Hatena::ブログ(Diary)

日々雑事&備考録 このページをアンテナに追加 Twitter

御用の向きは、TKXまで
tkx.dark あっと gmail.com

2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
 | 

2015-07-25

[][][]BlackBerry USB Driver

サポートにあったのでその通りに

-> no title


USB And Modem Drivers の 英語版 (BlackBerry USB and Modem Drivers ENG) をダウンドーロしてインストール


ENG版なのに

Select the country or region in which you are currently located

で、 Japan を選択すると規約日本語表示になるという(笑

[][][]Androidアプリを使用する為に

前述したように、BlackBerry OS 10系からは、Androidアプリが使用できるようになっているので

その為の準備を


1.ClackBerryサイトから、以下3つのファイルダウンロード

Google Account Manager 4.3.2

-> com.google.android.gsf.login-v4.3.2.apk

Blackberry Google ID 2.1.1

-> cobalt.blackberry.googleid-2.1.1.apk

Google Play Store 5.7.6

-> com.android.vending-5.7.6-cobalt-build1.apk

(Verは、現時点での最新Ver)


2.上記の上から順にインストール実施して

Blackberry Google ID を実行し、「REGISTER THIS DEVICE」を選択し、デバイスをRegistする


あとは、Google Playからアプリインストールするだけ

当然アプリによっては、動作しなかったり、動作や操作おかしかったりするけど、そこは自己責任

[][][]Google Play 開発者サービス無効化

Google Map等をインストールすると、Google Play 開発者サービスインストールしろと五月蠅く通知されるので無効化


1.Clack Berryサイトから、Lucky Patcherをダウンロード

2.Lucky Patcher をインストール

3.Lucky Patcher を起動

起動時にUpdate可否を聞かれるが、Updateすると不具合がでる場合があるので、「いいえ」で

まずは、自動更新は行わないように!とサイトにあったので、自動更新無効化

3.「再ビルドしてインストール」を選択し、/mnt/sdcard/download 以下にある再ビルドしたいアプリapk を選択

4.「再ビルド」を選択し、「ライセンス認証のないapk」を選択

5.「オートモード」のチェックを外し、「依存を削除」にチェックを入れる

6.「アプリを再ビルド!」実行!

7.Lucky Patcherを終了し、既存アプリアンインストール

8.ファイルマネージャーで /misc/amdroid/LuckyPartcer/Modified 以下にある、再ビルドされたアプリインストール

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20150725

2015-07-22

[]キーボード

いにしえのThinkPadで鍛えられたせいか

Desktop用のキーボードショートストロークじゃないとダメな身体に(ぉ


今使用しているのは、Logitech S520

Logicoolではなく、Logitechなので英語キーボードですが(ぉ


キーピッチ
19mm
キーストローク
3.1mm
キー構造
メンブレン
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20150722

2015-07-08

[][][]iOS系端末メモリ

はるか昔に書いたけど、機種も新しいのが出てきたので

iPhone4
300MB (LDDR2)
iPhone4s
512MB(LDDR2)
iPhone5
1GB (LDDR3)
iPhone5s
1GB (LDDR3)
iPhone5c
1GB (LDDR2)
iPhone6
1GB (LDDR3)
iPhone6 Plus
1GB (LDDR3)
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20150708

2015-07-04

[]2chproxy.pl のサービス

再起動時に一々手動で上げるのが面倒臭かったので

超お手軽起動スクリプト作成


/etc/init.d/2chproxy を以下で作成

#!/bin/bash
#
# 2chproxy      This shell script takes care of starting and stopping
#               2chproxy (perl script).
#
# chkconfig: 2345 80 02
# description: 2chproxy is the Proxy daemon.

# Source function library.
. /etc/init.d/functions

process=2chproxy
prog=/usr/local/bin/2chproxy.pl
lockfile=/var/lock/subsys/$process

start() {
        echo -n $"Starting $process: "
        $prog -daemon
        RETVAL=$?
        echo
        [ $RETVAL -eq 0 ] && touch $lockfile
        return $RETVAL
}

stop() {
        [ "$EUID" != "0" ] && exit 4
        echo -n $"Shutting down $process: "
        killproc $prog
        RETVAL=$?
        echo
        [ $RETVAL -eq 0 ] && rm -f $lockfile
        return $RETVAL
}

# See how we were called.
case "$1" in
  start)
        start
        ;;
  stop)
        stop
        ;;
  status)
        status $prog
        ;;
  restart|force-reload)
        stop
        start
        ;;
  reload)
        exit 3
        ;;
  *)
        echo $"Usage: $0 {start|stop|status|restart}"
        exit 2
esac


/etc/init.d/2chproxy の属性変更

# chmod 755 /etc/init.d/2chproxy
# chown root:root /etc/init.d/2chproxy


で、単体での起動確認実施してから、chkconfig でサービス組込

# /etc/init.d/2chproxy status
2chproxy.pl is stopped
#
# /etc/init.d/2chproxy start
Starting 2chproxy:
#
# /etc/init.d/2chproxy status
2chproxy.pl (pid 2160) is running...
#
# ps -ef | grep 2ch | grep -v grep
root      2160     1  0 14:10 ?        00:00:00 /usr/bin/perl /usr/local/bin/2chproxy.pl -daemon
#
# /etc/init.d/2chproxy stop
Shutting down 2chproxy:                                    [  OK  ]
#
# /etc/init.d/2chproxy status
2chproxy.pl is stopped
#


