Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

tamuraの日々の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016年12月10日

[]第2回ミニ・パブリックス研究フォーラムのご案内

 昨年12月に発足しました日本ミニ・パブリックス研究フォーラムは、多くの方々のご参加をいただき開催されました。日本におけるミニ・パブリックスの手法(討論型世論調査、コンセンサス会議、市民討議会など)に高い関心を寄せられたものです。また、ドイツから、ハンス・ルートガ―・ディーネル教授を迎え、特別講演していただきました。

 さて、今年も下記の要領にて、第2回フォーラムを開催いたします。今回は、ミニ・パブリックスの代表的手法である市民陪審を開発し、世界中で実践してきましたジェファーソン・センターの所長であるカイル・ボチェンコ(Kyle Bozentko)氏を招き、特別講演をしていただきます。

 多くの方々のご参加をお願いします。なお、参加ご希望の方は、下記の連絡先までご連絡ください。

【追記:第2部の報告者名を追加しました(12月7日)。】


1 日時 2016年12月10日(土) 13:30〜18:00

2 場所 東京工業大学 大岡山キャンパス 本館H111西9号館6階W9-607

(※会場を変更しました(12月6日)。下記リンク先の地図の20番の建物の6階です。)

http://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/ookayama.html

3 内容

 13:00 受付開始

 13:30〜13:40 開会の挨拶、趣旨説明

 13:40〜15:10 第1部 特別講演「市民陪審とジェファーソン・センター」

        ジェファーソン・センター所長 カイル・ボチェンコ氏

 15:10〜15:30 休憩(意見交換)

 15:30〜17:30 第2部 日本における研究と実践報告

   1)DPの討議フォーマットと討議の質(グループ効果の分析をもとにして)(坂野

     達郎・東京工業大学)

   2)世界市民会議(世界気候変動)(池辺靖・科学技術振興機構)

   3)愛知県豊山町での5年連続実施の市民討議会の調査(前田洋枝・南山大学、伊

     藤雅春・大久手計画工房)

   4)実証研究と理論の架橋(坂井亮太・早稲田大学

 17:30〜18:00 フォーラムの取組等を全体で議論

 18:00 終了

 19:00〜交流会(参加費・予定:一般5,000円、学生・院生4,000円)


※なお、ボチェンコ所長との話し合いを希望される方は、翌11日(日)の午前中に小グループでの話し合いの時間を持つ予定です。詳細は、11日、会場にてお知らせします。


◆連絡先:東京工業大学坂野研究室内 日本ミニ・パブリックス研究フォーラム事務局

 e-mail : tsakano[at]valdes.titech.ac.jp

(フォーラム、交流会の参加をご連絡ください。)

2016年12月08日

[]お買いもの2

これも買っていたのでした。思い出した。

[]頂きもの2

井上浩子さんから、「リベラル平和構築とローカルな法秩序――東ティモールにおける司法制度の構築をめぐって」『国際政治』第185号、2016年10月、をいただきました。どうもありがとうございます。

[]新刊・頂きもの1

 父が編集した本が出て、送ってもらいました。田村和之編『在外被爆者裁判』信山社、2016年。保育所法制に続いて、父のライフワークになった研究/実践の成果です。

在外被爆者裁判 (信山社ブックス)

在外被爆者裁判 (信山社ブックス)

2016年12月02日

[]第16回社会政治研究会

以下のように第16回研究会を開催します。どなたでも御参加いただけます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

第16回社会政治研究会(Social Politics Forum)の御案内

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  • 日時 2016年12月2日(金)18:15〜20:30
  • 会場 名古屋大学全学教育棟(情報文化学部)北棟4階406(多目的講義室)

  (www.sis.nagoya-u.ac.jp/access左下の「情報文化学部・全学教育棟」

   北側玄関から4階に上がり、エレベーターを降りて左手へお進み下さい)

《第一報告》

平岩恵里子(南山大学)「国際労働力移動における日本」


《第二報告》

武田宏子(名古屋大学)「政治課題としての日常生活」


飛び入り参加も歓迎いたしますが、準備の都合上、事前に上村

(kamimura[at]lit.nagoya-u.ac.jp)まで御一報いただければ幸いです。

なお、終了後の懇親会もぜひ御予定下さい。

【運営委員】

大岡頼光(中京大学)/上村泰裕(名古屋大学)/田村哲樹(名古屋大学)/山岸敬和(南山大学)

2016年11月14日

[]お買いもの

↑2巻も出ていましたが、とりあえず1巻のみ購入。

英米哲学史講義 (ちくま学芸文庫)

英米哲学史講義 (ちくま学芸文庫)

[]「一生の友人」

 中学生の頃には、「高校時代の友人は一生の友人」といった話を(少なくとも昔は)よく聞く。僕の場合、広島から離れたことに加えて、元々の非活発な性格もあってか、高校時代の知り合いで今も直接的な連絡が取れているのは、年賀状のやり取りをしている一人だけである。そういう意味での「一生の友人」はいない。

 それでも、このブログでも時々書いているけれども、同級生というか、バスケットボール部(班)のチームメイトのことは、時々思い出す。彼らの、ここ一番での着実なプレイ、ゲームにおけるとてつもない強気のメンタリティ、そしてバスケットを楽しんでいた様子。こうしたことを思い出すたびに、今の自分を反省させられるような気持になる。そして、そのうちの何人かは、現在では、それぞれの筋ではそれなりに存在感のある企業の社長になり、また別の人は、あるスポーツのコーチもしていたようだ(今も務めているかもしれない)。

 こういうことを思い起こすたび、たとえ会っていなくとも、やっぱり彼らは「一生の友人」なのかもしれない。高校を卒業して30年近く経った今でも、自分に影響を与えてくれているのだから。

 

2016年11月13日

[]後期大学院ゼミ

 後期の大学院ゼミのテキストを書いていなかったようです。本年度の後期は、Lois McNay, The Misguided Search for the Political, Polity, 2014、を読んでいます。

The Misguided Search for the Political

The Misguided Search for the Political

McNayの他の本も興味があるところです。

Foucault and Feminism: Power, Gender and the Self

Foucault and Feminism: Power, Gender and the Self

Gender and Agency: Reconfiguring the Subject in Feminist and Social Theory

Gender and Agency: Reconfiguring the Subject in Feminist and Social Theory

Against Recognition

Against Recognition

2016年11月11日

[]頂きもの

川田稔先生から、『柳田国男――知と社会構想の全貌』(ちくま新書、2016年)を頂きました。ありがとうございます。そして、怒涛のように次から次へと本を出されるエネルギッシュさに、驚かされます。