たいぺいのどうって事ない日々

2010-10-03 ニューディール内輪の会

[]ナルン第6章 新兵器と地下ナルン

 今日TRPGサークルニューディール*1」のスタッフだけで遊ぶ内輪の会の日。そして「ウォーハンマーRPG第2版*2」の公式キャンペーン「呪われし道」の続きをやる。GMはしも氏で、パーティは構成は以下の通り。


グスタフ
プレイヤーサークル代表。人間32歳男性キャリアは見習い魔術師→中堅魔術師金属)。容貌の特徴は「大きなほくろ」「爪がない」「眠たげな目」「右手の甲に聖痕がある」。
テオドラ
プレイヤーはS氏。人間30歳女性キャリアは兵士→古参兵。容貌の特徴は「眠たげな目」「疣」「右手の甲に聖痕がある」。
ハロン
プレイヤーはごくまれ氏。エルフ70歳男性キャリア狩人→兵士→射手。容貌の特徴は「特になし」から「右手の甲に聖痕がある」。
ワルター
プレイヤーヴァイス氏。ハーフリング24歳男性キャリア学生医者。容貌の特徴は「折れた鼻」「鼻輪」「変な臭い」「右手の甲に聖痕がある」。
ゴットリ
プレイヤーははまちゃん氏。ドワーフ65歳男性キャリア傭兵ルーン伝令→古参兵。容貌の特徴は「指一本欠損」「傷痕」「赤ら顔」。
ナルゴンド
プレイヤーは俺。ドワーフ90歳男性キャリアは兵士→古参兵。容貌の特徴は「眉毛がない」「鼻輪」「水痘の痕跡」「右手の甲に聖痕がある」。

 さて前回は、“混沌の嵐”でアルトドルフに遠征した元士官が下賜された剣を売ってしまったという事で、その剣の行方を探ろうという事になっていた。しかし、俺達の調査とは別にシナリオ内のプロットが平行的に進んでいるはずだったのだが、


事情によりオミットされました。


 帰ってからシナリオ読んでみると、俺達はこの別プロットに関わる要素に全く見向きもしなかったんだよね。なのでGM判断でオミットされたのでしょう。

 という事で、「ナルンにおける新兵器のお披露目式典」や「ナルンの地下での冒険」等は全て行われず。ま、やんなきゃならん事があるのに関係のない事に首突っ込んでる暇はないよね。という事で、この章は無自覚でスルー

[]ナルン第7章 仮面舞踏会

 第6章をスルーした俺達。そして、


第7章もスルー


 第7章のタイトルが「仮面舞踏会」とある様に、貴族と知り合って仮面舞踏会に出席するというプロットシナリオ集にはあった。確かに貴族への紹介状も貰っていたしね。だが、俺達プレイヤー


「『ウォーハンマー』の貴族混沌の次にタチが悪い」


と考えているので出来る限り関わり合いを持とうと思わなかった。貴族と知り合わないので仮面舞踏会に招待されるわけもなく。てなわけで、この章もスルー

[]ナルン第8章 阿鼻叫喚の巷

 てなわけで、2つの章をスルーしながら調査をする俺達。色々なフラグを無視し続けたからGMも困ったろうな。この章も「阿鼻叫喚の巷」とあるけど、巷は阿鼻叫喚どころか「世は全てこともなし」状態で終わる事になっちゃったし。

 で、キャンペーン的にネタバレになるので詳しくは書かないが、剣の行方を追っていたら混沌アーティファクトを持つ人物を発見。そして、そのアーティファクトこそ俺達が破壊しなければならない物品だ。

 という事でキャンペーンラスト・バトル。アーティファクトの力で作られたモンスターが結構強力だったが、無事に敵を無力化。シグマ神殿に報告してアーティファクトとその持ち主を引き渡す。

 てな事でキャンペーンシナリオ「呪われた道」は完結したのであった。

[]追補編 せっかくなので戦ってみる

 さて、シナリオ集にあるキャンペーンは終わった。そして、運命点と大量の経験点をゲットした。しかし、


最後に成長してもなぁ」


って意見があるわけですよ。

 という事で、時間もあったので「もしアーティファクトの力が解放されていたらどんな敵が出てきたか」という事で、成長したPC達がそいつと戦うという模擬戦をやろうって話が出てくるわけだ。ちなみに、PC達は以下の様になっていた。


