Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

tamuraの日々の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年02月21日

[]相互書評会のご案内

 このたび、待鳥聡史さん(京都大学法学研究科)と私の間で、お互いの本を書評し合う相互書評会「民主主義研究の現在――代議制民主主義か、熟議民主主義か」を企画しました。

 この会では、1)田村が待鳥さんの本『代議制民主主義――「民意」と「政治家」を問い直す』(中公新書、2015年)を、2)待鳥さんが田村の近刊書『熟議民主主義の困難――その乗り越え方の政治理論的考察(仮題)』(ナカニシヤ出版、2017年刊行予定)を、互いに書評します。それを手掛かりにして、今日の政治学における民主主義研究の現状と課題について考えてみたいと思います。

(なお、田村の本の刊行が相互書評会に間に合うかどうかは微妙です。あらかじめ、ご承知おきください。)


  • 日時:2017年2月21日(火)14時から(16時30分ごろまでを予定)
  • 会場:名古屋大学法学研究科本館1階会議室(212室)

 (下記リンク先マップのC-4の建物)

http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higashiyama/law.html

  • 内容(順序は変更可能性あり):

 1)『代議制民主主義』の書評(評者:田村哲樹・名古屋大学法学研究科)

 2)『熟議民主主義の困難』の書評(評者:待鳥聡史・京都大学法学研究科)

 3)相互リプライと討論


どなたでもご参加いただけますが、準備の都合上、できるだけ事前に下記までご連絡ください。

【連絡先:田村哲樹 tamura[at]law.nagoya-u.ac.jp】


 

2017年02月18日

[]頂きもの

 著者の田中拓道さんから、『福祉政治史――格差に抗するデモクラシー』(勁草書房、2017年)を頂きました。どうもありがとうございます。アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン、日本の福祉国家の形成・変容過程を100年のタイムスパンの中で比較考察するという、野心的な著作です。

福祉政治史: 格差に抗するデモクラシー

福祉政治史: 格差に抗するデモクラシー

2017年02月16日

[]お買いもの

少し前に買っていました。

これが答えだ! 少子化問題 (ちくま新書 1235)

これが答えだ! 少子化問題 (ちくま新書 1235)

2017年02月15日

[]お買いもの

 ペーパーバック版が出たので、買っておく。あまり安くはなかったけど、相対的に安い店を選んだ。

あと、ライト・ミルズ『社会学的想像力』の新訳版。

 どうでもよいことだけど、時々、ファースト・ネームがほぼ必ずアルファベットだけで表記されている人がいる。それにはどんな意味があるんだろう?

2017年02月11日

[]頂きもの

寄稿者の安武真隆さんから、杉田孝夫・中村孝文編著『市民社会論』(おうふう、2016年)を頂きました。どうもありがとうございます。安武さんは、「フランス初期近代における市民社会論」を寄稿されています。

2017年02月10日

[]「リーダーシップ」

 大学教員といえども、世代的に管理職的役割を担う場面が多くなってきた。「上に立つ人」といえば、自分のアイデアや方針を明確に打ち出し、それを実施していく能力がある人が歓迎される場合が多いのだろう。

 でも、僕は、そのような振る舞いをすることはできない。どちらかというと、みなさんの意見や提案を聞いて、それを後押しするような、そういうタイプの「リーダーシップ」を発揮したい。というか、そういう風にしか、動くことができないような気もする。

 このタイプの「リーダーシップ」にも、もちろん判断・決断は求められる。それは、下からの提案が自分の考えと一致しなくても、「よし、それで行こう!」と力強く背中を押すような判断・決断だ。自分の違和感に基づいて「待った」をかけるのではなく、相手を信じることは、「軟弱」なことではなく、実はとても難しいことなのではないかと思う。

2017年02月04日

[]頂きもの

編者の一人の塩原良和さんから、『社会的分断を越境する』を頂いておりました。どうもありがとうございます。某学会報告との関係でも興味深い一冊。