Hatena::ブログ(Diary)

TRiCK FiSH blog. このページをアンテナに追加 RSSフィード



2003/11/30/Sun

[][]ネットでの儀礼的無関心の可能性

 以下は、特定の具体的な出来事を指した話ではない。たぶん、今日も全世界で繰り広げられているであろうことだ。

 たとえば、ひっそりとネットで日記を書いている人がいる。Aさんとしよう。とくにリンクも張られずに、目立つことなく、だけど、Aさんの日記をひそかに楽しんでいる人もわずかだがいたとする。

 ある日、Aさんはあることについての日記を書いた。それを見たある人がAさんの日記にリンクを張った。さらにそれを見つけた人気サイトのBさんが、Aさんのところにリンクを張った。結果、ひっそりと日記を書いていたAさんのサイトへのアクセスが殺到した。

 Aさんは、目立ってしまう自分のテキストについて驚き、そして当該のテキストを削除してしまった。結果、そのテキストを誰も見ることができなくなり、その後日記そのものをやめてしまった。

 さて、そこでは誰が幸せになったのだろうか──。

 繰り返すが、このAさんに具体的なモデルはいない。ただし、多くの人がこのような一連の経過を見てきたことがあるはずだ。

 そういうのを見るたびに僕が思うのは、ネットにおいて儀礼的無関心は可能なのだろうか、必要なんじゃないか、ということだ。「儀礼的無関心」とは、社会学者のゴフマンが提出した概念で、(物理的な)公共空間において、あかの他人同士が、お互いに一瞥くらいはするもののそれ以上の深入りを避け、無関心を装うような態度のことを指す。つまり、「あえてする無関心(見て見ぬふり)」とでも言うべきもので、これによって僕らの共在の空間と公共性は保たれていたりする。

 これは、電車のなかでの例を出すとわかりやすい。見知らぬ人同士が共有する密閉された空間を、平和に維持できるのは、われわれが無関心を装っているからだ。驚くほどの美人がいて激しく気になっても、けっしてジロジロ見たりはしない。僕らはそういうふうにして公共空間を保ちながら生活している。

 しかしネットでは、先に挙げた例のように、そのような儀礼的無関心が機能せずに、結果として誰も幸せにならない状況に至ることがある。こういう状況になったとき、僕は正直、「なんで無関心を装ってあげなかったのだろうか。気がきかないなぁ」と、Bさんに対して思う。

 一方、Bさんにもリンクを張った論拠なるものもあるはずだ。(アクセスの限定をかけないかぎり)ネットは常に開かれているのだから、それは誰の目に触れてもいいということじゃないか、と。見てほしくないならネット上で公開などするな、リンクフリーという原則こそがこれほどまでにネットを発展させたのだ、と。それは、とても「正論」のように聞こえるし、ネットに明るくない僕にも、それはある程度間違っていない、とも思う。

 だが、結果としては、誰も幸せになっていない──僕がひとつだけ気になって仕方ないのはこの点だ。それを考えると、杓子定規に「ネットの理念」たるものに依拠することの正当性や「正論」にも疑問を覚える。そんなの、ケースバイケースだし、僕らは日常的に(物理空間では)儀礼的無関心という振る舞いをしているじゃないか、と。リンクを張ることでAさんに変化が起こる可能性を、Bさんは想像できなかったのか。もしくは、Aさんに変化が起こる可能性について、どれほどの覚悟があったのか。

 ゴフマンの儀礼的無関心とは、あくまでも物理空間で複数の人々が共在する状況を分析した上でのものだ。だから、それをそのままネットにアプライすることはできない。ネット空間と物理空間では、対面的な相互行為は行われていない。一瞥されたかどうかも、あまりわからない。しかし、だからといって、ネット的な儀礼的無関心というものが簡単に棄却されるわけでもないはずだ。

 しかもそれは、見知らぬ人同士が友好かつ有効な関係性を継続するために、実はけっこう必要されているのではないか、とも思う。しかし、実際のところ、まだまだリンクフリーという「理念」の勢力は強い。