グスタフ
見習い魔術師→中堅魔術師金属)→上級魔術師金属)。
テオドラ
兵士→古参兵→猛者。
ハロン
狩人→兵士→射手。成長はしたがキャリアチェンジはなし。
ワルター
学生医者→密偵。
ゴットリ
傭兵ルーン伝令→古参兵。成長はしたがキャリアチェンジはなし。
ナルゴンド
兵士→古参兵→猛者。

 とりあえず、回収した混沌アーティファクトは封印するか破壊しなければならない。そして、俺達はアルトドルフで混沌アーティファクト破壊する儀式魔術を使える魔術師を見付けていた。という事で、こんな設定にして戦闘を行う。


  1. 混沌アーティファクトシグマ信者と魔狩人と一緒にアルトドルフへ護送する。
  2. アルトドルフで儀式魔術をして貰うために俺達が顔つなぎをする。
  3. 儀式魔術の最中に襲って来るであろう混沌達の迎撃要員として護衛に参加。
  4. 儀式中にアーティファクトの力が解放される。
  5. 儀式を行う魔術師は器の破壊に専念するので、解放された“力”を俺達が迎撃

って事で戦闘開始。そして、


結構あっさりと倒す。


 いや〜、やっぱりこのレベルになってくると強いなぁ。俺達は基本ルールブック134ページにある「戦闘におけるテストの難易度」をしっかり適用しているので、3人がかりで攻撃すると猛者になったナルゴンドは99%で攻撃が命中する様になってるんだよね。しかも、猛者になったので3回攻撃する。「妖怪ぬか喜び*3」は未だ健在だが、まず間違いなく攻撃が3回命中するよね。しかもグレート・ウェポン使ってるし、【筋力】高いし、≪強打≫の異能持ってるし。

 という事で、混沌アーティファクトは無事に破壊され、殺戮の神コーンによるエンパイアの脅威は多少削がれましたとさ。

 キャンペーン完!

*1http://oridei.fool.jp/sub2.html

*2http://www.hobbyjapan.co.jp/wh/

*3パーセント下方ロールにおいて、10の位がゼロで「成功した!」と思ったら1の位もゼロで出目が100となって失敗する。「妖怪ぬか喜び」はそれを引き起こす妖怪。ちなみに「出目1差で失敗」を引き起こす「妖怪1足りない」なんてのもTRPGセッションではよく出没する

2010-09-12 ニューディール内輪の会

[]ナルン第4章 ナルンに渦巻く恐怖と憎悪

 今日TRPGサークルニューディール*1」のスタッフだけで遊ぶ内輪の会。そして「ウォーハンマーRPG第2版*2」の公式キャンペーン「呪われし道」の続きをやる。GMはしも氏で、パーティは構成は以下の通り。


グスタフ
プレイヤーサークル代表。人間32歳男性キャリアは見習い魔術師→中堅魔術師金属)。容貌の特徴は「大きなほくろ」「爪がない」「眠たげな目」「右手の甲に聖痕がある」。
テオドラ
プレイヤーはS氏。人間30歳女性キャリアは兵士→古参兵。容貌の特徴は「眠たげな目」「疣」「右手の甲に聖痕がある」。
ハロン
プレイヤーはごくまれ氏。エルフ70歳男性キャリア狩人→兵士→射手。容貌の特徴は「特になし」から「右手の甲に聖痕がある」。
ワルター
プレイヤーヴァイス氏。ハーフリング24歳男性キャリア学生医者。容貌の特徴は「折れた鼻」「鼻輪」「変な臭い」「右手の甲に聖痕がある」。
ゴットリ
プレイヤーははまちゃん氏。ドワーフ65歳男性キャリア傭兵ルーン伝令→古参兵。容貌の特徴は「指一本欠損」「傷痕」「赤ら顔」。
ナルゴンド
プレイヤーは俺。ドワーフ90歳男性キャリアは兵士→古参兵。容貌の特徴は「眉毛がない」「鼻輪」「水痘の痕跡」「右手の甲に聖痕がある」。

 前回、船旅でナルンに到着した一行。そして、ナルンでは翌日から1週間は「黒色火薬週間」という祭が開催されるらしい。あぁ、ナルンて帝立砲術大学がある街だからねぇ。そんな祭もあるだろう。で、その祭は中国旧正月みたいに花火だとか爆竹だとかを爆発させて祝うのだとか。って事はだ、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE*3」でやっていた様な「火薬焼き」の屋台とかもあるかもね。ちなみに「火薬焼き」とは、バーベキューの様な金網の上に火薬を振りかけた肉を乗っけるという焼き方だ。火薬の炎が上がる姿とか、客寄せになりそうだよな。

