Hatena::ブログ(Diary)

武盾一郎の活動報告 JunIchiro Take’s report.

2016-05-01

ガブリエルガブリエラ】第四回展覧会『瞳をぬけると金色野原』

f:id:Take_J:20160501212714j:image:w500

ガブリエルガブリエラ第4回目展覧会

『 瞳をぬけると金色野原 』

アートラッシュ『 薔 薇 』展

2016年5月3日(火)〜5月16日(月)

am11:30〜pm8:00(月曜日pm5:00まで)

定休日 火曜日(入場無料)

*5月3日(火)は定休日ですがオープン致します

アートラッシュTwitter

ガブリエルガブリエラ第4回目の展覧会は

13月世の入り口に広がる金色野原が舞台

影を伝って13月世・12月世・霧の國を行き来する

光と影の女王チェーニの新作原画を初公開

新作 金色野原の精霊達の物語絵と

金色野原の花々の呪薬(ジュエリー)26点を出品します


詳細は以下


第四回展覧会『瞳をぬけると金色野原』

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html


* 瞳をぬけると金色野原 *

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#kiniro


スペシャルミニジクレー版画

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#kiniromini



金色野原の花々の呪薬(ジュエリー

金色野原のブローチペンダント

―光と影の女王チェーニのブーケ―

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#kinirochene


金色野原の三美神 —夕焼の花—

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/#kiniro3y


金色野原の三美神 —花火の花—

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/#kiniro3h


金色野原の三美神 —雨粒の花—

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/#kiniro3a


—時の花を運ぶ夜明けの蝶ブローチペンダント—

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/#kinirot


—夜明けの野薔薇ブローチペンダント—(左)

—夜明けの薔薇の指輪—(右)

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/#kiniroyoake


—虹の花と虹雨粒の指輪—(左)

—虹の花イヤリング—(右)

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/#kinironiji


—13月世星空の実指輪—(左)

—チェーニの薔薇の実指輪—(右)

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/#kiniroyubiwa



* お菓子などんくり *


お菓子などんぐりドラムを叩くピッピ

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#donguri


*ゾウムシ姫グランちゃん*

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#dongurigland


みつばちメルちゃん*

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#dongurimel


お菓子などんぐり呪薬(ジュエリー


—夜空のブーケ・どんぐりキャンディブローチペンダント—(左)

—夜明けのブーケ・どんぐりキャンディブローチペンダント—(右)

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#dongurib


—どんぐりチョコのイヤリング/ピアス—

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#donguriy


—ピッピがかじったどんぐり葉っぱブローチ—(左)

—夜明けの薄雪草どんぐりキャンディブローチ—(右)

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#dongurik


* 太陽の意を持つレェスの花 *

“レイシー・デイズ・アイ”


レイシー・デイズ・アイ

— 本にのってお出かけするプップ —

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#dayseye


レイシー・デイズ・アイの呪薬(ジュエリー

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#dayseyej



* なんにも知らない アメ・ローズ *


記憶の薔薇

— なんにも知らないアメ・ローズ —

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#ame


薔薇精霊アメ・ローズの呪薬

(ローズ・リキュールジュエリー

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#amej



“氷砂糖の湖”からは 新作呪薬“氷砂糖の湖の指輪”が登場 ***

併せて『氷砂糖の湖 —ティリアのお城—』原画も展示します

http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html#koori

2015-12-03

【Gallery Or-Terre】2015年「トンドの夢想家達」展 vol.3

f:id:Take_J:20151203200143j:image:w460

(線譜繭の観音04/200×200 2015 紙 Photoshop ペン)


" トンドの夢想家達展 " vol.3

2015年12月4日(金)、5日(土)、10日(木)、11日(金)、12日(土)、17日(木)、18日(金)、19日(土)

※全8日間 ・開廊日は変則的なので注意して下さい。

13:00〜19:00 (最終日は18:00閉廊 )

ギャラリー オル・テール

東京都中央区京橋1−6−10 ミカタビルB1

f:id:Take_J:20151203195824j:image:w360

f:id:Take_J:20151203195957j:image:w360


相原みゆき、井関周、及川晶子、大森伸樹、岡田富士子、柏田忠、岸塚正憲、北見隆、桑原聖美、高田美苗、高松潤一郎、高松ヨク、武盾一郎、たつき川樹、田中信子、田谷京子、土屋京子、中川知洋、中村ちとせ、長谷川桑知子、はやしすみこ、林千絵、比留間友香、藤川汎正、高月輝、松宮直子、三浦菜々子、山地博子


f:id:Take_J:20151203200142j:image:w460

(線譜繭の観音03/Φ100 2015 紙 Photoshop ペン)


