Hatena::ブログ(Diary)

日々雑事&備考録 このページをアンテナに追加

御用の向きは、TKXまで
tkx.dark あっと gmail.com

2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

2017-10-08

[]Scientific Linux 7.xの設定変更

yumリポジトリが、たまに遅い時があるので設定変更


  1. fastmirrorパッケージの導入
    # yum install yum-plugin-fastestmirror
  2. baseurlの無効化とmirrorurlの有効
    sl*.repo にある、baseurl をコメントアウトし、 mirrorurl を有効
  3. ミラーサーバー接続先をjp(日本)に固定
    /etc/yum/pluginconf.d/fastestmirror.conf を include_only=.jp

[][]TeraTermなどのコンソールでの文字化け

間違えてバイナリーファイルをcatなどしてしまった時の復旧方法


echo ^[c

を実行すれば良いのだが、^[c はエスケープシーケンスなので

[e] [c] [h] [o] [ESC] [CTRL + V] [c]

でリターン


す〜ぐ忘れるからメモ

2016-11-25

2014-09-11

[][]UNIX/MS系 改行コード

自分用まとめ


DOS/Windows
CR+LF / \r\n
UNIX
LF / \n


なので、Windows上のテキストファイルをLinuxで使う場合には

転送後に

tr -d "\r" < windows.txt > unix.txt

もしくは、vi上で

%s#\r##g

2014-09-07

[][]自宅サーバーで rep2

試行インストールしてみたのでメモ


環境は先日構築した SL6.5に対して、パッケージを追加

yum install httpd php php-mbstring


/var/www/html 以下に rep2パッケージを展開


以下省略(ぉい

2014-09-06

[]Scientific Linux インストール

6.5を久しぶりにインストールしたのでメモ

といっても、vSphere上の仮想ゲストマシンだけど


  • Disk Found
    • Skip
  • Language
    • English
  • Keyboard
    • U.S.English
  • Device Type
    • Basic Device
  • Hostname
    • <ホスト名>
    • ネットワークは、ここでは設定せず
  • Timezone
    • Asia/Tokyo
    • No use UTC
  • root Password
    • <password>
  • Install type
    • Create Custom Layout
  • Partitions
    • /dev/sda1 /boot 100MB ext4
    • /dev/sda2 swap 2048MB
    • /dev/sda3 / Maximun ext4
  • Boot Loader
    • /dev/sda Install
  • Install Type
    • Minimal
    • Customize Now
  • Install Package
    • Base System
      • Base
    • Languages
      • Japanese Support


相も変わらず極小でインストールして、後でパッケージ追加するスタイル(苦笑

[]Scientific Linux初期設定

ちょいと確認してみたら、今じゃ VMXNET3のドライバーも入ってくれてるんだのう

昔は VMware Toolsいれないとダメだったけど


VMware Toolsのインストール

該当仮想マシンを右クリックして、[ゲスト] -> [VMware Toolsのインストール/アップグレード] を選択

# mount /dev/cdrom /mnt
# cp /mnt/VMwareTools-9.4.5-1734305.tar.gz /var/tmp/.
# cd /var/tmp
# tar xvf VMwareTools-9.4.5-1734305.tar.gz
# cd vmware-tools-distrib/
# ./vmware-install.pl

後はデフォルトで叩き込んでいくだけ


インストール終了後は、コピー & 解凍したファイルの削除とアンマウントを実行し

仮想マシン右クリックから、[VMware Toolsのインストールの終了] を選んで、仮想マシン再起動


/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
HWADDR=00:0C:29:00:11:BA
TYPE=Ethernet
#UUID=80f1b4ff-ae2d-467c-b3bc-2772e28068e3
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.0.15
NETMASK=255.255.255.0
USERCTL=no
IPV6INIT=no


/etc/sysconfig/network

NETWORK=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=<hostname>
GATEWAY=192.168.0.1


/etc/resolv.conf

nameserver 192.168.0.1


不要なサービスを停止させる

# chkconfig acpid off
# service acpid stop
# chkconfig auditd off
# service auditd stop
# chkconfig blk-availability off
# service blk-availability stop
# chkconfig haldaemon off
# service haldaemon stop
# chkconfig ip6tables off
# service ip6tables stop
# chkconfig iptables off
# service iptables stop
# chkconfig kdump off
# service kdump stop
# chkconfig lvm2-monitor off
# service lvm2-monitor stop
# chkconfig mdmonitor off
# service mdmonitor stop
# chkconfig messagebus off
# service messagebus stop


