Hatena::ブログ(Diary)

日々雑事&備考録 このページをアンテナに追加

御用の向きは、TKXまで
tkx.dark あっと gmail.com

2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2017-11-18

[][][]ESXi 6.5 USB Driver Update

少し前に、MicroServer + USB Flash運用しているESXiを 6.0 -> 6.5にアップグレードしたのだが

どうにも不安定エラー吐きまくってる(落ちる所までは行かずに、幾つかの処理がエラーコケル)


色々調べていたが原因が不明で、本日ようやく突き止めた所

6.5からUSB Driverが変更になっており、それが原因のようだ

-> Important information about the new ESXi 6.5 USB driver vmkusb, and the legacy USB drivers (2147650)


今しがた、自分USB Flashプロパティみたら、4GBのはずが144TBになっておった(笑

https://i.imgur.com/4BFM0a6.png


解決策は、新しいドライバー無効化してって良くあるパターンなのだ

ESXiインストールしてるUSB Flashから、再インストールでちゃんと入るか確認してみるか

(他のサイトでは、6.0では大丈夫だったが、6.5では認識しないUSB Flashとかあるらしいので、非対応可能性を考慮して)


一応 Legacy USB Driverにするには

esxcli system module set -m=vmkusb -e=FALSE

上記コマンド実行後、ESXiホスト再起動


Legacy USB Driverから、6.5標準ドライバーにするには

esxcli system module set -m=vmkusb -e=TRUE

上記実行後 ESXiホスト再起動


追記 : USBドライバーだけではなく、SATAドライバーも変更になってるらしく一部チップで激遅になっているみたい

これ以外にも6.5は色々変更ありそうなので、6.0以下からアップデートは注意が必要だなあ

[][][]ESXi 6.5からは小容量Flashは非対応

で、結局インストーラー起動してみたら

MicroServerに取り付けているソニーの4GBはSearchできず


調べた所、4GBや8GBといった小容量のUSB Flashダメだけど、16GB以上のUSB Flash大丈夫みたいなので

ブロックサイズの変更したんじゃないかな?と


取り敢えずは Legacy USB Driverで凌いで、16GBのUSB Flash調達するか

2017-11-15

[][][]今更ながら

VMwareのesxcliコマンドの違いを忘れるのでメモ


zipファイル
esxcli software vib install/update -d <フルパス>
vibファイル
esxcli software vib install/update -v <フルパス>

Could not find a trusted signer(認証エラー)が出る場合は、--no-sig-check を付与

2016-04-22

2013-10-20

[][]5.1 -> 5.5 Online Upgrade

VMware ESXi 5.5がリリースされたので、5.1からアップグレードしてみた


Offiline Bundleがゲットできれば、普通のPatchみたいにしてアップグレードできるのだが

あいにく無償版のアカウント権限しかないので、http経由でのアップグレード


vSphere Clientは、VMwareサイトから5.5をDLしてアップグレードしておく


  1. ESXiをメンテナンスモードに
    # esxcli system maintenanceMode get
    Disabled
    # esxcli system maintenanceMode set --enable=true
    # esxcli system maintenanceMode get
    Enabled
  2. http clientのFirewallをOffに
    # esxcli network firewall ruleset list
    <- httpClient が false になっているのを確認
    # esxcli network firewall ruleset set -e true -r httpClient
    # esxcli network firewall ruleset list
    <- httpClient が true になったのを確認
  3. 利用可能なUpdate Profileの確認
    # esxcli software sources profile list -d https://hostupdate.vmware.com/software/VUM/PRODUCTION/main/vmw-depot-index.xml | grep ESXi-5.5
    ESXi-5.5.0-1331820-standard VMware, Inc. PartnerSupported
    ESXi-5.5.0-1331820-no-tools VMware, Inc. PartnerSupported
  4. Upgrade適用
    # esxcli software profile update -d https://hostupdate.vmware.com/software/VUM/PRODUCTION/main/vmw-depot-index.xml -p ESXi-5.5.0-1331820-standard
  5. Reboot実行
    # reboot
  6. http clientのFirewallをOnに戻す
    # esxcli network firewall ruleset list
    <- httpClient が true になっているのを確認
    # esxcli network firewall ruleset set -e false -r httpClient
    # esxcli network firewall ruleset list
    <- httpClient が false になったのを確認
  7. ESXiのメンテナンスモードを終了
    # esxcli system maintenanceMode set --enable=false
    # esxcli system maintenanceMode get
    false