 もちろん僕は、そのようなインターネットの「理念」を単純に否定したりはしない。ただし、同時にそろそろそのようなネット上での相互行為儀礼の可能性も綿密に議論されてもいいような気がする。それは、インターネットというグローバルなシステムのなかで、いかにしてローカリティを確保・維持するか、ということにも繋がる話になるのかもしれないし、もしかするとそれによってっとても政治的な議論が巻き起こるかもしれない、などとも思っている。

 こういう話は、たぶん既にされているのだろうと思う。ただ、3ヶ月前に「テキストサイト」というブームがあったことを知ったような僕にとっては(しかもこのブームは数年前に終わったらしい。さっぱり知らなかった……)、まだまだ新しいトピックだし、同時に毎日のように飽きもせず目にし続けている光景だ。電車のなかでのマナーが荒れてきているように、もちろんこのような公共性が安定化するということもないだろうとは思う。まぁしかし、このあたりのことの議論をあまり見ないような気がするのであった。

「ネットでの儀礼的無関心の可能性・続」←上の続き

goito-mineralgoito-mineral 2003/12/02 09:17 ぼくはむしろ、「正論」のほうを取っています。多くのひとに見られたくないんだったら、隠しとけ! というのが基本姿勢。ではあるのですが、そっとしておいたほうがよいサイトがあるのも承知しています。とはいえ、松谷さんがストーリーを書いたような事例の場合、そりゃサイト閉鎖しちゃうあんたのほうが意気地がないよ、ということが多いのも事実だと思う。それに、ぼくはオタ文化人(?)である人のサイトにリンクを貼ったら、「リンクを許可した覚えはない」旨のメールをもらったことがあったのです。この場合、自分に都合の悪いリンクは嫌、ってだけだったのですが、そのリスクを抱える覚悟もないのに何やってんだ、と萎え萎えになった記憶があります。だから、儀礼的無関心の必要は認めるけれど、それを楯に自堕落な主張をしてるびくびく君は、どんどんリンクして晒しちゃえばいいと思っています

goito-mineralgoito-mineral 2003/12/02 09:19 いちおう留保をつけておくけれど、これは日本語の圏内での話です。多言語・多文化間になると、また話が変わってきます。

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2003/12/02 09:34 僕は理屈としてはその「正論」のほうに分があるのは重々承知なのですが、この場合のAさんのように明らかにこっそりやってたりする場合のときは、リンクは張らないです。確実に相手によってコミュニケーションの仕方を変えています。だから、伊藤さんが例に挙げる「オタ文化人(?)である人」の場合とは、ちょっとパターンは違うかな、とも思うんです。「(?)」付きだけど「文化人」と目されるくらいだから、既にそれなりに目立っているわけだし。と言いつつも、僕も周囲でこっそり日記を書いて、そこでプライベート全開にしている友人には、「どこで誰が見ているかわからないから、そのことは常に留意するように」と、けっこううるさく言っていますが、イマイチ伝わらないんですよねぇ。なんか、そこに横たわる断層があるような気がしてならないのですよ。

goito-mineralgoito-mineral 2003/12/02 09:41 あーそれはあるなあ>断層。前にウェブ日記は往来に置かれたマジックミラー貼りの小部屋に入り、中で踊ってるようなもの、という例えをした人がいました。なるほど、と思ったのですが、中からは鏡に映った自分の姿しか見えない。しかし、外からはすべて丸見えだという。ようは、他者に対する想像力の問題だと思うのですね。オタの場合、そこに敵/味方思考が入ってくる分、さらに話が面倒くさくなってくるというか、だったらそういう連中は晒せ、という感じになります。彼らの態度をもって無媒介に全体に敷衍するのはよくないかもしれません。

goito-mineralgoito-mineral 2003/12/02 09:43 それともうひとつ、ぼくにも絶対にリンクを貼らないサイト、というのはあります。明らかにひっそりやることを志向しているか、こころない人に荒らされるおそれのあるところに対してはリンクを貼らないようにしています。

