Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記

町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2005-03-25 黒い「刑事コジャック」

TomoMachi2005-03-25

懐かしい「刑事コジャック」がテレビに帰って来る。


もちろん、つるっぱげでレイバンかけてチュッパチャップスをいつもくわえているNYの鬼刑事だ(絶対にひどい虫歯になると思うが)。


ただ、今回コジャックを演じるのはヴィング・ライムズ。「パルプ・フィクション」でギャングのボス、マーセルスを演じてたあのオッサンだ。


え?


KOJAKってギリシャ人の名前じゃん。コジャックはブルックリンのギリシャ人街でおばさんたちと一緒にギリシャ料理食べる「キャラクター」だったのだ。

アメリカの犯罪はマイノリティの問題と切り離せない。

刑事ものでエスニシティはとても大事な要素だ。

コロンボはイタリア系で、スタスキーは東欧系ユダヤ、マクロードやマクミランやマックQはアイリッシュ。


そもそも黒人がKOJAKというギリシャ人の名前であることに、どういう説明があるんだろう。

別にコジャックじゃなくて、ヴィングのオリジナルの黒人刑事にしてあげればよかったのに。