たいぺいのどうって事ない日々

2012-06-02 TRPG文華祭 1日目

ドラゴンクエスト

 さて、最初遊んだのは「ドラゴンクエスト」。SPIから第1版が出て、TSR版権が移って第3版まで出た未訳TRPGスクウェア・エニックスの「ドラクエ」とは全く関係ない。というか、スクウェア・エニックス*1の「ドラクエ」は26年前の作品だが、TRPGの「ドラクエ」の第1版は30年程前の作品。つまり、こっちの方が先だったりする。ちなみに、表紙とかはこんな感じ。


第1版のBOXアート
http://4.bp.blogspot.com/-iLPyYjKMEPA/TZues_021eI/AAAAAAAAAxg/KVy91GtsgFI/s400/DragonQuest.jpg
第2版の表紙
http://xa.yimg.com/kq/groups/1268778/homepage/name/homepage.jpg?type=sn
第3版の表紙
http://pds.exblog.jp/pds/1/200604/19/70/d0025070_22171396.jpg

 今回のGMは健部伸明氏*2で、パーティ構成は以下の通り。


ラーナン
プレイヤー松本富之氏*3人間男性戦士系。斧を投げたり突撃斧で突撃かけたりする。
ガイガルス
巨人男性。大地の魔法使い。石の手で目標を動けなくする呪文が強い。
ニス
プレイヤーは俺。ハーフエルフ男性。基本的に弓使い。

 今回のシナリオは3人用の既存シナリオをやった。

 最初戦闘はこっちが気付いているのに敵が気付いていないという状況で奇襲をかけ、その奇襲で敵がピヨッたり*4死んだりしてあっさり勝利。

 そして、探索に出て遭遇した2回目の戦闘も、敵の待ち伏せに気付き、敵は気付かれていないと思っている状態。なので、先手を取ってタニスが矢を射たら大ダメージで2匹いた敵の内1匹がピヨった。という事で、2戦闘目もフルボッコで勝利。


「な〜んだ、余裕じゃん」


 そんな慢心をしていたら、最後戦闘でこっちがピヨったりして結構ピンチに。しかし、なんとか誰も死ぬ事もなくミッションコンプリート。いや〜、やっぱりこのゲームはピヨるかどうかがキモだね。

*1:当時はエニックスだったが

*2神話伝承系のライターであり、海外ゲーム翻訳や紹介、ゲームのデザインなどと多岐にわたる活動をしている人だ

*3:「ワースブレイド」とか「CLAMP学園公式ガイドブック付属TRPGルールとか「スターオーシャン Till the End of Time TRPG」とかが代表作なのかな

*4:耐久力から導き出される値以上のダメージを一度に喰らうと朦朧状態になり、回復判定に成功するまで何もできない

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Taipei/20120602/p2