goito-mineralgoito-mineral 2003/12/02 09:46 ただ、その判断が、どうしてもそれぞれの読み手に委ねられるってところが難しいですね。まさに、松谷さんが書いた「Aさん」を、松谷さんは「明らかにこっそり」と判断できる例としてあげたし、ぼくはそれを「本当は多くのひとに読まれたいのに、いざそうなると怖くてしょうがない」サイトという判断をした、という具合に。ここではたとえ話の世界ですが、それが実際に起きるというわけですから。

lovecatorelovecatore 2003/12/02 10:32 話題それますが、リアルワールドでは情報への距離が遠いんですよね。時間・手間など。だから、甲さんが見てほしい/乙さんが見たい、のズレをコントロールできるというか。もしも「どこでもドア」なんぞが発明されてしまったのなら、電車内問題もネット問題も似た感じになるかもしれませんな。ちなみに、僕は美人がいたらジロジロ見てしまいます。よく同行者に「ヤバい目すんな」と叱られます。

tokyomongertokyomonger 2003/12/02 18:43 はじめまして。tokyomongerと申します。私がTRiCKFiSHさんが想定したお話においてAさんがなぜwebで公開する日記を書こうと思ったのか、その動機にはちょっと興味あります(興味1)。またもう一つ、web日記というもの位置付けにも興味はありますね(興味2)。今回のケースではAさんが自分の中で想定していた「日記」像と「WEB日記」像に差があったためにショックを受けた、、というシチュエーションに思えます。Aさんのケースでは(興味2)の「Web日記」の位置付けを「Web日記」=「見られることを前提としない日記」で書いていた(書くようになっていった)ということですよね?そこを晒し(?)にあったためにweb日記は見られるものであるということに気づき閉鎖してしまったという感じでしょうか?この場合、AさんがOpenなWebで日記を書かなくなることは正解なのではないでしょうか?その後、Aさんは手元で見られることのない日記を書くようになるかもしれません。他人に見られてしまうショックのない自分のための日記を書くことができるようになればAさんにとっては「よかった」ということになるのではないかと思います。

tokyomongertokyomonger 2003/12/02 18:43 (興味2)のWeb日記の位置付け、、についてですが、そもそもWeb日記って何なんですかね?何か昔(96年頃?)日記系というコトバがあったらしくて、ペログリ系だとかなんだとかWeb日記を分類していたケースがあった気がします。ま、その当時の分類はよく知りませんので当時の分類と異なる/重なるかもしれないけど、ボクの感じ方としては、「書き手」がWeb日記を「公開寄り」に捕えているのか、「私的」に捕えているのかで「Web日記」の「書かれる内容」及び「書き手のココロ構え」が変わるのかなぁ、という感じですね。すごーく、ありきたりな認識ですが。「私的」に捕えているAさんは「公開されている」ということを再認識してショックを受けるのでしょうかね。

tokyomongertokyomonger 2003/12/02 18:44 で、まあ、そーゆー「Web日記」の位置付けが「書き手」によって違ってくるのって、「日記」ってコトバの影響力が強いのだろうな、てなことはなんとなーく思います。これがみんな「Webコラム」だとかそんなコトバだったら、Aさんのような認識の誤差は発生しないでしょうし。・・・てなことをぐだぐだ思いつつ、読み手のボクなどは「私的」な「日記」読むの好きなンですがね。なのでデリケートすぎないAさんが多いと嬉しい、という手前勝手な意見で。

