Hatena::ブログ(Diary)

こにしき(言葉、日本社会、教育) このページをアンテナに追加 RSSフィード

April 09, 2014

学振PDに提出した計画書をアップします

私の学振PD応募計画書をアップします。

自由にお使いください。


2012年度は補欠枠まで行って落ちて、2013年度は採用されました。その意味で、私は当落微妙な差がわかりやすい事例かもしれません。


いずれの年度も「人文学」の「外国語教育」枠で応募しました。


どうしてこんなことをしているかと言えば、ネット上に公開することで、「コネ」がない人の参入障壁を下げたいと思っているからです。自分M2/D1時代、学振応募経験者とコネがなく*1、色々損をしました。たしかに私は「学振最強」の東大大学院に通っていましたが、東大と言っても、分野によりけりです。外国語教育系に関して言えば、東大は優秀な若者をスポイルする場所まり研究志向が強くない場所として私の半径5メートル以内では有名です。そんなわけで、いろいろ悔しい思いをしました。


個人的には、応募者のソーシャル・ネットワーク所属研究室の「空気」も含まれる)で当落が左右されるDC1は大幅に縮小して、DC2やPDを手厚くするべきだと思います。だいたい修論も書いていない段階で、どうして研究者としての素質が評価できるんでしょうか。


あと、そもそも競争的な資金配分も大幅に緩和して、浅く広く行き渡るようにすべきだと思います。



注意事項

1) pdfパスワードがかかっています。パスワードは半角で tera の4文字

2) 寺沢以外の個人情報記載されている申請書7頁目は割愛しています。


2012年「不採用

https://www.dropbox.com/s/m940271ftyjqdhb/PD2012.pdf


2012年5月
応募
同年10月
1次審査通過、要面接
同年12月
面接
2013年1月
「補欠枠に残った」という連絡
2013年2月
「補欠枠空かず、採用しない」という連絡あり



2013年「採用」

https://www.dropbox.com/s/hdhopwrboqbbdr8/PD2013.pdf


2013年5月
応募
同年10月
採用内定(面接免除

*1:採用者だけではなく応募者すらいなかった

tntn 2014/04/08 18:59 2013年から,業績欄で「論文に著者の職・所属を書く必要がなくなった」のだが,TerasawaTさんの申請書には記載してある.別に書いてあっても何の問題もないのだが,毎年申請していると細かな変化に気付けなくなるという問題でもあるかと.(気付いていてあえて書いたのであればすいません.)

てらさわてらさわ 2014/04/08 19:23 ほんとですねw 2013年の申請書にはたしかに「所属を書きなさい」という指示が消えている・・・。気づいてませんでした。
まあ、多少「書かなくてもいいこと」を書いていても、通るときは通る、という実例としてw

sasa 2014/04/08 20:45 参考にさせて頂きます。

htht 2014/04/08 22:44 とても参考になります。
有難うございます。

nknk 2014/04/09 07:56 ダウンロードさせて頂きました。
公開いただき、ありがとうございます。

分野は全く異なりますが、DC2(核融合学)に申請しようとしています。
参考にさせて頂きます。

jkjk 2014/11/13 20:02 参考にさせて頂きます。
有用な情報の共有、ありがとうございます:)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TerasawaT/20140409/1396945966