 って事で、黒色火薬週間のナルンでシティ・アドベンチャーが始まるのであった。

[]ナルン第5章 調査

 さて、我ら一行がナルンに来た目的は黒色火薬週間を楽しむわけではなく、「混沌アーティファクトを見付けて破壊する」である。という事で、調査するですよ。

 さて、混沌アーティファクトアルトドルフで探した時に廃寺院に行った。そこには目的の物はなかったが一振りの剣を見付けた。その剣の出所を追ってナルンまで来たわけだが、ナルンで調査した結果、ナルンの統治者であるエマニュエル女侯が対混沌として各地へ派遣される増援部隊の隊長達に下賜した物である事を知る。そして、アルトドルフ方面に行った隊長は3人。で、その隊長達は現在以下の様になっている。


  • 1人目は、ビーストマンの軍勢の前で敵前逃亡したために落ちぶれて安酒場で飲んだくれている。
  • 2人目は、部隊が全滅してこの隊長以外は全員死亡。
  • 3人目は、ナルンに戻った後にシグマーの入信者になって神殿勤めになる。

 う〜ん、ろくなのいないなぁ。とりあえず、3人目は忙しいらしくて会えなかったので残りの2人を調査。

 1人目は下賜された剣を酒代にするために売ってしまったらしい。そして、2人目は廃寺院に行ったみたいなのだが下賜された剣は持っていた。しかし、こいつはもしかしたら廃寺院で剣をなくしている可能性がある。で、1人目が売り払った物を手に入れてなくしていないフリをしているんじゃないかと。

 という事で、3人目に会うアポイントを取った日までは「1人目が売った剣がどうなったかを調べる」という方針を立てて今回は終了。プレイヤー的には黒色火薬週間が終わる頃に悪いイベントが起きそうな気がするので、早めに解決したいものだ。

2010-08-01 映画、そしてキャンペーン

[]ナルン第3章 ライク河遡上

 午後からはTRPGサークルニューディール*1」のスタッフだけで遊ぶ内輪の会。そして「ウォーハンマーRPG第2版*2」の公式キャンペーン「呪われし道」の続きをやる。GMはしも氏で、パーティは構成は以下の通り。


グスタフ
プレイヤーサークル代表。人間32歳男性キャリアは見習い魔術師→中堅魔術師金属)。容貌の特徴は「大きなほくろ」「爪がない」「眠たげな目」「右手の甲に聖痕がある」。
テオドラ
プレイヤーはS氏。人間30歳女性キャリアは兵士→古参兵。容貌の特徴は「眠たげな目」「疣」「右手の甲に聖痕がある」。
ハロン
プレイヤーはごくまれ氏。エルフ70歳男性キャリア狩人→兵士→射手。容貌の特徴は「特になし」から「右手の甲に聖痕がある」。
ワルター
プレイヤーヴァイス氏。ハーフリング24歳男性キャリア学生医者。容貌の特徴は「折れた鼻」「鼻輪」「変な臭い」「右手の甲に聖痕がある」。
ゴットリ
プレイヤーははまちゃん氏。ドワーフ65歳男性キャリア傭兵ルーン伝令→古参兵。容貌の特徴は「指一本欠損」「傷痕」「赤ら顔」。
ナルゴンド
プレイヤーは俺。ドワーフ90歳男性キャリアは兵士→古参兵。容貌の特徴は「眉毛がない」「鼻輪」「水痘の痕跡」「右手の甲に聖痕がある」。

 前回からキャンペーンシナリオ集「ナルンの高炉*3」に入った。3冊あるキャンペーンシナリオ集の3冊目だ。そして前回廃寺院で手に入れた物品について調べてみたら、滅ぼすべき混沌アーティファクトの手がかりはナルンにある様だという事が分かる。という事で、「ナルンに行くから護衛になってくれ」というオファーをしてきていた女貴族の護衛をしながらナルンに行く事に。

