たこなぐりの日々

2017-05-16

stringとunicodeのアレがアレ


あと何回stringとunicode周りで躓くのか。
メモ

a="あいうえお"
print type(a)
print type(unicode(a,'utf-8'))
print type(a.decode('utf-8'))

print '-----------------------------'

a=u"あいうえお"
print type(a)
print type(a.encode('utf-8'))

2017-03-09

File objectのcopy()が遅すぎたのでrobocopy噛ませて実行した話。

しかもFolderごとcopyできねぇし。
Fileオブジェクトを1つ1つ指定してcopyするぐらいならrobocopy使った方早いし。
robocopy使うとミラーリングもかんたんだし、バックアップにいいし。


キモは4行目のコマンドの書き方。
シングルクォーテーションとダブルクオーテーションがコマンドラインで実行される場合区別されるからこのままコピペしたら良いと思うよ。


var send = "C:/Users/takowasabi/Pictures/hoge"
var receive= "Y:/wasabitako/hoge"

cmd = 'robocopy '+'"'+ send+'" "'+receive+'"'

system.callSystem(cmd)

2016-10-20

the横着シリーズ


w(string)って書くだけで良くなるのだ

#target 'aftereffects'

function w(cmt){
    $.writeln(cmt)
    }
w("なになにのどれどれ")

2016-09-21

AfterEffectsのエフェクトプリセットでハマった記録


わかるわけ無いじゃないかよ的な。
AfterEffectsでLayerにエフェクト・アニメーションプリセット(ffx)を適応させる際のアレ

これじゃうまくいかない、一番上に新規平面ができてそこにPresetが適応されるときがある。
もしくは対象じゃないLayerにffx適用されたり

var proj = app.project
var comp = proj.activeItem
var ffxpath ='C:/Program Files/Adobe/Adobe After Effects CS6/Support Files/Presets/takosan.ffx'
var ffxObj= new File(ffxpath)
comp.layers[3].applyPreset(ffxObj)

なんか選択されてるLayerに適用されるのでこうする
一度選択を全て解除した後、対象としたいLayerのみを選択してる状態にする

var proj = app.project
var comp = proj.activeItem
var ffxpath ='C:/Program Files/Adobe/Adobe After Effects CS6/Support Files/Presets/takosan.ffx'
var ffxObj= new File(ffxpath)

for(var i =1;i<=comp.numLayers;i++){
    comp.layers[i].selected=false
    }
comp.layers[3].selected=true
comp.layers[3].applyPreset(ffxObj)

これでPresetが適応される。

2016-03-03

AEのProxyを一括で外すやつ。


3行で書けるじゃねぇかよとかっこつけて言ったら4行になってしまった。
かっこなんてつけるもんじゃない。

for(var i=1;i<= app.project.items.length;i++){
    if(app.project.items[i].useProxy){
        app.project.items[i].useProxy=false
        }
    }


---

【追記】
っていうかctrl+Aで全選択してプロキシを外すを選択すれば外れるんですよねこれ(;´Д`)

Connection: close