Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記

町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2006-01-04 オスカー主演女優賞候補作「トランズアメリカ」

TomoMachi2006-01-04

『トランズアメリカ』という映画の取材でニューヨークに来ています。


『トランズアメリカ』の主人公ブリーはロサンジェルスに住む中年女性だが、実はスタンレーという男だった。

性同一障害ということで、性転換の手術を待ち望んでいるが、そこにニューヨークの警察から電話がかかってくる。

「息子さんを万引きで逮捕しました。引き取ってください」

ブリーが普通の男だった頃に生まれた息子トビーだ。

母親は彼と別れた後、ケンタッキーの男と再婚したが、自殺した。

息子トビーは養父に会うのを拒んだので、ブリーが呼ばれたのだ。

精神科医が行って来いと言うのでブリーはNYまでトビーを引き取りに行った。

トビーは17歳の美しい少年に成長していたが、コカイン中毒で、道端で同性愛の男に体を売って暮らしていた。

ブリーは自分は父親スタンレー(自分のこと)に頼まれて来た教会の職員だと偽って、トビーをケンタッキーの養父に届ける。

しかし養父はトビーを犯してきた男で、母が自殺したのもそのためだった。

この養父には預けられないと思ったブリーはトビーと二人で、自動車でアメリカ横断の旅に出る。来週までに帰って性転換手術を受けなければならないからだ。

「トランズアメリカ」というタイトルは「大陸横断」という意味と「トランスジェンダー」に引っ掛けている。

性同一障害の男性ブリーを演じるのはフェリシティ・ハフマン。

『デスパレートな妻たち』で、注意欠陥症候群の双子の息子を抱えた母を演じて人気の「女優」である。

夫は捨て犬の目をした男優ウィリアム・H・メイシーで、二人子供がいる。メイシーは『トランズアメリカ』のプロデュースも担当している。

f:id:TomoMachi:20060105154312j:image

フェリシティ・ホフマンは『トランズアメリカ』のあまりに見事なオカマっぷりで、今年のアカデミー主演女優賞の最有力候補と言われている。

映画評論家のロジャー・エバートは本当に男優だと信じていたほどだ。

なにしろ、大人気テレビ番組のスターなのに、特殊メイクで作った超リアルなペニスから放尿するシーンまであるのだ!