Hatena::ブログ(Diary)

この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ

森見登美彦日誌RSS

2017年11月23日

[] エッセイ集『太陽と乙女』発売されました。


 太陽と乙女


 新刊『太陽と乙女』が書店にならび始めた。

 夜眠る前にでも、ぽつぽつ読んでいただければ幸い。

 以下はこの本の「まえがき」である。


 ひとつ考えてみていただきたい。

 眠る前に読むのはどんな本がふさわしいだろうか。

 たとえば「ムツカシイ哲学書を読めば眠くなる」という意見がある。しかしこれを毎晩の習慣にするのはどう考えても無理がある。たとえばアンリベルクソンの『意識に直接与えられているものについての試論』がここにあるとして、こんなものは脳天が五月の青空のごとくクリアな千載一遇の好機を掴み、机に向かって修行僧のように読まなければ一頁たりとも理解できない。そんな凄まじい本を毎晩寝る前に読むのは苦行以外のなにものでもなく、すぐに放りだすのは明らかである。

 それならば面白い小説はどうだろう。しかしこれは誰にでも経験があると思うが、ひとたび面白い小説を読みだしたら中断するのが難しい。推理小説などは特にそうである。明日は早く起きなければならないのに犯人が気になって止められず、それなのに夜更かしの背徳感がいよいよ読書の楽しさに拍車をかけるから、もう止められない止まらない。

 それなら面白くない小説ならいいのかといえば、そんな本を読むのはやっぱり苦痛だから、先ほどの哲学書と同じ結論になる。

 そういうふうに考えていくと、これは意外に厄介な問題なのだ。

 私が枕元に置く本は長い歳月の間に移り変わってきた。高校生ぐらいの頃は星新一のエッセイ集『進化した猿たち』の文庫本全三巻が長く君臨していた。ここ数年の例を挙げるなら、岡本綺堂『半七捕物帳』やコナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』、柴田宵曲編『奇談異聞辞典』、薄田泣菫『茶話』、吉田健一『私の食物誌』、興津要編『古典落語』……。しかし心にピッタリ合う本が思いつかない場合、寝床へ行く前に本棚の前でシロクマみたいにうろうろする。

 「眠る前に読むべき本」

 そんな本を一度作ってみたいとつねづね思ってきた。

 哲学書のように難しすぎず、小説のようにワクワクしない。面白くないわけではないが、読むのが止められないほど面白いわけでもない。実益のあることは書いていないが、読むのがムナしくなるほど無益でもない。とはいえ毒にも薬にもならないことだけは間違いない。どこから読んでもよいし、読みたいものだけ読めばいい。長いもの、短いもの、濃いもの、薄いもの、ふざけたもの、それなりにマジメなもの、いろいろな文章がならんでいて、そのファジーな揺らぎは南洋の島の浜辺に寄せては返す波のごとく、やがて読者をやすらかな眠りの国へと誘うであろう。

 あなたがいま手に取っているのはそういう本である。


2017年11月17日

[] サイン会的なもののお知らせ


 

太陽と乙女

太陽と乙女


 11月22日、エッセイ集『太陽と乙女』が刊行される。

 それにあわせて森見登美彦氏のサイン会的なものが開かれるという。詳細については下記をご参照ください。

 

 三省堂書店

 http://ikebukuro.books-sanseido.co.jp/events/2886


 大垣書店

 http://www.books-ogaki.co.jp/

2017年11月02日

[] 『太陽と乙女』(新潮社


 太陽と乙女


 森見登美彦氏は「エッセイ」をあまり書かない。

 そもそもエッセイに何を書けばいいのか分からないのである。

 自分の主張を書くべきだろうか。

 しかし、わざわざ書くべき主張がない。

 ならば体験を書けばいいのか。

 しかし、わざわざ書くべき体験がない。

 ならば妄想を書けばいいのか。

 しかし、それでは小説になってしまう。


 そういうわけで「エッセイって何?」と登美彦氏は毎度毎度苦悩しつつ、自分や世間を欺きながら「エッセイ風」のものを書いてきた。できるだけ書かないようにしているものの、2003年にデビューして早14年、塵も積もれば山となる。集めてみたら以外にある。

 「一冊にまとめたら『エッセイ』の書き方が分かるかも」

 さらに登美彦氏は軽い気持ちで言った。

 「せっかくだから小説以外の文章をぜんぶ集めよう」

 「承知しました」

 そう言って担当編集者は魔法の杖を振った。

 すると400頁を超える巨大闇鍋みたいな本ができてしまった。

 本書は読切エッセイや文庫解説のみならず、舞台版パンフレットに書いた挨拶文、マンガ版『夜は短し歩けよ乙女』のあとがき、『有頂天家族』第二部刊行遅延に関する弁明、大学生時代の日記、台湾文芸誌に連載したコラムまで、ありとあらゆる小説以外の文章が放りこまれた「森見登美彦氏エッセイ(?)大全集」というべきものである。あまりにも味つけが濃いために、登美彦氏自身、半分読み返したあたりで胸焼けした。したがって読者の皆さんは本書を頭からぜんぶ読んだりする必要は全くない。ふわふわとイイカゲンに読むことを強く推奨するものである。

 本書のタイトルは『太陽と乙女』。

 新潮社から十一月二十二日に発売予定である。

 なお、本書をまとめた後も登美彦氏の悩みは解決していない。

 エッセイを書くことはやはりムズカシイ。


 エッセイ集の発売に合わせ、次のようなイベントがある。

 森見登美彦×吉田大助「登美彦氏、おずおずと自作を語る」

 http://www.shinchosha.co.jp/news/article/776/

 お時間のある方は宜しくお願いします。

2017年10月18日

[] もろもろお知らせ


 毎度のことで呆れるほかないが。

 次作『熱帯』の執筆が難航中のため、登美彦氏はとうぶん熱帯の島から帰ることができない。2017年の夏が終わるまでには帰ってくる――それはなんと甘い期待であったことか。これはもう死闘である。この日誌を更新する気力も湧かないのである。

 とはいえ、お知らせをしなくてはならない。


 

小説 - BOC - 7 (単行本)

小説 - BOC - 7 (単行本)


 森見登美彦氏が京都でおこなったイベントの詳細が掲載されている。

 タイトルは「京都のこわし方」。

 なお、今回「シャーロック・ホームズの凱旋」は休載である。


 また、映画「夜は短し歩けよ乙女」も発売された。

 こちらもよろしくお願いいたします。

 

 

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 通常版

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 通常版

 

 

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 特装版

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 特装版

2017年06月28日

[] 森見登美彦氏、テレビで語らう


 森見登美彦氏がテレビで語らう予定である。

 お相手は上田誠氏と万城目学氏。

 なんだか万城目氏を冷たくあしらっていたような感触があるばかりで、一体なにを語り合ったものか、登美彦氏の記憶は朦朧としているが、おそらく有益なことは何ひとつ喋っていまい。この収録があった夜、渋谷貸し会議室で万城目氏や上田氏と「ディクシット」で遊んだ。

 お時間のある方はどうぞ。

 「ボクらの時代

 7月2日(日) 7:00-7:30

 http://www.fujitv.co.jp/jidai/