# chkconfig --add 2chproxy
# chkconfig --list 2chproxy
2chproxy        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off


後は再起動して、ちゃんと起動してくるかの確認


起動スクリプトが、なんか変な感じなんだけど

perlのお作法わからんし、一応動いてるからこれで(ヒドい

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20150704

2015-07-03

[]rep2を 2015年3月以降の仕様対応

基本はココを参照したんですが

-> no title


Githubp2-phpの手順を php scripts/p2cmd.php check まで実行する

2017/10/08 修正 rsky版からopen774版に切替の為 -> 2017-10-07 - 日々雑事&備考録

1.1 本体をclone
  # git clone git://github.com/rsky/p2-php.git
  # cd p2-php

1.2 依存ライブラリをダウンロード
  # curl -O http://getcomposer.org/composer.phar
  # php -d detect_unicode=0 composer.phar install

1.3 Webサーバが書き込めるようにディレクトリのアクセス権をセット
  (CGI/suEXECIやCLI/Built-in web serverでは不要)
  # chmod 0777 data/* rep2/ic

1.4 Check
  # php scripts/p2cmd.php check


phpのVerが低かったので、一旦VerUp作業実施してから、Checkを実行


上記 Checkまで実行して全てOKになるまで頑張る(は?

# php scripts/p2cmd.php check
PHP Version:
  5.6.10: OK
PHP Extensions:
  curl: OK
  dom: OK
  json: OK
  libxml: OK
  mbstring: OK
  pcre: OK
  pdo: OK
  pdo_sqlite: OK
  phar: OK
  session: OK
  spl: OK
  zlib: OK
php.ini directives:
  safe_mode = : OK
  register_globals = : OK
  magic_quotes_gpc = : OK
  mbstring.encoding_translation = 0: OK
  session.auto_start = 0: OK


このままだと、直接 2ch.netdat を読みにいこうとしてエラーになるので、Local Proxyを立てて Proxy が生成している dat を読みにいかせる


rep2 に対応している proxy ということで、2chproxy.pl を設置

# cd /var/tmp
# git clone git://github.com/yama-natuki/2chproxy.pl.git
# cd 2chproxy.pl
# cp -p 2chproxy.pl /usr/local/bin/.

# cd /usr/local/bin
# wget https://raw.githubusercontent.com/yama-natuki/2chproxy.pl/master/2chproxy.pl
# chown apache:apache 2chproxy.pl
# chmod 755 2chproxy.pl


2chproxy.pl の記述を二カ所変更

DEDICATED_BROWSER => "rep2",

DAT_DIRECTORY => "$ENV{HOME}/public_html/rep2/data/",


で、2chproxy.pl の起動確認をした所、またエラー・・・

# /usr/local/bin/2chproxy.pl
Can't locate HTTP/Daemon.pm in @INC (@INC contains: /usr/local/lib64/perl5 /usr/local/share/perl5 /usr/lib64/perl5/vendor_perl /usr/share/perl5/vendor_perl /usr/lib64/perl5 /usr/share/perl5 .) at ./2chproxy.pl line 36.
BEGIN failed--compilation aborted at ./2chproxy.pl line 36.


どうやら、perl の http-daemon モジュールが無いようなのでインストール

# yum install perl-HTTP-Daemon-SSL.noarch

で、起動確認した所無事起動してきました\( ̄∇ ̄)/

# /usr/local/bin/2chproxy.pl
listen to http://localhost:8080/

というわけで、サービス化をするのは明日にしてデーモンモードで起動して rep2 の動作確認

# /usr/local/bin/2chproxy.pl -daemon

[]php入替

上記、新仕様p2を入れようとした所 php 依存ライブラリインストール・・・

This package requires php >=5.3.6 but your PHP version (5.3.3) does not satisfy that requirement.

と怒られてしまいました


Scientific Linux 6.6には、php 5.3.3系までしか入ってないようなので、上記Verを別途インストール

  1. http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/6/x86_64/ から
    ius-release-x.x-x.ius.el6.noarch.rpmepel-release-x-x.noarch.rpm のVerを確認
  2. # wget http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/6/i386/ius-release-1.0-10.ius.el6.noarch.rpm
    # wget http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/Redhat/6/i386/epel-release-6-5.noarch.rpm
    を実行 (本日時点のVer)
  3. インストール
    # rpm -Uvh *rpm
  4. 現在インストール済みの php を削除
    # rpm -qa | grep php
    # yum erase php-cli php php-common php-mbstring
  5. php 5.6系をインストール(取り敢えずそこそこ最新って事で/5.3系の最新がなかったとも言う)
    # yum install php56u-cli php56u-common php56u php56u-mbstring php56u-pdo
  6. 上記を実行すると依存関係で、ほぼ必要なパッケージは入るかな
 | 
1153399
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト