思考維持装置 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018/01/27

[]ブログ移転のお知らせ

本日を以て、本ブログを下記に移転します。

http://blog.free-active.com/

はてなダイアリーのブログはこのまま残しておきますが、更新は行いません。なお、現在はてなダイアリープラスに契約していますが、次回契約更新の8月までには解約する予定です。

2018/01/24

[]チャナマサラ

100gシリーズ、第七回はチャナマサラ。

ひよこ豆のカレーであり、豆が前面に出てくる。チャナがひよこ豆ということらしい。あと、想像したよりは辛みがあった。78点。

ちなみに、100gシリーズは今はなくなって、その後継として小さめカレーというシリーズができたらしい。そういうことで、100gシリーズは次回が最終回となります。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20180124234434j:image:w360

2018/01/22

[]雪

今日は予報の時点から関東地方で雪が降ると言われていて、国土交通省は不要不急の外出を控えるようにと言っていたが、今朝の電車はいつもと同じように混んでいた。この件については記事になっていたが、結局何も言っていないようなものである。

仕事の関係などから、15時半過ぎには帰ろうかと思っていたのだが、その頃に多くの企業で帰宅指示が出ていたようで、けっこう帰る人が目立っていた。ダイヤは乱れながらも、池袋まではわりとスムーズにたどり着けたのだが、東上線に乗ろうとしたら、駅のホームは人がいっぱい、停まっている電車も乗り切れないくらいに人がいっぱい。駅員に運行状況を聞いてもあーうー、というばかりで全く要領を得ない。結局、動いている埼京線に乗る。武蔵浦和まではたどり着けたのだが、武蔵野線が本数減と遅れで25分くらい待つことになった。これだったら、東上線に乗ってもよかったような…。もっとも、東上線もかなりのノロノロ運転だったようだが。朝霞台から東上線がわりとすぐ来るようだったので乗ったが、やはり混んでいた。

結局、人の多さが混乱の元なのであり、だからこそこういうときは交通機関の利用者を減らすように仕組まないといけない。学校なんかは午前中で終わりにするとか、休みにするとかするとか、そういう仕組みを作ったほうがいいと思う。

2018/01/21

[]週末日記ー中野

昨日は書いたとおりに中野までライブを見に行った。行きは西国分寺まわりで、帰りは新宿まわりで。中野ではかなり久しぶりに中野ブロードウェイに行ったのだが、ディープ、かつ、活気があった。やはり外国の人が多いように感じた。

今日は埼玉県北部方面に繰り出す。本庄からバスに乗って神泉方面に行く。案外、客はいた。旧村役場付近を少しぶらぶらして、戻って、神川町、旧児玉町あたりを歩く。児玉の中心部で昼食。八高線に乗って小川町まで行く。小川町からまっすぐ志木に帰ろうかと思ったが、高坂で降りてピオニウォーク東松山に寄った。高坂駅からバスが出ていて、運賃は片道100円である。運転本数は30分に1本くらい。これに乗るのがスタンダードのようだ。バスは小型ではあるが、けっこう混んでいた。そして、ピオニウォークも混んでいた。ららぽーとなどの影響はこのあたりだとあまりないようだ。

2018/01/20

[]大森靖子弾き語りライブ at 中野サンプラザ

去年の7月以来となる大森靖子のワンマンライブに行ってきた。前回はバンド編成であるが、今回は「超歌手大森靖子 MUTEKI弾語りツアー」と銘打って、一人で弾き語りである。

今回は時間があったので先行物販なるものを体験してみた。15:00〜16:00までということで、15:20頃に行ったのだが、けっこう並んでいた。15:50で締め切りになっていたが、その頃には並ぶ人も少なかったので、15:40頃に行けばよかったのかもしれない。10000円以上の買い物をしたのだが、隣の人は20000円以上買っていて、自分はたいしたことないな、と思った。