以上で終了

MegaRAID 9260-8iのドライバーがESXi 5.5に入ってたのより新しいの出てたので、メンテナンスモード終了する前に入れ換えてみたり

2013-03-24

[][][][]ESXi上のゲストLinuxの時刻同期について

VMware-toolsのホストとの時刻同期設定を解除して、NTPで同期させるのが

ESXi + Linux Kernel 2.6.xのベストプラクティスって事で

VMware Linux ゲストの時刻管理のベスト プラクティス (1033498)

# vmware-toolbox-cmd timesync status
Enabled
# vmware-toolbox-cmd timesync disable
# vmware-toolbox-cmd timesync status
Disabled

これで後はNTPdを起動させればOKと


同期先はいつものmfeed

ntp1.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.27)
ntp2.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.57)
ntp3.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.87)

2013-03-16

[][][]時刻設定

ESXiになってから、Timezone設定がなくなったのでHWの時刻はUTCにしておく必要がある

でないと、Client側はローカルのTimezoneで時刻表示をするので9時間ずれるというワナが


でもそうすっとMicroServer RACから飛んでくるトラップが9時間ずれるんだよなぁ・・・


ESXiのNTP設定は vSphere Client

  1. [インベントリ] -> [構成] -> [時間の構成] -> [プロパティ] (この時HWがUTCだが、ClientではJSTで表示されている)
  2. [オプション] -> [NTP設定] -> [追加] でNTPサーバーを追加
  3. [変更を適用するにはNTPサービスを再開] にチェックをいれて [OK]
  4. [日付と時間] の [時間] に現在の日本時間(JST)を入力して [OK]
  5. NTPクライアントが [実行中] になっていれば、その内時刻同期される

[][][]Patch適用方法

こちらもRAIDカードと同じく忘れるので


準備として

vSphere Clientから SSH と ESXiシェルを有効化しておく

[インベントリ] -> [構成] -> [セキュリティプロファイル] -> [プロパティ] で SSH 及び ESXiシェルを

[手動で開始及び停止] で実行中にして、[ホストに連動して開始及び停止]


SSHの [チャレンジレスポンス認証](これ重要)でログインできるように


  1. VMwareサイトの [サポート及びダウンロード] -> [パッチのダウンロード] から ESXi / 5.1 で Search
  2. vSphere Clientに表示されている Build Numberと見比べて、新しく最新のものをDL
    System Impact も確認する(大概 VM Shutdown & Host Reboot だけどさ)
  3. データストアブラウザでデータストアに転送(専用のフォルダを作成しておいたほうが良い)
  4. ゲストマシンを全停止
  5. SSHで接続し、パッチを転送したフォルダに移動
  6. # unzip **** で解凍 (カレントフォルダに解凍される)
  7. 現時点の、Build 及び 適用VIB を確認
    # esxcli system version get
    # esxcli software vib list
  8. ESXiをメンテナンスモードに
    # esxcli system maintenanceMode get
    Disabled
    # esxcli system maintenanceMode set --enable=true
    # esxcli system maintenanceMode get
    Enabled
  9. パッチ適用(フルパス指定でないと失敗する)
    # esxcli software vib update --depot=/vmfs/volumes/ds/<Patchを解凍したフォルダ>

    注意!!vib installやupdateはドライバ等の特定コンポーネントインストール時に使うコマンド
  10. 利用可能なPatch Profileを確認
    # esxcli software sources profile list --depot=/vmfs/volumes/ds/Patch/update-from-esxi5.1-5.1_update01.zip
    or
    # esxcli software sources profile list -d /vmfs/volumes/ds/Patch/update-from-esxi5.1-5.1_update01.zip
    Name Vendor Acceptance Level
    -------------------------------- ------------ ----------------
    ESXi-5.1.0-20130402001-no-tools VMware, Inc. PartnerSupported
    ESXi-5.1.0-20130401001s-no-tools VMware, Inc. PartnerSupported
    ESXi-5.1.0-20130402001-standard VMware, Inc. PartnerSupported
    ESXi-5.1.0-20130401001s-standard VMware, Inc. PartnerSupported
  11. Patch適用
    # esxcli software profile update -d /vmfs/volumes/ds/Patch/update-from-esxi5.1-5.1_update01.zip --profile=ESXi-5.1.0-20130402001-standard
    or
    # esxcli software profile update -d /vmfs/volumes/ds/Patch/update-from-esxi5.1-5.1_update01.zip -p ESXi-5.1.0-20130402001-standard
    "s" が付いているのは、セキュリティイメージなので通常は "s"無しのイメージを選択
    Standardとno-toolsの違いは、no-toolsがVMware Toolsを含まないイメージなので、普通に使うならばStandardを選択
  12. Reboot実行
    # esxcli system shutdown reboot -r "Patch : <Patch名>"
  13. 再起動してきたら、SSHでログインしBuild Number確認
    # esxcli system version get
    # esxcli software vib list
  14. メンテナンスモードの解除
    # esxcli system maintenanceMode get
    Enabled
    # esxcli system maintenanceMode set --enable=false
    # esxcli system maintenanceMode get
    Disabled