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2003/12/02 19:48 なんだか盛況していますね。ポイントだけ。伊藤さんとはメールやりとりしたのでいいですね(笑)。まず、lovecatoreさん。つまり、ネットには情報のタイムラグがあまりないということですね。そうだと思います。それゆえに目立つ覚悟をしていく過程がすっ飛ばされるので、驚くということでしょう。それと僕も電車のなかに美人がいればジロジロ見ますが、それだけでなくときには声をかけ……(以下自粛)。tokyomongerさん、はじめまして。ここでのAさんは、「見られることを前提としない日記」を書いていたのではありません。さすがにそういう人はネットで日記を書くことはないでしょう。つまり、完全に「私的」ではなく、「ちょっと見られることはわかっているけれど、たくさん見られることは想定しない日記」を書いていたんだと思います。「ちょっと」がタイムラグなく、突然「たくさん」になってしまったから驚いたわけです。そもそも「見られること」には、常に恍惚と不安がつきまといますが、僕らのような仕事をしているとそれにも慣れますが、ネットを始めたばかりの人が突然それを強く意識するような状況になると当然不安が一挙に押し寄せてくると思います。それへの儀礼的無関心という配慮はどうなんだろう、という問題関心なわけです。また、WEB日記は、98年にSPA!で特集があったのが、僕がはじめて見たまとまった記事です。けっこう出来も良い記事でした。またWEB日記学会というのも立ち上がっているはずです。日記という形式性にかんして、2001年の5月末くらいに劇作家の宮沢章夫さんが朝日新聞(夕刊かも)の連載で興味深い言及をしていました。「これは形式なんだ。だから他の形式もありうるかもしれない。たとえば不動産広告とかのような」なんて言っていた気がします。

tokyomongertokyomonger 2003/12/02 22:49 (WEB日記とかいう形式に関わらず)ネットを始めたばかりの方への配慮手段としての「儀礼的無関心」ですか。なるほど。それは一手段として同意できる内容です。ですけど、実際には啓蒙ってムズカシイ問題なんでしょうね、きっと。例にあった大手サイト(大手Blogサイト)の運営者が儀礼的無関心を身につけて配慮あるリンクはりをするってところまでは実現できそうですけど、匿名掲示板のリンク張りなんてのは防止できなさそうですし。結果、オモシロサイトを書いてくれそうな前途あるオモシロヒトが書くのをヤメるってのは防止できないのかも。ガクーリ。

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2003/12/03 10:12 > tokyomongerさん。儀礼的無関心はあくまでも「儀礼」なので、なんとなしに築かれしまうものなんです。だから、僕も「啓蒙」をする気はなく、問題提起をしているだけです。それによって「儀礼」が培われればいいなと思うくらいで。それと、「儀礼的無関心を身につけて」と何気なく仰ってるとおり、本来儀礼は、幼児期から(社会的に)学び、そしていつの間にか「身体化される」ものなんだと思います。こういう身体技法(ハビトゥスと言ってもいいでしょう)を、ネット空間で身につけることはどれほどに可能なんだろうか、とも僕は思うんですね。もちろん現実世界とネット世界は明らかに異なりますから、その身体技法も異なるに違いない、と思いながらも。

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2003/12/03 10:13 また、匿名掲示板のリンク張りはたしかに防止できないでしょう。ただ、匿名掲示板の人も利害関係は理解できるはずです。僕が「誰も幸せになっていない」というのは、結果として当該の日記が消えることで、匿名掲示板の人たちも永遠に見られなくなるということを意味します。つまり、こっそりのぞき見できる可能性が失われるわけです。共有されるメリットを維持するための儀礼的無関心、とも言い換えることができるでしょうね。しかし、これが、誰かひとりがリンクを張ることによってスポイルされる。それは道徳的・倫理的な問題ではなく、公共の利益を害してしまうという点で、ひどくお粗末な振る舞いだなぁ、と僕は思うんです。

mentamamentama 2003/12/03 11:46 あのう、この「電車」の比喩ってとてつもなく不適切だと思います。ネットでばかばかリンクを勝手に張られてしまうコンテンツ、というのは、電車の比喩でいえば、大声で独り言を言うやつとか、美人でもさらに猛烈な露出度の服を着ているお姉ちゃんとか、猛烈にくさいやつとか、そんなんでしょう。こんな連中に対しては「儀礼的無関心」なんてあり得ないわけで、むしろ、トラブルを避けたいために目をそらす、というような行動になると思います。

