Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2004-05-26 猫パンク

TomoMachi2004-05-26

企業が著作権を管理するのは個人の権利を代行して守ってやってるんだって?

エージェントがアーティストやスポーツ選手の権利を代弁し、より多くのギャラを勝ち取ってやってるんだって?

ちょっと待て、それ、娼婦と置屋の関係とどう違うんだ?


一握りの成功者を除いて芸能人はみな貧乏だ。

彼らが何年も働いてせいぜい小さな小料理屋を開けるくらいしか儲からないのに比べ、

レコード会社や芸能プロの連中のほうが金持ちじゃん。

著作権管理会社の連中やエージェントの連中はみんな個々のミュージシャンよりはるかに金持ちなんだ。


音楽のことはよく知らないので、出版社の話をすると、小説家やマンガ家はほんの一握りを除いてみんな貧乏だ。

でも、講談社や小学館や集英社の社員は30代で年収1500万とか平気で超えるんだよ。

編集者は作家よりいい生活してるんだよ。厚生年金も退職金もつくし。

その給料を生み出した作家は貧乏で将来も不安定なのに。

しかもいったん作品が商品化されても版権はたいてい出版社と共有で、自分の作品なのに所有物ではなくなるんだ。


そもそもアーティストやスポーツ選手は、スーツ着た連中が嫌いでその道を選んだのに、結果としていちばん嫌いな連中に金を貢いでるわけだ。


それに銀行員を見てみろ、人様の金を預かってるけど、その「人様」よりもずっと給料もらってるだろ。

今の世の中、物を実際に作る人よりも、金融だの投資だの弁護士だのエージェントだの著作権管理会社だのディストリビューターだの何だの、間に入ってくる連中のほうが儲かるようにできてるんだよ。

それは昔、百姓が農地を地主に借り、種や肥料や水代まで地主に借りてコメを育てると

収穫は「借金」として全部ふんだくられ、それでも赤字だと奉公人という名の奴隷として

翌年もただ働きさせられた状況と精神的には大差ない。

昔はそれに組合や労働者が怒ったが、

今は、生活の底が上がって、消費という麻薬を与えられてるから、自分が奴隷状況にあることに気づかないだけだ。


個人個人は「著作権料を管理会社から分けてもらえるからいいや」と思ってるかもしれないけど、

それも奴隷じゃねえか。芸術家って言えるのか?

そんなんでロックとかパンクとかThugとか言えるのか?

結局、同じなんだよ。

国家はもともと村落共同体から始まった。

共同で生活すれば安全だし便利だし生産率も上がるし、互いの財産も外敵から守ることができる。

ところが共同体は個人の権利を守り利益を保証する代償に義務と負担を要求する。

具体的には、兵役と税金だ。

個人に奉仕するために生まれた共同体は個人に奉仕を要求する。

その共同体が国家にまで巨大化すると個人の権益を守るために作られた国家が個人を奴隷化する逆転現象が起こった。

それがファシズムだ。

それと同じことが現在は個人と企業との関係でも起こっているのだ。


しかも恐るべきことに国家と違って企業は社員以外に福祉で利益を還元する義務を持たない。



奴隷がいっぱい少しづつ企業に貢いで企業は超え太っていく。

で、企業が大きく大きくなることでその会社の社員以外の誰か得するのか?

資本が巨大化すれば他社を合併吸収する力も増えて自由競争は成立しなくなり、

値段はどんどん上がり、テレビCMで消費者は洗脳され、

中小企業は潰され、誰もが大企業に所属しないと生活できなくなり、

転職の可能性がないので労働者の立場は弱くなり、

権力との癒着度が拡大し、税金は優遇され、天下りを受け入れ、

許認可権をコントロールし、あらゆるものが民営化され企業にコントロールされ、

調査をごまかし、商品の質は落ち、でも人は企業のものを買い、企業のために働かないと生きることもできなくなる…。

つまり、企業はもはや「国家」や「環境」の代替物として人間を包み込み、

その便利さゆえに、中にいる人間はそれに気づかないのだ。

大企業で高給もらってる奴らも実は奴隷だし、

その企業に支えられている国家も企業の下僕だ(大企業が損失出すと税金で補填するんだから)。

今や、企業という法的人格が、人類を支配しているのだ。


企業は必要のない欲望を作り出し、必要のない需要を作り出し、

必要のないものを作って、それがないと生きられないように消費者を洗脳し

金で売り買いできないはずのものまで売ろうとしてるんだ。


そんなんだったらいっそパブリック・エネミーみたいに

「企業を太らせるくらいなら著作権なんていらねえ!

オレの曲を使いたいなら勝手に使え! 

金は儲からないけど、クソったれの企業を太らせるよりマシだ!」と言ってしまうのがアーティストとしては正しくないか?


てなこと言ってると文字通りパブリック・エネミー扱いされるだけか。

「あんたは間違ってる」とかいちいち正さないように。

そういう良識のせいで日本は一度も革命できないんだよ。

今や本当のパンクはネコだけかもな。


http://www.rathergood.com/public_enemy/

http://www.rathergood.com/gaybar/

しかし、こいつも商売してるね。