Hatena::ブログ(Diary)

自分、無粋ですから このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016年11月02日(Wed)

人事を尽くして天命を自分で叩き潰した俺に何の生きる未練があるのか

とも生きられる者は、事実などいくら誤認してもいいし間違ってもいい。まともに生きられる人のやる誤認や間違いは、まともに生きることに影響がないどころか場合によってはプラスにすらなることしかないし、プラスにしか転化できないからだ。まともではないことができない。

致命的なミスをすることもできないし、リスクを取る蛮勇も必要性もないし、過去に苦しんだことがあっても乗り越えたり解決したり受け入れたりすることしかできないし、それでまともではないゴミクズを手玉に取って苛むことしか、まともな人間にはすることができない。

これが、まともな人間の限界。

2016年09月24日(Sat)

自殺したい人へのアドバイスはいつも一つ

自殺したい人へのアドバイスはいつも一つ。


「確実に死ね」


助けようとして来るものは全員、悪魔すらも恐れ振るえあがるおぞましい何かだと思え。絶対に誰もお前らを助けてはくれない。彼等が助けるのは彼等達の心であって、お前らに与えられるのは罪であり、その罪を背負わせることが彼等の心を救うのだ。

自殺したい人は、何が何でも確実に一発で死ね。最期が綺麗だろうが汚かろうが、それを人生最大最後の目標にして何かを成し遂げられる人になれ。それだけで、お前らは何かを成し遂げた人間になれるんだ。

為せば為る、為さねば為らぬ。夢物語だったことが急に自分にも当てはまる様な気がしてくるのではないか。

2016年01月07日(Thu)