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2003/12/03 12:07 >mentamaさん。はじめまして。よく読んでもらえばわかると思いますが、「そのままネットにアプライすることはできない」と僕は留保しています。それと、前にも書きましたが、ここでのAさんを私は「ネットでばかばかリンクを勝手に張られてしまうコンテンツ」だとは認識していません。そういうふうに認識する人もいる、という可能性については上でgoito-mineralさんが触れていますのでご確認ください。また、「猛烈な露出度の服を着ているお姉ちゃんとか、猛烈にくさいやつ」に対して「トラブルを避けたいために目をそらす」というのも、「儀礼的無関心」なので、「こんな連中に対しては『儀礼的無関心』なんてあり得ない」という先のコメントの意味が不明です。

mentamamentama 2003/12/03 12:35 いやーなんだか日本語の使い方が私とはずいぶん違うみたいですね。それにそのままネットにアプライすることはできない」と逃げを打ちつつ電車の比喩を使うのも意味不明です。

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2003/12/03 16:29 >mentamaさん。「ネット的な儀礼的無関心というものが簡単に棄却されるわけでもないはずだ」と書いたとおり、私は「“ネット的な”儀礼的無関心」の可能性についてのことを考える際に、先の例(日常生活世界での「儀礼的無関心」の例)を挙げたわけです。表題も含めて、その点ご確認ください。それと先に断っておきますが、なるべくここでは丁寧にコミュニケーションをしていきたいと思いますので、文章をよく読まない故でのミスリーディングによる質問を度々されるとちょっとこちらとしては面倒です。ですから、以降同じことが繰り返されるようでしたら、「儀礼的無関心」を装うかもしれません。また、不明点がある場合は、なにがどのようにわからないか、その旨を明確にして質問していただけると助かります。以上の点、ご了承ください。

unagidojounagidojo 2003/12/04 19:20 リアルな場において私が無関心を装うとき、そもそも私が関心対象や周囲から、関心の対象になるのを避けるためですね。匿名性が確保されるときには、人間の隠された欲望があらわに出てくるのはむしろ自然なのではないでしょうか?例えば「思い上がった、独りよがりの日記を書く奴なんてさらして笑いものにしてやりたい。」匿名性の確保された場にそんな思いを抱く人たちが集中すれば、積極的なさらしが行われてむしろ当然かと。「結果として誰も幸せになっていない」なんてどうして決め付けられましょうか。晒したり虐めたりして、あれはあれで楽しんで人を貶めて幸せになっているようにしか見えないのですが。そういう体験はしたことはないですか?

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2003/12/04 20:04 unagidojoさん、はじめまして。この話題、とても反響を呼んでいるのですが、そのほとんどが肯定的な意見で、正直それには驚いていました。もちろん、一部には批判的な意見もあるのですが、ただ、unagidojoさんのこの意見がもっとも的確に問題の核心をついていると思います。すべてに対してではないですが、「そうだよなぁ」と、頷いてしまいました。実際に「人を貶めて幸せになっている」人が、いますよね。ゆえに、(もちろん、皮肉ではなく)このコメントに感謝しております。詳しくお返事をしたいのですが、ただこれは多くの人にも見てもらいたいので、つきましては、このコメントを次に書くテキストで引用してもよろしいでしょうか? その点ご了承いただきたいのですが、どうでしょう。また、一つだけ返答しておきますと、ここでの「そういう体験」ですが、もしかすると無自覚なままにあったのかもしれませんが、自覚的にはたぶんないです。たとえば、僕は2chはほとんど見ないんです。これは2chが隆盛してからずっとそうで、ここ3ヶ月では1度くらいしか見ていないほどです(僕のような人、けっこう多いと思います)。また、晒されている人を見ても、あまり楽しい気持ちにはなりません。逆に陰鬱な気持ちになります。ですから、必要があるとき以外は見にもいきません。僕は写真週刊誌やワイドショーも好まないのですが、それもほぼ同様の理由です。

sacrasacra 2003/12/12 06:45  とてもよい質問だとおもいました。

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2003/12/12 20:03 sacraさん、↑意味不明です。誰の、なにが、よい質問だと思いましたか? たぶんそれを書かないと、なにも伝わりません。

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2003/12/15 02:04 ↑のsacraさんは、id:saCLAさんと同一の方ですか?