 ナルンへの行き方は「ライク河を豪華客船に乗って行く」というもの。そして、


当然ながら船の中では色々な事件が起こるわけだ。


 豪華客船内では鎧の着用は不可。という事で、襲撃を受けて撃退する時に鎧なしなので大ダメージを受ける。鎧があれば無傷なんだけどなぁ。もっとも、俺のキャラは鎧なしでも6点ダメージ止めるんだけどね*4

 あとは、ハロンドが船上で知り合った女エルフの部族を知っているかどうかを「常識:エルフ」技能で判定しているのが印象的だった。うわぁ、「常識:エルフ」技能を使っているところなんて初めて見た(笑)。

 という事で、色々あったけどナルンに到着。次回からはナルンでの冒険が始まるってわけだな。

*1http://oridei.fool.jp/sub2.html

*2http://www.hobbyjapan.co.jp/wh/

*3http://www.hobbyjapan-shop.com/shopdetail/163001000029/

*4:普通の人間がフル・メイル・アーマーを着用しているのと同じ

2010-05-02 ニューディール内輪の会

[]アルトドルフ第3章 アーティファクト(その3)

 今日TRPGサークルニューディール*1」の内輪の会。そして「ウォーハンマーRPG第2版*2」の公式キャンペーン「呪われし道」の続きをやる。GMはしも氏で、パーティは構成は以下の通り。


グスタフ
プレイヤーサークル代表。人間32歳男性キャリアは見習い魔術師から転職して中堅魔術師金属)。容貌の特徴は「大きなほくろ」「爪がない」「眠たげな目」「右手の甲に聖痕がある」。
テオドラ
プレイヤーはS氏。人間30歳女性キャリアは兵士から転職して古参兵。容貌の特徴は「眠たげな目」「疣」「右手の甲に聖痕がある」。
ハロン
プレイヤーはごくまれ氏。エルフ70歳男性キャリア狩人から転職して兵士。容貌の特徴は「特になし」から「右手の甲に聖痕がある」。
ワルター
プレイヤーヴァイス氏。ハーフリング24歳男性キャリア学生から転職して医者。容貌の特徴は「折れた鼻」「鼻輪」「変な臭い」「右手の甲に聖痕がある」。
ゴットリ
プレイヤーははまちゃん氏。ドワーフ65歳男性キャリア傭兵から転職してルーン伝令。容貌の特徴は「指一本欠損」「傷痕」「赤ら顔」。
ナルゴンド
プレイヤーは俺。ドワーフ90歳男性キャリアは兵士から転職して古参兵。容貌の特徴は「眉毛がない」「鼻輪」「水痘の痕跡」「右手の甲に聖痕がある」。

 さて、前回までは「混沌アーティファクト破壊する」という目的の元に調査を行っていた。そして、とうとう混沌アーティファクト破壊する儀式を行う事に。

 混沌アーティファクト破壊する儀式をするには時間がかかる。そして屋外で行わなくてはいけないらしい。というわけでアーティファクトを狙って混沌達がやってくるわけだ。

 しかし、魔狩人なんかをたきつけたために儀式の護衛のための頭数はそれなりに揃っている。という事で、儀式をしている所の近くに混沌達が来る事はまずない。そして、防衛ラインと突破してきたビーストマン達をPC達が叩く。

 という事で儀式魔術は無事成功し、混沌アーティファクト破壊することが出来た。

[]ナルン第1章 3つめの欠片

 さて、キャンペーンシナリオ集「アルトドルフの尖塔*3」は終了し、「ナルンの高炉*4」へと移っていく。ちなみに、経験点での成長で転職難かが起こる。そして、パーティは以下の様になった。


グスタフ
人間32歳男性。見習い魔術師→中堅魔術師金属)。
テオドラ
人間30歳女性。兵士→古参兵。
ハロン
エルフ70歳男性狩人→兵士→射手。
ワルター
ハーフリング24歳男性学生医者
ゴットリ
ドワーフ65歳男性傭兵ルーン伝令→古参兵。
ナルゴンド
ドワーフ90歳男性。兵士→古参兵。

 今回は今後どうするかっていう方針と、今後かかわってくるNPCに出会うためのシナリオらしい。なので、女貴族に面会して「ナルンに行くから護衛になってくれ」と言われて終わり。……だと思う。「NPCが実は混沌信者でした」的なネタバレしたくないので詳しく読んでないんだよね。ま、おそらくストーリー的にはそんなところでしょう。

[]ナルン第2章 さらばアルトドル

 さて、ナルンへの護衛になる事にはやぶさかではないのだが、現在追っている混沌アーティファクトアルトドルフ近郊にあるっぽいという事で、護衛をする前に森の奥にある廃寺に向かう。そして、そこに巣くうモンスター共と戦う。

 しかし、結局は目的アーティファクトはなかった。あれぇ、無駄足?いや、経験点が入ったさ。経験点はプライスレス!

