Hatena::ブログ(Diary)

日々雑事&備考録 このページをアンテナに追加 Twitter

御用の向きは、TKXまで
tkx.dark あっと gmail.com

2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
 | 

2010-07-30

手持ちレンズ一覧

一覧つ〜ほと持ってるわけじゃないんですが(ぉ


KONICA MINOLTA AF DTズーム 18-70mm F3.5-5.6(D) フィルター径 55mm

KONICA MINOLTA AFズーム 75-300mm F4.5-5.6(D) フィルター径 55mm

TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II (Model A16) フィルター径 67mm


ボディは上記から判るように今は亡き KONICA MINOLTA α Sweet Digitalなわけで

いい加減ボディ買い替えようかな〜とか思うけど

重さのせいで持ち歩いていないのに、買い替えて持ち歩くかと言われると(ぉ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20100730

2010-07-29

[]1GBは何Byte?

1GB = 1,024MB = 1,048,576KB = 1,073,741,824B


ちょっとしたメモ

[][]Froyo(2.2)での USBテザリング XP

基本は、GoogleNexus One Helpの [USB Tethering with Windows XP]の項目に通りに行うだけ


  1. tetherxp.inf名前を付けて保存で、ローカルに保存する
  2. Nexus OnePC接続し、「設定」->「無線ネットワーク」->「テザリングとポータブルホットスポット」->「USBテザリング」にチェックを入れ有効化する
  3. [Nexus One]というポップアップが表示され、新しいデバイス接続ドライバーの要求がされるので、先ほどのinfファイルを指定してドライバーインストールをする
    ハードウェアは [Android USB Ethernet/RNDIS]
  4. デバイスマネージャーの「ネットワークアダプタ」に、[Android USB Ethernet/RNDIS]が表示されていれば成功


自宅では1.3M位のスピードかな

やはり HDSP -> Wi-Fiだと、無線 -> 無線の変換でオーバーヘッドが大きいので

USB接続だとオーバーヘッド無い分速いな

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20100729

2010-07-28

[]Windows 7 時刻同期間隔の変更

デフォルトだと1週間毎なのだが、24時間毎に変更したかったので


  1. regeditを起動
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient を開く
  3. SpecialPollInterval の値を 86400 (10進数)に変更(設定単位は秒)
  4. マシン再起動


2011/1/27 追記

時刻同期は自動起動サービスになっていない

一度手動で時刻同期をすれば以降はレジストリの設定タイミングで時刻同期してくれるのだが、OS再起動で時刻同期をしなくなってしま

その為に時刻同期サービス自動起動に変更


[管理ツール] -> [サービス]から、[Windows Time]サービスを [自動(遅延開始)]に設定変更

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20100728

2010-07-26

[][] Cyanogenmod 6.0.0-RC2リリース

RC2がリリースされたので、RC1からUpdateしてみた


  1. update-cm-6.0.0-N1-RC2-signed.zipSDカードrootに放り込んで
  2. [Vlume -]を押しながら電源を投入して、BOOTモードで起動
  3. Recoveryモードに移動して、[Alt+A] apply any zip from sd を選択し、RC2のROMイメージファイルを選択
  4. [Home+Back] reboot system now で再起動(通常)

同じカスタムROMなら、ファクトリリセットいらんということで


フォントが元に戻るので、この手順フォント追加


kernelにpatchが適用されてWi-Fi切断問題は解決っと

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20100726

2010-07-24

[][]地デジTSmp4(H.264)に変換 その2 BonTSDemux編

  1. BonTsDemuxをDTV関係ツールFriio関係ファイル置き場より入手 (up1029.zip / 現時点で最新は v1.10 mod 10k7)
  2. Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)インストールする (Windows 7 64bitの場合、初期から入っているのは64bit版)
  3. BonTSDemuxを起動する
  4. 入力TSファイル」で録画したTSファイルを選択する
  5. エンコード方式」で [Demux(m2v+wav)] を選択する
  6. 「音声出力方式」で [主音声]を選択する
  7. 4GB以上のwav音声を出力する場合は、[RF64サポート]にチェックを入れる
    その場合音声は別エンコードでMP4Boxで結合
  8. [変換開始]を押して、m2vとwavファイルを出力
  9. AVIUTLを起動して、m2vとwavファイルを読み込ませる
  10. はいつものようにエンコードサイズは 1280x720がベターかな)


