女性行政書士でもある武石文子の日々雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-23

[][]家庭科事実婚

昨日、何気なく、息子たちが昨年、年配の家庭科先生の悪口をよく言っていたことを思い出し、今年も同じ先生なのかと聞いたところ、今年は30くらいの独身先生だと言い、今は暮らしについてやっていると話し出した。

 私「暮らしって何やるの?」

 子「結婚の形とか。事実婚とか。うちって事実婚?」

 私「そうだよ〜〜。」

爆笑してしまいましたね。そう言えばそんなこと説明したことなかったしなー。(世の中の夫婦は殆ど同じ名字だ、と説明したことはあったが)

 私「そんなこと、教科書に載ってる?」

 子「載っていない。」

確か、夫婦別姓とか事実婚教科書検定でけちがついて、削除になったはず。息子の中学は公立ではないので、縛りもきつくないから、先生の考えで授業の中に入れたのでしょう。ちょっと嬉しいことです。

 私「他の結婚の形ってまさか同性婚とか?」という質問には

 子「近親婚とか」(もちろん、近親婚が駄目な話)

さすがに、同性婚はやらないですよね、中2に。

そうだ、古い世代の方のために念のために書いておきますけど、技術家庭科1993年から中学で、1994年から高校で男女共修になっています。ついでに若い世代の方のために書いておきますけど、それ以前は中学男子技術で女子が家庭、高校は女子だけ家庭があり、男子は体育をやっていました。男女共修になって、夫も妻を手伝うのではなく、主体的に家事や育児をやる人が増えている、と何ヶ月か前のアエラの記事にありました。男女共修になって私は心底嬉しいです。


事実婚の人は、少しずつであっても増えています。私のところにもそういう方から仕事の依頼が来ます。事実婚の方に法律上の離婚はありませんけれど、破綻すれば内縁関係解消ですから、当然、共有財産を分けたり、ことによっては慰謝料を払ったり、子どもがいれば養育費の支払などの取り決めをしなければなりません。

また、事実婚も一つの契約関係と考えれば、最初の段階で約束事を書面化しておいた方が良いと思います。(一応、私も事実婚を始める時、契約書を夫と交わしました。)金銭面とかの財産についてはある程度はっきりさせた方が、後々のことを考えると安心です。

あきのりあきのり 2007/05/23 16:33 こんにちは。家庭科の話題、嬉しいです。
私もジェンダーに気づくというテーマで授業をしています。
(教え込んでジェンダーがないほうがいい、と言うと生徒は嫌がるので、気づいてもらうのがまず大切です。)
男女共修になって、男女関係なく生活に興味を持ってもらい、賢い生活者になってもらうのがねらいです☆
同性婚も認められると良いですね。
家が建ったら、ぜひ公正証書遺言お願いします!

TakeishiTakeishi 2007/05/23 17:24 あきのり様 お久しぶりです。保守の人達が目の敵にしているジェンダーの授業をされているのですね。そういう、偏見のない賢い生活者育成に期待します。
 公正証書遺言はご依頼お待ちしております。

ゴルゴなおきちゴルゴなおきち 2007/05/23 22:26 元戸籍係として、夫婦別姓がいつ導入されるのかに
興味があります。
しかし、この前の離婚後300日の決着の仕方からみても
夫婦別姓は相当先だと感じます。
武石さまのように、きちんと契約書を交わす
という手続きを踏んでいる方もいれば
手続きを踏むことを知らずに事実婚となり
何かあった時に、苦労するという方もいらっしゃると思います。
ものごとを知っていると知っていないでは
大きな違いが生まれますよね。

TakeishiTakeishi 2007/05/24 16:53 夫婦別姓の導入は、私も相当先だと思います。最近は低調ですしね。まあ、私が事実婚を始めてから既に16年も経ちましたが、その頃の状況を考えれば、今は世間での認知度が格段にアップしていますので、随分ましにはなった、というのが率直に思うところです。
事実婚に限らず、法律婚も契約関係ですから、本当は契約書を交わした方が良いと私は思います。(何となく結婚するより)