Hatena::ブログ(Diary)

Tigers-1の日記

2017-09-14

釧路湿原・・・道東旅行 14:11

 

      −許可なく入れないキラコタン岬と釧路川ボート下りー

          原始のままの大自然、遙かなる釧路湿原


 9月に行ってきました北海道道東旅行 大嫌いな飛行機に伊丹空港より乗り一気に北海道

  

 のはずがなんと羽田行、その後帯広とは とっとと 何と言うことだ話が違うぞ、2回も


 離陸、着陸とは、心臓が止まりそう、羽田に着陸時も大きく揺れ動き悲鳴\(◎o◎)/!


 羽田帯広は天気が悪く心配したが安定飛行、よかった よかった (@_@;)


 帯広空港より一路釧路湿原北斗展望台に、しかしながら何年か前に先輩に連れて行って


 もらった北斗展望台はパス。早くホテルで休みたい、飛行機疲れでクタクタだ!!!


 明日の天気予報は午前中は雨、湿原を歩くのには雨は大敵、またまた、心配が絶えない。


 ところが、朝から曇り後晴れで最高だ。


f:id:Tigers-1:20170907173246j:image:w360:left





f:id:Tigers-1:20170907164003j:image


f:id:Tigers-1:20170907165029j:image

  丹頂鶴の親子(何故か父はいない)


 昭和27年、国の特別天然記念物に指定


 キラコタン岬(かっては海だった釧路湿原特別保護区!許可なくなくして入れない

  

 秘境の地)


 これは大変、長靴はいて一面笹の中を歩く歩く、只、歩く歩く、『釧路湿原やちの会』の


 案内でまた歩く。谷内(やち)渓谷のことを地場のひとはこのように読んでいるらしい。


 この人達の許可なしにはキラコタン岬には入られないらしい。蚊はいる蛭もハチ、ダニ、


 エキノコックス等々、なぜこんな場所に出かけたのかと思いながら歩く歩く。



f:id:Tigers-1:20170908094647j:image


f:id:Tigers-1:20170908102921j:image


f:id:Tigers-1:20170908103816j:image


 キラコタン岬です

 

中々大変な歩きでしたが、釧路湿原の低層湿原を見れたのでよかったね。


 その後は、NOROKKO TRAIN


f:id:Tigers-1:20170908121914j:image:medium:left


f:id:Tigers-1:20170908121820j:image


このノロッコ号湿原を走り(こんな電車でも指定席あり全席満席)、次いでは、


 釧路川ドリフボートで湿原を探索ね。これが一番楽しかったかな。


f:id:Tigers-1:20170908145748j:image:w360:left

f:id:Tigers-1:20170908145912j:image:w360:right






















それと東の草津温泉と言われている川湯温泉


当然掛け流しで泉質は酸性硫黄泉で最高でした。