を include_only=.jp

[][]TeraTermなどのコンソールでの文字化け

間違えてバイナリーファイルをcatなどしてしまった時の復旧方法


echo ^[c

を実行すれば良いのだが、^[c はエスケープシーケンスなので

[e] [c] [h] [o] [ESC] [CTRL + V] [c]

でリターン


す〜ぐ忘れるからメモ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20171008

2017-10-07

[]rsky版からopen774版に切替

rsky版の更新が数年前に止まり、5chへの追随等も行われていないので open774版に移行

->参考情報 GitHub - open774/p2-php: ServerSide 2ch viewer


基本は2015年に構築した手順をほぼそのまま踏襲すれば良いが

PHPの推奨Verが7.*になり5.xの動作確認終了も近いようなので、PHPのVerUpも実施

-> 2015-07-03 - 日々雑事&備考録


環境Scientific Linux 6.x + Apache + PHP 7.x


PHP 5.6 -> 7.1 VerUp

  1. 現在の5.6パッケージを確認
    # rpm -qa | grep php
  2. PHP 5.6パッケージを削除
    # yum remove php*
  3. PHP 7.1パッケージの確認
    # yum search php71
  4. PHP 7.1パッケージのインストール (パッケージについては現在の種類をそのまま踏襲)
    # yum install php71u php71u-common php71u-cli php71u-json php71u-mbstring php71u-pdo php71u-process php71u-xml


open774版 rep2インストール

  1. 現在環境を丸ごとmvで退避
    # cd www/html
    # mv p2-php p2-php-rsky
  2. 本体クローン
    # git clone git://github.com/open774/p2-php.git
    # cd p2-php
  3. 依存ライブラリダウンロード
    # curl -O http://getcomposer.org/composer.phar
    # php -d detect_unicode=0 composer.phar install
  4. アクセス権の変更
    # chmod 0777 data/* rep2/ic
  5. 退避していたデータの復旧
    # cp -pr ../p2-php-rsky/data .
  6. チェックコマンド実行
    # php scripts/p2cmd.php check
# php scripts/p2cmd.php check
PHP Version:
  7.1.9: OK
PHP Extensions:
  curl: OK
  dom: OK
  json: OK
  libxml: OK
  mbstring: OK
  pcre: OK
  pdo: OK
  pdo_sqlite: OK
  phar: OK
  session: OK
  spl: OK
  zlib: OK
php.ini directives:
  safe_mode = : OK
  register_globals = : OK
  magic_quotes_gpc = : OK
  mbstring.encoding_translation = 0: OK
  session.auto_start = 0: OK


rep2の設定変更

  1. 基本ブラウザから設定変更可能だが、conf_admin.inc.php だけ設定変更できないので
    # vi conf/conf_admin.ini.php
    display_threads_num を 150 -> all


rep2の更新方法

  1. Updateコマンドを実行
    # cd www/html/p2-php
    # php scripts/p2cmd.php update
  2. 上記は以下コマンドを実行してるのと同等
    # git pull
    # php -d detect_unicode=0 composer.phar self-update
    # php -d detect_unicode=0 composer.phar update

2017-09-23

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20170923

2017-09-10

[][]エンジンオイル/フィルター & プラグ交換

35000km弱になったので、エンジンオイル/フィルタープラグ交換を


プラグはまとめ買いしてた IUH27

エンジンオイルCastrol POWER1 Racing 4T 5W-40


正直DENSOの極細電極は、高回転ぶん回してると吹き飛ぶ可能性あるので

次回からはNGKの予定

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20170910

2017-08-20

[]録画マシンBIOSが飛んだ

長い事自作erやってるけど、BIOSが飛んだのは初めてだわ

いや、自分飛ばした事ならあるんだけど、再起動のタイミングで飛んだってのは初めてで

最初はなにが原因が調べるのにとても時間がかかった


取り急ぎ、金もなければ時間もないので

同一チップセットマザー調達して復旧完了


しかし、現行の録画マシン構築したの 2013/6で、なんだかんだ4年以上稼働させてたのか

-> http://d.hatena.ne.jp/TKX/20130601#p1

マザーを交換したので、こんなスペック

CPU/VGA
Intel i3-3225 3.3GHz (Ivy Bridge) + Intel HD Graphics HD4000
MOTHER
ASROCK H77M-ITX
ASUS P8H77-I
MEMORY
DDR3-1600 (PC3-12800) 8GB (4GB x 2)
HDD
WesternDigita WD20EARX (SATA 6Gb/s 2TB IntelliPower)
CASE
Scythe SCY-201-ITX-BKロット
Power
AB Power SL-8250SFX
Digital TV Tuner
アースソフト PT3


正直録画マシンなんて、M2TS StreamHDDWriteするだけなので、ほとんどCPUパワーとか要らないので(EPG取得時には必要だけど)

これ以上リプレイスする必然性かんじないんだよねえ

やるなら、ATOM系で省電力録画マシン位か

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20170820

2017-07-24

USB Power Deliveryについて

対応電圧電流が色々細かい状況になっているようなので調べてみた

出力 5V 9V 15V 20V
0〜15W 最大3A 必須ではない 必須ではない 必須ではない
15〜27W 最大3A
27〜45W 最大3A
45〜60W 最大3A
60〜100W 最大5A

言い方は悪いが、一本のケーブルマウスのような小型デバイスからノートPCまで全て給電しようとしたものだから

かなり細かい仕様になっている


ここでやっかいな事が "MAX xA"という所で、USB-ACアダプターなどは機器によってはMAX電流値まで供給しないものがあり今後は混乱を引き起こしそうな気がする

端末側で要求してる電流値はほぼMAX値を要求しているのだが、供給側がそこまでの供給能力ない為に使用しながらだと充電できないという事がありえるわけで


実際 Amazon.comレビューでは、供給電流以上を要求する端末に充電できなくて評価が1を付けているレビューアーが既におり

世の中ちゃんと調べる人間が少数派なのを既に知らしめていたりするわけで


USB PDから充電大丈夫!というのではなく、端末側が要求する電圧電流はこれくらいだから、この充電器ならその電圧対応しているか?最大供給電流は幾つか?をチェックする必要があるわけで

単純に、必要W数があってるから問題ない!と言い切れない状況が出てくるのを今後どうしていくんだろうな?と思うところ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20170724

2017-06-01

[]Switch買えちゃった

木曜日午後一位にマイニンテンドーストアでやっていた、Switch通販に無事申し込めたので

Proコンと一緒にSwitch買ってみました。


今回はAmazonでも遅くまで完売しなかったらしいのだが、自分が探した時は時間的には問題なかったのだけど

転売ヤーが多すぎてどれが直販かわからなかった _no

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20170601

2017-05-12

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20170512
 
1071833
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト