TTBのちょこっと言いたいこと

2014-09-15 第四回ボードゲームフリーマーケット in 新大阪 運営側の眼

第四回ボードゲームフリーマーケット in 新大阪 運営側の眼

2014年9月14日第四回ボードゲームフリーマーケット in 新大阪が開催されました。開場時待機列が200人に達し、混乱が起こらないかどうか心配でしたが、たいした見返りもないのに手伝ってくれたスタッフの皆さん、出展してくださったみなさん、そして連休のさなかにお越しになってくれた皆さんのおかげで、大過なく挙行できましたことをWebではありますが、厚く御礼申し上げます。

最終的な来場者は350人くらいです。今回はさきの第三回と異なり広報をする時間が充分とれませんでしたので、この人数も仕方ないかと考えております。以下、代表視点で諸事書き連ねます。おそらく事務的であまりおもしろい事項ではないので、楽しげな話は来場者の皆さんのレポートを読んだり、聴いたりしてくれればよいかと思います。

・設営

休日の朝も早くから、くまごろうさん、わとさん、ジュンペーさんなどが設営作業をしてくださいました。遠方からアバンさんやくろさんたちも加わってくださいました。DDT開店前のchim店長までいらしてくださいましてほんとにありがとうございます。また、イベントスペースはたなごころさんとこと賽苑さんところ(予め下見もなさっています)、併設しているゲーム会は昨年もやってくださったカワサキさんに丸投げでした。本当にすみません10時に作業開始して設営終了が10時半、このころから出展者が集まり始め自分ブースの設定作業を行ってもらいました。今回のイベントの場合12時開場予定としていたので午前便の出展荷物が間に合うか心配していたのですが、日本郵便には事前に三回念押しをしており、当日も配送業者に電話しまくったので、なんとか間に合わせることができました。運送会社にはかなりうざがられたと思います。

・待機列

昨年も待機列整理形成を手伝ってくださったジュンペーさんといらしてくれたゆーたんさんに列前後の管理及び案内をしていただきました。列形成は会場1時間前の11時からなのですが、放っておくとそれ以前に来た方が貯まってしまうため、順次本棟の方のカワサキさんのゲーム会(10時受付開始)にいかせるか、本棟2F(談話コーナーがあります)に追い上げていきました。Webやツィートなどでも述べておりますが近隣の迷惑を最小限にとどめ、イベントを継続して開催するためにも必要なことだと思っています。移動させてしまった皆さん、すみませんでした。前回も同じ会場であったため「昨年同様、中庭に待機列を作ります」と会場側に事前に申しあげていたのですが、私のスタッフに対する連絡が不徹底で、列の折方の指示が悪く申し訳ありませんでした。蚊がいると言っていたので虫よけをあらかじめ用意されている方も居ました。並んでくれた皆さんは特段騒ぐような方もおらず皆マナーが良かったので助かりました。

・開場時混雑

設営を終えたスタッフに一番事故の起こりやすい(であろう)開場時の整理をお願いしました。本会場はかつて学校だった施設の講堂(体育館)を使用します。当然、内部は土足厳禁のため「上履きをご用意なさるなどの準備をなさるか、それ以外の場合は靴下だけでの入場になりますので気を付けてください。」と、これら事前連絡のおかげでもあって大半の人は靴はできるだけ各自お持ちくださいました。また、入り口に置いたままの方の靴の紛失等には対応しかねることを申し上げておきましたが、それに対する問題は今年ありませんでした。これまでも開場後30分くらいが混雑のピークなのですが、そこまでは私も通路を巡って、滞留している通路を開けたり、壁際にものを置いている方には撤去させるなど、スペース確保に努めました。来場者に小さいお子さんがいるので後ろにも常に注意するよう行列時に連絡しておきましたが、そこそこそれには気を配ってくれていたと思います。

・会場内外イベント

昨年同様、たなごころさんと賽苑さんにお願いいたしました。いつものように開場1時間たつと通路の人が減るので、そこから行ってもらいました。ずっとやってもらっている甘えもあって任せきりにして申し訳ありません。終了間際まで断続的にやってもらってありがとうございました。カワサキさんのゲーム会は会場内の人が減るにつれて増える傾向にあるので、午後から部屋を増やすよう予め準備しておきましたが、前回同様14時半ころ一杯になったため、以降はフリマ会場内でもプレイ可能としました。この二か所以外でゲームしている人たちには巡回して順次やめていただきました。共用スペースでは他の利用者に迷惑がかかることがあります。

・撤去撤収作業

スタッフに加えて残っていた皆さんにもご協力いただき撤収作業を行いました。カワサキさんのゲーム会の方の撤収は彼らに任せてしまってすみません。送還用荷物が昨年たくさんあったため、郵便局に集荷に3人体制で来てもらったのですが、荷物が今年は少なくて悪いことをしました。会場班スタッフに礼を言ってこれで解散としました。これが17時です。

今年も「事故無しかつ来年も同会場で行える」を目指していましたが、なんとかそれは達成できたかと思います。ご協力感謝いたします。

フリマ中古商品が早い時間に切れてしまうことに関して私はある程度仕方がないと思っています。ブースを借りてまで中古ゲームを用意できる人はまず限られており、その人たちにしても一回売ってしまえばしばらくは大丈夫になるはずなので、年一回のフリマで毎回出すのは無理でしょう。ただ、個人レベルで見ると家でひとつやふたつは余ってしまっているゲーム所持者はそこそこ多いはずなので、それを掬い上げるためのオークションなどが、全回は機能していました。

なお「今年はオークションないの?」と30人以上に聞かれましたが、すみません兼業は無理です。申し訳ない。オークションも委託販売もそうですが、さばける人がどうしても限られるため、スタッフの絶対数居ないと無理だと思います。

最後になりますが、今年の皆さんの多大なるご協力により同じ会場で来年も行えると思います。本当にありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TTB_1997/20140915/p1