[]ちなみに

 帰って「アルトドルフの尖塔」を確認してみたら、まだシナリオは数本あった。しかし「やらなくてもいい」って書いてあるので、GM判断で端折ったのだろう。

 それから、今日はグスタフの活躍により、金属魔法がサポート役として優秀だという事を知る。敵の鎧を重くして動きを鈍くしたり、敵の武器を変形させて扱いにくくしたり、敵の金属鎧を溶かしたり。経験点の低い単発セッションだと大した事できなそうだが、キャンペーンをやると生きてくる系統なんだなぁと思った。

2010-02-07 ニューディール内輪の会

[]アルトドルフ第3章 アーティファクト(その2)

 今日TRPGサークルニューディール*1」の内輪の会。そして「ウォーハンマーRPG第2版」の公式キャンペーン「呪われし道」の続き。GMはしも氏で、パーティは構成は以下の通り。


グスタフ
プレイヤーサークル代表。人間32歳男性キャリアは見習い魔術師から転職して中堅魔術師金属)。容貌の特徴は「大きなほくろ」「爪がない」「眠たげな目」「右手の甲に聖痕がある」。
テオドラ
プレイヤーはS氏。人間30歳女性キャリアは兵士から転職して古参兵。容貌の特徴は「眠たげな目」「疣」「右手の甲に聖痕がある」。
ハロン
プレイヤーはごくまれ氏。エルフ70歳男性キャリア狩人から転職して兵士。容貌の特徴は「特になし」から「右手の甲に聖痕がある」。
ワルター
プレイヤーヴァイス氏。ハーフリング24歳男性キャリア学生から転職して医者。容貌の特徴は「折れた鼻」「鼻輪」「変な臭い」「右手の甲に聖痕がある」。
ゴットリ
プレイヤーははまちゃん氏。ドワーフ65歳男性キャリア傭兵から転職してルーン伝令。容貌の特徴は「指一本欠損」「傷痕」「赤ら顔」。
ナルゴンド
プレイヤーは俺。ドワーフ90歳男性キャリアは兵士から転職して古参兵。容貌の特徴は「眉毛がない」「鼻輪」「水痘の痕跡」「右手の甲に聖痕がある」。

 さて、今回からヴァイス氏がキャンペーンに戻ってくる事になった。という事で、はまちゃん氏が一時使っていたワルターヴァイス氏の元に戻る。そしてそれに伴って、はまちゃん氏のキャラクターを作る。

 そうして出来た新キャラはドワーフ。このキャラのコンセプトは「素早いドワーフ」。傭兵からルーン伝令になっているので「2回攻撃ができて移動力5のドワーフ」となる。


うわっ、早っ、キモッ!


 さらに、装備は「レザー・アーマーとプレート・アーマー、メイル・アーマーはメイル・フード以外着けない」という物。つまり「ルール的には敏捷度へのペナルティなし」となる。ナルゴンドが「攻撃は当たっても弾けばいい」というコンセプトの装備に対し、ゴットリは「アーマーは薄くなるが、当たらなければどうという事はない」というコンセプトの装備だ。

 そして問題は、このゴッドリはどうやってパーティに入ったか。

 このキャンペーンの第1話「ドラクヴァルドの森を抜けて」は、混沌の嵐で大打撃を受けた町ウンテルガードから始まる。ウンテルガードは混沌との攻防戦が起きた場所。という事で、


  1. 今までのPC達はシナリオ開始前の対混沌戦で怪我をして療養が必要だった。
  2. ゴットリは軽傷だったので傭兵として別の戦場に連れて行かれた。
  3. 何だかんだで、今までのPC達とゴットリはアルトドルフで活動している。
  4. 前回のインプ襲撃事件の現場にゴットリもいた。
  5. 久し振りという事で、無職状態のゴットリもパーティに加わる。