今年もギャラリーオルテールの超好評企画「トンド展」に参加いたします。

繭の観音シリーズ新作2点と旧作1点を出展します。


「観音」って「観る音」と書くんですよね

それって、自分の描いている“線譜”と同じだと思ったのです。

そこで観音さまについて調べてみると、どうやら「修行中」であるらしい。

「え?完全じゃないのか!」と驚いて観音さまが好きになってしまいシリーズを描いてみたいと思いました。

自分を救うことすらもままならないのに、誰かの役に立ちたいと思って無理してしまう。

それはまだ繭の中で羽化する前の姿。

そんな悟りきっていない観音さま。

それはきっと「あなた」でもあるでしょう。

繭の中にいるあなたはやがて大きな美しい羽根で羽ばたく力を秘めている。

繭の観音シリーズはそんなあなたへの応援歌です。



ぜひ楽しんでください!


f:id:Take_J:20151203202114j:image:w360

2015-11-13

画廊珈琲zaroff】武盾一郎×立島夕子 二人展『色彩と線 ―森からの生存者』

f:id:Take_J:20151005173123j:image


Gallery Zaroff 企画

武盾一郎×立島夕子二人展

色彩と線―森からの生存

Survivor from the forest

2015/11/19(Thu.) - 12/01(Tue.)


90年代日本の美術のアンダーグラウンド・シーンを疾走し、

邂逅した武と立島に、思いのまま筆を振るって頂きました。

刮目頂きたく本展を開催致します。

Zaroff 店主敬白

このような機会を作ってくださったザロフの石井さんに感謝します。


たっちゃんこと立島夕子さんとはわりと古くて彼女が学生の時に知り合ってます。

僕が新宿西口地下道の段ボールハウスに絵を描いたり東京大学駒場寮に出入りしてた頃。

当時、同じような場所で同じような空気感を共有していた同志であります。


当時、あそこら辺に居た人たちは順風満帆な人生を歩む人は殆ど居なくて、

辞めたり病んだり、ひどい場合は死んだり、、、

自分も倒れたり病んだりしました。


正直、よくまあ生きてこれたものだと思います。

そして辞めずに絵を描いています。


たっちゃんと一緒に何かをやるのはこれが初めてで、

まずはお互い生きて絵を描いてることを褒め称え合いたいと思ってます。


f:id:Take_J:20151005173112j:image



音楽を感じさせることができたら幸いです。

在廊予定日:21(土)の夕方あたり

2015-10-14

ガブリエルガブリエラ】第三回目展覧会『— 氷砂糖の湖の物語 —』

f:id:Take_J:20151014102501j:image

ガブリエルガブリエラ第3回目展覧会

『— 氷砂糖の湖の物語 —』

アートラッシュ企画展Vol.243『 箱 庭 展 』にて

2015年10月28日(水)〜11月9日(月)

am11:30〜pm8:00 (月曜日pm5:00まで)

定休日火曜日(入場無料)



今回の舞台は13月世の“氷砂糖の湖”

そこに棲む人魚の物語作品たちを展示します


旧作も合わせて展示しますので「13月世」の世界を見渡せる展示となるでしょう

12月世の絵師としては、「ようやく世界観を伝えることができそう!」という感じで、これから面白くなっていく「13月世」の全体像を楽しめるんじゃないかな、と思っております


画像は新作原画『ティリアのお城 ー氷砂糖の湖でー』

氷砂糖の湖に遊びに行ったピッピガブリエラ

湖の主の人魚ティリアから“氷砂糖のゼリー”をごちそうになっています



今回は原画、ジークレー版画の平面作品と

氷砂糖のゼリーの呪薬(ジュエリー)、ティリアの一点物のジュエリー

そして

氷砂糖の湖に棲む人魚の物語を綴った“13月世写本”を展示販売します


ぜひお立ち寄りください!

詳細はガブリエルガブリエラブログにて


〜〜〜〜〜〜〜〜

「13月世の物語」は1997年に忽然と消えてしまった当時19歳のミレットから始まります

彼女は幼いころ、13月世の世界の住人である「虹色蝶のガブリエル」と「月蜉蝣のガブリエラ」とお話することができました

ミレットを探してわたしたちは「13月世の世界」に入っていくのです・・・

2015-10-01

iPhoneケース展】ネズミに恋したネコのタムちゃん

f:id:Take_J:20151004103550j:image:w600


線譜『ネズミに恋したネコのタムちゃんiPhoneケースバージョン

iPhoneケース展出展します

2015年10月24日(土)〜25日(日)

10:00〜19:00 ※最終日18時まで (予定)

場所:横浜赤レンガ倉庫 1号館(1F・2F)


タムちゃんが花占いをしながら泣いている絵です

タムちゃんの物語

ケース裏側にミラー調スプレーを吹いて、ケガキで削って描いてます。

f:id:Take_J:20151004170428j:image:w360



<ケガキで削る画法について>

絵の原点とは「行為の痕跡」だと僕は考えていて、それはざっくりと二種類あります。

・手型や足跡のような”面”の痕跡

・棒や石などで地面・壁などを削って刻んだ”線”の痕跡

線画は後者の絵の在り方を原点とします。

「ケガキで削って描く」というのは、ペンで描くよりも根源的な描く行為となるのです。

なので、気合が入ります(笑

この画法はとても手首が痛くなってしまうので、たまに制作するにとどめております。。。



(追記)この作品は売れました。どうも有り難うございます。