SELinuxの停止

/etc/selinux/config

SELINUX=disabled


NTPの設定

/etc/ntp.conf

server ntp.jst.mfeed.ad.jp
# chkconfig ntpd on
# service ntpd start


セキュリティ向上の為に、rootログイン不可 & チャレンジアンドレスポンス認証に切替

まずはユーザー作成から

# useradd -u 100 -g 100 -d /home/<ID> <ID>
# passwd <ID>

ユーザー作成後にログインできる事を確認


/etc/ssh/sshd_config

PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no
ChallengeResponseAuthentication yes

sshdを再起動

service sshd restart

今のセッションを残したまま、新規にログインできるか確認

2013-12-13

[]Scientific Linux 6.3 -> 6.4 Upgrade

CentOSだと yum update だけでいけるけど、SL(Scientific Linux)だと、そうはいかないので


手順は一応こちら参照

-> Page not found | Scientific Linux


現在のVer確認

# cat /etc/redhat-release
Scientific Linux release 6.3 (Carbon)

まずはsl-releaseだけをUpdateをかけてみる

# yum clean all
# yum --releasever=6.4 update sl-release
# cat /etc/redhat-release
Scientific Linux release 6.4 (Carbon)

で、無事Updateされたので

# yum update

2013-03-28

[][]sshdのチャレンジレスポンス認証

普通のログイン認証だと、ネットワーク上を暗号化されてるとは言えパスワードが流れるので

チャレンジレスポンス認証に変更


TeraTermがチャレンジレスポンス認証に対応してくれたしね

(公開鍵方式まではいいかな〜と。鍵を事前に配置するのが面倒臭いというのも)


/etc/ssh/sshd_config を修正


rootでログイン可能なので、rootログインを禁止に

PermitRootLogin yes

PermitRootLogin no


通常のログイン認証を禁止に

PasswordAuthentication yes

PasswordAuthentication no


チャレンジレスポンス認証を許可

ChallengeResponseAuthentication no

ChallengeResponseAuthentication yes


sshd を再起動

# service sshd restart
Stopping sshd:                                             [  OK  ]
Starting sshd:                                             [  OK  ]

2013-03-24

[][][][]ESXi上のゲストLinuxの時刻同期について

VMware-toolsのホストとの時刻同期設定を解除して、NTPで同期させるのが

ESXi + Linux Kernel 2.6.xのベストプラクティスって事で

VMware Linux ゲストの時刻管理のベスト プラクティス (1033498)

# vmware-toolbox-cmd timesync status
Enabled
# vmware-toolbox-cmd timesync disable
# vmware-toolbox-cmd timesync status
Disabled

これで後はNTPdを起動させればOKと


同期先はいつものmfeed

ntp1.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.27)
ntp2.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.57)
ntp3.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.87)

2013-03-15

[][][] VMware Toolsのインストール

  1. vSphere Clientから、Linuxゲストを右クリックし [ゲスト] -> [VMware Toolsインストール/アップグレード] を選択
    [対話フォーマットのtoolアップグレード] を選択
    別に [自動 Tools アップグレード] でもいいけどね(^^;
  2. SSH or コンソールログイン後、rootユーザーになり
  3. # mount /dev/cdrom /mnt
  4. # cd /mnt
  5. VMwareTools-*****.tar.gz を適当な場所にコピー
    # cp VMwareTools-*.tar.gz /tmp
  6. コピーしたファイルを解凍する
    # cd /tmp
    # tar zxvf VMwareTools-*.tar.gz
  7. インストールを実行
    # cd vmware-tools-distrib
    # perl ./vmware-install.pl
  8. 途中選択肢が出てくるが、基本デフォルトで
  9. Enjoy. と表示されればインストール成功
  10. 余計なファイルを削除
    # cd /tmp
    # rm -rf VMwareTools*.tar.gz vmware*
  11. インストール後、念の為 OS再起動


ちなみに時刻同期はNTPを使用するのがベストプラクティスの為に、VMware Toolsで同期設定をONにしないように(後日の日記参照)

1071274
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト