Stay Hungry. Stay Foolish.

2012-02-24

[][][] CentOS 6.2にvSphere SDK for Perl 5.0をインストール 21:41

vSphere SDK for Perl 5.0のサポートプラットフォームはRed Hat Enterprise Linux (RHEL) 5.5ですが、CentOS 6.2(64bit)にインストールしてみました。

もちろん正式なサポートを受けることはできないと思いますが、自宅のお遊び環境であれば問題ないでしょう。


以下ページからvSphere SDK for Perl 5.0をダウンロードします。

no title

まず初めに必要なパッケージを事前にインストールします。

# yum install openssl-devel
# yum install perl-CPAN
# yum install gcc
# yum install libuuid-devel
# yum install libxml2-devel

ダウンロードしたvSphere SDK for Perl解凍します。

# tar zxvf VMware-vSphere-Perl-SDK-5.0.0-422456.x86_64.tar.gz
# cd vmware-vsphere-cli-distrib

インストールにはhttp_proxyとftp_proxyの設定が必要のようですが、

私の環境ではproxyは必要なかったので取り敢えずftpproxyとhttpproxyチェック行(5515〜5518)をコメントアウトしました。

# cp -p vmware-install.pl vmware-install.pl.bak
# vi vmware-install.pl
   5515 #       if ( !( $ftpproxy && $httpproxy)) {
   5516 #          uninstall_file($gInstallerMainDB);
   5517 #         exit 1;
   5518 #       }

編集後、インストールスクリプトを実行します。

# ./vmware-install.pl

ライセンス合意するか確認があるのでyesと入力します。

Do you accept? (yes/no) yes

ライセンス合意した後にPerl モジュールCPANインストールが走るので少し時間がかかります。

Perlモジュールインストールに成功するとvSphere SDK for Perlインストールディレクトリを聞いてきます。

インストールディレクトリに特に指定が無ければ、そのままEnterキーを押下します。

In which directory do you want to install the executable files?
[/usr/bin]

インストールに成功したらスクリプトをテスト実行してみましょう。

version 0.78 or newer

Enjoy,

 --the VMware team

# vmware-cmd --version
vSphere SDK for Perl version: 5.0
Script 'vmware-cmd' version: 5.0

バージョン情報が正常に出力されればインストール終了です。


では早速ESXiに対してvmware-cmdを実行してみましょう。

まずESXiに対してvmware-cmdを実行する前に、SSL証明書のホスト名チェックをOFFにする必要があります。

PERL_LWP_SSL_VERIFY_HOSTNAME=0をexportしてからvmware-cmdを実行しましょう。

# export PERL_LWP_SSL_VERIFY_HOSTNAME=0
# vmware-cmd --server 192.168.1.100 --username root --password abcd1234 -l

/vmfs/volumes/xxxxxxxx-xxxxxxxxx-xxxxxxxxxxxxxxxxxxx/vCenter/vCenter.vmx
/vmfs/volumes/xxxxxxxx-xxxxxxxxx-xxxxxxxxxxxxxxxxxxx/vZabbix/vZabbix.vmx
/vmfs/volumes/xxxxxxxx-xxxxxxxxx-xxxxxxxxxxxxxxxxxxx/vESXi5.0_1/vESXi5.0_1.vmx
/vmfs/volumes/xxxxxxxx-xxxxxxxxx-xxxxxxxxxxxxxxxxxxx/vESXi5.0_2/vESXi5.0_2.vmx

ちなみに上記環境変数設定をvmware-cmdの先頭に書いてしまう手もあります。。

# vi /usr/bin/vmware-cmd
#!/usr/bin/perl -w
#
# Copyright 2006 VMware, Inc.  All rights reserved.

use strict;
use warnings;

$ENV{PERL_LWP_SSL_VERIFY_HOSTNAME}=0; # これ、、

Enjoy.

参考サイト

CentOS 5へVMware vSphere CLI (ver.4.1)をインストールする方法は@namikawa氏のサイトが参考になります。

インストールの参考にもさせていただきました。ありがとうございます。

LinuxにVMware vSphere CLIをインストール - id:rx7(@namikawa)の技術メモ - 技術日記

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Takao/20120224/1330087293