Hatena::ブログ(Diary)

この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ

森見登美彦日誌RSS

2017年11月02日

[] 『太陽と乙女』(新潮社


 太陽と乙女


 森見登美彦氏は「エッセイ」をあまり書かない。

 そもそもエッセイに何を書けばいいのか分からないのである。

 自分の主張を書くべきだろうか。

 しかし、わざわざ書くべき主張がない。

 ならば体験を書けばいいのか。

 しかし、わざわざ書くべき体験がない。

 ならば妄想を書けばいいのか。

 しかし、それでは小説になってしまう。


 そういうわけで「エッセイって何?」と登美彦氏は毎度毎度苦悩しつつ、自分や世間を欺きながら「エッセイ風」のものを書いてきた。できるだけ書かないようにしているものの、2003年にデビューして早14年、塵も積もれば山となる。集めてみたら以外にある。

 「一冊にまとめたら『エッセイ』の書き方が分かるかも」

 さらに登美彦氏は軽い気持ちで言った。

 「せっかくだから小説以外の文章をぜんぶ集めよう」

 「承知しました」

 そう言って担当編集者は魔法の杖を振った。

 すると400頁を超える巨大闇鍋みたいな本ができてしまった。

 本書は読切エッセイや文庫解説のみならず、舞台版パンフレットに書いた挨拶文、マンガ版『夜は短し歩けよ乙女』のあとがき、『有頂天家族』第二部刊行遅延に関する弁明、大学生時代の日記、台湾文芸誌に連載したコラムまで、ありとあらゆる小説以外の文章が放りこまれた「森見登美彦氏エッセイ(?)大全集」というべきものである。あまりにも味つけが濃いために、登美彦氏自身、半分読み返したあたりで胸焼けした。したがって読者の皆さんは本書を頭からぜんぶ読んだりする必要は全くない。ふわふわとイイカゲンに読むことを強く推奨するものである。

 本書のタイトルは『太陽と乙女』。

 新潮社から十一月二十二日に発売予定である。

 なお、本書をまとめた後も登美彦氏の悩みは解決していない。

 エッセイを書くことはやはりムズカシイ。


 エッセイ集の発売に合わせ、次のようなイベントがある。

 森見登美彦×吉田大助「登美彦氏、おずおずと自作を語る」

 http://www.shinchosha.co.jp/news/article/776/

 お時間のある方は宜しくお願いします。

2017年10月18日

[] もろもろお知らせ


 毎度のことで呆れるほかないが。

 次作『熱帯』の執筆が難航中のため、登美彦氏はとうぶん熱帯の島から帰ることができない。2017年の夏が終わるまでには帰ってくる――それはなんと甘い期待であったことか。これはもう死闘である。この日誌を更新する気力も湧かないのである。

 とはいえ、お知らせをしなくてはならない。


 

小説 - BOC - 7 (単行本)

小説 - BOC - 7 (単行本)


 森見登美彦氏が京都でおこなったイベントの詳細が掲載されている。

 タイトルは「京都のこわし方」。

 なお、今回「シャーロック・ホームズの凱旋」は休載である。


 また、映画「夜は短し歩けよ乙女」も発売された。

 こちらもよろしくお願いいたします。

 

 

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 通常版

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 通常版

 

 

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 特装版

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 特装版

2017年06月28日

[] 森見登美彦氏、テレビで語らう


 森見登美彦氏がテレビで語らう予定である。

 お相手は上田誠氏と万城目学氏。

 なんだか万城目氏を冷たくあしらっていたような感触があるばかりで、一体なにを語り合ったものか、登美彦氏の記憶は朦朧としているが、おそらく有益なことは何ひとつ喋っていまい。この収録があった夜、渋谷貸し会議室で万城目氏や上田氏と「ディクシット」で遊んだ。

 お時間のある方はどうぞ。

 「ボクらの時代

 7月2日(日) 7:00-7:30

 http://www.fujitv.co.jp/jidai/

2017年06月09日

[] 「わたしは『夜行』をこう読んだ!」結果発表開始


 夜行


 アニメ有頂天家族2」も残すところあと三話となった。

 今さら森見登美彦氏にできることは何もない。アニメの内容も狸的修羅場を迎えつつあるが、おそらく富山の方面も狸の手を借りたいほどの修羅場を迎えているにちがいないのである。なんの足しにもならないが登美彦氏は「なむなむ」と念を送る。


 ところで、先日募集した「わたしは『夜行』をこう読んだ!」の結果が決まり、これから毎夜、一篇ずつ公開されていく予定である。


 こちらにて

 http://www.shogakukan.co.jp/pr/morimi/readersvoice.html


 ご応募いただいた皆様、まことにありがとうございました。

 そしてまだお読みでない方はこの機会にぜひ。

2017年05月09日

[] 「有頂天家族2」記念切符


 先日、森見登美彦氏は叡山電車出町柳駅を訪ねた。

 今年の三月に登美彦氏の十周年記念イベントが叡山電車にておこなわれたのだが、その際に用いた特別製「ヘッドマーク」を寄贈しに出かけたのである。ヘッドマークとは列車の前や後ろに掲げる、列車名を記した図案のことである。登美彦氏の描いた落書き「無人島のおじさん」をベースにデザインされている。前と後ろの二つを作成したので、残りの一つは登美彦氏の秘密基地に飾ってある。


 出町柳駅を訪ねた際、登美彦氏は叡山電車の方から「有頂天家族2」の記念切符をもらった。「おもしろき古都は、良きことなりきっぷ」という。

 下鴨家の兄弟やその母、南禅寺玉瀾の姿が印刷された特別入場券はたいへんかわいらしい。次兄の化けた叡電が印刷された「叡山電車一日乗車券」もある。鞍馬駅貴船口駅八瀬比叡山口駅一乗寺駅出町柳駅の各駅でそれぞれ一枚ずつ入手することができる。

 これを機に叡山電車の路線を制覇するのも楽しいにちがいない。

 京都にお越しの際はぜひどうぞ。

 詳細は下記のリンク先をご参照いただきたい。

 https://eizandensha.co.jp/event/detail131/


 それにしても叡山電車の皆様にはお世話になりっぱなしである。

 森見登美彦氏は深く感謝している。