Hatena::ブログ(Diary)

この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ

森見登美彦日誌RSS

2016年12月30日

[] 「太陽の塔潜入記」(「本の旅人」)


 太陽の塔 (新潮文庫)


 「本の旅人」(2017.1)において、万城目学氏と森見登美彦氏があの「太陽の塔」内部へもぐりこんだ記録が掲載されている。

 太陽の塔の内部公開には恐ろしい数の応募者が殺到している、ということだったので、登美彦氏は「これは無理だナ」と早々に諦めて奈良盆地にてボーッとしていたのであるが、その一方で現実家にして暗躍家の万城目氏は決して諦めず、さまざまな伝手を頼ってこの企画を実現させた。ということで登美彦氏はなんの努力もしていないのに、ただ万城目氏の誘いに乗るだけで、太陽の塔の謎に充ちた腹の中へもぐりこむことができたのである。

 その顛末については万城目氏と登美彦氏の対談をご一読いただきたい。

2016年12月28日

[] 『夜行』を読み解くための「10」の疑問


 夜行


 小学館の『夜行』紹介サイトに、

 『夜行』を読み解くための「10」の疑問

 という新しいコーナーができた。


 こちら→ http://www.shogakukan.co.jp/pr/morimi/10Q.html


 これらの疑問に答えられなければならぬ、ということではありませぬ。

 答えられなくても全然かまわない。

 唯一の答えがあるともかぎらないのである。

2016年12月25日

[] 小説新潮(2017.1)

 

小説新潮 2017年 01 月号 [雑誌]

小説新潮 2017年 01 月号 [雑誌]


 小説新潮1月号に「日本ファンタジーノベル大賞2017 選考委員座談会」と題して、恩田陸さん、萩尾望都さんとの座談会が掲載される。

 森見登美彦氏は13年前の2003年、『太陽の塔』という小説で日本ファンタジーノベル大賞を受賞して世に出た。あたりまえのことだが、そのときはまさか自分が選考委員になる日がくるとは思っていなかった。

 自分が選考委員であるという事実が登美彦氏にとってはすでにファンタジーである。そして恩田さん萩尾さんと、新潮社の重厚な会議室の長いテーブルをはさんで座談会をするという経験もファンタジーっぽい。そんなことがあり得るのだろうか。あの座談会マボロシだったのかもしれないと登美彦氏が思い始めたとき、掲載誌が送られてきたのでマボロシではなかったと判明した。

 2003年、日本ファンタジーノベル大賞が登美彦氏の運命を決めた。

 「君は妄想しててよし」

 登美彦氏はそのような「お墨付き」をもらったと思いこんだわけである。


 日本ファンタジーノベル大賞2017

 http://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/

2016年12月20日

[] 『夜行』が直木賞の候補となる。


 夜行


 『夜行』が直木賞の候補になった。

 『夜は短し歩けよ乙女』から十年ぶりのことである。


 それにしても急に色々なことが動く。

 森見登美彦氏は落ち着かず、奈良盆地の底をうろうろしている。

 「春を待たずに燃え尽きてしまうのではないか?」

 と関係者は心配している。

2016年12月15日

[] 「夜は短し歩けよ乙女」劇場アニメ映画化


 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 

  D


 公式サイト http://kurokaminootome.com/ 


 「出世作」と呼ばれるものがある。

 『夜は短し歩けよ乙女』は間違いなく出世作である。

 この作品は薄暗い四畳半世界に天から射しこんできた一条の光というべきであった。もしこの作品が存在しなかったら、登美彦氏は暗い四畳半世界の片隅をぐるぐるし続けて自家中毒を起こしていただろう。「黒髪の乙女」は当時二十代であった登美彦氏を新世界へ連れだしてくれたのである。それから今日にいたるまで、登美彦氏はこの作品の遺産に頼って生き延びてきた。誕生から十年、またしても吉報をもたらしてくれた愛娘に対して登美彦氏は感謝するしかない。なんと親孝行な娘であることか。

 湯浅政明監督をはじめ、アニメ四畳半神話大系」に携わった方々の再集結も嬉しいことである。紆余曲折あって六年後の実現ということになったが、「終わりよければすべてよし」となることを登美彦氏は祈る。

 来年四月の公開までに「四畳半神話大系」も観ていただけると幸いである。

 

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)


 

四畳半神話大系 Blu-ray BOX

四畳半神話大系 Blu-ray BOX


 来年は「有頂天家族2」と「夜は短し歩けよ乙女」が世に出ることになる。

 「まるで祭りのようだ!」

 と登美彦氏は呟いている。