Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2005-04-18 ベイエリア裏ガイドボンズの73号HRボールを捕った男のハンバーガ

TomoMachi2005-04-18

2001年にSFジャイアンツのバリー・ボンズが打ったシーズン73号ホームラン・ボールをめぐる騒動が「Up For Grabs」という映画になりました。


今日の2時からのTBSストリームでは、その話をします。


Smart Alec's Intelligent Fast Food

スマート・アレックのインテリジェント・ファストフード

2355 Telegraph Ave

Berkeley, CA 94704

(510) 704-4000

7 days: 11:00 am- 9:00 pm

バークレー大学の正門前のテレグラフ通りにあるハンバーガー屋さん。

ここは全品ベジタリアン向けのヘルシー・メニューなのが売りで、いつも女子大生で満員なのだが、全国的に有名なのはハンバーガーではなく、オーナーだ。

オーナーのスマート(りこうな)・アレックこと、アレックス・ポポーヴさんはボンズのHRボールを捕って、落として裁判を起こしたその人なのだ。

2001年10月7日地元サンフランシスコでの最終試合でジャイアンツのバリー・ボンズはシーズン73号のホームランを打つことを期待されていた。

ボンズはすでに、98年にマーク・マッガイアが残したシーズン70本という記録を破っていた。マッガイアの70号ホームランボールはオークションで270万ドル(約3億円)という史上最高の値段で買い取られた。

ということは、ボンズの73号はそれ以上になるに違いない!

カリフォルニアの宝くじに当たる確率は600万分の1といわれている。

しかし、ホームランが出れば、この野球場にいる4万人のうちの誰かが必ずそのボールを掴んで億万長者になる。宝くじより効率がいいではないか!

かくしてその日、パックベル・スタジアムの内にも外にもグローブや網を持って一攫千金を狙うオヤジたちが群がった。

この球場、ボンズのホームランが一番よく飛んでいくライト側にはスタンドがない。そのまま海になっていて、場外ホームランになる。そのため、球場の真下の海にも何十隻ものボートやカヌーがハイエナのように待ち構えていた。でも、いちばん人が集まっていたのは、ライト側の海と球場の境目の陸橋のようになっている場所。ここは通路なのだが、その日はグローブを持った男達であふれかえり、ポポーヴさんもそこにいた。


そして、バリー・ボンズはホームランを打った。

ボールはポポーヴさんのグローブにすっぽり収まった。

そころが、殺到する群衆に揉みくちゃにされ、ポポーヴさんは倒れた。

パニックのなかから、一人立ち上がってカメラに向かってボールを見せてニッコリ微笑んだのはポポーヴさんではなく、日系人のパトリック林だった。

ここから二年以上にわたる、闘いが始まったのだ。


この戦いの結末は、来月発売の「サイゾー」に書きましたので、すみませんが、そちらを参照してください。