Hatena::ブログ(Diary)

備忘録(仕事と晩飯)

2018-01-02

2018年の初夢

1月1日の夜に見るのが初夢だそうだ。

久しぶりによく覚えている夢。

倉庫で作業している。倉庫と言っても現実味は無い。パレットの上に背よりも遥かに高く積まれた本。一番上が歩けるようになっている。そこを移動している。つまり、床に降りることは滅多にない。他業種からやってきた新人(若い男性)が、仕事熱心なのだが、どうも力の入れ方がおかしい。そう思っていたのは俺だけでは無かったようで、営業の責任者(ベテランの女性、夢の中では俺は営業ではなく倉庫のイチ作業員(但し、たまに後進に指導している=なんか、この設定、引退後に本当にありそう……))から、ちょっと見てやってほしいと言われる。で、その何とかクンの仕事っぷりを見に行くために久々に本の山から降りて事務スペース(営業部の作業場=倉庫の一角)に移動するのだが、何とかクン、すげえ巨大なディスプレイを作ろうとしてるんだな、これが。本の表紙に出てくる門のようだ(ダンテの『神曲』? ロダンの「地獄の門」?)。で、これを、ヒトが通れるぐらい巨大なサイズで作って店舗に置くのだと言う。ところが、何とかクン、要らんほど手間かけて作ろうとしているのだが、何をやってもド下手なのだ。それと、なにか作り方にこだわりがあるようなのだが、そのこだわりがとにかく的はずれなのだ。ていうか、そんなんじゃ作れねえし。それに、直線弾くのにどうしてフリーハンドなんだよ。定規とか使わねえのかよ。さらに言うと、カッター使うする際も定規あてねえのな。おいおい、それじゃあ、まっすぐ切れねえよ。などと指導するのだが、どうにもピンときていない様子。手伝っちゃいかんと思うので話を聞いていくのだが、材料費とかも大変なことになっている。しかも、試行錯誤を繰り返して無駄にするばかり。いい加減むかっとして、「出来上がりの完成度と費用とこれに取りかかる時間のことを考えると業者に頼んだほうがいいんじゃないか」という話になる。のだが、ここへ来て、そもそもどこの店に置いてもらうかも決まってない=出来上がってから考える、という話を聞いてなんだか軽く絶望する。熱意だけで進めてもいいことないよなあ。

場面が変わって。

なぜか現代にタイムスリップしてきた江戸時代末期の帆船(開陽丸?)。船体の一部から上がった火の手を消化しないといけないのだが、現代の道具が使えず、侍たちと一緒に手押しのポンプを必死で押している。気がつくと現代の消防士や警察官に助けられているのだが、一緒にいた侍たちがどうにもこうにも現代に馴染めない。すぐに一ヶ月ほど時が経ち、侍たちの髪の毛をどうするかという話に。床屋に連れて行くか、それとも自分たちで月代を剃ったりなんだりなんとかしてもらうか。ひとりは相撲部屋の床屋でそれはそれは見事なちょんまげを結ってもらう。数名は普通の床屋で散切り頭に。数名は自分たちでちょんまげ。相撲部屋の床屋に比べるとイマイチ。なるほどそんなものかと納得。タイムスリップした中には女性もいたのだが、お互いに手助けしてキレイに丸髷で仕上げた方もいれば、現代の床屋でバッサリという方も。あと、切らずにそのままという方も。

というところで、おしまい。

なんなんだろうな、夢だから辻褄は合わないのだけれど、不思議な感じだった。

2018-01-01

2017年の年初にやってたことなんてすっかり忘れてた

2017年の年初って何してたっけと思ってこの日記を見直してみたら、どうやら「たてよこWebアワード」に出すWebページの制作に必死になっていたらしい。最終的に「俺の技術力では無理だ」という結論になって諦めたんだった。とはいえ、原型まではできたんだよな。今年は、なんと「審査委員に知り合いが加わった」という理由で参加しようかどうか迷ってたんだけど、他のことやってたら時間が取れなくて止めた。やりたいことが多すぎる。時間配分、大事だ。全然うまくいってない。

で、2017年の出版動向をこんな感じで適当に予測していた。

1.ロングセラーの復権と書店の品揃えの変化
2.メディアとしての信頼性とオリジナリティの問題
3.巻き込む売り方と信者ビジネス
4.電子書籍のフォーマット問題
5.学術系出版物の電子化への移行
6.書誌情報や雑誌情報のオープン化とその利用
7.書店・出版・図書館システムの変化
8.(小説&漫画)投稿サイトの変化
9.物流危機が返品の流れにも影響する
10.「今年はちょっと前まで元気だった出版社で厳しくなっちゃうところ出てくるだろうなあ」

http://d.hatena.ne.jp/TOSH/20170106
http://d.hatena.ne.jp/TOSH/20170122

予測というより、その時点での自分の問題意識といった感じだな。

1.→「雑誌・コミックの凋落により必然的に書籍に向き合わざるを得なくなっている状況」かなあ。
2.「フェイクニュースという言葉で問題が拡散しつつ定着」したような。
3.「出版社が著者に宣伝頼む」みたいな話、さらに増えてきたよね。
4.思ったほど変わらなかった。
5.これは着々ですかね。学術系出版社の危機感もかなり。
6.近刊検索デルタ作った俺は、ここだけはがんばったのではないか。
7.標準化だよなあ。課題が多いけど、機はそろそろ熟してるかも。
8.投稿サイト(カクヨム)発の『横浜駅SF』が大きな話題に。2016年だけど『京都寺町三条ホームズ』の望月麻衣さんもエブリスタ出身でしたっけか。うーん、でも「投稿サイトから書籍化したけどイマイチ」という例も当然のごとく増えているわけで。
9.返品に限らず「物流部門をどうやって縮小するか」は取次の課題になっていたかも。一年の終盤になって実際に影響出てた気がする。
10.元気そうだけどキツイんじゃないの、というところは確かにある。

などなど。今年も適当に予測するかどうかは未定だけど、もし今年もやるとしたらnoteに書くと思います。

2017-12-25

業界話はnoteに書くことにした

業界関係の話はまとまっていたほうが良さそうなのでnoteに書くことにした。過去に書いたものも、改めて世に問う価値がありそうなものは移そうと思う。などと思ったが、わざわざ移すほどのものはなさそうだ。

こちらは主に備忘用の日記として使うことになる。

早速、忘れないように書いておく。

水曜日、人生初の救急車を体験した。って、この話はnoteで前振りとして使った。

土曜夜、牡蠣アヒージョを作った。これは抜群にうまかった。最近アヒージョ作る時は必ずにんにくをかたまりのまま一緒に焼くのだが、牡蠣アヒージョではそのにんにくが牡蠣の旨味を吸い込んでたまらない仕上がりに。素晴らしい。最近はあまり手の込んだ料理を作りたくない。アヒージョは鶏レバーが美味いのだが、牡蠣はそれを超えたかもしれない。

ふるさと納税の書類が戻ってきた。今回もワンストップ特例で行くかと思っていたが、よくよく調べると「確定申告するとワンストップ特例は外される」とのこと。来年はIDECOのことがあるので確定申告が必要なのだが、それでワンストップ特例から外れるとまずい。ということで、ふるさと納税も合わせて確定申告することになりそう。面倒っちゃあ面倒だけど書類書くだけだしな。まあ、なんとなかるだろう。

流行りに乗りたくて噂のビットコインを今週になって少しだけ買ってみた。途端に暴落。マジか。下がりきったと思ったところで、やらなきゃいいのに買い増し。また下がった。マジか。投資とか向いてないのかも知れない。が、しかし、先日から始めた外貨預金はタイミングが良かったようで黒字だ。あと、今のところIDECOもトータルでは黒字。まあ、どれもこれもわずかな金額だけどな。

2017-10-31

プログラミングとかパソコンとかとのお付き合い

自分自身は、EXCELで何でもやりたい期→ACCESSと出会って格闘する日々→再びEXCELでなんでもやりたい期(マクロ含む)→でかい集計はACCESSで、表の飾りはEXCELで、という割り切りを知った時期(長かった)→EXCEL2007で65536行の限界が無くなって「やっぱEXCELでけっこういけるんじゃねえの」期(但し、マクロは使わない)→MySQLPHPが触れるようになった(けど、あんまり使えない)期(長かった)→XMLすごいよ、なんでもXMLでいけるよ期(短かった)→ACCESS使うよりSQL直接書いたほうが楽になった期→ACCESSVBAを再発見したものの「MySQLPHPでよくね?」と思ってる期→そろそろpythonかと思いつつ相変わらずPHPを使ってる期(現在)、といった感じ。

随分と前に『ラジカルなコンピュータ』(岩谷宏)という本を読んだ(本棚のどこかにあるはずなのに見つからない)。書いてあったのは「プログラミングまで使ってこそのコンピューター」という内容で、プログラム言語に触ったことはあっても本格的にプログラミングをやっていなかった自分にとっては「気持ちはわかるけど」という感じだった。

が、今ならあの本の主張がよく分かる。というか、「その通りでした!」と思う。

とは言うものの、プログラミングもまだまだ。本当にまだまだ。

10月は案外怒涛だったが、もうすぐ終わる。

10月は仕事もWeb制作も割りと怒涛の日々であった。

が、もうすぐ終わる。

2017-10-12

アクセスランキング

三連休の中日に近刊検索デルタのアクセスランキングを公開した。

GAを取得→DBのテーブルにインポート→それを使って集計したりなんだり。

βの時はなんでもかんでもXMLにしていたが、今回はDBのテーブルに入れるようにしている。とはいえ、できるだけDBにアクセスしないようにするにはどうしたらいいかとか、そんなことばかり考えてあれこれやってる。

ランキングそのものはうまく動いたものの、連休の中日ということで今ひとつアクセスが伸びなかった。タイミングって大事だなあ。

これで、次の大物はCSV。ランキングよりCSVのほうが難しくないので、次の土日にサクッと片付けてしまう予定。

三連休の思い出(忘れないうちに)

三連休は宿題三つをなんとかしようと悪戦苦闘。デルタランキングはなんとかかんとかほぼ完了(しかし、三連休の中日の公開で効果はさっぱり)。もうひとつ(本屋ブログ)はある程度まで。最後のひとつは手付かず(これは持ち帰り仕事だったのだが、連休明けに「手が空いたのでここまでやっておきました」という話があって感動。素晴らしい)。で、連休中に増えたひとつ(妻のお手伝い)は着手まで。

それはともかく、三連休の牛肉。

初日はステーキ。百グラム1500円の牛肉(一枚200グラムなので3000円)をいただいたので焼いた。フライパンだとムラができて難しそうだったので、ホットプレートを使用。まずは牛脂とバターでスライスしたニンニクを焼くところから。片面だけ軽く焦げ目が付く程度で引っ繰り返して蓋の代わりにアルミフォイル。焼きすぎない程度で皿に。ナイフで切った断面に赤みが僅かに残っていい感じ。ワサビ醤油で。美味しゅうございました。

次の日はやはりいただいた別の牛肉ですき焼き。まあ、こっちは外れはない。美味しゅうございました。

羊肉も好きだが、牛肉、いいのは美味いなあ。いただきものじゃないとこんな値段のは食わないのでいい経験だった。うまく焼けるか心配だったが、焼き加減も上々。大満足でした。