女性行政書士でもある武石文子の日々雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-04-20

[][]気軽に結婚できる社会


日本人生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合)は、男性23.6%・女性14.1%(2015年)で、5年前に比べて男女ともおよそ3.5%上昇。特に男性はこの25年位で20%ほどアップしています。危機的状況ではないでしょうか。


しかし、ここで誰にとって危機的かということを考えると、それはどうやら国にとって危機的ということらしいです。未婚により人口が減りますと、国力が弱まるということなのでしょうね。しかし、各個人的には独身の方がいいと思っているのかと言えばそうでもないらしく、「いずれは結婚したい」と考えている18〜34歳の未婚者は、男性85.7%、女性89.3%(出生動向基本調査2016年なのだそうです。


そこで、国が取る施策が、お見合いイベントの推進や、企業にも結婚の後押しをさせるというようなことですが、多分きっとそんなことではこの生涯未婚率の上昇は抑えられないと思います。私が思うに、今の人にとって結婚は多分敷居が高いのです。



話は変わって、昨日、フランス大学院生が「日本事実婚について知りたい」ということで、インタビューを受けました。日本家族法などを研究しているそうです。フランスには法律婚事実婚の間にPACS(民事連帯契約連帯市民契約と訳される)というものがあり、簡単な届出をすれば法的に保護され、相続など不利になりません。しかし、どちらか一方から契約解消を申し立てれば別れられるというもので、元々は同性カップルのためにできた制度です。今は異性カップル普通に利用するもので、昨日の大学院生もいずれは自分もそうしたいと話していました。

そこで「日本でもPACSみたいなものはできると思いますか?」と聞かれました。最初私は「私が生きている内にはできないと思う」と答えたのですけど(だって選択夫婦別氏制度でさえ30年経ってもできないのですもの)、その後「でも、最近同性婚の動きが活発で保守の人でも認める感じがあるので、そちらからの動きで可能性があるかも」と付け足しました。


そう、思うにPACSこそ日本で実現すべき制度ではないでしょうか。それがあれば、結婚(家がどうのとか、うちの嫁・婿扱いされること、配偶者やその親を養う負担など)のハードルが高いと感じている人も少し気楽に結婚に踏み切れると思うのです。尚、「結婚がそんな軽いことではいけない」という人には、「3組に1組は離婚している現実を見て」、と反論させていただきます


そして、「子どもができたら、そんな簡単に別れられるのはいけない」、と言う方には、これだけ離婚するカップルがいる中、離婚して養育費を払わない人が8割ぐらいいる(支払強制が無い)今の制度の方が問題だと、声を大にしてい言いたいです。結局、別れるカップルは別れるのですから、その後のことをしっかり制度化することの方が大事だと思います。


少子化対策としてもPACSはかなり有用だと思いますけど、もちろん、嫡出子非嫡出子区別なんかしているようではだめですけどね。


離婚事実婚夫婦関係不倫・別居・遺言相続など家族のことでご相談がある方は、当事務所までご連絡ください。

TEL.042-384-1836(10時〜21時、電話相談は有料です)武石文子総合事務所

メールでのお問い合わせはこちらから(メール相談1回は無料です)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証