Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
ヴィム・ヴェンダース監督『パリ,テキサス』について。

上記は、STORES.jpのオンラインストアを借りて運営しています。
メールが届かない、表示されない、ダウンロードできない等すべての技術的なトラブルは
「お問い合わせフォーム」ではなく、STORES.jpにメールhello@stores.jpか、
直接電話03-6455-1391(受付時間 平日10:00〜18:00)にお問い合わせください。
告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。




映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2005-08-12 日本の宣伝部によるスターウォーズ記事検閲について

アメリカのウェブマガジンが独自に取材調査した記事が出ました。


http://www.japanmediareview.com/japan/blog/Business/701/


綿密によく取材した記事です。

でも、結論は「厳しくメディアをコントロールしたおかげで『シスの復讐』は日本ではけっこう儲けました」みたいなことになってるんだよな。これって、ビジネスとして結果オーライってことか? 


今回、取材されてはっきりしたのは、

.襦璽ス・フィルムは、日本の宣伝担当者が写真を使う雑誌に対して批評の文章まで検閲していた事実を知らなかった。

▲襦璽ス・フィルムから「写真を盾にとってすべての原稿を見せろなどと要求したのか?」と問われた日本の宣伝部は「担当者はそんなことはしていないと言っています」と否定した(実際はすべての印刷媒体に要求したことが確認されている)。

ある雑誌を二年間出入り禁止にした事実も「知りません」と言っていること(映画を酷評したなどの理由で出入り禁止にされた雑誌は確認しただけで三つ以上ある)。

い弔泙蝓⊆命燭鮟發砲箸辰討慮狭童 ̄椶篏估り禁止処分は、アメリカに知られては困ることだったのだ。


つまり、今後は宣伝担当が編集者に「原稿を見せろ」「書き換えろ」と要求する時には、「ルーカスの方針だ」とか「アメリカの本社の方針だ」などと威光をチラつかせても、ウソである。アメリカ側はそんな要求をしない。


でも、今後は「アメリカは関係ねえ。こちら独自の方針で、原稿を言うとおりに直さないと出入り禁止にするぞ。アメリカに知られてもかまわねえ。編集者や作家の権利など知ったことか」って開き直るだけで、状況は何も変わらないのか。

結局、オイラが映画業界の裏事情を世間にバラした奴としてブラックリストに載って仕事しにくくなったただけじゃん。ちぇっ。