って感じで「ウンテルガード攻防戦の戦友達が再会」として合流。うん、無理ない合流……だよな。

 さて、そんなこんなで前回の続き。

 とりあえず、混沌アーティファクト行方を探すために情報収集を行う。で、その途中でシグマ神殿にて「救済の書:トゥーム・オヴ・サルヴェイション*2」の85ページから86ページにかけて書かれている「シグマー信徒の手ぶり」をやりながら「シグマシグマ、ゴッドシグマ〜」と「ゴッドシグマ」のオープニング曲*3を歌ったり。一応書いておくと、オタ芸ではない。これはれっきとした聖歌合唱だ……と言い張ってみる。

 そして、そんなこんなをしてNPC巡りをしていくと、どこに混沌アーティファクトがあり、そのアーティファクトをどうやって破壊するかが分かる。うん、破壊する方法も分かった。しかし、


そこからが根回しタイム!


 NPC達の思惑や面子が関わってくるので、そう簡単にはアーティファクト破壊できないんだよね。という事で、混沌アーティファクト破壊するために色々な所に根回しをしないといけない。ま、世の中そんなもんだ。

 という事で、根回しをしている途中の切りのいい所で今回は終了。次回にはこのシナリオが解決しているといいなぁ。

2009-11-01 ニューディール内輪の会

[]アルトドルフ第3章 アーティファクト(その1)

 今日TRPGサークルニューディール*1」の内輪の会。そして「ウォーハンマーRPG第2版」の公式キャンペーン「呪われし道」の続き。今回はアルトドルフを舞台にした冒険という事で、シナリオ集「アルトドルフの尖塔」の続きをやる。GMはしも氏で、パーティは構成は以下の通り。


グスタフ
プレイヤーサークル代表。人間32歳男性キャリアは見習い魔術師から転職して中堅魔術師金属)。容貌の特徴は「大きなほくろ」「爪がない」「眠たげな目」「右手の甲に聖痕がある」。
テオドラ
プレイヤーはS氏。人間30歳女性キャリアは兵士から転職して古参兵。容貌の特徴は「眠たげな目」「疣」「右手の甲に聖痕がある」。
ハロン
プレイヤーはごくまれ氏。エルフ70歳男性キャリア狩人から転職して兵士。容貌の特徴は「特になし」から「右手の甲に聖痕がある」。
ワルター
プレイヤーははまちゃん氏。ハーフリング24歳男性キャリア学生から転職して医者。容貌の特徴は「折れた鼻」「鼻輪」「変な臭い」「右手の甲に聖痕がある」。
ナルゴンド
プレイヤーは俺。ドワーフ90歳男性キャリアは兵士から転職して古参兵。容貌の特徴は「眉毛がない」「鼻輪」「水痘の痕跡」「右手の甲に聖痕がある」。

 混沌アーティファクト破壊するためにミドンヘイムからアルトドルフに来た一行。そして、ミドンヘイムからの紹介状を持って魔術師を訪ねる。で、その魔術師から「色んなヤツから情報を集めろ」と言われる。

 このシナリオ


  • 色々なNPCに会う。
  • そのNPCから紹介状を貰う。
  • NPCから情報を聞いたり紹介状を得るとブラインドのスコアが貯まる。
  • スコアが貯まると新たな情報や新たな紹介をして貰える。

という風になるらしい。

 そんなわけで紹介を受けたNPC巡りをする。すると、2日目の夜に殺戮の神コーンのインプの襲撃を受ける。インプ程度なら大して怖くはないのだが、問題は「どこで目を付けられたか」だ。とりあえず、アルトドルフで会った人物は今のところ以下の様な奴等。



 混沌教団が目を付けていたヤツに接触を持ち、色々嗅ぎ回っているからインプをけしかけたって可能性もあるが、混沌教団に情報を流す可能性が高いとしたら貴族かなぁ。もっとも、誰が混沌に寝返っていても不思議じゃないんだけどね*2

 あとは、やはりミドンヘイムからアルトドルフに来る時に護衛した馬車にいた奴等が可能性があるのか。まぁ、あの時に出会った魔術師が一番怪しい気はするのだが、コーン信者魔術師と手を組むとは考えにくいよなぁ。