DGIndexを使う場合と違って音ずれが発生しないし、一発でwavまで出力してくれるので楽ちん

音声出力に関しては、5.1chとか副音声あったりだと色々あるので、その辺は番組にあわせてどうぞ


参考 -> http://freesoft.tvbok.com/tidegi/bontsdemuxts.html

2010-07-23

[][]地デジTSmp4(H.264)に変換

  1. DGIndexでtsファイルの読み込み
    [Video] -> [YUV->RGB] を [TV Scale]
  2. [Stream] -> [Detect PIDs: PAT/PMT] を選択
    [PCR on PID ...](上側)を選択して [Set PCR] を選択
    [MPEG2 Video on PID ...](上側)を選択して [Set Video] を選択
    [AAC Audio on PID ...](上側)を選択して [Set Audio] を選択
    上記3つ選択したら[Done]で完了
  3. [Audio] -> [Output Method] -> [Demux All Tacks]を選択する
  4. [File] -> [Save Porject] で保存
    d2vファイルaacファイル作成される
  5. xrecodeを起動して、aacwavファイルに変換
  6. AVIUTLを起動して、d2vとwavファイルを読み込ませる
  7. wavに関しては、そのままでは音ズレが発生するので、ファイル名の数値(ms)に一番近い数値で音声をずらす
  8. はいつものようにエンコード(サイズは 1280x720がベターかな)
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20100723

2010-07-22

[][]KTV-FSUSB2

KTV-FSUSB2が格安でゲットできたので、ちょっと弄ってみた

TS抜きできる格安地デジチューナーということで


環境

Windows 7 64bit + KTV-FSUSB2 (SERIAL:K0912系)


KTV-FSUSB2/PCIE wiki


ソフト収集

BonDriver_FSUSB2Nから

BonDriver 0.1.4 (winscard.dll for FSUSB2N同梱)
fwtool 1.2.1 2010-05-17

を入手する

パスワード [k-an!] or [k-an!!])


DTV関係ツールのDTVアップローダから

WinUSB_FSUSB2N.zip (up0377.zip)
KTV-FSUSB2 FW0910→0905差分ファイル (up0257.zip)

を入手する


パッチ適用ツールとしてQuick Beを入手


HWについては、wikiを参照に改造する(ICチップの7番ピンの切断だけでOK)


ドライバーインストール

WinUSB_FSUSB2N.zip解凍し、 ktv-fsusb2.inf を以下のように編集する

[MyDevice_WinUSB.NTx86]
%USB\MyDevice.DeviceDesc% =USB_Install, USB\VID_0511&PID_0029
%USB\MyDevice.DeviceDescVID_EB1A% =USB_Install, USB\VID_EB1A&PID_2874

[MyDevice_WinUSB.NTamd64]
%USB\MyDevice.DeviceDesc% =USB_Install, USB\VID_0511&PID_0029
%USB\MyDevice.DeviceDescVID_EB1A% =USB_Install, USB\VID_EB1A&PID_2874
[Strings]
ProviderName="tri.dw.land.to"
USB\MyDevice.DeviceDesc="ISDB-T DTV Tuner KTV-FSUSB2"
USB\MyDevice.DeviceDescVID_EB1A="ISDB-T DTV Tuner KTV-FSUSB2(Salvage)"
WinUSB_SvcDesc="KTV-FSUSB2"
DISK_NAME="KTV-FSUSB2"


注)XP場合はdpinst.xmlの最終行付近を下記のように書き換える(<legacyMode/>を追記)

    </language>
<legacyMode/>
</dpInst>


編集が完了したらdpinstAMD64.exe を実行して、ドライバーインストールを実行する

ドライバーインストール完了後にFSUSB2を接続すると、自動的にドライバー適用される


Firmware書換

SHA-1
3aa40a09aa29fa2966070a76a3b91ad69fa98a30 FSUSB2:K0905
449477c69518b4b601c0e3611acb54b3f1dd5f79 FSUSB2:K0910,K0912


fwtoolを起動し、デバイスを選択後にメインメニューへ

[File書出]で、ファイル名を「FSUSB2_K0912泡_eeprom.bin」にして現在Firmwareを書き出す

SHA-1のチェックを実行

SHA-1
A44EBDE1DC4D0CC32BDE0D9B44000C13C4637A8F


[外ROM無効化]ボタンを押して、fwToolを終了させる


FSUSB2を一旦抜き、5秒程してから挿し直す

「新しいデバイスが見つかりました」といって新規デバイスとして認識される


デバイスマネージャーからヒューマン インターフェイス デバイス」の中を確認し

詳細タブの「デバイス インスタンス パス」が <USB\VID_EB1A&PID_2874...>のデバイスを探す


デバイスが見つかったら「ドライバー更新」を実行する

[コンピューターを参照してドライバーソフトウェア検索します] -> [コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します] -> [ISDB-T DTV Tuner KTV-FSUSB2(Salvage) ]を選択する


