Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2005-04-11 コロンブスの卵、という嘘

TomoMachi2005-04-11

何も使わないで卵を立てることができるか?

そんな賭けをしたコロンブスがゆで卵の「接地点」の殻をちょっと潰して卵を立てたという。

この伝説から「コロンブスの卵」という言葉が生まれた。


しかし、やってみればわかるが、卵は簡単に立つ。

生卵でも。

コツは表面がツルツルしていないものの上でやること。

卵の殻の表面には実は細かい突起が無数にあるのでそれで安定する。


「コロンブスの卵」という言葉は「固定観念を破る発想」という意味なのに、実はそれ自体が固定観念になってしまっている。


というような「昔から言われていること」を実際に検証するアメリカのTV番組「Mythbusters」Discovery Channelについて、今日の午後2時からのTBSラジオで話します。


話す予定のことはだいたいこんな感じ。Mythbustersで実験してないことも少し含まれます。


・車のガソリンタンクに砂糖を入れると本当にエンジンが壊れるか?

・雨の中では走った方が本当に濡れないか?

・下水道に流されたワニの子供は本当に育つか?

・金粉を全身に塗ると皮膚呼吸ができなくなって本当に死ぬか?

・髪の毛を濡れたままにしておくと本当にカゼをひくのか?

・チョコレートを食べ過ぎると本当にニキビができるか?

・十円玉をエンパイアステートビルディングのてっぺんから落とすと弾丸と同じスピードになって人を貫くか?

・干草の中に落としたピンは本当に見つけることができないのか?

・雷は金属物を身につけた人の上に本当に落ちやすいのか?

・膣内射精をした後、良く振ったコーラを膣内に噴出させると本当に妊娠しないのか?

・植物に話しかけると本当によく育つのか?

・キャンディを電子レンジにちょっと入れてから口に含むと爆発するのか?

・人間の脳は本当に10パーセントしか使われていないのか?

・砂地獄は実在するのか?

・エレベーターが落下した時、地面に激突する瞬間にジャンプすれば本当に助かるのか?

・硬貨、ジッポのライター、聖書を胸に入れておくと拳銃で撃たれてもそこで本当に弾が止まるのか?

・風船をいくつ使えば子供を空に浮かせることができるのか?