 ま、何にしてもこっちは情報を集めるためにNPC巡りをしないといけないわけで。むしろ襲撃してくれた方がこっちから混沌教団を探す手間が省けるってもんだな。

 インプを返り討ちにした所でキリが良かったので、今回は終了。

*1http://oridei.fool.jp/sub2.html

*2殺戮の神コーンは魔術師が大嫌いだが、コーンに寝返った事で魔術が使えなくなっているという可能性も否定は出来ない

2009-10-04 ニューディール内輪の会

[]アルトドルフ第1章 2つめの欠片

 今日TRPGサークルニューディール*1」の内輪の会。そして4ヶ月ぶりに「ウォーハンマーRPG第2版」の公式キャンペーン「呪われし道」の続きをやる。前回まではシナリオ集「ミドンヘイムの灰燼」だったのだが、今回からはシナリオ集「アルトドルフの尖塔」に入るわけだ。そして、GMはしも氏で、パーティは構成は以下の通り。


グスタフ
プレイヤーサークル代表。人間32歳男性キャリアは見習い魔術師から転職して中堅魔術師。容貌の特徴は「大きなほくろ」「爪がない」「眠たげな目」「右手の甲に聖痕がある」。
テオドラ
プレイヤーはS氏。人間30歳女性キャリアは兵士から転職して古参兵。容貌の特徴は「眠たげな目」「疣」「右手の甲に聖痕がある」。
ハロン
プレイヤーはごくまれ氏*2エルフ70歳男性キャリア狩人から転職して兵士。容貌の特徴は「特になし」から「右手の甲に聖痕がある」。
ワルター
プレイヤーははまちゃん氏*3ハーフリング24歳男性キャリア学生から転職して……何になったんだっけ?多分、理容外科医か医者だと思うんだが。容貌の特徴は「折れた鼻」「鼻輪」「変な臭い」「右手の甲に聖痕がある」。
ナルゴンド
プレイヤーは俺。ドワーフ90歳男性キャリアは兵士から転職して古参兵。容貌の特徴は「眉毛がない」「鼻輪」「水痘の痕跡」「右手の甲に聖痕がある」。

 さて、前回はミドンヘイムにおける殺戮の神コーンの教団を壊滅させた……多分ね。そして数日後、シグマ神殿に呼ばれる。そこには、シグマーの管区大司教ヴェルナー・ストルツ、ウルリックの大僧正代理ラナルフ、神学大学校教授アルブレヒト・ツヴァインシュタインがいた。

 前回のコーン教団との戦いで混沌アーティファクトが出てきたのだが、それは3つで1つ。そして、その中の1つがアルトドルフにあるという情報が入った。なので、その調査のためにアルトドルフへ行って欲しいと言われる。


俺達「これって、断ると聖痕が痛むの?」


 前回の最後にウルリック神とシグマー神による聖痕が右手の甲に浮かび上がった。って事は「ヒーロー街道を進め」と神に言われたわけだ。なので「混沌、放っておけば?」的な事をすると聖痕が痛みそうな気もするんだよね。まぁ、そうだったら聖痕は「祝福」じゃなくて「呪い」だけどねぇ(笑)。


俺「アルトドルフに行く日に寝坊したら聖痕が痛んで目が覚めるかも。なんて目覚まし!」


 ま、そんなわけでアルトドルフに向かう事になったわけだ。

[]アルトドルフ第2章 さらばミドンヘイム

 で、馬車の護衛をしつつアルトドルフに向かう一行。すると、ビーストマンの襲撃を受ける。それも3回も。同行している街道巡視員に聞いても、さすがに多いって話だ。しかし、何でこんなに頻繁に襲われるのかは不明。まぁ、前衛2人が粗悪品とは言えフル・プレート・アーマー状態なので、ダメージはほとんどなかったけどね*4

 ちなみに、馬車の乗客の中に焔の魔術師*5がいる事が判明。「ウォーハンマー」でNPCの魔術師なんて超胡散臭いとプレイヤー的には思うのだが、とりあえず今のところは「まともな魔術師」っぽいし、戦闘で手助けしてくれたのでスルー

 そして、なんとかアルトドルフに到着してシナリオが終了した。

*1http://oridei.fool.jp/sub2.html

*2:前回まで「M氏」と表記していた彼がハンドルネームを決めたので、今回からハンドルネームで書く事にする

*3ヴァイス氏がキャンペーンを抜ける事になったので、代わりにこのキャラを担当する事になった

*4:ダメージ受けても負傷治療をしたので全快

*5:火炎使い

はまちゃん’75はまちゃん’75 2009/10/06 02:11 ワルターは医者に転職しました。

TaipeiTaipei 2009/10/06 10:26 了解です。