中野サンプラザ自体は約3年前に来ているので、だいたい勝手はわかっていた。今回は1階のいちばん後ろの座席で、さすがにステージとは距離がだいぶあるので顔などが見える感じではなかったが、動きなど、それなりには見ることができた。圧巻なのは、ピアノ弾き語りからアカペラ挟んで、ギター弾き語りの1時間ノンストップ。凄みを感じざるを得ない。その中で、小室哲哉作曲の「POSITIVE STRESS」は、例の件があってあえて演ったのではないかと思うのだが、新たな良さも感じたし、The Idol Formerly Known As LADYBABYに提供している「LADY BABY BLUE」のギター弾き語りも、去年7月に聴いたときとはまた別の意味を持って感じた。その後、MCやら観客と絡んだりやらの時間がありつつ、後半戦からを経てからのアンコール。本編ラストの3曲「最終公演」「PINK」「魔法が使えないなら」は、その中の語りも含め、最高に感動した。最後の最後は、やはりこの曲「ミッドナイト清純異性交遊」で締め。

次回は6月にワンマンライブがあるということで、終演後にチケットの先行販売があって、衝動的にチケットを買ってしまった。整理券番号はかなりいい番号なのだが、ド平日の木曜日なので、仕事が終わって行くとなると、あまり意味なさそうである。

2018/01/17

[]これはバズるぞ

バズリズム」というテレビ番組で、2016、2017、2018年と「これはバズるぞ」と銘打って、その年にブレイクしそうなアーティストを発表しているということで、インターネット上などでまとめられている情報を元に、3年分をまとめてみた。

順位2016年2017年2018年
1位WANIMAヤバイTシャツ屋さんCHAI
2位Mrs. GREEN APPLEポルカドットスティングレイteto
3位SUPER BEAVERyahyelSIX LOUNGE
4位My Hair is BadOfficial髭男dismハルカミライ
5位SuchmosNulbarichドミコ
6位Ykiki BeatShout it OutBiSH
7位sumikaIvy to Fraudulent GameIvy to Fraudulent Game
8位SANABAGUN.AmelieHump Back
9位竜人25魔法少女になり隊Saucy Dog
10位水曜日のカンパネラCreepy Nuts(R-指定&DJ松永)緑黄色社会
11位THE ORAL CIGARETTESyonige2
12位フレデリックnever young beachRen
13位04 Limited SazabysReiおいしくるメロンパン
14位HEADLAMPMARQUEE BEACH CLUBフレンズ
15位Halo at 四畳半ENTHKing GNU
16位BACKLIFT生ハムと焼うどんcoldrain
17位THE BOY MEETS GIRLSBenthamLenny code fiction
18位HauptharmonieBiSH日食なつこ
19位Yogee New WavesHalo at 四畳半BOY END SWING GIRL
20位井上苑子ナードマグネットMONO NO AWARE
21位SWANKY DANKMOSHIMOTempalay
22位Rhythmic Toy Worldセプテンバーミーパノラマパナマタウン
23位HOWL BE QUIETONIGAWARAナードマグネット
24位AmelieあいみょんENTH
25位米津玄師パノラマパナマタウンFOMARE
26位AnlyフレンズWOMCADOLE
27位PassCodeサイダーガールHEADLAMP
28位The BONEZAge Factory愛はズボーン
29位あゆみくりかまきMaison book girlSUNNY CAR WASH
30位MOTHBALLLONGMANサイダーガール

3年連続でランクに入っているアーティストはいなかった。というか、2016、2017年とランクに入っているのはHalo at 四畳半とAmelieだけで、その2バンドは2018年には入っていない、ということになっている。2017、2018年とランクに入っているのは、BiSH(18→6)、Ivy to Fraudulent Game(7→7)、フレンズ(26→14)、パノラマパナマタウン(25→22)、ナードマグネット(20→23)、ENTH(15→24)、サイダーガール(27→30)。ランクから外れたのは、実際にブレイクしたのでネクストブレイクとしては名前が挙がらなくなった、ブレイクしそうという期待からは外れた、などの理由があるだろうが、各人がどれにあてはまるかはそれぞれで考えて下さい。

一昨年、去年の1位であるWANIMA、ヤバTはブレイクしたと言ってもいいと思うが、そうなるとCHAIがブレイクするのだろうか。現時点では期待値がやたらと高い、という状態ではあるが。

