Hatena::ブログ(Diary)

この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ

森見登美彦日誌RSS

2017年11月02日

[] 『太陽と乙女』(新潮社


 太陽と乙女


 森見登美彦氏は「エッセイ」をあまり書かない。

 そもそもエッセイに何を書けばいいのか分からないのである。

 自分の主張を書くべきだろうか。

 しかし、わざわざ書くべき主張がない。

 ならば体験を書けばいいのか。

 しかし、わざわざ書くべき体験がない。

 ならば妄想を書けばいいのか。

 しかし、それでは小説になってしまう。


 そういうわけで「エッセイって何?」と登美彦氏は毎度毎度苦悩しつつ、自分や世間を欺きながら「エッセイ風」のものを書いてきた。できるだけ書かないようにしているものの、2003年にデビューして早14年、塵も積もれば山となる。集めてみたら意外にある。

 「一冊にまとめたら『エッセイ』の書き方が分かるかも」

 さらに登美彦氏は軽い気持ちで言った。

 「せっかくだから小説以外の文章をぜんぶ集めよう」

 「承知しました」

 そう言って担当編集者は魔法の杖を振った。

 すると400頁を超える巨大闇鍋みたいな本ができてしまった。

 本書は読切エッセイや文庫解説のみならず、舞台版パンフレットに書いた挨拶文、マンガ版『夜は短し歩けよ乙女』のあとがき、『有頂天家族』第二部刊行遅延に関する弁明、大学生時代の日記、台湾文芸誌に連載したコラムまで、ありとあらゆる小説以外の文章が放りこまれた「森見登美彦氏エッセイ(?)大全集」というべきものである。あまりにも味つけが濃いために、登美彦氏自身、半分読み返したあたりで胸焼けした。したがって読者の皆さんは本書を頭からぜんぶ読んだりする必要は全くない。ふわふわとイイカゲンに読むことを強く推奨するものである。

 本書のタイトルは『太陽と乙女』。

 新潮社から十一月二十二日に発売予定である。

 なお、本書をまとめた後も登美彦氏の悩みは解決していない。

 エッセイを書くことはやはりムズカシイ。


 エッセイ集の発売に合わせ、次のようなイベントがある。

 森見登美彦×吉田大助「登美彦氏、おずおずと自作を語る」

 http://www.shinchosha.co.jp/news/article/776/

 お時間のある方は宜しくお願いします。

2016年10月22日

[] 『ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集』(小学館

 

ぐるぐる問答: 森見登美彦氏対談集

ぐるぐる問答: 森見登美彦氏対談集


 坂崎千春さんの手による鹿男登美彦氏が目印の対談集である。

 こちらも『夜行』と同時に書店にならぶ予定である。


 対談相手は、

 劇団ひとりさん

 万城目学さん

 瀧波ユカリさん

 柴崎友香さん

 うすた京介さん

 綾辻行人さん

 神山健治さん

 上田誠さん

 羽海野チカさん

 大江麻理子さん

 萩尾望都さん

 飴村行さん

 本上まなみさん

 綿矢りささん

 そして2003年に『太陽の塔』を出版したばかりの登美彦氏。

 以上のような方々である。


 ずいぶん以前の対談もあるので、もはや「小さな歴史」を感じさせるものとなっている。

 このたび収録を許可してくださった対談相手の皆様に登美彦氏は深く感謝している。そして「申し訳ない」と思っている。なにしろ十周年企画が延長したということは、この対談集の出版も延期されたということで、かなり長い間にわたってこの対談集は「出るのか出ないのかハッキリしろ」という宙ぶらりん状態にあったからである。ようやく出版の運びになって、「これ以上、みなさんに迷惑をかけなくて済む」ということが登美彦氏は嬉しい。

 せっかくの同時刊行であるから、『夜行』とあわせてお買い上げいただければ幸いである。

 『夜行』の不気味さを中和するのに役立つかもしれない。


 

夜行

夜行

2016年10月21日

[] 『夜行』(小学館

 

夜行

夜行

 

 森見登美彦氏の十周年記念作品『夜行』が刊行される。

 10月25日頃から全国の書店にじわじわと姿をあらわす予定である。


 しばしば登美彦氏は自分の作品のことを「我が子」と表現してきたが、もし『有頂天家族』を「毛深い子」とするならば、この『夜行』は「夜の子」というべきであろう。『夜は短し歩けよ乙女』『宵山万華鏡』に続く三人目の娘のように感じられる。したがって『夜行』は「夜の娘」である。


 登美彦氏には「明朗愉快」な作品が多いが、『夜行』はそういう作品ではまったくない。したがって、アハハと笑いながら読める作品を求める方々は用心していただきたい。

 この作品に明朗愉快なところはどこにもない!