fwtoolを起動し、デバイスを選択後のメインメニューでログエリアに「外ROM無効 [0]=26でFile書出推奨...」表示される


[File書出[0]=26h]を選択して、ファイル名を「FSUSB2_K0912外ROM無効_eeprom.bin」にして、Firmwareを書き出す

SHA-1のチェックを実行

SHA-1
449477c69518b4b601c0e3611acb54b3f1dd5f79


SHA-1のチェックが正しければ、fwtoolを終了させる


[FSUSB2_K0912外ROM無効_eeprom.bin] をコピーして eeprom.binリネームする

KTV-FSUSB2 FW0910→0905差分ファイル から、0910to0905.patを取り出し、eeprom.binと同じフォルダに格納する


Quick Beを起動し、[ファイル]->[パッチファイル実行]

パッチファイル」には 0910to0905.pat を指定し、「書き換えるファイル存在するフォルダ」には eeprom.bin のフォルダ指定する

指定が完了したら、実行でFirmwareの書換を行う

書換が終了したら、SHA-1のチェックを実行(FSUSB2:K0905と一致する)

SHA-1
3aa40a09aa29fa2966070a76a3b91ad69fa98a30


書き換えた eeprom.bin をfwtoolのフォルダコピーする

fwtoolを起動して、デバイス選択後のメインメニューで[Original書込]が押せるようになっているので実行する

K0905のFirmwareが書込されるのでしばらく待つ

書込完了後に読出を実行し、ログエリアに [Firmware:無変更K0905] と表示されれば書換成功


[Patch書込]が押せるようになっているので実行する

書込完了後に読出を実行し、ログエリアに [Firmware:PatchV2適用済] と表示されれば書換成功


fwtoolを終了し、FSUSB2の脱着を行う


[ISDB-T DTV Tuner KTV-FSUSB2]と認識されれば成功


視聴環境構築

TVTestのサイトからTVTest最新版DL (0.7.3)

(もしくはDTV関係ツール -> HDUSアップローダから

TVTestと同じフォルダに、BonDriverを解凍したものを全て放り込む


64bit Win7場合、[Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ x86] をインストールする


XP場合は、DTV関係ツール -> PT1/2 アップローダから MPV Decoder (Compiled by ICC) (up0182.zip)をDLして、OSに登録する

Mpeg2DecFileter.ax を \Windows\System32 に放り込み、[ファイル名を指定して実行]を行い以下のコマンドを実行

REGSVR32.EXE /s C:\Windows\System32\Mpeg2DecFilter.ax


winscard.dll for FSUSB2Nがあるので、FSUSB2NにB-CASカードを挿す

InstallHost.cmdを実行し初期設定を行う


TVTest実行後(TVTest.iniが無い為)初期設定画面になるので

を選択してOKを選択


チャンネルスキャン実行して問題なく視聴できる事を確認

(全てのチャンネルが見つからない場合は、[信号レベルを無視する]」にチェックをいれて再スキャン


[一般]の[スクランブル解除にSSE2命令を使用する」と[契約情報更新(EMM処理)を行う](要B25Decoder.dll) にチェックを入れる

[ドライバ別設定]の[チャンネル切り替え時のエラーカウントリセットする]にチェックを入れる


PS.ワンセグ用のロッドアンテナの先端にF型変換コネクタを繋ぐ構造になっていて、受信感度がよくなかったのでアンテナも直づけに改造 +5dB

ローパスフィルターますだけのクソチューナー仕様らしい(ぷ


録画環境構築

TvRockなページから TvRock 最新版DL (0.9u2)

TVTestのサイトからTvRockOnTVTest 最新版DL (修正版8.2)

Mobile UPLOADERから BonDriver_File+TVTestPlugin 最新版DL (1.7.4)


TvRockを配置し、TvRockOnTVTestのファイル TvRockOnTVTest.tvtp を TVTest/Plugins フォルダに配置

録画したtsファイルをTVTestで読み込めるように、BonDriver_File+TVTestPlugin をtxt通りに配置


MediaPlayerClassic HomeCinema (MPCHC)で視聴する場合は、Haali Media Spliterインストールすると音声が出力されるようになる(インストールについては、コッチ参照)