2018/01/14

[]緊急東北 2日目

今日はまず仙台から山形まで移動する。仙山線に乗っていった。それほど混雑はしなかった。作並、山寺で降りる人が多く、山形まで乗り通す客は半分くらいか。やはり仙台・山形間を単純に移動するとなるとバスのほうが主流ということか。山形には、上山まで来たり、山寺まで来たりしたことはあったのだが、山形市の中心まで来たのは久しぶりである。5年半ぶりだった。山形では特に何をするということもなく、無印に行ったり、そばを食べたり、今月は閉店になる十字屋に行ったりした。

帰りは新幹線に乗って帰る。早めの時間帯だったが、混んでいた。

2018/01/13

[]緊急東北 1日目

先週旅行に行ったばかりなのだが、緊急に今週も旅行に出かけることになった。目的地は宮城県。

仙台駅から仙台在住の方の車に乗せていただき、未踏市町村である大郷町七ヶ浜町とまわる。大郷町はモロヘイヤと支倉常長の町である。支倉常長の墓にも行った。晩年を大郷町で過ごしたのは、諸説ありのようではあるが。あと、モロヘイヤソフトクリームを食べた。こちらは色は強いが、味はそれほど感じなかった。

その後、七ヶ浜町へと移動する。まず昼ご飯をということで、うみの駅というところで、名物の海鮮丼を食べる。こちらは地の魚や海老などがふんだんに使われていて、おいしかった。ただ、まだあまり知られていないからか、客はそれほど多くなかった。その後、松島四大観の一つに挙げられている多聞山に行き、景色を眺める。また、七ヶ浜町は火力発電所の町でもあり、それもみることができる。

仙台に戻って、セリ鍋など宮城、東北の味覚をいただいた。おいしかったです。

f:id:Tenty-17:20180113134751j:image:w360

f:id:Tenty-17:20180113184625j:image:w360

2018/01/08

[]新春関西三連休 3日目

今日は京都方面に行こうかと思っていたが、前もってちゃんと予定を立てていなかった。とりあえず、茨木に立ち寄った後に嵐山に行く。雨模様だったが、観光客は多い。竹林がある場所に行ってみたが、特に外国人観光客が多かった。

二条でラーメンの昼ご飯を食べて、北大路に行った後、おもむろにバスに乗る。三十三間堂を経由するというので、行ってみることにした。修学旅行のときに行ったつもりになっていたが、実際に拝観料を払って入ってみると、1001体の千手観音像が鎮座しており、そんなの見た記憶がないので、単に近くを通っただけだったのかもしれない。いずれにせよ、あの観音像群は圧巻だった。

あとは新幹線に乗って帰るだけである。満席ではないようだったが、さすがに混んでいた。東京に着いて、山手線、東上線で帰宅。

2018/01/07

[]新春関西三連休 2日目

今日は主に市町村制覇の一環で奈良県北葛城郡上牧町、大阪府南河内郡河南町と行ってきた。本当は大阪府南河内郡千早赤阪村にも行こうかと思ったのだが、時間がタイトだったので、次回にする。

王寺からバスに乗って上牧町に行く。鉄道の駅がない街であるが、大阪に近いということもあってわりと普通の町だ。帰りは五位堂までバスで行った。

その後、富田林まで移動する。乗換案内で調べたが、五位堂から富田林まで移動するとなると、安堂まで行って、柏原南口まで歩いて道明寺線南大阪線、長野線、と行くのがいいらしい。大阪線系統から南大阪線系統に移動するとなると、工夫が必要となる。

富田林からバスに乗って河南町に行く。河南町というと大阪芸術大学がある町である。いわゆる芸村にも行ったみたが、思ったよりも寂しいところだった。芸村にも行き場がなかった。帰りは喜志駅までバスに乗る。

今日は誕生日ということで、それなりなものを食べたい。鶴橋で焼肉を食べようかとも思ったが、なんかしっくりこなかったので、ホテルの近くでしゃぶしゃぶを食べた。

2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |