ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ラーメン食べて詠います Twitter

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村 ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

2016-01-11

【今週のラーメン2144】 京都銀閣寺 ますたにラーメン 田町店 (東京・田町) ラーメン・麺カタメ+半ライス



寒いねー・・・、初めて手袋とマフラーを着用して出勤したある平日のランチタイム。来年のカレンダー配りも佳境に入っておりまして、なんとか目処が付きつつあります。そんな午前中のノルマが早めに終わった田町界隈。混んでるようならスルーしようと思いつつ、京都系譜の「ますたに」さんをのぞくと何とがら空き!不安もよぎりますがこれはラッキーとついつい入店です。


f:id:TOMASSOON:20151126113324j:image






そうそう、思い出したわ〜〜、ここは葱増し有料やったんやね。ちょっと心が曇る思いですが、一方で半ライスがサービスらしいので、そいつで憂さ晴らしと言う感じで腹を据えました。いつもの通りに、麺はカタメ。スープその他チューニングなしのデフォルトで、凍えそうなランチタイムで心の中で雄叫び。さあ!喰らうぞ!!


f:id:TOMASSOON:20151126112159j:image:w360   f:id:TOMASSOON:20151126112219j:image:w360












【意外と野趣な炊き出し感覚もある鶏ガラ豚骨出汁加減】


配膳の瞬間は、関西で言うところの「ラクダのパッチ」色合いの馴染み深い大衆型の濁りライトブラウン。そこに、空飛ぶ鳥の視線で、羊の大群のようにうごめく背脂が、大量に投入されて浮いております。本来ならば、脂まみれ、ネギまみれ・・・と言う未練を払拭するようにまずはレンゲですくって一口味わう。


f:id:TOMASSOON:20151126112415j:image






うーん、マイルド〜! 鶏ガラが濃ゆいと言うか、じんわりと豚骨が滲んでいると言うか、割とあっさり目の脂感の中に動物系の野趣を、軽やかに感じます。ここに京都人なりの馴染み深いものがあります。このやや臭みっぽいところを、そのまま受け入れて食うも良し。一般ならコショウを振るところを、一味で軽く辛味を響かせるも良し。私は後者。京都の七味も有名だけど、ラーメンには一味に限る(当たり前か?)。一味を振ると味が、ややばらけたところが一つに纏まるような感覚を覚えます。


f:id:TOMASSOON:20151126112419j:image






食い続けて行くと、背脂も徐々に甘みを感じるようになるし、奥行きも広がります。ライスを口休め的に軽くつまんで、舌を整え、またスープを啜る。ここで思いついたが、焼きめしないなら餃子をプラスしてもよかったかなと・・・。


f:id:TOMASSOON:20151126112427j:image











【中加水の範囲で多めへの傾斜感覚!優しいタッチと滑り感!】


ワンパターンのように「麺カタメ」ばかり京都系では繰り返しておりますが、カタメでもなかなかしなやかな物腰と感じるフィーリング。薄っすらと黄色味がかった色合いに、健康的で穏やかな地肌感覚がたまりません。少なめに麺を手繰り寄せてひと啜りすると、やや張り付くような柔らかい口当たり。前歯の千切りにおいては、淡いクツクツとした感覚がいい。


f:id:TOMASSOON:20151126112450j:image






汁を徐々に吸い出して、張り付くような感覚は多少滑りにも似た感覚に変貌。そこを啜っては千切って奥歯でプレスすると、クチクチっとした加水多めの潰れ感が漂います。意外と背脂のギトギト感が少ないので最後まで美味しく啜れたような印象です。


f:id:TOMASSOON:20151126112508j:image











【ややしっかり歯応えの薄切りチャーシュー


京都系のチャーシューと言えば、ペラペラの切り落としのような肉のミルフィーユ。系列によっては、脂身の配合が若干違ってたり、若しくは煮出しの長さによる脂の落ち具合が違ってたりします。私的には、ここは若干厚めで歯ごたえを残したタイプ。汁を逆に吸わせるように沈めてから食うのが常道と感じます。東京の一般的なチャーシューに比べれば、それでも薄すぎると思われがちでしょうが、こういうもんなんです。京都チャーシューって。


f:id:TOMASSOON:20151126112440j:image











【ちょっとした心配り・・・半ライス】


焼きめしないのね。ますたには、その代わり半ライスが付きます。黄色いたくあんは、ちょっと嬉しい。この無料サービスで750円なら納得価格かもね確かに。しかし、極めて横暴な個人的に要望としては、ライスいらんから、その分ネギを増してくれ〜と言いたいかも^_^。冬は野菜類が高くてお困りでしょうがね。


f:id:TOMASSOON:20151126112256j:image











総じまして、「くど過ぎないこってり感でついつい飲み干す定番型」と言った感覚。強烈なイメージをさせない反面、時々なぜか食いたくなると言う「定番型」な作り込みが、付近のサラリーマンの人気を相変わらず集めているようです。オレもその一人か・・・^_^。 何気に入れ替わりが多い田町の飲食街ですっかり根付いていますが、この調子で根を太くしていただきたいと思います。嗚呼〜、750円で腹8分目。寒いけどいい気分。なので詠います!



東京

冬の京都

冷たさか



 背脂補給で

 暖とる昼飯



お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

f:id:TOMASSOON:20151126113433j:image:w640


ますたにラーメン 田町店

<script src="http://tabelog.com/badge/google_badge?escape=false&rcd=13004559" type="text/javascript" charset="utf-8"></script>

関連ランキング:ラーメン | 三田駅田町駅芝公園駅

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証