注意事項として、ESXiみたいにPatchと言いながらHyperVisor丸ごと入れ換えるイメージに vib install を使用すると

メーカーカスタムイメージESXiのドライバを全てクリアしてくれるちゃうわけで(^^;


メーカーカスタムイメージを使用していない場合は vib update でもいいけど

Patch Bundleの作法として sources profile list -> profile update がVMware推奨方法なのでこちらに記載修正


2013/05/10追記

5.1u1のイメージ方法に変更

[][][]LSI Provider

LSIのサイトからVMware用のSMIS Providerを入手してインストール

  1. ESXiをメンテナンスモードに
    # esxcli system maintenanceMode get
    Disabled
    # esxcli system maintenanceMode set --enable=true
    # esxcli system maintenanceMode get
    Enabled
  2. Providerインストール
    # esxcli software vib install -v /vmfs/volumes/ds/vmware-esx-provider-LSIProvider.vib
    "Could not find a trusted signer." と認証エラーが出るかも(LSI純正だと、ほぼ出るらしいけど)
  3. オプション付与して再インストール
    # esxcli software vib install -v /vmfs/volumes/ds/vmware-esx-provider-LSIProvider.vib --no-sig-check
    --no-sig-check は、認証チェックをせずにインストール
  4. Reboot実行
    # esxcli system shutdown reboot -r "LSI Provider Install"
  5. 再起動してきたら、SSHでログインしVIB確認
    # esxcli software vib list | grep LSI
  6. メンテナンスモードの解除
    # esxcli system maintenanceMode get
    Enabled
    # esxcli system maintenanceMode set --enable=false
    # esxcli system maintenanceMode get
    Disabled
  7. vSphere Clientで、[インベントリ] -> [構成] -> [セキュリティプロファイル] -> サービスのプロパティ
  8. CIMサーバのオプションを選択して、開始する
  9. クライアントPCで、MegaRAID Storage Manager を起動すると ESXiサーバーが検索される
    ちなみに名前解決でしか検索にいかないので、クライアントPCの hosts にでも ESXiサーバーの IP:ホスト名 を追記しておく必要がある


vib update は Updateだけだが、vib install だと install も updateも可能

2013-03-15

[][][] VMware Toolsのインストール

  1. vSphere Clientから、Linuxゲストを右クリックし [ゲスト] -> [VMware Toolsインストール/アップグレード] を選択
    [対話フォーマットのtoolアップグレード] を選択
    別に [自動 Tools アップグレード] でもいいけどね(^^;
  2. SSH or コンソールログイン後、rootユーザーになり
  3. # mount /dev/cdrom /mnt
  4. # cd /mnt
  5. VMwareTools-*****.tar.gz を適当な場所にコピー
    # cp VMwareTools-*.tar.gz /tmp
  6. コピーしたファイルを解凍する
    # cd /tmp
    # tar zxvf VMwareTools-*.tar.gz
  7. インストールを実行
    # cd vmware-tools-distrib
    # perl ./vmware-install.pl
  8. 途中選択肢が出てくるが、基本デフォルトで
  9. Enjoy. と表示されればインストール成功
  10. 余計なファイルを削除
    # cd /tmp
    # rm -rf VMwareTools*.tar.gz vmware*
  11. インストール後、念の為 OS再起動


ちなみに時刻同期はNTPを使用するのがベストプラクティスの為に、VMware Toolsで同期設定をONにしないように(後日の日記参照)

1081053
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト