Hatena::ブログ(Diary)

人生はタングラム

2015-01-27

昨年からひっじょ〜に注目していたというか、個人的に気になっていた台がついに解禁!(^^)

23:44

オリンピアの『パチスロ黄門ちゃま喝(ART機 純増2.5枚/G)』です。先週1/19に解禁になった訳ですが、偶然にもその日が休みになったのでとりあえず、近くのお店で新装かつ、導入しているとこは無いかチェェェーック!

まぁ、お店はいくつか発見しかつ、先着順の店で確実に座れるとこがあったのですが・・・整理券は9時くらいから配布、しかも新台のスタートは12時と、とても耐えられるものではないなと諦めて、その日はゆっくり起きて、午前中は家の掃除を。

昼頃に、先日作った棚というか板というか、それ関連の部品を買いにいこーと、出たわけですが・・・

新台がやはり気になり上記の見つけたお店に足を運んでしまった訳です。(笑)

さすがにというか、やっぱりというか新台は満席で、しょうがなく適当な台をちょろちょろと打ち残念な結果に。(あ〜)

そんなこんなをしている中、新台が1台空いたのですぐ台を確保!(まぁ、それまでの過程をちょろちょろと見ていた訳ですが、しまの中で一番残念な設定な感じだったんだけどね〜新台を触りたかったので。)

200〜300Gくらい回して、とりあえず当りである『印籠チャンス』をゲット。(今回のこの印籠チャンスのシステムが非常におもしろいのでは?っと思っていた訳なのです。)

というのも、基本でART+20Gがあり、それ以外にいくつかの異なる上乗せ特化分を足してスタートとなる訳なのです。(まぁ、この類は今までも他の機種であったので、心躍ることは全然なかったかな。)

ここからが重要なところで、その特化ゾーンには当然のごとく、しょぼい1発乗せ,ちょい乗せ連,ST連,フリーズ時間分乗せと、大きく分けて上乗せ性能が違う4つのタイプがあり、どれかに当選して上乗せするんだけど、どれに当たり易い様にするかを選択することができるのです!

もちろん、大きな上乗せを求めた場合は、やはりリスクはつきものといった事になるわけで、最悪は上乗せ『+0G』となる選択もあるのです。

しかーし!この機種一番の面白く、かつドキドキなフリーズ時間分上乗せ(+100G以上乗せ確定)が、選択の中にある危険な裏モード(MAX BET長押しで切替)の一つを選べば、なんと約1/3でその『家康光臨』を引くことができるのです。

この確率でこういった乗せを狙えるというのは凄いと思うんだよね〜。

まぁそれでもこの時は、初めて打つ訳なのでそんな恐ろしい選択など恐くてできる訳もなく、普通の妥当な振り分けで攻めてみた訳です。

結果は、まぁごくごく平凡なパターンで、へぼ乗せ(+20Gが大半)、STひいても+50〜60Gだったり、ちょい乗せ連で25〜80Gくらい等々残念な結果が(苦笑)

それでも、ART中に白7揃いの『かげろうお銀モード』を引いて

f:id:Tanguramu:20150119153450j:image

印籠チャンスを2つストック。(白7揃いではなく、強レア役での乗せだけ)

f:id:Tanguramu:20150119153813j:image

白7揃い自体の確率が非常に低い(1/1282.27)のに、その中(30G消化中)での7揃いの確率がまたきつい(1/79.44)からね。7揃いでの上乗せは至難かな。

通常時のバトル演出弥七VS朱羅』がきて

f:id:Tanguramu:20150119180733j:image

勝利後、朱羅が立ち上がり、再度勝利!

f:id:Tanguramu:20150119180839j:image

そして、また立ち上がり、再度勝利!

f:id:Tanguramu:20150119181110j:image

(風車ランプが煌々と光ってるー!(左下))

という訳で、初代モードも引いたり

f:id:Tanguramu:20150119181138j:image

引き戻しの9回裏2死満塁チャンスを引いて、むきむきチャマが出てきたり

f:id:Tanguramu:20150119190128j:image

最後の最後で、念願の『家康光臨』を引いたり

f:id:Tanguramu:20150119210826j:image

まぁ、低保障の+100Gだったけどね。(PVでは見てはいたけど、演出は馬鹿らしくて、ホントおもしろい!しかも、ドキドキな感じだった。一見の価値有りですよ〜)

等々、結果は非常に凄そうに思えますが、この日は-7kくらいな結果に終わりました。いろいろと演出を楽しめたし、よかったかな。辛い台ではあるが、久しぶりにシステムが気に入った感じかな。

ただ、この時わかったのは、この台は正攻法で攻めてもまず勝てない!と思ったね。(^^)

ってな訳で、この数日後、再度この機種に挑んだ結果を次回書く予定です。それでは。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Tanguramu/20150127/1422369883