Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
今回はジョージ・A・ロメロ監督『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』を解説します。

上記は、STORES.jpのオンラインストアを借りて運営しています。
メールが届かない、表示されない、ダウンロードできない等すべての技術的なトラブルは
「お問い合わせフォーム」ではなく、STORES.jpにメールhello@stores.jpか、
直接電話03-6455-1391(受付時間 平日10:00〜18:00)にお問い合わせください。
告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。




映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2005-06-11 オレの書いた「スターウォーズ」評を配給会社が検閲!

 f:id:TomoMachi:20050611075904:image

 これは「スター・ウォーズ/エピソード3 シスの復讐」に関してオイラがBという雑誌に書いた原稿を映画の配給会社が添削してきたものです。


スター・ウォーズ」の配給会社は、今回、「事前に原稿をチェックしたうえで写真の貸し出しを検討する」という方針をとっています。

 で、オイラが某A誌とB誌の「連載コラム」に書いた批評が両方ともNGを食らいました。

 こっちは試写会じゃなくて自腹で劇場で観てるんだがな。

 両誌の担当者ともに骨のある人で、「写真を貸さないのなら写真欄空白のまま、原稿に手を加えずに載せましょう」と考えてくれたんだが、

 先方はA誌に対して「このままこれを掲載するなら、今後のおつきあいも読者の試写招待もありません」と、言ってきた(これは一種の脅迫のように聞こえますよね?)。

 B誌の方は同じ号に先方が広告を出していた。雑誌はクライアントには逆らえない。

 文章を売る相手は雑誌社なので彼らの意向に従うのは道理だ。

 従って、どちらも担当者の人を困らせないよう、書き直す方法で検討した。

 A誌のほうは文末をちょっと柔らかい表現にしただけでOKが出た。

 しかし、B誌のほうはいじりようがなかったので急遽別の映画について書いた。

 だって、配給会社はこんなに添削してきたんだぜ。


 

 日本の宣伝担当は「ルーカスの意向でチェックしている」と言っているのだろうが、批評までコントロールしろと言ってるはずがない。


 だって、アメリカの雑誌や新聞には酷評だって載ってるけど、ちゃんと写真使ってるからね!(サンフランシスコ・クロニクル紙は徹底的な酷評だったが大きな写真をルーカス・フィルムは使用させている)。


 そもそも、ルーカスはマーチャンダイジングをコントロールしたいとか、事実誤認の記事をなくしたいとは言っても、批評を統制しろなんて指示するはずがない。

 それを載せたらこれこれこういう手段に出るという圧力をかけたことがわかったらアメリカでは裁判に発展する可能性がある。

 以前も取り上げた牛へのホルモン投与に関して番組を制作したFOXニューズがクライアントの圧力でニュースを握りつぶした件は裁判に発展した。

 タバコ会社の告発ニュースをCBSがトーンダウンした件は「インサイダー」という映画にもなった。

 

 人が映画を見てどう感じたか、その「感じ方」まで統制する権利があるのかね。

 「後味が悪い」のは事実じゃん。そういう話なんだから。


 いちばん許せないのは「政治的な部分はカット」って指示。

 この映画は民主制共和国が軍事独裁の帝国に移行する話であって政治そのものがもうひとつのテーマなんだが。

 それに、ブッシュの政策との関係については、オイラだけじゃなくてみんなが言ってることなんだよね。

 まず西森マリーさん。

 http://www.alc.co.jp/eng/eiga/usa/usa65.html

 また、ニューヨーク・タイムズのA・O・スコットはこう書いている。

http://movies2.nytimes.com/2005/05/16/movies/16star.html?ex=1119585600&en=107c9094d4104a9b&ei=5070

Mr. Lucas is clearly jabbing his light saber in the direction of some real-world political leaders. At one point, Darth Vader, already deep in the thrall of the dark side and echoing the words of George W. Bush, hisses at Obi-Wan, ”If you’re not with me, you’re my enemy.”

「ルーカスは明らかに彼のライトサーベルで現実社会の政治的指導者たちにジャブを食らわせている。ある場面ですでに暗黒面に取り込まれてしまったダースベイダーは、ジョージ・ブッシュの言葉と共鳴するセリフをオビワンに向かって言う。「俺に味方しないやつらは敵だ」

アメリカではOKなのに、なんで日本では削除なんだ?

単にFOXの担当者の個人的な問題だよ。

その証拠に歴史上の独裁政権との関係についてルーカス自身も「これが現実の政治のことも考えるきっかけになればいい」という主旨の発言をしているのだ。

(追補:週刊現代のインタビューでもルーカスは同じことを言っている)

 だから、ルーカスが言いたかったことを日本の宣伝担当は削除しようとしたのだ。

参考資料:シスの暗黒卿、ナポレオン、ヒトラー、ブッシュを関連付けた論評のリンク。

ニューズ・デイなどナショナル規模のメディアも多いです。

http://www.blueoregon.com/2005/05/darth_w_bush.html

http://www.killermovies.com/forums/archive/index.php/t-340166

http://www.thetalentshow.org/archives/001797.html

http://www.cbn.com/spirituallife/BibleStudyAndTheology/Perspectives/vonBuseck_Lucas_FarceBeWithYou05.asp

http://www.washingtonmonthly.com/archives/individual/2005_05/006381.php



柳下が電話で「なんでどこの批評を見てもベタボメなんでしょうね」と言ってたけど、そのわけは、ベタボメ評しか掲載できないからだったのだ。

 でもさ、何度も言うけど、オイラは細かい部分は突ついてるけど、総体として貶してはいない。

 むしろ、この記事を載せたA誌やB誌の読者は20〜30歳代の男なので、「子供だましではないダークでハードな映画だ」ということを強調したほうが集客につながると思うんだけどね。

 とにかく、この映画に関して活字になったものはすべて検閲を受けたものであるという事実を皆さんは知ったほうがいいよ。


 あと、ヘンなのは、その配給会社もふだんはこんなに無茶なことを言う会社ではないんだよ。最近はね。

 でも、「ファントム・メナス」の頃は、ヤクザみたいな態度の人が君臨して、やたらと圧力かけてたんだ。

 そのパンチパーマの男は5年くらい前にいろいろあって独立したんだけど、今回はなんか、そいつがまた復活したような気がするんだよね。

そいつこそシスなんだよ!