 不明朗不愉快!

 嘘ではない!これは本当!

 ことごとく腑に落ちない出来事が続き、登場人物たちは暗い道を辿り、ミステリーは何一つ解決されず、盛り上がる熱い展開も爽快な大団円もない。最後まで読めば何らかの光明が見えるかもしれないが、それが本物の光明であるという保証はどこにもないし、かえって夜の闇が深まるかもしれないのである。わざわざ本を買ってガッカリするようなことになっては申し訳ないのであり、ある種の覚悟をもって読んでいただく方が作者も読者も幸せになれるにちがいない。

 それゆえに登美彦氏は購入前の「試し読み」をオススメする。


 下記の特設サイトから。

 http://www.shogakukan.co.jp/pr/morimi/

2015年02月04日

[] 『有頂天家族 二代目の帰朝』(2/26発売予定)


 

有頂天家族 二代目の帰朝

有頂天家族 二代目の帰朝


 「出す出す遂に出す」 

 そう言いながら、出せないままに早幾年。

 森見登美彦氏の信用は失墜した。

 今更「出るよ」と言っても、誰も本気にしてくれないのである。

 しかし『有頂天家族 二代目の帰朝』は二月二十六日、幻冬舎から発売予定である。「この毛深い本を買ってくれそうな人たちに、できるだけ広く知らせていただければ幸甚」と、登美彦氏は述べている。

 読者諸賢の御助力を乞う。


 予告


 東山三十六峰ことごとく笑う新緑の候、かつて赤玉先生との闘争に敗北して欧州へ逃れた二代目が帰朝し、新たな物語の幕が上がる。将棋を愛する雌狸南禅寺玉瀾、狸を化かす幻術師天満屋、自宅の庭に四半世紀籠もる菖蒲池画伯、宗教団体を率いる狸谷不動の祖母など、へんてこりんな狸と人間がゴロゴロ登場。天狗親子の南座における決闘をはじめ、南禅寺家の狸将棋大会、胡散臭い幻術師と金曜倶楽部の暗躍、ふたたび勃発する大文字納涼船合戦まで、天狗と狸と人間がやりたい放題の洛中において、次第に沸騰していく天狗の血、阿呆の血。偉大なる父の血を受け継ぐ下鴨家の四兄弟は、混迷を深める現代タヌキ社会を如何に生きるか。天下無敵、融通無碍。史上もっとも毛深い京都絵巻『有頂天家族』、第二部「二代目の帰朝」に乞う御期待。

2013年06月25日

[] 『有頂天家族公式読本』(幻冬舎) 6月27日発売


 有頂天家族公式読本


 文庫『四畳半王国見聞録』に引き続き、『有頂天家族』のガイドブック的なるものが発売される。

 森見登美彦氏へのインタビューから、能登麻美子さん・久米田康治氏・吉原正行監督各氏との対談、『有頂天家族』の舞台めぐり、登場人物相関図、『有頂天家族』の世界に関する用語集、金閣銀閣の駆使する四文字熟語解説、有頂天家族的な京都ツアーガイドなど、アレコレが詰めこまれている。ちなみに、京都の美しい風景写真のところどころにウッカリ登美彦氏がうつりこんでしまっているのは大目に見ていただきたい。たまたま通りかかっただけだから。

 この本を読まなくても何も困ったことにはならないが、読めばステキな気持ちになるかもしれない。


 書き下ろし短篇「冬の女神と毛玉たち」が収録されている。

 『有頂天家族』第一部と第二部に橋をかける物語である。 

 雪合戦と、豆まきと、癇癪玉の物語である。


 この公式読本には、『聖なる怠け者の冒険』に引き続き、森見登美彦氏10周年記念企画の動向を伝える「森見新聞」第2号がはさんである。今後、登美彦氏が健全に暗躍し続けることができるならば、この「森見新聞」は続々と発行されていくはずである。

 というわけで、「森見新聞」も引き続き、お楽しみいただければ幸いである。