Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2006-03-23 ウォシャウスキー兄に性転換させた女拷問人イルザとその前夫

TomoMachi2006-03-23

今日の日記はあまりにアダルトな内容なので、以下の方は絶対に読まないでください。

・18歳未満の人 ・心臓の弱い人 ・モラルに厳しい人


『マトリックス』を作ったウォシャウスキー兄弟の兄ラリーが性転換して女性になったのはよく知られている(右の写真が2003年、女性に性転換途中のラリー)、

そのラリーを女にした現在の内縁の妻カーリン・イングリッド・ウィンズローについては知らない人が多いだろう。

 彼女についての詳しい記事が「ローリングストーン」誌に出た。

http://www.rollingstone.com/news/story/9138137/the_mystery_of_larry_wachowski/


カーリンはSMの世界ではイルザ・ストリックスとして知られている。

f:id:TomoMachi:20060324072228j:image

そう、ダイアン・ソーンが演じた女拷問人イルザを名乗るSMの女王様なのだ。

彼女は男も女も、レズもホモも、拷問することで有名で、

その拷問のすさまじさはハリウッド一ということで

アメリカ中のマゾ奴隷たちの憧れだ。

「一本のペニスに333本の針を刺したこともあるわ」と自慢する悪の女王だ。

公式サイト 

http://www.ilsa-strix.com/main/

「性転換の奴隷」というSMビデオも作っている。


「ラリー・ウォシャウスキーはイルザの奴隷だ!」

そう言って、イルザ・ストリックスを盗られたことに怒っているのは、

イルザの夫、ポルノ男優のバック・エンジェル(本名ジェイク・ミラー)。

f:id:TomoMachi:20060324072351j:image

どこから見ても超マッチョなこの男、

★ここから文字を白くします。18歳未満は見ないこと。


実は「プッシーを持つ男」として知られている。

どういう意味かはこのビデオを見るとわかる。

http://www.boreme.com/boremerigid/funny-2005/buck-angel-p1.php

http://www.bizarremag.com/buck2.php

(時間によっては認証画面になりますが、別の時間に試してください。ビデオが見られます)。


http://www.transexual-man.com/main.htm

この人、元は女性で、乳房を取り、ホルモンで筋肉とヒゲをつけて男になったのだ、女性器だけを残して。


ああ、マトリックスじゃなかったストリックス恐るべし!