MPCHCの日本語化ファイルココ 1.4.2499で日本語化対応しました


TvRockの設定

  1. DTune.batを実行
  2. 「1チューナー
  3. [視聴・録画アプリケーションがあるフォルダ] TV Test.exeがあるフォルダ
    [チューナータイプ] 地上波デジタル
    [実行アプリ(視聴・有)] TVTest.exe [オプション] /d BonDriver_FSUSB2N.dll /DID A
    [実行アプリ(視聴・無)] TVTest.exe [オプション] /d BonDriver_FSUSB2N.dll /nodshow /DID A
    [録画先フォルダ指定] 録画ファイル格納フォルダ
    上記を設定したのちに「次へ」
  4. 設定したチューナー一覧(この場合チューナー1だけが表示)されるので「次へ」
  5. [視聴地域チャンネル一覧]から自分が住んでいる地域を選択して「次へ」
  6. 番組情報の取得をするので「次へ」
    「TVRockDTVライブラリがありません。作成してよろしいですか?」と聞かれるので[OK]を選択
  7. 番組情報の取得が完了するまで待つ (15分位?)
    番組が放送されていない明け方だと番組情報が取得できないので、放送されている時間に実行すること
  8. 番組情報が取得できたら「次へ」
  9. TvRock番組表の設定で基本はそのまま
    インターネットから番組表を参照するなら、ログインユーザー名/パスワードを設定
    「次へ」
  10. 設定の終了


TvRockが起動したら、システムトレイのTvRockアイコン右クリックして設定を選択

録画基本設定
[待機時間デフォルト] を [90秒] に変更
[録画終了時間デフォルト] を「15秒」に変更
[ファイル名置換フォーマット] を「@TT@NB@SB_@YY@MM@DD」に変更
[番組情報が見つからない場合の処理] を [予約を無効] に変更
システム設定
[ムービーフォルダ] を上記で設定した録画ファイル格納フォルダ
タスクスケジューラの [復帰処理をタスクスケジューラで行う] にチェックを入れ、Windowsアカウント/パスワードを設定する(ここ注意!!下記参照)
[TvRock内部時計を放送波時刻に合わせる] からチェックを外す(Windowsの時刻合わせを短くすること!)
インテリジェント
TvRock番組表ポート番号の変更
ポート変更に合わせて、[番組表サイト]のURLlocalhostからプライベートアドレスへ、ポート番号を変更する
認証方式に関してはAndroidが [Digest認証]不可なので、[Basic認証]に変更
[プライベートネットワーク認証必要としない] に設定


上記同様に、TvRockアイコン右クリックして

[インテリジェント] -> [おまかせ番組情報取得] から、[レベル2 (1時間前・20分前)] と [20分前には取得は行わない]を選択する


上記設定が完了したら、一度TvRockを終了し、TvRock.exeを実行して再起動する

TvRockアイコン右クリックから、[インテリジェント] -> [Rockバー]でRockバーを起動する

Rockバーの右側にある、チューナークリックして、TVTestが起動してくれば見事連携がとれているので設定完了


注意!!

TvRockの「設定」->「プロセス」->「TvRockログ」に、〜のタスク登録でエラーが発生しました というのは

システム設定のタスクスケジューラーにチェックを入れ、アカウント/パスワードWindowsアカウント/パスワード)を記入すると治る

タスクスケジューラを使わずに運用できると記述があるようだが、タスクスケジューラを使う運用でないとエラーが吐き出されます




複数台で運用して、予約などを同期する場合TvRockヘルプ読んで設定すること


2010/08/16 Update

TSを視聴するためのHaali Media Spliterについて追記

2010/12/29 追記

XP用のデコーダーについて記述

2010-07-19

[][]Wi-FiスクリーンOFF時の切断不具合

Nexus Oneで、Wi-Fi詳細設定の「Wi-Fiスリープ設定」を「スリープにしない」に設定しても、なぜかスクリーンOFF時に切断される件は

Nexus One側のWi-Fi/Bluetooth Chip Broadcom 4329のPower Save Modeが原因らしい


Wifi Fixer for Android - Nexus One Sleep Policy Issue


要約すると

消費電力低減の為に、Wi-Fi ChipスクリーンOFF時に、Power Save Modeになるのだが

多くの無線LAN APはそのモード対応できないために、Connecion dropしてしまう


解決策として、Driverを修正して

Power Save Modeを使わせないようにするか

スリープ設定に、Power Save Mode On等の更なる選択肢を追加するなどすれば解決すると


というわけで、この問題についてはgoole(正確にはHTC)がDriverを修正しない限りは直りようがないってことで┐('〜`;)┌

[]光ポータブル SIMフリー

先ほどNTT東日本 川崎からTELで確認連絡アリ


出荷が非常に遅れているので8月上旬発送予定ということになりました


・申し込みはNTT東日本ポータブルSIMフリー版で間違いないか?

