Hatena::ブログ(Diary)

TOKYO大樹法律事務所 コラム

2014-08-04

流動の中で方向性を

16:29

新しい年を新しい気持ちでお迎えのことと存じます。私どもの事務所も、昨年秋に移転して、新しい気持ちで新年を迎えました。

事務所移転の前後、アメリカでは大統領選挙、中国では党指導部の交代があり、翻って日本では衆議院の解散・総選挙、東京では知事選挙等がありました。

同じ地球に住む人間の社会の変動は,常時、止まるところを知りません。

地域によっては戦火がやまず、多くの人達が塗炭の苦しみを余儀なくされ、日本国内でも、3,11をはじめとする自然災害や、原発事故災害は、収束の目処さえ立たず、心が痛みます。

しかしまた、これらの流動の中で、世界各地、日本各地で、暗さにひるむことなく、被害に遭った方々のために、地味ではあっても価値ある活動を続けている多くの勇気ある人々がおられることもまた、忘れることが出来ません。

多くの課題を抱えたまま迎えた新年です。

人間として健康で文化的な生活を、すべての人が享受出来る世界の実現に向けて、思いを新たにして、自分なりの力を尽くすことは、生きてこの地球上に住む私たちの責務でしょう。

司法界も課題山積です。

私達も私達なりに、諦めずに、方向を見定めながら、着実に歩みたいものです。

今年もよろしくお願い申し上げます。

2013年1月

(弁護士 松浦基之)