SIMフリー版の動作確認済みキャリアイー・モバイルのみで、別途契約が必要である

レンタル費用は月額315円で、一月目は到着日からの日割り計算である

・紛失・破損時には実費負担となり34,800円(TAX IN)を支払う必要がある

・使用や経年劣化に伴うバッテリ買い増しについては4,935円(TAX IN)である

・発送については、宅急便元払いであ


ということで話が終わりました

到着まで後2,3週間といった所ですか

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20100719

2010-07-17

[][]Gmailの連絡先

AndroidgmailのContactから電話データを引っ張ってくるというか同期するわけだが

Android 2.xから、電話データの細分化が行われた


例えば、名前 -> 前敬称/姓/ミドルネーム/名/後敬称/姓のよみがな/ミドルネームのよみがな/名のよみがな

住所なら、住所 -> 郵便番号/都道府県/市区町村/番地

といった形になった


細かく細分化された事で使い勝手が向上したように見えるが

データ同期の一カ所だけフォーマットが違うとどのような事が起こるかは、そういった作業をしたことがある人ならどんな恐ろしい事かわかると思う


Gmail側がこれに追いついて、Contactを詳細化していれば良かったんだが

現時点でのgmailのcontactは、名前住所のみと 1.x 仕様のまま _no


リガナ(よみがな)どこいってんだよ!?って事では

携帯電話からのデータ移行をすると一応カスタムフィールドに『名前(フリガナ)』というのができる

が、実はカスタムフィールドといいつつ(内部では)固定ラベル設定になっている上に

gmail上からここをいじっても修正できないので、Androidには反映されない仕様になっている(意味わからん

(どうやら、これはデータ整合を取るための予備フィールド扱いっぽい)


1.x上で「アンドロ 太郎 携帯(アンドロ タロウ ケイタイ)」なんで、データ存在すると

contactでは、名前:アンドロ 太郎 携帯

カスタムフィールドに アンドロ タロウ ケイタイ:名前(フリガナ)と格納される


これが2.xになるとどうなるか

スペース事に区切って格納する為、姓に「アンドロ」、ミドルネームに「太郎」(!?)、名に「携帯

よみがなに至っては、名のよみがなに「アンドロ タロウ ケイタイ」と全部突っ込まれてる始末・・・

Gmail上では、1.x表記のままなのは言うまでも無く


しょうがないのでAndroid上で頑張って修正する

姓:アンドロ、名:太郎、後敬称:携帯、姓のよみがな:あんどろ、名のよみがな:たろう

そうすると、gmailのcontactのカスタムフィールドが、名前(フリガナ)から、姓(フリガナ)と名(フリガナ)に変わって無事修正完了!


カスタムフィールドについては、あくまで同期先のデータの反映結果しか受付ないらしく

gmail上からの修正は不可能なので、1.x -> 2.xに移行した人は全件Android上でシコシコ修正しなければいけないというオチ

これじゃ、gmailと同期する意味があまりないと思うんだが・・・



住所についても、2.x Android上では、番地フィールドに全て突っ込まれているので

全て手修正が必要


googlさんにはgmailのcontactリストフィールドの細分化をすみやかに実施していただきたいものだ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20100717

2010-07-15

[][]Nexus Oneドコモマーケットを見る

drop.ioにdocomo_market.apkという

そのものずばりの名前アプリがあるので入れてみると

見事アクセスできました(笑

[][]現時点でいれてるアプリ一覧

ADW.Launcher

APNdroid

Battery Widget (geekyouup)

Brightness Level

Bookmark Sort & backup

CalWdget

DoCoMo Market

Evernote

Flash Player

Foursquare

FxCamera

Google Earth

Google Goggles

Google Sky Map

HandyCalc Calculator

Hospot Widget

iMoNi

K9-Mail

Kaomoji List(Simejiマッシュアップ

Kindle for Android

Live Bookmarks

mixiView

My docomo checker

NexTHEME Clock Widget 2x2

nswPlayer 日本語

pixiv

QRコードスキャナ

Remember The Milk

S2 カレンダーウィジェット

Screebl Lite

Simeji

Spare Parts

TaskPanel X

Twicca BETA

Twicca twitpic

Ustream Broadcaster

Ustream Viewer

アストロファイルマネージャ

エキサイト英語翻訳

ウェザーニュースタッチ

ギュー・ニュース

クーポンマップ

ぐるなび

シンプルQRコード

セカイカメラ for Android

フォロイド

道の駅 関東版Free

東京アメッシュ

渋滞状況

乗換案内

世界天気時計

郵便番号検索(Simejiマッシュアップ


52アプリもいれてんのか・・・

なにげにいれてんな

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20100715

2010-07-12

一風堂もやしナムル

作り方書いたサイトがあったので


一味
適当
適当
味の素
少し
ごま
適当
ごま油
大さじ1ぐらい
だし
大さじ1.5ぐらい
しょうゆ
大さじ1.5ぐらい
にんにく
小さめのをすりおろす
もやし
しゃきしゃき感を残しておくので茹でるのも30秒ぐらい


もやしは安いし、これ結構好きなので


2010/07/14追記

上記で作ってみたらしょっぱいんですが

なので

一味・・・適当

・・・適当

味の素・・・適当

ごま・・・適当

にんにく・・・少量

ごま油・・・大さじ1

しょうゆ・・・大さじ1

豆板醤・・・大さじ1

だし・・・大さじ1.5

作ってみたら、それっぽい味に

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20100712

2010-07-05

[][]フルリカバリ

Froyoの評判が結構いいので、ちょっとリカバリしてOTAしてみようかと


準備するモノ

・Passion_Google_WWE_1.01.1700.1_ERD79_release -> xdaから

ラジオイメージを変更しているので、ココから AT&T 2.1-Update1のラジオイメージを入手

・Nandroidで取得したバックアップ 2.1-Update1


AT&T Verだったので、T-Mobile版とはちょっと違った方法でリカバリしてみた

ラジオイメージzipファイル)は、あらかじめSDカード直下コピー


  1. bootloader起動
  2. RECOVERYモードを選択
  3. [Wipe]で、Factory Reset / Wipe Cache / Wipe Dalvik-cache 実行
  4. [Flash zip from sdcard]で、ラジオイメージFlash
  5. 一旦Rebootすると、自動でRecoveryモードが起動するので [Power off]
  6. bootloaderを起動し、RECOVERYモードにする
  7. [Backup/Restore]で、Nand backupをリカバリーし、成功したら [Power off]
  8. bootloader起動すし[FASTBOOT USB]に移行後、Recoveryを標準に戻す
    Passion_Google_WWE_1.01.1700.1_ERD79_releaseのの中から recovery.imgだけ引っこ抜いて
    コマンドから以下を実行する
    >fastboot flash recovery recovery.img
    >fastboot reboot


上記手順で無事 AT&T 2.1-Updat1 (EPE54B)に復活完了

そしてWi-Fi設定したら(アカウント設定スキップ)速攻2.2が落ちてきた(ぉ

[][]2.2 root奪取とフォント追加

  1. ココからupdate-nexusone-FRF85B-root-sig.zipAndroid 2.2 FRF83/FRF85B/FRF91専用)を入手
  2. SDカード直下に上記ファイルコピーする
  3. 以前RA-Recovery のインストールを実行し、RecoveryをRA-Recoveryに変更
  4. bootloaderメニューに戻り、[RECOVERY]を実行すると、RA-Recoveryが起動する
  5. [Backup/Restore] -> [Nand backup]で、2.2のバックアップ実行
  6. [Flash zip from sdcard]で、上記root-sig.zipファイルフラッシュする
  7. 成功したら、[Reboot system now]で再起動


Nexus One最初から日本語表示がされるけど中文フォントイマイチなのでフォントを入れ換え(正確には追加)

以下はコマンドから(超個人的コマンド集)

  1. SDKインストールディレクトリに移動して
  2. >adb remount
    >adb shell
    # cd /system/fonts/
    # cp /sdcard/App/DroidSansJapanese.ttf .
    # ls -l
    で確認して、644 root:rootになっていればOK
  3. なっていなければ
    # chmod 644 DroidSansJapanese.ttf
    # chown root:root DroidSansJapanese.ttf
  4. # reboot
    再起動
 | 
1166826
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト